忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)

おもろい記事を見つけましたので添削したいと思います。

イージス艦ラッセル 宿毛湾港へ!

>戦略に入るのかどうかは正直言って判らない。
総領事館側からはあくまでも乗組員の休養と親善が目的だと聞いている。

明らかに戦略やろ?
何が休養と親善が目的か。
休養は自分の艦の中で休んだらえいし、親善が目的やったら
銃を置いて丸腰で来るのがスジ。
とにかく無礼極まりない。

>良い親善になっている。宿毛市民と乗組員が親近感を持てて良かったと思っている。

なんでアメリカの兵隊と親善する必要がある?
親善するというがやったらアメリカの一般市民と親善するのがスジ。


>ダニエル・ラッセル総領事も「この寄港が乗組員の人生の思い出に大きく残る。
そして彼らは必ずまたこの地を訪れるだろう」と述べた。

っていうか、イージス艦に乗っちゅう兵隊らあは
仕事がなくてロイロイしよったゴロツキやき、金のために兵隊になっただけ。
中には高い意識を持った兵隊もおるけんど、イラク戦争の影響で
人が集まらんき、質は低下しゆう。
思い出もくそもないやろ、いつイラクへ行かされるかわからんがやき。


>「ラッセル」は第3艦隊所属で、今回の任務は原子力空母「エイブラハム・リンカーン」の警護だったようだ。 

明らかに憲法違反よねぇ。
原子力空母の警護やもん。
エイブラハム・リンカーンが宿毛の近くに潜んじゅうってことやろ?
動く原発がうろうろしゆうのに、なんでそんなに暢気なが?(笑)

>市民が歓迎の夏祭りを開催したが、市民と乗組員が一体となって宿毛音頭を踊ったり、カラオケ大会に興じるなど大変盛り上がったようだ。宿毛市は小さな街なのでがっかりされるのでは、と心配もしていた。

何を勘違いしちゅうがやろう?
奴隷根性もたいがいにせえよ。
相手は機関銃を持った兵隊やぞ。
何回も言うけんど親善というのなら丸腰で来るのがスジ。
植民地にされるのを歓迎するようなもん、ネジがおかしい。

>しかし乗組員は給料が安いらしく、いろいろ日帰りツアーを企画したらしいが、
8千円ほどのコースになると希望者は無かったようだ。

当たり前やんけ。
犯罪者ぎりぎりのゴロツキを連れて来ゆうがやき、お金なんかあるかや。
もっと真剣に考えんといかん。

>今後も地域振興、宿毛港湾の活用を目的として、宿毛市をあげて、艦船の誘致活動をしていくつもりだ。
国会議員の協力も得ながら取り組んでいく。

どういう頭をしちゅうがやろうか?
原子力空母の取り巻きを自ら呼び込むらあてそんな地域、日本全国探しても見つからんやろう。
いくら戦後の思考停止の日本人でもそこまで脳みそは麻痺してない。

宿毛はほんまに逆の意味で危ない。

やき、今回またイージス艦が来るがやね!
銃口を向けられてニヤニヤしゆう住民は世界広しといえども
宿毛市民だけやろう。

ことさら別にアメリカ人と対立する必要はないけんど
人間の尊厳を辱めるような行為に対して抗議できんかったら
一体何をもって人間と為すか?


深い形而上の世界を持っちょった戦前の日本人に聞いてみたらえい。

無礼を無礼と認識できん人たちにつける薬はない。



PR

先日、イージス艦寄航と海洋国家土佐大和でも書いた
アメリカイージス艦の宿毛寄航のことですが
坂本さんのHPに外務省からの回答がUPされちょります。

これを見ると非核3原則に基づいて
事前協議が行われない以上は
核の持ち込みはないものとする、というスタンスが貫かれています。

このスタンスを高知県は鵜呑みにしています。
愚かですね。

高知県が持ち出さんといかんのは
憲法9条と25条です。
非核3原則なんてなんの拘束力もないスルメみたいなもんです。

憲法9条第1項で「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と規定しています。

①まずアメリカ軍はイラクでホロコーストを行っているので『正義』でも『秩序』でもなく
イージス艦はそのホロコーストを実行する上で重要な役割を果たす戦略的な建造物のため
日本国民(特に高知県民)がこの建造物の寄航を拒否するのは憲法9条に則った至極当然の帰結である。

逆にこれを行わない事は憲法違反であり、もし仮に県知事がアメリカイージス艦寄航を許すのであれば
県知事は明らかに日本国憲法に背く大罪を犯すことであり、早急に弾劾裁判の準備を始めなければならない。


