忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

***引用はじめ***毎日新聞 10月28日(金)2時31分配信 
環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加問題で、交渉に参加した場合のメリットなどを分析した内部文書を政府が作成していたことが、27日分かった。文書は参加表明の時期について、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)が「米国が最も評価するタイミング」と指摘。「TPPに参加表明するからこそ(現在進めている)EU(欧州連合)や中韓との交渉が動く」として、参加表明が他の2国間のEPA(経済連携協定)交渉にも好影響を与えるとの考えを示した。

 野田佳彦首相はAPEC前の交渉参加表明を目指しているが、与野党には慎重論もある。交渉参加のメリットと参加しなかった場合のデメリットを分析し、参加の必要性を説明するための資料となるとみられる。

 文書は「APECで交渉参加を表明すべき理由」として、12年の米大統領選を挙げた。「米国はAPECで相当の成果を演出したいと考えている」と指摘。日本が交渉参加を表明すれば「米国は『日本の参加でTPPが本格的なFTA(自由貿易協定)となる』と表明可能」になり、大統領の成果になると分析した。

 参加表明を決断できない場合、他のEPAやFTA交渉への悪影響に言及。交渉が始まっているEUについて「足元を見られて注文ばかりつけられる」と予想。中韓とのFTAも「中国に高いレベルの自由化を要求できなくなり、交渉入りできなくなる可能性が強い。中韓FTAだけ前に進み日本が取り残される」としている。

 選挙への影響を懸念する党内意見については、衆院解散がなければ13年夏まで国政選挙がないことに触れ「交渉に参加しても劇的な影響は発生しない」とした。

 文書は慎重派との「落としどころ」にも言及。実際の交渉参加は最短で12年3月以降と見込み「3月までにしっかり議論し『参加すべきでない』との結論に至れば、参加を取り消せばよい」と指摘。取り消す場合は「党側が提言し、政府は『重く受け止める』とすべきだ」と提案した。「日本が直面しているのは、参加を途中で取り消す『自らの判断』が批判を受けることではなく、方針を示せないという『自ら判断を下さないこと』に対する批判だ」と指摘した。【小山由宇】

 ◇政府のTPPに関する内部文書(要旨)

 ▽11月のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で交渉参加表明すべき理由

・米国がAPECで政権浮揚につながる大きな成果を表明するのは難しい。日本が参加表明できれば、米国が最も評価するタイミング。これを逃すと米国が歓迎するタイミングがなくなる

・交渉参加時期を延ばせば、日本は原加盟国になれず、ルールづくりに参加できない。出来上がった協定に参加すると、原加盟国から徹底的な市場開放を要求される

・11月までに交渉参加を表明できなければ、交渉参加に関心なしとみなされ、重要情報の入手が困難になる

・韓国が近々TPP交渉に参加する可能性。先に交渉メンバーとなった韓国は日本の参加を認めない可能性すらある

 ▽11月に交渉参加を決断できない場合

・マスメディア、経済界はTPP交渉参加を提案。実現できなければ新聞の見出しは「新政権、やはり何も決断できず」という言葉が躍る可能性が極めて大きい。経済界の政権への失望感が高くなる

・政府の「食と農林漁業の再生実現会議」は事実上、TPP交渉参加を前提としている。見送れば外務、経済産業両省は農業再生に非協力になる

・EU(欧州連合)から足元を見られ、注文ばかり付けられる。中国にも高いレベルの自由化を要求できず、中韓FTA(自由貿易協定)だけ進む可能性もある

 ▽選挙との関係

・衆院解散がなければ13年夏まで国政選挙はない。大きな選挙がないタイミングで参加を表明できれば、交渉に参加しても劇的な影響は発生しない。交渉参加を延期すればするほど選挙が近づき、決断は下しにくくなる

 ▽落としどころ

・実際の交渉参加は12年3月以降。「交渉参加すべきでない」との結論に至れば、参加を取り消せば良い。(取り消しは民主)党が提言し、政府は「重く受け止める」とすべきだ

