忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の書いている土佐古代史に興味を持ってくださる方が、たまにいらっしゃいまして高知パワースポット推進委員会みたいなものができるかもしれません。

興味のある方はどなたでもどうぞ。

高知のパワースポットは中部・東部・西部に分けることができます。


というのは、文化がかなり違うからです。

西部には古代の秦王国があって、そこにまず古代の天皇制が根付いて、高知県中部で縄文古来の先住民と大同団結して大和というクニができた。これが裏の歴史です。

その後、都は阿波池田のほうの剣山系に移って、その後は淡路島、神戸、大阪と移って、その後やっと奈良に入ったんですね。

なので、高知県東部は、その流れから取り残されていて、剣山系先住民族系の文化が今でも残っています。

言ってみれば、高知県中部で剣山系の物部の先住民族と秦王国系の加茂/秦が大同団結して日本の天皇制ができたわけですけど、西部は秦王国だったので地中海由来の原始キリスト教の一君万民系の力が強くて、これが幸徳秋水なんかに引き継がれて、東部は縄文由来の大王制が強くて谷時中だとか武市半平太とかに出てきてますよね。

この東部と西部の尊王思想はちょっと違うけど、共通するのが女性の大王/巫女を頂点に君臨させたという点。

その信仰の共通性があったからこそ、日本初のエスペラント語『土佐弁』が弥生時代に生まれたんですね。

土佐弁を調査してもらったらわかるけど、土佐弁は地域によってイントネーションや文法、言い回しが異なります。これは高知中央部で土佐弁が生まれてそこから広まったわけではなくて、それぞれの言語がまず存在して、その言語を統括するように土佐弁が生まれたということを示しています。

それと、他の日本語には見られない文法が土佐弁に見られるということは、土佐から古代の共通言語/エスペラント語が生まれたということを如実に物語っていると思います。

古いものが残っているだけだという人がいますが、東京/横浜があれだけ都市化が進んでも古来の伝統を守ろうとする鎌倉には都市文明を跳ね返せるだけの巨大な原理(過去の都/誇り)があるわけです。

日本にとってのそれは、京都や奈良と思われがちですが、もっと古い時代にさかのぼれば土佐だということになります。

京都や奈良が新しい文明に飲み込まれても土佐はそうなりません。なぜならば大和という国が発生した記憶と地形があるからです。国家が存亡の危機に直面した幕末をみれば、私が今、書いていることの意味がわかると思います。

そういうことを踏まえながら高知の都市計画、パワースポット推進、さらには政治運動を行っていかなければならないと思います。


PR
今日は雨がすごいですね。ひまわり太郎さんの日記を見ますと、昨日の花火は13日に延期になっちゅうらしいですね。

13日の21:00からTVで県民ショーもあるらしく、13日は目白押しやね。

よさこいができんなるき、なんとか晴れてもらいたいですね。

先日は、親戚の家の近くの奈路の花火大会に行っちょりました。ちょっと雨が降り出したけんど、そんなに人もおらんき、ちんまい子供がおるところには穴場的な花火大会ですね。



先週の県民ショーは、たまたまTVつけたらやりよったけんど、ことさらにTVで見たら笑えるけんど、良くある話やき、笑えたわね。

さらに欲を言うたら、日曜市に行った後に、ひろめ市場に行って昼間から返杯をさせられるという話でもおもろかったかなと思いますね。

まあ、13日は楽しみですね。



昨日は久々にはりまや橋商店街の金曜市に行っちょりました。けんちゃん経世済民さんや大物のOさんなどに会いました。

衆院選も近いということもあり、水面下では色んな動きがあるようです。

自分は高知での選挙権を持っちょりませんので、票を投じることはできませんけんど、今月の衆院選で当選する人次第でこれまで以上に高知の未来がかなり左右されることは間違いがないでしょう。

自民党が下げ潮、民主党が上げ潮になっている中で、高知県人が一体何を基準にして政治家を選択するのかに命運がかかっちゅうでしょう。

選挙での投票するという行為よりも、むしろこれから選挙までの期間、どれだけ多くの人がブログで政治的活動を展開するのか、に全てがかかっちゅうというてもえいと思います。

