忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
水都大阪2009』(なんば経済新聞)が現在、大阪で行われてますが、新堀川工事をやめさせようとしちゅう人たちも、こういう水都祭りみたいなことをはるか昔から訴えゆうわけです。(一部では実際やりゆうし)

自分が知っている範囲だけでも、少なくとも2年前から、こういう動きに持っていかないかんと言いよったがやけんど、結局、新堀川フタ工事は実行され、『水都高知』という価値さえも大阪に先を越される形になってしもうた。

結局、この成功を受けて、高知の行政も後手後手で、3年後くらいに『水都高知』を標榜するようになると思うけんど、明らかにこれは人災であり、カルポートの問題なんかも含めて、高知は非常に進んだ市民とそれを邪魔する行政という構図が浮き彫りにされる。

もっと、普通に市民の声を受け入れ、行政に活かすということがなされたら、高知も圧倒的にようなると思うけんど、これからも偏狭な田舎のエリート意識とやらで、進取の気質を持った市民を特定市民扱いし続けるでしょう。


このように、高知の問題は、ほぼ行政の問題に集約されるわけであり、彼らが高知の経済発展の足かせになっちゅうことを県民一堂が深く認識する必要があると思うがです。


だからというて、行政との対決姿勢を鮮明にしたら、もっと状況は悪くなるろうき、こういう事実を鑑みて、進取の活動をしゆう市民活動家にもっとスポットライトをあてていくべきやと思います。


結局、この問題というのも、『土佐高が一番』・『県庁はエリート』・『四国銀行がえらい』のようなわけのわからん肩書き主義が高知を覆っちゅうことと密接に絡んじょって、高知県人の大多数が、物事の本質じゃなくて肩書きや名声で人間を値踏みする傾向が非常に強いということながです。

やき、東京では受け入れられてないような3流の人間を高知に呼んで、この人こそ東京のトップやみたいな雰囲気で迎え入れる。ほんで3流の哲学が高知に蔓延するという負のスパイラルにもつながっちゅう。


これは教育の問題とも密接につながっちょって、何かを深く考えるという仕組みや環境が異常に高知には少ない、もしくは肩書き主義の人間が思考停止をばらまくことによって、それが蔓延するという構造にもなっちゅう。


まず、この構造を変えんと高知の経済発展はあり得んと思います。

PR
新堀川にふたをする工事を支援しゆうのは
もちろん道路ができたら得をする人たち。

その人たちの最も核となるべき思想がある。
それは”新堀川工事は高知にとって善である”

知事も県職員もあるいはこの思想を支援する人たちは
(議員もおるやろう。資本主義思想は眼を曇らせる)
本気で新堀川工事が正義やと思いゆう。

その思想がこの工事の黒幕。

でもこの正義の思想は小義。

小義を抑えるのには大義しかない。


前にも書いたけんど実は新堀川問題は
高知県人の集合的無意識の問題でもある。

高知県人の無意識下で
”新堀川工事をストップしたほうが高知のためになる”
と考える人が多くなったら県の対応も変わらざるを得ん。

言うたら、これは無意識下の戦い。

新堀川工事をストップしたほうがなんで高知のためになるがか?

そこを自分の内面で説明ができた時
工事に反対するほうに心の義が動く。
腑に落ちるということ。

腑に落ちたら発言せずにはおられない。
発言が増えたら県も動かざるを得ないということ。



しかし、この腑に落ちてくる部分は言葉で説明するのが難しい無意識の話。

なんで先祖を敬って歴史を守る事が高知のためになるがか?

それを言葉で説明しようと思うたら、変な話になる。
先祖の霊が今の自分たちを守ってくれゆうき、みたいになるやろ(笑)


それが今はないき、説明のしようがない。
やき、今の社会は間違うちゅう。

ルーツを軽視する行為は生命倫理の観点から見てもおかしいし
哲学的に存在の連鎖を考えてもおかしい。
(一応これは説明になっちゅうか?)


