忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
親戚から『郷土の不思議集』ばっすい南国市史-十話-というものが送られてきましたので、ちょっと中身を読みますと面白いことが書かれていまして、その中に土佐条里制のことが書かれていましたので、私もまた書いてみたいと思います。


ばっすい南国市史にも書かれているように、南国の条里制の起源というのはおそらく平城京が成立する以前のものであると私は思います。

1昨年、私も、南海道と推定される古代道路跡が発見された士島田遺跡の現地説明会に行っていたのですが、あの道路は南海道ではなく、土佐の古代条里制の跡だと思います。

といいますのは、その古代道路跡をまっすぐ伸ばしますと船岡山にあたります。船岡山と言えば京都でも重要な位置を占める山です。そしてその横に吾岡山、そして物部川を挟んでニギハヤヒ伝説のある神岡山。あきらかに何かあるでしょう。

しかも田村遺跡は弥生最大級の遺跡です。

ただ、土佐の条里制には京都、奈良とは違う特徴があります。それは道路が南南西に伸びている点です。


それがなぜかと言えば

平安京の四神と都市計画について(玄武の会)

を参照して頂ければおわかりになると思います。


土佐で興った初期大和朝廷が、朝鮮半島経由の北伝文化と黒潮経由の南伝文化、そして日本にもともと存在した先住民族文化が衝突して興ったと何度も書きました。

それをこの土佐条里制でも証明することができます。
(条里制というよりは条竜制ですが、ここでは便宜的に条里制とします)

つまり北伝とは”四神の風水都市”であり、南伝とは”琉球のグスク都市”です。

それらがせめぎあって日本初の条里制都市国家が、東西南北に四神を配置しながら南北ではなく、南南西に道路が振った形で造られたのです。


南南西に道路が振っているのは、つまり竜です。グスクもシュメール由来の竜信仰が強いため道路が曲がっています。

蛇を絵に描いて頂ければわかりますが、蛇をまっすぐ描く人はあまりいないと思います。直線は蛇や竜、うなぎなんかにおいても死を意味すると思います。それがグスクの都市計画です。

都城は生きていなければならないので、土佐秦氏は朱雀大路を西に曲げたということになろうかと思います。
(琵琶湖は南西に流れる瀬田川によって大阪湾にまで注いでいるので天智朝まではこのような都の造りを理解するグループが朝廷内で力を持っていたということだと思います)

七星剣が伝承されている旧幡多国高知県南西部の一之宮神社の内堀には今でも○○龍が祀られています。
通常であればイチキシマヒメが祀られているような場所です。奈良で後期大和朝廷が成立した時に土佐南西部はあまりにも遠いため、つぶし込みを免れたのだと考えられます。今でも北斗七星を主祭神として祀ってる神社も結構、ありますし。。。鎌倉で最も古い龍口明神社もこの系統です。



話を元に戻しますと”土佐高賀茂大社-田村遺跡-七ツ淵”がハハキ(竜木)の方角で並んでいます。

この造りを持っている地域は香長平野はもちろんのこと、完全な大王級の参道を持つ徳王子地区や蘇我赤兄伝承がある安芸地区です。

南南西とは逆の丑寅の方角というのは、土佐から見ればサの神が抜けるサヌキの方角、淡路/琵琶湖の方角なので聖なる方角といえば聖なる方角です。乾の方角は朝鮮半島ですし、未申は古代秦王国、琉球の方角です。

そう考えると古代土佐においては東西南北というよりも、丑寅/辰巳/未申/乾の方角のほうが大事であったのかもしれません。


しかし、この南伝の文化が北伝文化と融合した邪馬台国文明というのは、奈良で北伝文化のみが力を持つことによって急速に力を失っていきました。それと同時に賀茂氏も歴史の表舞台からは姿を消し、一言主が奈良から土佐に流されたという辻褄の合わない神話が幅を利かせるようになったのだと思います。

仕上げは長屋王の骨が土佐に流されることによって、南伝文化の永久封じ込めに、ある程度成功したのだと思います。

しかし、明治初頭に明治天皇は即位の礼の時に四国から崇徳天皇の御霊を京都に帰還させたのでした。



*******************************************
2011年4月 高知県室戸市尾崎海岸で第二回尾崎祭りが開催される予定です。
*******************************************


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
PR
やっしーさんのブログにUPされてます神奈川の山崎さんの活動、非常に良いですね。

こういう活動を県は全面的にバックアップせんといけませんね。

例えば、竜馬伝の箱物を御用NPOと協働で地方交付税を使って投資しても、儲かるがは御用NPOと御用建設業者だけ。しかも1年であっという間に消えてしまう掛け捨ての投資。

