忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は天気予報に反して、高知はえい天気でした。花火も無事に上がって、意外と自分の部屋からも見えました。

車で通りかかったけんど、サンピアあたりは結構、穴場で高い建物がないき、きれいに花火が見えるね。

まあ、たいがいは、えいよさこい日和でしたね。

帰ったらケンミンショーがやりよったき、見ました。ひまわり太郎さんが出ちょりましたね。



それはそうと、昨日はなかなか面白い話ができましたので、忘れんうちに書き留めておきたいと思います。


また、PYちゃんと、今度はIさんという方と色々と議論をしたがですけんど、これをラジオで流したら絶対おもろいな~、と思いましたが、実に惜しい。


土佐独立・四国独立のテーゼがあって、なぜ独立せんといかんがか、というアンチテーゼを常に引きづり出す議論というのは、とてつもなくおもしろい。

このアンチテーゼを出せる雰囲気、そしてそれを受容する土壌にこそ、ほんまの民主主義があるわけであって、アンチテーゼを出し続けてくれる方は非常に重要でしょう。

簡単に説明すると、『土佐のおきゃく』というイベントがあって、自分などはそれに対してアンチテーゼを出す側に今、まわっちゅうわけですけんど、ほんまの民主主義や豊かさというがは(これこそGNHというてもえい)このアンチテーゼをどれくらい受容するのかによるということながです。


今までの高知の状況というがは、権力というひとつの価値に大政翼賛しちょったわけですけんど、ほんまに大政翼賛せんといかんのは、アンチテーゼを受容する民主主義の精神ながですよね。


それが今回、見えてきたき、ひょっとするとかなり早くに大政翼賛できるかもしれんですね。


なんで高知(四国)は独立せんといかんがか?というがが最高のアンチテーゼながですけんど、それはとにもかくにも中央集権国家という構造が現代日本社会を破壊し続けているという認識がなければ、このなぜの部分はわからんと思います。

さらに言うならば、中央集権国家というがは、強者が弱者を搾取してもえいんだという暗黙の了解を国民に押し付ける国家政体だということであり、まさにこの矛盾を埋め合わせるために人間力と法の力で、富と権力を分配するのが、近代国家のはずでしたが、政治家そのものが法の力を利用し、一部の企業献金提供者と結託し、弱者を搾取し続ける構造が完成されつつある、ということです。


そういう社会構造に対して虫唾が走ってなかったら、独立そのもののテーゼに了解ができんと思います。しかし、だからというてそれを排除するがやなくて、独立を目指しながら、独立なんかせんでもえいやん、というアンチテーゼを内包する民主主義の精神が土佐に醸成されんかったら、むしろ土佐(四国)の独立は危うくなるという、ある種パラドックス的な状況ながですね。


まあ、言うてみたらひとつの価値に統一しようとしたら、それは絶対神になるわけであって、それ自体が中央集権国家のドグマであるわけです。

やき、違う価値(アンチテーゼ)を内包する精神こそ、反中央集権であり、それは何をいうても土佐の伝統であり、よさこいの精神でもあるがよね。


やき、まあ土佐人が土佐人のままで自虐史観を克服したら、自然と中央集権国家という思想は消えてなくなるっちゅうことながよね。

高知の言論界でこういう思想的な領域が言及されるようになったら最高やと思う。


その火薬庫として土佐人民党があればおもろいかなと自分などは思います。


PR
一昨日は連邦制天皇主義で過激なことを書いたけんど、現実的には、経世済民さんが言いゆう高度な自治というのが最も実現しやすいやろうと思う。

天皇制=戦争、共産主義=カルト、資本主義=まとも

みたいな昭和の構図で未だにとらえちゅう人たちが圧倒的に多いき、それを変えていくためには、明治維新の時みたいに、啓蒙の期間がまだまだかかるということ。


で、高度な自治やけんど、現行法の範囲内でも独自の世界観と戦略を以って高知を運営していくことは可能。

まず、政治は『入り鉄砲と出女』を強く意識すること。

そいで、建設業は自然と調和する土木を心がけること。これは野中兼山とか、それ以前の古代秦氏の土木へ回帰させるということ。

ほんで、不動産業は『グリーン』の価値を醸成して、高知の不動産売買の市場を形成していくこと。川や海のきれいさに価値を置くき、売買市場は圧倒的に増大する。なぜなら高知のグリーンの不動産は厳しい基準をクリアした「選ばれし者」にしか獲得できんプレミア不動産になるき。