②また国際平和を誠実に希求する日本国民の目から見れば、核を搭載できるイージス艦は
国際平和と反する、アメリカ軍の戦略核・クラスター爆弾などの大量殺虐殺兵器となんら
変わりはなく、その進入・寄航をいかなる前触れもなく拒否することができる、というのは
疑いがない。日本国憲法が日米同盟よりも優先されることは言うまでもないことである。


③『国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は』の部分においても
イージス艦寄航に伴う外務省の返答は明らかに国権の発動が伴った戦争準備であり
イージス艦が宿毛に寄航することによってアジア諸国に武力による威嚇が行われることもまた
疑いようのない事実である。


以上の3点をざっと挙げても、アメリカ軍のイージス艦が宿毛に寄航することは
重大な憲法違反であり、それを見逃す県知事は国家による戦争の積極的な支援者であることの
そしりを免れないであろう。

戦争準備に伴う強固な国権の発動が行われていることに日本国民は気づくべきである。

もし早急に弾劾裁判が行われないのであれば
この国から司法が消滅したことを意味し
それは戦争経済に突入していることをも意味する。




次に憲法25条

第25条「生存権、国の生存権保障義務」
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。



イージス艦が寄航することのどこが健康で文化的なのかを糾弾する。
紛争が勃発していない現在の状況で、日米同盟を理由に核を搭載できるイージス艦の寄航は
人間の精神をことごとく破壊する精神虐殺行為である。

アメリカ人が寄航することによって起こるだろうと予測される窃盗や殺人、強姦。
つい先日も横須賀で強盗殺人が行われたばかりである。

風当たりが強くなった地域から撤退し、また新しい地域で犯罪を繰り返す。

そのような基地移転戦略を宿毛の住民が見抜けないはずもなく
四国南西部で自然と調和し平和に暮らしてきた現地の人たちは
突然降ってきた血も乾ききらないアメリカイージス艦来航に
多大なる恐怖を抱いています。

アメリカイージス艦宿毛寄航は憲法25条に照らし合わせてみても明らかに間違っており
重大な憲法違反であります。

県知事と伴に外務省も訴える必要があると思います。


最後にもう一度言いますが


”優先されるべきは日米同盟ではなく日本国憲法である”



尾崎高知県知事も外務省ももう一度しっかりと認識しておく必要があるのでは「ないかと思います。

罪人が罰せられる日はもうすぐそこです。

「イージス艦が再び宿毛湾港へ(坂本茂雄さんのHPより)

アメリカのイージス艦寄航に関することが書かれています。
これは高知にとって重大な問題です。
議員の立場からこの問題を素早く追及しゆう坂本さんは素晴らしいですね。

土佐の海にはイージス艦なんかいらん。
鯨がおるがやき。

これに関連する記事は下記。

波裂く艦影(高知新聞)
 
戦争の拠点にされ、植民地化され
思いやり予算までも提供しゆう。

”腐った死体”たちは自分の繁栄と保身のために
立場の弱い人たちを売り渡しゆうだけ。

高知をなめたらどんなことになるか
 
軍事力やなくて法の精神と民主主義で構築していく世界というものを
偽者のアメリカ民主主義やなくて本物の土佐合議主義によって
つくっていかないかんと思う。

チベットの人権侵害も見過ごすことはできんけんど
アメリカの9・11の国策で多くの日本人が巻き添えにされちゅうことも
もっと注目せんといかんことやと思う。
 
南米も反米やし、やりたい放題やってきたアメリカに付き合う国なんかもうない。
 
それぞれの国で人工国家の枠組みを排除し、先住民族の魂を復活させていく必要がある。

無数の先住民族が和したのが大和。

先住民族を殺して国家が作られたアメリカは民主主義の国ではないし
蝦夷を追い込んで国を作ってきた大和朝廷も民主主義の国やない。

ほんまの大和は全然違うところにある。

日本人はこのような巨大な”偽装”に気づく必要があると思う。


ほんまの大和(ヤマト)は人工国家と完全に対立する。

ほんまのヤマトは沖縄とかアイヌとかチベットとか
韓国や中国の一部とも、連合国家を形成できる大きな融和政体。

この前身は倭国。

海洋国家”倭国”の都があったのが高知。

イージス艦が宿毛に寄航することでも
海洋国家の首都としての高知が証明されちゅう。

時代は変わってもほとんど地形は変わらん。

国境にとらわれず高知県民は大風呂敷を広げていく必要がある。

なんせ、おらんくの池には潮吹く魚が泳ぎゆうがやき。
 
  
その前に高知県の建て直し。
 
 

フォローしてちや
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]