でもこの自転車道整備の思想は、一度整備してしまえば、半永久的に回収ができる貧乏県高知県が目指す観光モデルやと思います。その原理についてはこのブログでも何度か書いてきました。


都市型の資本主義経済の中で動く元素が”ヒト・モノ・カネ”であれば、高知の全体主義経済の中で動く元素は”ヒト・サケ・シャベリ”

山崎さんの活動を強力にバックアップすることによって車社会を廃してエコ社会を目指すという強烈なメッセージを国内外に発信することができる。

『土佐のおきゃく』よりも合理的かつローリスクハイリターンな企画。


32号線沿いで高知入りする予定らしいので、急ピッチで自転車道指定の構想を練らないといけません。

しかし、32号線は危なくない?特に根曳峠はやばくないでしょうか。。。

ただ、ツールドフランスと比べればたいした坂ではないのかもしれません。

ツールド四国みたいなものをやっていければえいですよね。それと88ヵ所巡りが重なればツールド88ヵ所みたいな感じになって世界初の循環型自転車巡礼コースの完成ということになります。

ものすごい価値、モナコ以上の観光資源ですね。その埋もれた価値に気づくかどうかだけの問題ですね。

自分も一度、香川から自転車で高知入りしてみたいですね。大歩危あたりでボケをかましながら。。。



*******************************************
2011年4月 高知県室戸市尾崎海岸で第二回尾崎祭りが開催される予定です。
*******************************************


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
昨日の完了形の続きになりますが、土佐弁には近未来完了もありました。

”~やっちょってよ”や”~しちょってよ”は未来完了形になります。

英語にすると You (will) have done.

標準語にすると

”~やっておいてね”もしくは”~しておいてね”

ほとんど使いませんし、使えません。

標準語でこの言い回しを使う時は

○○までに~やっておいてね”と言い方で意味が通りますがこれもほとんど使いません。

つまり標準語では現在完了や過去完了同様、一語で表す必要がなかった、あるいはもともとそのような文法がないという結論に達します。

しかし、土佐弁では ”~やっちょって” は多用されます。

しかもそれ以上のものが絡んできます。

”~やっちょっちゃってよ” は、『(近い将来までに)~を(○○クンに)してあげておいてね』という意味です。

標準語では補助詞をいくつか入れないと意味がわからない言葉を土佐弁は小さい””を入れることで短く表すことができます。”~やっちょっちゃってよ”は多用されるので高知の人は皆その意味を理解します。

あまり自分たちが未来完了を使っているという感覚は持ってないと思います。

それとこの未来完了には慈悲の譲歩を迫る慈悲譲歩完了形ともいえます。

いついつまでにこれを○○クンにやってあげておいてね、というのが標準語に訳せてもほとんど使用されないのは、そのように自分を犠牲にして誰かのために何かをやる、ましてやそれを他者にも強要するという文化がないからです。

上の言い回しを東京で使うと”なぜ私が期限を決められて○○クンへの施しを与えてあげる必要があるのか?
”という逆質問が返ってきます。

たいがいの場合、酒の席で土佐人が県外人にブチギレするのがこの部分です。

”なんでっておまん人は助け合いながら生きゆうがやき、やっちゃるがが普通やないがかや”(なぜってあなた、人は助け合いながら生きているわけだから困ったことがあればやってあげるのが人間というものではないのか)

つまり土佐には、個人主義とはまるで逆の全体主義の雰囲気が言語に強く宿っているのです。なぜならば先日書いたように、土佐で初の(汎用的な)日本語が生まれた弥生時代に土佐在住の人たちが信仰していたのが一君万民の女系天皇制(しなねさま)であり、それが初期大和朝廷だからです。縄文以来の首長制+部族集団言語から原始天皇制+汎用広域言語へと社会構造が半ば強制的に変更されたということです。その理由は多くの文化・宗教・哲学が到達したという単純なものです。なぜ土佐かと言えば、黒潮経由の南伝ルートと朝鮮半島経由の北伝ルートが交わる場所が九州ではなく西南四国であったからです。
 
 
 
 
一君万民 女系天皇制 慈悲 全体主義 酒 自由と平等




これが土佐を表す原理です。多くのルーツは上記の社会構造大転換時代にあります。戦後60年の近代化の波が押し寄せても土佐が変わることはありません。なぜならユーラシア大陸から様々な文化、民族が押し寄せ、日本で初めて広域汎用言語とそれまでの首長制を覆すstateが生まれたのが土佐中央部(田村遺跡群)だからです。

その後、紀貫之が土佐に来て土佐弁を書き言葉に記し『土佐日記』が生まれました。そこから日本の文語は飛躍的に発展し、口語というものが生まれました。それまでは文語です。つまり土佐日記以前は自分のしゃべっている言葉を書くという文化がなく、書き言葉は全て論文のような硬いものでした。