・参加表明の際には「TPP交渉の最大の受益者は農業」としっかり言うべきだ。交渉参加は農業強化策に政府が明確にコミットすることの表明。予算も付けていくことになる
******引用終わり*****


 
民主主義を冒涜した戦後最大の暴挙。TPP参加を決めるのは国民であり、政治家、ましてや政府ではない。何を勘違いしているのか。民主主義精神に則り、国民がTPP参加を拒否しているのであれば、それを遂行することが政治家、政府の役目。しかも戦略があまりにも幼稚過ぎる。

前原の「交渉テーブルについた後で撤退することもできる」発言がここから来ていたと思うと、彼や彼らの脳みそのレベルがわかる。ただのポン引きではないか。


********引用はじめ****
TPP推進のための米国企業連合
米国ではTPPを推進するための民間企業連合が作られている。この米国民間企業連合は24の作業部会推進をし様々な要求をアメリカ政府に行なっている。主な企業は次の通りである[44]。

(金融分野 )シティグループ、(通信分野)AT&T、(建設会社)ベクテル、キャタピラー、(航空機製造)ボーイング、(飲料分野)コカ・コーラ、(物流サービス)フェデックス、(IT)ヒューレット・パッカード、IBM、インテル、マイクロソフト、オラクル、(医薬品メーカー)ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、先進医療技術協会、(保険)生命保険会社協議会、(小売業)ウォルマート、(メディア)タイム・ワーナー。(農業系団体)カーギル、モンサント、アメリカ大豆協会トウモロコシ精製協会全米豚肉生産者協議会、その他


また「米国の対外投資にとって安定した非差別的な法的環境の典型をつくり出すために、強力な投資保護、市場開放規定、紛争解決を組み込むべき」と主張している。これはTPPにおいても北米自由貿易協定(NAFTA)同様に、「国際投資紛争解決センター(ICSID)」を仲裁機関に指定する要求である。TPP協定に投資が含まれICSIDによる「紛争解決」の項目が組み込まれると、外資系の投資企業が投資相手国の政府を訴え損害を弁済させることが可能になる。このことの実現は例えば、米系投資企業が日本政府を相手に訴訟を起こし、巨額賠償金を得ることも可能になることを意味するTPP(wikipedia)
********引用おわり****


重要な部分は赤字に反転しています。新たな不平等条約になる恐れがあります。国内においても不平等がますます進みます。輸出型産業に従事している人たちは潤い、細々と真面目に暮らしている第一次産業に従事する人たちは、より一層苦境に立たされます。民主主義や法の下の平等なんてあったものではない。ただの早いもの勝ちの世界。あまりにも未熟で低レベル。それを政治家と政府が推し進めているのだから驚く。日本国憲法を犯す犯罪者の集団。

TPPは、売る側の論理が先行しているので必ず失敗します。新たな植民地主義を手放しで喜ぶほどアジアの人もバカではない。

日本人は、アメリカの”早い者勝ちロジック”に迎合すべきではない。環太平洋が共に栄えるモデルを構築しなければなりません。それは市場開放とは逆のやり方になります。しかし中国ほど閉鎖的でない市場。そこが日本が目指すべき道です。

早いもの勝ちを推進する日本人の顔をした外人部隊には退場してもらわなければならない。



尊農攘夷
PR
ゴット原口氏が市民側へと昇格されました。


民主・原口氏が維新の会…橋下知事らと連携へ(読売新聞)


予想通りですね。


肥前の※江藤 新平(えとう しんぺい)※は愛国公党にも参加していますし、肥前は日本で最初に※アームストロング砲※を完成させています。

射程距離が長いので、永田町と霞ヶ関には届くと思います。


摂津/河内の橋下知事は、今、自民党の落ち武者狩りをやっていまして※三好三人衆(みよしさんにんしゅう)※の復活は近いでしょう。広域連合に阿波も入ってますし。。。


薩摩では阿久根市長が大暴れ(笑)頼もしいですね^^


勤皇の水戸浪士がおとなしいのはちょっと不気味。

ひょっとして水面下で早くも※桜田門外※を計画してる?