選挙は単なる結果に過ぎず、間接民主制の本質とは、政治家をコントロールする市民がいかに深い政治思想を醸成できるかによるがです。

ということは、間接民主制が機能するためには、どれだけ選挙区内に自由市民が存在するかが重要な要素になっちゅうがですね。


まあ、そういうことで、晩かたからは、『ごまめのはぎしり』というJAZZ居酒屋で経世済民さんの講談を聞きながら痛飲しました。

現在進行中のお題目は『土佐物語』という軍記物の語りになっちょります。

(来週の8月14日はおやすみですけんど)毎週金曜日の19時頃からやりゆうらしいので、興味のある方はぜひ行ってみとうせ。

この『土佐物語』、実はものすごい書物で、中央の軍記物『平家物語』『太平記』を凌ぐほどのボリュームと内容ながです。

江戸時代に編纂されたらしいがですけんど、これだけのものを書く人物がいたというだけで、驚きです。

土佐南学や、この『土佐物語』の完成度をみても、土佐が文化的に後進地域であるという自虐史観は完全に間違いであることに気付きます。

明治維新や自由民権運動はある種、土佐南学、特に陽明学の現実社会への行使であるので、土佐の文化的水準は非常に高い水準で明治時代初期までは保たれていたことがわかります。

むしろ、現在の土佐のように中央にコビヘツラウ期間というがこそ、土佐の歴史の中では珍しい。


今回はPYちゃんやMさんと楽しい話をさせてもらいました。高知独立や四国独立についてのことなどを語り合いました。なかなか楽しかったです。

色んな分野の方が有機的に結合していく。これが尊農攘夷運動の基本です。種を撒き、世話をして、収穫して、感謝する。このサイクルは作物を育てる時だけやなくて、人間や社会を育てる場合にもあてはまるもの。これが尊農攘夷思想。

20世紀最後の資本主義思想【新自由主義】は、市場から収穫するだけで、種も撒かんし、世話もせんし、感謝もできん、キチガイ資本主義。それを健全な資本主義に戻すのには、天皇も毎年やりゆう新嘗祭の思想が必要。

尊農攘夷運動は資本主義市場において【収穫しかせん夷てき】に悪霊退散してもらう思想。

まず現代社会における病魔・病巣とは何か?を明確に認識することが肝要じゃあないかと思う。

結果には、必ず原因がある。その原因を糺そうとするがこそ本当の政治。そして政治的活動。主権は国民にあり、政治思想を展開するがは政治家ではなく自由市民でなくてはなりません。政治家はその自由市民の単なる代理でしかありません。

ですから代理を選ぶ選挙という行為は本来それほど重要ではない。もっとも重要なことは自由市民たちが、どういう社会を創造していくかを意見を出し合って話しあうこと。

それを明治時代にやったがは土佐人(国会期成同盟)。戦国時代にやったがは長宗我部元親(一兵卒を軍略会議に参加させていた)古代においては、土佐邪馬台国の大和自由主義。

これが土佐のディベートの文化の根底。そしてそれが『おきゃく』『よさこい』へとつながっていく。

PYちゃんが教育長の言葉を引用していたように、教育の問題は家庭や学校にあるがやなくて地域にあるがです。これと同じように政治の問題は政治家にあるがではなく、政治思想を持ってない市民にこそあるがです。

政治家が社会を良くしてくれるがやなくて、社会を良くするがは私たちひとりひとりであり、政治家はその代理に過ぎんっちゅうことなんです。

なんべんも言いますけんど、これが『間接民主制の本質』ながです。

鹿児島のブログ市長、今度は職員給料268人分をHP公開(読売)


さすが狗奴国だけのことはある。またもや先を越されたという感じか。

本当はこういうことは全国に先駆けて高知県人がやらないかんことやろう。それを支持する土壌もあったはずやけど、今では『国家の犬』と化して、時代の流れを読むことを忘れてしもうた土佐人がなんと多いことか。

しかし、1円単位で給与額が多い順に番号を振るとはかなりのツワモノ。

これに負けんためには、高知県は職員の給料だけでなく、どこにどれだけ使ったかを公表すべきやろうと思う。

その使い道によってどれだけ高知に愛郷心があるかを採点する。それぐらいやらんと狗奴国には勝てん。

いや~、しかし、敵ながら天晴れ(笑)
高知の経済衰退のひとつの要因に「非論理性」
というものがあると思う。

高知には勢いだけで行こうという雰囲気がもともとある。

自分もそんなに嫌いやない。

でも今はそういう段階でもない。

今までのように地方交付税と公共事業があれば別に思考停止でも
おまんまを食っていくことはできたかもしれん。

でもこれからはそういう雰囲気を変えんととてもやっていけん。

論理的な人間を県政の中心に据えて
押し出す時に勢いのある人を使う。

もしくは民間に論理的な人間を結集して
県政をコントロールしていく。

どっちでもえい。

とにかく酒を飲んで勢いのある人間が政策の中心になりゆう間は
高知はなんも変わらん。

勢いだけではだめ、今までの何がだめで
これからどうしていくのかをオープンにして
しっかりと議論していくという雰囲気とインテリジェンスを持った
政策集団がおらんとだめ。

まず論理的に考えるためには
自分の考えをまとめ、公開し意見を言ってもらうという機能を持った
ブログが手っ取り早いと思うが
知事や県職員、議員など、最も市民の意見を聞かなければ
ならない人たちが自分の殻に閉じこもり
批判にさらされることにおびえている。

いかに自分の思想が陳腐か?
毎日ブログを書けばわかる。

ブログさえ書けん人間たちが公職に就いてよいのか?
そういう疑問さえ湧いてくる。

開かれた社会というのなら
現在のように世界へ発信できるWebという媒体を活用しているはずである。

それができてないのは
自分の考えに自信がないか取り繕っていることを知っているからではないか?