個人でやり取りする手紙ですら日本書紀のような文章で書くしかなかったのです。


土佐弁を調査すれば日本語のルーツがわかります。なぜならば土佐弁には英語やイタリア語などと意味が同じで発音も同じようなものが結構、あるからです。上で述べたように文法も複雑です。



話は元に戻りますが、”~やっちょっちゃってって言うちょったのに” というのは

未来完了過去完了慈悲譲歩形です。

<過去のある時点で)いついつまで(未来)に(○○クンに)~してあげておいてねって←「未来完了」
(あの時既に)言い終えていたはずなのに←「過去完了」なぜ今の時点で完了していないの?←「現在」
さっきも書きましたが、土佐弁の文法のことでひまわり太郎さんが書かれてましたので、私も少し。。。


[2832] 雪が降っちゅう南国市 - 2011/01/16(Sun)


ひわまり太郎さんが書かれていることに加えてまとめてみますと

①It is snowing. → 「雪が降りゆう」土佐弁。現在進行形。

②It was snowing. → 「雪が降りよった」土佐弁。過去進行形。

③It has snowed. → 「雪が降っちゅう」土佐弁。現在完了形。

④It had snowed. → 「雪が降っちょった」土佐弁。過去完了形。


①と②はもちろん標準語に直せますが、③と④はできません。

③を標準語で表現しようと思ったら、雪が既に降り終わっている。というように別の語を付け加えないと表現できません。

④に関しては、<雪が既に降り終わっていて、さらにその雪は今、ない(完了)/雪が既に降り終わっていて今も雪はある(継続)>というような表現になります。(後者の過去完了形の継続は、さすがに土佐弁でも常用語ではありません。あえて言うなら「雪が降っちょっちゅう」です。土佐人でもこの語を理解するのは難しいのでは?(笑)なんとなくわかるけど誰もそんなこと言わんで、という反応が返って来ると思います。でも表現できること自体がすごいと思う。。。)


過去完了形(完了)を土佐人は『雪が降っちょったがいや/雪が降っちょったがぞ』という文法で表現します。

だいたいこの場合、既に雪がないので『うそをつけー、そんなわけないやいか』というけんか腰の反応が返ってくることが多いので、土佐人は最初から過去完了を用いるときは強い口調で言う時が多いです。

ある意味、語尾の少しの変化と口調の抑揚で現在進行形から過去完了形を言いまわすので、強引と言えば強引な文法です。しかしその判別しにくい微妙なニュアンスを土佐人は、口調を強めることによって相手に判別してもらうという文化を形成しています。

これは現在進行形から過去完了形につながる文法の領域だけでなく、同じ文法下、同じ配列語下でも意味が異なる言葉を使い分けているのが土佐弁という言語になります。


ですから、子供時代を高知で過ごしていないと、土佐弁の深い情緒の部分というのはなかなか理解しにくいと思います。

この情緒的な部分を県外人にも理解してもらいたい共有したいという欲求が強く出るので、それが果たされなかった場合は、時に土佐人は排他的になったりするのです。


この排他性は、おそらく強引に生み出した過去完了形に問題があったのではないかと思います。


私の書いている土佐古代史に興味を持ってくださる方が、たまにいらっしゃいまして高知パワースポット推進委員会みたいなものができるかもしれません。

興味のある方はどなたでもどうぞ。

高知のパワースポットは中部・東部・西部に分けることができます。


というのは、文化がかなり違うからです。

西部には古代の秦王国があって、そこにまず古代の天皇制が根付いて、高知県中部で縄文古来の先住民と大同団結して大和というクニができた。これが裏の歴史です。

その後、都は阿波池田のほうの剣山系に移って、その後は淡路島、神戸、大阪と移って、その後やっと奈良に入ったんですね。

なので、高知県東部は、その流れから取り残されていて、剣山系先住民族系の文化が今でも残っています。

言ってみれば、高知県中部で剣山系の物部の先住民族と秦王国系の加茂/秦が大同団結して日本の天皇制ができたわけですけど、西部は秦王国だったので地中海由来の原始キリスト教の一君万民系の力が強くて、これが幸徳秋水なんかに引き継がれて、東部は縄文由来の大王制が強くて谷時中だとか武市半平太とかに出てきてますよね。

この東部と西部の尊王思想はちょっと違うけど、共通するのが女性の大王/巫女を頂点に君臨させたという点。

その信仰の共通性があったからこそ、日本初のエスペラント語『土佐弁』が弥生時代に生まれたんですね。

土佐弁を調査してもらったらわかるけど、土佐弁は地域によってイントネーションや文法、言い回しが異なります。これは高知中央部で土佐弁が生まれてそこから広まったわけではなくて、それぞれの言語がまず存在して、その言語を統括するように土佐弁が生まれたということを示しています。