でも、額賀氏への支持母体が非常に強力であるみたいだから白虎隊になる恐れがある?

加波山事件を思い出して早めに自由民権に参加しないといけないと思います。


しかし、暴力による戦いなどもってのほかだと思います。明治時代にはいり言論による戦いで国会が生まれたわけですけれども、さらに一歩進めて笑いによる戦いを進めていかなければと思います。

つまり歴オタとか歴ジョとかコスプレで時代を転回させていくということです。そこに第三極インターネット政党が絡んできます。

ばかばかしいと思われるかもしれませんが、ウィーや漫画やコスプレは国境や宗教、哲学を超えて世界中に受け入れられています。

そこには文字にはならない自由と民主主義の力があります。その力をインターネットの直接民主制に載せます。



名古屋では、河村たかし氏が、ちょうど※桶狭間※をやっている最中ですね。

そろそろ我々、長宗我部/竜馬軍も河村たかし氏に書状を送っておかなくてはならないでしょう。

桶狭間が1560年で長宗我部元親(南海/西海)が織田信長(東海/北海)との日本分割統治にサインしたのは1575年。

桶狭間から15年もの歳月が過ぎています。

1560年、信長が今川義元を破った時、元親が何をしていたかと言えば

長浜の戦いで初陣デビュー!

どれだけ元親の制圧スピードが速かったかがわかります。


元親が目指したのも竜馬が目指したのも幸徳秋水が目指したのも共和制連合国家。

しかし、3回とも帝政に阻まれて達成することができませんでした。

でも一度だけ共和制が実現していた時代がありました。

邪馬台国の時代です。


1回目→天武天皇帝政(律令国家)確立。
     しかし土佐高賀茂社から献上された神刀(草薙剣)のたたりによりご逝去

2回目→織田信長帝政確立目前。関白/藤氏長者/一条内基の後継者土佐大津御所である
     一条内政を暗殺の挙句、長宗我部元親との分割統治条約を一方的に破棄。
      明智光秀/斉藤利三激怒。信長に祟り→本能寺の変でご逝去

3回目→帝政明治天皇たたりを恐れ、四国から※崇徳天皇※を京都にお戻しになる。
    →(たたりなし)



今度こそ成功させましょう!

我々日本人の真のルーツ、民主主義連合政体邪馬台国へと!




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用


*******************************************
2011年4月 高知県室戸市尾崎海岸で第二回尾崎祭りが開催される予定です。
*******************************************


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
鳩山辞任の裏にはNET選挙の問題がありまして、今月4日までに法案を成立することが条件でしたが、民主党は、民主主義よりも党利党略を選択したため、NET選挙解禁をもみ消しました。

支持率が下がっているためNET選挙解禁されたら民主党は困るがです。

かというて、法案審議に反対しよったら余計印象が悪くなるき、鳩山由紀夫は6月2日に辞任したということながです。騙されてはいけません。

民主党は、民主主義よりも党利党略を優先した、ということながです。

鳩山前首相は昨年8月にこんなことを言いよりました。



民主・鳩山代表、Twitterユーザーに動画で呼び掛け 「ネット選挙解禁に力貸して」(ITmedia)
「Twitterユーザーのみなさん、民主党はインターネット選挙を解禁いたします。力を貸してください」――民主党の鳩山由紀夫代表が、動画でこう呼び掛けている。
2009年08月06日 17時35分 更新



しかし、10ヵ月後の今月には放り出し辞任。しかもそれはマニフェストに書かれちょったNET選挙解禁法案をもみ消すための辞任。


***************************************
 政府・民主党が14日、野党側に対し、会期末が16日までの今国会の会期を延長しない方針を通告したことで、インターネットを利用した選挙運動を解禁する公職選挙法改正案(ネット選挙解禁法案)の成立が見送られることになった。7月11日投開票予定の参院選からネット運動を解禁するには、法案を4日までに成立させることが条件だった。