要はそこに目が開くかどうかだけの問題。

新堀川問題はそれをシンボライズした象徴的な問題。

この問題を通してこれから高知県人の意識が開いていくか
それとも閉じていくのかを占うことができる。

黒幕は自分自身の中におる。


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ



集合的無意識『ウィキペディア(Wikipedia)』より
高知遺産 新堀川さんに新堀川に関する知事答弁が掲載されちょります。

「2.29坂本県議の知事質問」

「2.29尾崎知事の回答」

これはとても重要な資料です。

新堀川問題はこの2つの記事の中に集約されてると思います。

追手筋弥生町線から南側は でも書いたんですが、この問題の解決は
知事の認識をいかに切り崩すかに全てがかかっちょります。


さて、知事の答弁ですが、詭弁でしょう。

まず、こういうフレーズがあります。

『はりまや町一宮線は、高知市の都市環状機能を有する道路であります。』

はりまやとつく限りは都市環状機能というよりは
機能的には都市中心機能を有すると言ったほうが正確です。

巧妙なレトリックではりまや町一宮線を正当化しようとしてます。

全く詭弁ですね。

もし仮に、はりまや町一宮線が都市環状機能を有しているというのなら
どこが中心でどこが環状なのか?
答えてもらわないといけないですね。



次に

『渋滞を緩和するとともに、高知市中心部を通過する交通を排除することにより』

そうであるならば、中心部は車が入り難い狭い道路にすべきだろう。
道路を大きくすれば、交通量が増えるし、車のスピードも早くなる。
全くもって詭弁。


次に

『京都議定書の目標達成計画では、交通の流れを円滑化することによる走行速度の向上が
自動車からの二酸化炭素排出を減らすことから』


大詭弁。
二酸化炭素排出を減らす最も効果的な方法は
自動車を減らして公共交通を拡充させることです。

交通の流れを円滑化することによる走行速度の向上は
ほとんど二酸化炭素排出を減らす事はできん。

運輸部門の地球温暖化対策について (国土交通省HPより)

このデータ↑を知らんはずがない。

明らかに道路財源確保のためのレトリック。
それが高知のためになると思うたら大間違い。


温暖化防止会議の設立は来年度になるそうだ。↓
なぜなら、今、それを設立してしまっては
はりまや町一宮線の”嘘”がばれてしまうからです。


高知の「不都合な真実」



『人が中心で高齢者の方々にもやさしいまちづくりに向けた
今後の中心市街地の活性化のために必要な道路であると考えております。』


自分が良く知っている新宿区が環状道路ばかりで
どれだけ高齢者の方々にやさしくないまちづくりかは
知っちゅうはずやろうに。

人が中心なわけがない。

権力は車を中心に考えちゅうだけ。

“Save the 下北沢”

街の中心部に太い道路を通したらどんなことになるか
知っちゅうのに誤魔化しゆうだけ。

大大大詭弁。


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
けんちゃんがはりまや町一宮線の途中2車線化に言及しちゅう。
自分もそこはイメージとして持っちゅうので
もう少し掘り下げてみたいと思う。

これは専門の団体の方がもともと言及されよったことかもしれませんが
一応、自分のイメージを書いてみたいと思います。

これが完成予想図

追手筋弥生町線というのがどこかはっきりとはわかりませんが
そこから南側を見直したいと知事は言いよりましたので
おそらくは新堀小の北西交差点から南側のことやろうと思いますが
そこから南は2車線でえいと思います。

一般的なのは片側1車線の2車線の対向車線ですが
片側2車線の一方通行にしてもえいと思います。

おそらく北側からの通行量のほうが多いですから
北から南への2車線の一方通行にする。

南から北へは新堀小の西から迂回させる。
そうするのもひとつのやり方かなと思います。

片側1車線の2車線の対向車線にしたら
幅員減少区間前で渋滞が起こりますから
逆に新堀川周辺が排気ガスくさくなります。

川が守られても臭くてはかなわんですき。



昨日、知事から返信が返ってきまして

新堀川問題に関しては
基本的には9月の定例議会での橋本答弁を引き継ぎ、県民と対話するということでしたので
詳しいことはわかりませんが、少し自分では前進したかなと思います。

知事就任時より新堀川に関して
どういうスタンスでいかれるのか?
ということがかなり大きな関心事でしたが
橋本答弁さえも引き継がないという最悪の事態は免れたようです。

今月、確か定例議会が開かれるのかな?
そこでのスタンスを明確にしなければならないので
返信が今月まで来なかったのかもしれません。

だとするならば、今月の定例議会で
新堀川問題への言及はあるかと思います。
そこで橋本答弁引継ぎの意向が述べられれば
事態は良い方向に向かうのではないかと思います。

今月の議会はいきなり天王山ですね。
もう終わったがやろうか?情報なし。

2007年高知県知事選挙その後 新堀川は県知事の生命線
でも書いたようにこの問題は知事生命に関わる大問題ですき。
この問題の進展によってこれからの県政の方向性がある程度決まってきますね。



しかし、工事は今まさに進んでいるので、安心してもいられません。


いずれにしても
はりまや町一宮線完成予想図
こんな道路中心の新堀川では美しくありません。

中江兆民の銅像を立て、はりまや町一宮線を行き交う車に
”喝”を入れましょう(笑)

”経綸の道はモータリゼーションの道にあらず”
”わしの墓の前を汚し、わしを眠りから覚ますのは誰ぞ”
”土佐人に喝!福沢諭吉の国家主義に傾倒しおって”



妥協はしたくはありませんが
なんとか南側部分だけでも川が尊重された形で残したいです。

中江兆民は”高知とフランス”という高い価値を醸成できる
歴史上の偉人ですから、それを潰してしまっては
また、価値を東京に依存しなければなりません。

”高知とフランス”の共通性を価値として上昇させるには
高知にあるディベートの文化をもっと発展させていかなければいけません。
その拠点が新堀川にあって欲しい。と思います。


かと言って、自分が現地で行動をしているわけではないですが。
今できることをしたいと思います。


対話と実行がマニフェストなので
良い方向に向かうはずやと信じちょります。


フォローしてちや
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]