『沖縄=楽園』がめちゃくちゃな不動産投機で破壊しつくされつつある今、黒潮がぶつかる高知が最後の清流と最後の楽園の名声を欲しいままにするのは時間の問題。

県は早めに高知市内以外の不動産売買を取り締まる必要がある。そうせんとせっかくの高知まるごとエコビレッジ構想が水泡に帰す。

これが失敗したら、米軍と広域暴力団と中央政府が入り乱れる沖縄みたいになる。あんなになったら大変なこと。いろんな利権が生まれてきて自分の住みゆう土地が自分達の手でコントロールできんなる。高知はそんなになったらいかんやろう。

政治も経済も文化も、土佐には長くて重い伝統がある。それを守り抜くという気概と新しいものに焼き直すという頭の柔軟さが必要やと思う。



次に、電設業は省エネの電材のみを敷設し、グリーンニューディールの補助を受ける。


この建設業・不動産業・電設業の三位一体の民と官の政治的な力が噛み合わんと何もできん。

まず官(県庁)が明確な高知まるごとエコビレッジのビジョンを対外的に発信し(今までのような形だけのものはだめ)、建設業が自然の景観や食物連鎖を破壊せんところに、土に還る素材で土佐の総合建築を行う。

それを不動産業者が売買し、その何割かを県に還流させる。その還流させた金を使って、電設業者の省エネ電材や県民の自然エネルギー活用の補助金を出す。

その進展によって、さらなる対外的メッセージを濃くしていく。


まずやるべきことは、前から言ってきましたが国とは違うビジョンを持っちゅうということ(国に依存してない)を県民ひとりひとりが認識するまでにならんと成功せん。

これはほんまにスピードが勝負やき、チンタラしよったら他県にあっという間に持っていかれる。


結局、これは『高知版・大きな政府』。やき、知事と県庁がフンづまりのままやったら県民が大迷惑するっちゅうこと。神様ヘルプ!経済思想を理解できる人間を県庁におつかわし下さい。


とにかく、高知県をひとつの生命体とみなして、外貨を獲得するという視点を持てんとお話にならんということです。

そんなね、今時ね、東南アジアの小国でも外貨を獲得するために努力しゆうのに、なんで日本の一地方公共団体がそれができんのか合点がいかん。国のせいばっかりにして、ビジョン確立・効率的な投資・イメージ戦略、何一つできてない。

県知事や県庁職員のレベルは県民ひとりひとりのレベルの裏返しでもある。高知がこんなにも危機的な状況やのに、政治や経済に言及するブログは、ほんまに少ない。食べ物に言及するのは、別にえいけんど、そういうことができゆうのは、高知県に地方交付税交付金が入ってきゆうき、それがないなったら食べ物やもなくなるで。

けんちゃんが言うように、もっと政治・経済に言及すべき。アメリカじゃ同じ年代の人間達がWebでつながってオバマを当選させたのに、日本に初めて近代的自由の概念を持ち込んだ高知がこれでは、あまりにも情けない。

大学では、政治思想とか経済思想とか教えゆうはずやけんど、高知県人がそういう学部に全然行ってないということはあり得んと思う。


こういうとこからも『戦後教育の失敗』が導き出されるわけながよね。


とにかく、皆でもっと社会の仕組みを勉強しよう!