 また、民主党と国民新党が次期臨時国会での成立を確認した郵政改革関連法案のほか、内閣人事局設置を柱とする国家公務員法改正案、温室効果ガスについて「2020年に1990年比25%削減」を盛り込んだ地球温暖化対策基本法案など参院に送られている法案は、国会閉会後に参院選が行われるため廃案になる。

 衆院で審議中の労働者派遣法改正案は、次期国会へ継続審議となる。
***************************************(産経新聞<yahooニュース>


民主党の裏側がいかに腐っちゅうかがわかる。


何回も言うようですが、第三極は直接民主制に訴える集団。そして今回の参院選では、公職選挙法よりも表現の自由権を前面に押し出して闘える(ウィキペディア)候補者が無党派層の受け皿、つまり第三極の芽となる。

今まで何度も真の民主主義の萌芽はありましたけんど、その度に公職選挙法違反という名目で、その萌芽はもみ消されてきました。リベラルな思想を持つ候補者の方々は選管におびえることなく、表現の自由を掲げ選挙を闘ってほしいと思います。いかなる法よりも憲法が優先されます。

いくら政党助成金で腐った巨大政党が工作をしてみても、人間の基本的人権を訴える候補者には、かなわない。


政党とは、有権者の想いを反映した党員が構成する組織であり、政党が自由に法案を拒否する権利などない。間接民主制という構造に問題があるがです。


私たちが心の中で今、求めちゅう政治プロセスは直接民主制ながです。

直接民主主義を標榜する政党の一覧(ウィキペディア)

それを高知から!



人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
東洋町長が面白いことを書かれちょります。

「社民的体質」というのは、社会主義的ポーズをとってはいるが、その本質は帝国主義に迎合する本性をもっている、ということだ。』(核の抑止力より)

これは、こじゃんと真実を突いた指摘であると思います。

現代日本人はおそらく共和国主義というものを知らんと思います。帝国主義の中でしか機能しないアメリカの自由と民主主義を心底信じちゅうぐらいですき。

今、やらないかんことは帝政と共和制の違いを認識することじゃないかと思います。

日本人は戦後、あまりにも形而上学を軽んじてきました。

その結果、日本人は帝国主義が入れ替わることを共和制やと認識するようになりましたが、本来の共和制は共和国主義が入れ替わることを意味します。

共和国主義とは、他者・他国を尊重して全体を構築していくという主義であり、多数決民主主義では決して実現し得ないものです。


多数決民主主義は、現代の議会制民主主義の根本原理でもありますので、現代の政治プロセス自体が共和制に到達することができないということながですね。

民主党はインターネット選挙法案の話し合いを突如として放棄してもみ消しましたが、現代の議会制民主主義とは、党の都合で法案さえももみ消せる構造を持っちょります。民意に反して。

多数決民主主義でない共和国的民主主義とは、古代大和の合議制民主主義であり、戦国期・長宗我部の一領具足軍略会議にまで継承されちょったでしょう。戦国期の軍略会議はほとんどが合議制民主主義やったがですけんど、ほとんどの場合、一般人が参加できん間接民主制の合議制民主主義でした。武田とか上杉は直接民主制に限りなく近い間接民主制の合議制民主主義やったと思います。

でも、一領具足軍略会議は、領主が領民から直接話を聞いて政策を実行する直接民主制の合議制民主主義であり、明智光秀などもこのタイプの領国経営をやりよったみたいですね。

この領国経営手法を織田信長がこじゃんと嫌うちょって叱責しまくりよったなんていう逸話も確かあったはず。織田信長は完全な帝国主義者やき、共和制を非常に嫌うちょったがですね。それは兄弟を自分の手で殺害せざるを得ない状況に追い込まれて実行したという過去が、共和制は幻想であるという思想につながっていかせたがやと思う。