それは開かれた社会というよりも、もっと以前の問題
閉ざされた人間という性質を持っている。

土佐のおきゃくどころではない。
心を閉ざしているわけですから。


dondo

先週の土曜日に近くの公園にどんど焼きを見に行っちょった。

8mのやぐらのまわりにはこじゃんと人がおった。

消防車も待機しちょった。点火前には風下に放水しよった。


点火したらあっという間にやぐらがのうなった。

近くにおった人は熱いかしらん、ひえ~いうて逃げよったで。


近寄り過ぎよ。

おれはだいぶん離れちょったけんど、それでも意外と熱かった。


子供は目が点になっちょった。

あんな火を見ることはないきね。

火のこわさを知るためには大事なことやね。

火の神さまの祭りでもあるし。




どんど焼きは年神さまを見送る行事。

正月飾りを持ち寄って燃やすがよ。

前に農村再生はオサバイさんの再生で書いたけんど

年神さまも稲の神さまも同じ。

呼び込んで送って、また来てもらう。

その繰り返し。

日本人は命の循環を信じる民族。

グローバリズムで世界が平和になるらあていう
直線的な西洋の歴史観を信じるのは馬鹿らしい。

グローバリズムと国際分業は全然意味が違うし。



今じゃあ、正月がなにを祝うもんかも
忘れさられようとしちゅう。

お年玉もこの年神さまに関係しちゅう。

年神さまを迎えんといかんき

大掃除して、年明けたら風呂入ってみそぎして、おとそを飲む。



参考までに↓

どんど焼きは日本の国民的行事
(NPO法人地域資料デジタル化研究会より)


十市でもやりゆうみたいなね。

自分は全然高知では見たことなかった。


高知でも大々的にやったらえいかもね。

団子とか甘酒とか結構、売れゆうし。
ちょっとでも経済効果はあるやろ。

日本一、いや世界一のやぐらを桂浜に組むっていうのもおもろいね。

消防車はいらんし。

その周りでよさこいを踊ったらえい。

火祭りの現代版やね。

こじゃんと人が来る。

その価値に気づくかどうかだけの問題。



でも桂浜やったら風が吹きすぎるか。

やぐらが倒れるのもありか。



そのまんま東が分権改革連合を結成しました。

東国原知事らが「分権改革連合」 20日発足(iZaより)


橋本大二郎氏は先を越されましたね。

しかし、現代社会で成功を収められなかった
死にぞこないの政治家・学者群の分権改革連合では
とても中央政界に大きなダメージは与えられんでしょう。

そのまんま東はうまく利用しましたね。

彼がやりゆうことは西南戦争。



橋本氏は地方政治家としての蓄積も家柄も

ぽっと出のそのまんま東とは別格。

そのまんま東がやりゆうことは政治やなくて劇場。

民権とか洗濯とかそういう価値も多用し始めゆう。

高知県人ははよう気づかんといかんですね、どういう時代か。




分権改革連合などに橋本氏は合流せんとは思いますが

どういう人間たちのグループがこれから力を持っていくのかを

しっかりと見極めて繋がっていってほしいと思います。


国政の行く末が橋本氏のひとつひとつの選択に左右される
という状況が着々と整ってきちょります。



高知の人間もこういう視点を持って

次期衆院選には望まんといかんと思いますね。







明けましておめでとうございます。



今年の5月にこのブログを始めまして
もう半年以上経ちました。

東京にいながら高知と関わっていけるので
ブログっていうのはほんまにおもろいなと思います。

ブログを始める前はサイトをこしらえていましたが
(今でもありますが)
掲示板を作ったとしても双方向という感じには、なりにくいですね。


その点、ブログは書きやすいし、優位性と下位性ということが
ほとんど認識されんき、よさこいみたいでえいですね。


今日は、豆を食べたき、まめにいけると思います。

しめこぶを食べたき、しめていけると思います。

ぞうにを食べたき、しつこくいけると思いますよ。


今年は、さらに高知にとっても、日本にとっても
世界にとっても、激変の年になる可能性があります。


はっきり言うて、高知は不況のどんぞこやき
もう落ちるところがないき、案外強いかも知れんね。


いやいや、そんなことはないか。


今年もよろしくお願いします。




フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]