それと、他の日本語には見られない文法が土佐弁に見られるということは、土佐から古代の共通言語/エスペラント語が生まれたということを如実に物語っていると思います。

古いものが残っているだけだという人がいますが、東京/横浜があれだけ都市化が進んでも古来の伝統を守ろうとする鎌倉には都市文明を跳ね返せるだけの巨大な原理(過去の都/誇り)があるわけです。

日本にとってのそれは、京都や奈良と思われがちですが、もっと古い時代にさかのぼれば土佐だということになります。

京都や奈良が新しい文明に飲み込まれても土佐はそうなりません。なぜならば大和という国が発生した記憶と地形があるからです。国家が存亡の危機に直面した幕末をみれば、私が今、書いていることの意味がわかると思います。

そういうことを踏まえながら高知の都市計画、パワースポット推進、さらには政治運動を行っていかなければならないと思います。


久しぶりの更新になりましたが、尾崎豊祭りは今年も行います。

豊さん命日の当日は尾崎ファンクラブ高知が尾崎海岸で歌って飲んで踊ります(笑)

『卒業』で、よさこいを踊ってもえいかもしれませんね。どんなになるがやろ?

何から卒業?(笑)

興味のある方は連絡ください。



馬楽さんが今月、桑名に行っちょったみたいやけんど、自分も桑名の多度大社に行ってました。

桑名と土佐の古代をちょっと調べてみたけんど色々と出てきました。

ずーっと今まで書いてきた土佐と美濃の関係、これが※元正天皇※というキーワードで解かれていきます。

元正天皇が養老という元号を定めたがは、養老の滝に魅せられたき。養老山地の最南端の多度山に多度大社があり、そこが桑名。


養老元年には越前秦氏の秦澄(たいちょう)が白山三馬場を開いちゅう。同じ年に京都の愛宕神社も役小角とともに開山しちゅう。つまり元正天皇は修験道とも秦氏とも深い関係にあった。

長屋王は元正天皇のいとこで骨が土佐に流されている。


元正天皇の母親が元明天皇で、その母親が蘇我倉山田石川麻呂の娘。

蘇我倉山田石川麻呂の兄弟に蘇我赤兄がおる。そう高知県安芸市・安芸氏の祖先とされる蘇我赤兄。


そう、つまりは、長宗我部氏が桑名氏(四十八家)を引き連れて土佐にやってきたという話はまんざらでもなくて蘇我氏秦氏の強力タッグの激震地として古代から土佐と桑名は密接な関係があったということ。


つまり美濃斉藤氏の支流・石谷頼辰(いしがい よりとき)が山崎の合戦後、元親の家臣になったりしたのは、古代蘇我氏つながりだったのです。だから長宗我部氏。

甲斐武田氏が土佐にやってきて宗我部を名乗ったのも、土佐が蘇我氏の大本家であるという認識があったからやろうと思う。古代波多国の国造は天韓襲命で、その前が蘇我大王。土佐国唯一の前方後円墳が宿毛にある。曽我山古墳


熱田と多度の結びつきも強い。織田信長が藤原信長をしたためたがは熱田神宮。

天武天皇に神刀を献上させられたがは土左大神。


『土佐物語』には、斉明天皇が後の天智天皇と天武天皇を引き連れて土佐の朝倉に逗留した様子が描かれている。土佐にはその伝承があるし斉明天皇の陵もある。


つまり、織田信長と長宗我部元親の争いは天智天皇と天武天皇との争いに遡ることができる相当深い隠喩がある。


やはり天智天皇の都は白鳳の大地震で土佐沖に没した黒崎の宮か。


そうすれば壬申の乱時に取った天武天皇側の不自然な行軍が自然なものになるし、土佐二之宮・朝倉神社周辺の伝承も辻褄が合う。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
**************脱原発福島ネットワークより転載***********




「沈黙のアピール」 13日もやります

 

明日8月13日(金)も 「沈黙のアピール」 を行ないます。
いつも通り、9:30~11:00 県庁西庁舎玄関前 です。


台風も近づいてきているとの事、遠方からいらっしゃる方、
くれぐれも無理をされませんようにお願いいたします。
まだまだこれから長く続けていきますので。

また、沈黙のアピールへの参加呼びかけ、
そしてファックス・メールでのメッセージの呼びかけを、
引き続きよろしくお願いいたします。

どうぞ、お友だち、ご近所、親戚、よく行くお店等々、
この問題を話題にしてください。


HPやブログ等をなさっている方、
どうぞ抗議行動をとりあげてください。
よろしくお願いいたします。





**************脱原発福島ネットワークより転載***********



 
フォローしてちや
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]