話を元に戻しますと自分的には、現実的な方向性として共和制を勃興させながらもグリーン・ニューディールの帝国主義に載せかえていくことしか無理ながやないかなとも思いよります。日本人が共和国的感覚を取り戻すがはまだ時間がかかるでしょうから、ヒトラーみたいなもんが出てきても困るき、両方の路線から囲い込んでいく必要があるのではないかと考えよります。


6月20日に『東洋町の奇跡』と言う集会があります。是非、皆さんも高知の奇跡でもある東洋町長のお話を聞きに行ってみてはどうでしょうか。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
「ネットがあれば政治家いらない」 東浩紀「SNS直接民主制」提案(J-CASTニュース)

自分も2年以上前から、下記記事などで直接民主制論を書いてきたけんど、やっと若い人たちの間でも政治思想に踏み込む人たちができてきて社会が新しい方向に転換する兆しが見えてきたようです。

前から言いゆうように、自民党でも民主党でもない第三極の新保守(ネオコン)の人たちですね。この流れを土人党に取り込みたいがやけんどねっ。


知の殿堂 ~ うんとモガリたい人たち向け ~
協働自治型社会とは
なめたらいかんぜよの高知
直接民主制がようない?


Webを介した直接民主制は、年寄りには理解できんらしいですね。

そもそも間接民主制とは、市民の代理権を得た代議士が議会で発言するがやけんど、議会が予め決められた質問と予め決められた回答で運営されゆう現在において、日本の民主主義は腐った形式民主主義と言わざるを得んやろうと思います。

既に議会には法の精神とか民主主義の精神とか、そんなものを尊ぶ人たちは少なくて、自らの地位と名誉に対する欲望を議会に参加することで果たすという世にもおぞましい構図ができあがってしもうちゅうがですね。

やき代議士になった人たちは、代議士生命をかけた発言はせんし、なんとなくうまくとりつくろう政治的手法しか選択できんなるがです。

もし仮に真の民主主義精神が宿る人たちが日本に存在するとすれば、真っ先にすることは議会に入って議会を変革するがではなく、議会そのものをぶっこわして新たな民主的プロセスを創造するやろうと思います。

こういう意味において、直接民主制に言及する若者が出てくるという現象は、日本が本質的に再生していくという明るい兆しであると思います。


最近問題になっちゅう公職選挙法の問題とかオバマ大統領が当選した裏にあったWeb選挙活動とか、こういう流れとWebの本質を考えたら、政治における民主的プロセスがWeb直接民主制に移行してくるがは時間の問題なわけです。

あとは、それがどこの国のどこの地域から、どのように出てくるかが一番の問題で、それを一番先にやった地域が自由・平等・博愛の女神の祝福を受けるわけながですけんど、どうでしょう、現在はアメリカが構造的には一歩リードしちゅうと言うてえいと思います。

なんでかって言うたら、これは一部の人間が勝手にやったら成功するというもんではなくて、このシステムを支える膨大な政治勢力が必要なわけで、オバマ大統領選でつながった若い人たちの政治ネットワークは日本には存在せんからです。しかし、日本人は突然ひとつにまとまって目的を達成するためにがむしゃらになる、という特性を持っちゅうき、まだまだ先はわからんという状況です。


あと、Web直接民主制の意味を理解できん人、あるいはWeb環境が整ってない人が、その民主的プロセスの中から閉め出されるという新たな問題も孕んじゅうわけです。


この問題を乗り越えるためには、今まで以上の民主主義的精神が必要なわけであり、その時必要になってくるがが結局、古代ヤマトの合議主義、すなわち土佐邪馬台国の一君万民自由思想ということになるがですね。

大文字の精神とか和の原理主義は土佐で完成されて畿内に持ち込まれたわけですき、今回の政治プロセス革命は、正しい古代史の発掘の旅でもあるがです。

ここらへんのところは未だ光を見ずの状態やき、これからのことになると思います。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
現在の国会や県議会というがは、どちらかと言うたら【飯炊き場】になっちょります。

今日の晩御飯は何にしますか~?、とか船員Aと船員Bが喧嘩しよりますけんど、どうしたらえいですか~?、とか。

そんなことは【飯炊き場】で個々の人間が解決することで、本来、国会とか県議会という神聖な場は【操舵室】でなければなりません。

【操舵室】というがは、どういう場であるかというたら、これから右に行くのか左に行くのかというイデオロギーを船長に意見具申し、民主主義的手法を経て、船の行き先を決定していく。

これがほんまもんの国会であり、県議会であります。

人間の度量を測ったり、個々の事象の対応を迫る場ではないと思います。


高知県議会においても、尾崎知事は日々の業務と議会での発言やスタンスの準備にと忙しく、どちらに高知県を進ませるのかを考える余裕なんかないと思います。これはどこの知事もそうでしょう。

民主主義国家と呼ばれる日本国の議会において神聖なイデオロギー対立というもんはなく、個々の事象に対する考え方の違いを表明するだけのもんになっちゅうと思います。



やき、高知県は、イデオロギーを集約する装置を{ゆうあい工房}に遡及したらどうかな、と思う(笑)

もう何年も前に書いたけんど、高知の民主主義は、もう少し直接民主制寄りになる必要があるがやないかなと思うちゅう。

高知県議会が間接民主制によって選ばれた代議士が個々の事象を議論するのであれば、市民たちは高知県がどこに向かうべきなのかを議論する(直接市民が参加する)イデオロギーの競合と融合の場を創造する。

(もっと詳しく言うたらイデオロギーは抽象論やき、現実に足を引っ張られゆう県議会が、地域通貨や道州制導入の準備会を発足させる日が来るわけがないということ。他地域がやり始めた後で、どうするがが?という後手の対応になるのが目に見えちゅう。これではいつまで経っても高知はよくならんということ。現実の対応を議論する県議会とどこに進むべきかのイデオロギー討議会は分ける必要がある)


これはなんか知事の『対話と実行』と同じような感じもするけんど、市民主導のいつでも開かれた装置とは本質的な差がある。

そこがブレーンとなることによって、直接民主制の通路が開かれる。これはすぐにどうのこうのという問題やないかもしれんけんど、将来的に高知はそうする必要があると思う。そういうのがこじゃんと好きな県民性があるき。


そこで重要なことは、如何に市民活動の拠点であっても、県のブレーンになるのであれば、如何なるイデオロギーも差別しないという思想・信条の自由を徹底的に保障する必要があります。


おそらく現在の民主主義というがは、早晩崩壊する。Netの発達によって時代にそぐわんなってきちゅうき。時代に合わせた民主主義というやつを発明する必要がある。

{ゆうあい工房}が、ブレーンになってNet上ではコメント・トラックバックで参加できて、リアルでも気軽に参加できる。それが無限のリアルソーシャルネットワークを生んでいくというストーリー。

そんなに難しくはないと思う。

どういてもモガリたい人は、リアルでモガリ倒したらえいし、あんまりリアルで人と話すのが得意やない人は、Webで参加したらえい。

こういうのがほんまの民主主義やと思うし、これは観光資源にもなる一石二鳥の無から有を生み出す知的財産。



人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
土佐人民党を立ち上げましょう

経世済民さんが、また、えいことを書かれてますね。

土人党とは、なんと素晴らしい言葉ながでしょう。

『土』は、もともと土佐を表す言葉。昔は土州と呼ばれたし、日本神話の中でも土を表す石土彦を単体で祀るがは、土佐のみ。


土御門上皇も高知と縁が深いし、陰陽道の土御門も四国との縁が深い。

『土』は五大元素の中でも、魂が現実世界に現れる依代となるもの。古代はハニヤスと呼ばれて、埴輪の元にもなっちゅう。

なんで埴輪が古墳の周りに置かれたかというたら、『火』・『水』・『風』・『空』によって、『土』が人型に形作られていくき。やき、再生の始まりを象徴しちゅうがよ。

奇しくも、高知でできた自由党の後継政党『自民党』は最後の断末魔。高知県人の手で息の根を止めるのが、先祖への最高のハナムケというもん。

自由とはなんであるのか、国会とはなんであるのか、もう一度、日本国中に知らしめんといかんと思う。

高知という語は河内・高智からきたけんど、もともとは万葉集にも出てくる『高知らす』という天皇の隠語。

高知県西部の高知坐神社はその名残。この神社の高知は地名の高知やないで、天皇の隠語の高知「たかしらす」やき。たかちにいます(高知坐)は、高い所から知ろしめす・聞こしめすほど高貴な存在があるということ。

そのタカチ(高知)がトウチになる。トウチは本来、十一。その2つの漢数字をひとつの文字にしたら『土』という土佐を表す文字になる。そして高知のトウチ(十市)には延喜式内社の石土神社がある。これは単なる偶然ではない。


それが土人党の土。仏教における十一面観音は、女神を表す場合が多い。その女神とは土佐神社のほんとうの祭神『しなね様』であり、女王ヒミコであり、天武朝で誘拐されて奈良龍田大社に祀られた国御柱命は級長戸辺命(女神)。



高知とアイルランドの共通点は何度か指摘したけんど、アイランド人のゲール語に『トサ』っていう単語がある。

はじまり』という意味。英語でいうとビギニングね。

ほんで十一面観音も再生、つまり「はじまり」を意味する。トウ(十)で終わって、一でまた、始まるということ。トウは戸でもある。つまりは『土』の一文字で、すなわちビギニングながよ。

武市半平太の実家が十市にある。それが全ての始まりやったかもしれん。


自民党の終わりは土人党の始まりということやね。明治維新時にも一番先に幕藩体制を破棄できたのは土佐。それほど高知には思想的自由が古代より存在する。


とにかく、自由でも民主的でもない私利私欲集団には天罰が下る。その天罰を下すがは、日本初の近代政党「自由党」を作った土佐であり、国会期成同盟『ウィキペディア(Wikipedia)』を作って国会を開設させた土佐であり、現憲法に近い私擬憲法「東洋大日本国国憲按」を作った土佐。

このように近代国家の礎は土佐から始まっており(知らない人の方が多い、この国の住民はなんと自国の歴史に無頓着ながでしょうか、さらに驚くべきことは高知県人自身が知らんらあていうこともあるらしい)、土台を破壊し再構築できるがは、土台を作った人間達だけ。今の自民党員は土台の上で私腹を肥やしてきただけのタヌキどもやき、近代国家の礎がどのようにできたかを本質的に理解できてない。それが現在の政治不況。

経綸の本質を知らんタヌキたちがいくら政争で国民を欺き続けても限界がある。それほど大衆はバカではない。

もともとバブル崩壊で日本の政治と経済は崩壊した。後の20年間はタヌキと小者でダマシだまし、国家は運営されてきたけんど、皆、2世ばかりのボンボンやき、政治の本質を見抜けるはずがない。

政治とはもともと日本においてはマツリゴトであり、国民の心を治める神事ながよ。それをタヌキたちは「政治は選挙である」と豪語する。まさに【錦を着た乞食】状態。心は卑しくても腹は満腹らしい。武士道精神を微塵も感じさせない人間達が毎夜毎晩TVに登場する。醜悪な臭いを撒き散らしゆうき、悪寒に襲われる。

子供に言い聞かせるつもりや。「ああいう人たちの真似したらいかんで」と。それぐらい、子供の教育に悪影響を与える害毒な人間達が、人の上に立っちゅう。どうやったらあれほど低次元の人間どもをかき集められるか、むしろその方法を知りたい。

そして、そのまんま東も、ゾウリムシのように、そのまんま東へ駆け上がっていくらしい。永田町には、どうしようもない人間を集める異次元ポケットでもあるがやろうか?

なんのイデオロギーも持ってない人間が一体、何を変革するというのか?変革というがは明治維新然り、2.26事件然り、イデオロギーの付け替えであるのに。


土佐には「やむにやまれぬ大和魂イデオロギー」がある。坂本龍馬(自由主義者)・武市半平太(勤王主義者)・植木枝盛(法の番人)・幸徳秋水(社会主義者)など、おおまかなイデオロギーは違えど一君万民連邦制社会主義は皆、持っちょった。それは土佐邪馬台国の名残であり、この土地から何度でも復活してくる。よさこい・おきゃくはそのイデオローグというてもえい。


クニはもともと六合と書いて、東西南北と天と地の6つをあわせたものをそう呼んだ。

東も西もわからん(日の出る方向もわからん)、先祖(天神地祇)に感謝もできんやつらが、クニを作っていけるわけがない。

そもそも自民党では役不足。

もっと大地に根ざした土人たちが、このクニを牽引していくべき。

経世済民さんも、フランス革命のことに触れちゅうけんど、ちょうど中江兆民がその頃にパリとかリヨンに滞在して、かなりがっかりして日本に帰ってきて、日本独自の近代的自由を確立していくことになる。

それが結果的に西洋の偽自由主義(植民地主義を含む自由主義)と対立することになるがやけんど(これが日米戦争の深い深い根のところにある、土佐もアメリカもヨーロッパも自由の根拠をルソーに求めた、ルソーの自由が完全に理解されるがは、あらゆる民族が大同団結「クニトコタチ」し、六合が完成された高知でしかあり得ん)結局これも福澤諭吉に大東亜共栄圏で持っていかれてしもうて、なんやわからんうちに中江兆民の存在はかすれて福澤諭吉だけが知名度が高い。


その中央史観に洗脳されて、中江兆民の墓の前を道路にするとは、同じ高知県人として恥ずかしいこと。



とにかく、土人党に勝手に参加表明致します。

これから高知を復興していく上で重要な思想が3つある。

***********************

①尊農攘夷(食とエネルギーの完全自給)/衣・食・住

②ブロック経済ニューディール/政治・経済

③楽市楽座/社会・コミュニティ

***********************

①の尊農攘夷は見たらわかると思うけど、幕末の尊皇攘夷思想の皇の部分を天皇から農業に置き換えるということ。ハゲタカ(新自由主義)を駆逐し、農業を主体としたクニを皆で作っていくという機運を盛り上げるということ。農業を主体にするということやき、結果的に原発やダム建設で国土を穢してきた近代国家のやり方も見直されると思う。

農業を主体にするということは水と命と自然を守るということ。そのサイクルの中でエネルギーを自給していく。

撃破!サプライチェーンマネジメント


②のブロック経済ニューディールは、土佐国から出入りする人・物・金を厳しく統制し、ブロック経済圏を築き、国から譲り受ける地方交付税を市民が主体となり、リターンが見込める分野への投資へ振り向ける。とにかく無益な公務員の人件費を20分の1ぐらいのレベルにまで削減する。

守るべきは地域社会であり、地域社会を破壊する新自由主義の魔物を駆逐する。繁栄は自らの手で作る必要がある。

一地方都市のブロック経済圏は憲法22条などに抵触する恐れがあるき、高知の議会で条例可決させて、道州制の法律と組み合わせてなし崩し的に持っていく。

国から完全独立する時は、『中央集権国家存続の迷惑料』として2割くらいは国家財源をもらいうけるように強制的に一番乗りで財源委譲を行わせる。

日本神話では四国が一番先にできた大きい島やき、それくらいのことは当然のこと。




③の楽市楽座は②のニューディールにも絡むことやけんど、公務員の人件費を極限まで削減して、中心市街地を半ば強制的に買い取る。ほんで若者に無料または格安で解放する。簡単に言うたら、日曜市の拡大

土佐の自由思想をバックボーンにする。よさこいと絡めてやっていく。

衣・食・住/政治・経済/社会・コミュニティなど、古代の邪馬台国をモデルにした社会を復活させる。それが日本の出発点でもあるがやけんど。自由・平等・ナチュラル・濃厚な人間関係がキーワード


これを真剣にやりさえすれば高知は繁栄する。やらんかったら高知は衰退する。ただそれだけ。

フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]