共産党は個人的には一番好きやけど

なんで経済に疎いがやろっていっつも思う。

それがなかったら共産党に入ちょったかもしれんけど(笑)



共産党は資本主義とか経団連を攻撃する。

究極的にはそれらを悪として打倒することを目的としちゅう。
まあ、共産の原理主義よねぇ~。

まあ、これと資本主義が対立したがが
20世紀であったわけやけど。


資本主義の限界にとものうて
経済に疎い共産主義が台頭したら
ちょっと危ないかなと思う。



よさこいで言うたら
共産主義というのはよさこい祭り自体をなくそう、なくそうとする。

でもよさこい祭りは悪じゃあないがよ。


今の世の中は資本主義の悪いことろが徐々に見え始めゆう。

前回も書いたように
マイク持ちが最低限の倫理を崩壊させゆうってことよ。


重要なことは
マイク持ちと踊り子が相互補完の関係を
しっかりと洞察し続けるということやき。


やき、共産党の本当の役割っていうがは
よさこいを批判するがやのうて
マイク持ちが最低限の倫理を逸脱するがを
批判せないかんがよね。


このよさこい資本主義というがは
戦後の資本主義と共産主義の真ん中を走るで。


グローバリズムも赤化もだめ。


最低限のルールの中での完全自由な経済活動。


資本主義も共産主義も誰も悪くないがで。

必要やき、この世界にある。

悪いのはどっちかに偏ることよ。

バランスが一番大事。



これは土佐のパトリオットと完全一致する。


自由・平等・博愛の

一君万民しなね様よさこい資本主義いうがで。


よう覚えちょき。



自由、自由っていうけんど
どこまでが自由なが?


よさこいで例えたら簡単よ。


よさこいは歌も自由、踊りも自由

ノリも自由、マイクパフォーマンスも自由やろ?


でも、踊り子が1000人もおったり、流しを逆走させたり
したらよさこいじゃなくなるやんか?


自由っちゅうがは常にね、最低限のルールがあって
成立するものながちや。


経済活動も一緒で。


参入するのも、儲けるのも、豪遊するのも
個人の自由らあていう価値観が出てきゆうけんど
ほんまに愚かな考え方やと思う。


まず自由な経済市場(よさこいチーム)があるからこそ
自由な経済活動(よさこい踊り)ができるがやき
それで恩恵を受けたがやったら
恩に対しては恩返しをせんといかん。


前回の記事でも書いたけんど
神田うのを始めとして
社会の仕組みを知らん人間がわんさか湧いてきて
社会の財の流れをストップさせゆう。


言うたら海の魚を取りつくしゆうみたいな感じよ。

財を与えられた者はそれに感謝して
社会に還元することによって
また財がまわり始めるがちや。

昔はよう言うたろう?
金は天下のまわりものいうて。
こういうことをいゆうがで。


そういうことを全く知らんバカ女・キモ男がこじゃんと湧いてきゆう。

結婚しちゃあプロパガンダ

結婚しちゃあプロパガンダ

アホか?ほんまにええ加減にせえよ。

誰も見とうないわや(笑)



西洋はもともとそうよ。

市場を自由にすればするほど
市場は活性化するがよ。

みんなあが収奪し合うきねぇ。


未来のために、育むために
子供たちのために、とかいう思想は皆無で。

それが直線的な西洋の歴史観。

だから歴史的建造物は特に大事にする。

二度と過去には戻れんき。



東京ももう過去には戻れん。
魚をとり過ぎた。


そこには円環という日本古来の自然思想は全くのうて
破壊と収奪しか生まれてない。


やき、神田うのみたいな人間がのうのうと
生きていられる。
破壊と再生はセットで信仰されないかんのに
破壊だけが支持される。
そんな社会、長くは持たん。
ええかげんにせんといかん。



重要なことはどこまでが自由で
どこからが最低限のルールなのか?
を認識すること。

それが全部壊れちゅう。



よさこい見たら全部わかる。

それを資本主義に、もいっかいのせたらえい。


まあ、そのためには一回踊ってもらわんといかん。


かっこつけんづく、一人の人間として。

自我を防衛することなしでね(笑)


よさこいで例えたら
東京いうがは地方車の上でパフォーマンスしゆう
マイク持ちよねぇ?

ほんで踊り子は地方。

地方が踊りゆうき、マイクパフォーマンスができる。

マイクパフォーマンスがあるき
踊りもさらに盛り上がる。


でも、近頃はどう?


マイク持ちがぎっちり地方車の上に篭って
ひとっちゃーパフォーマンスもせんし
チームに入ってきたお金を”自分だけが稼いだ”いうて
豪遊しゆうらしいで。

名前なんていうが?


神田うのっていうらしい。


あー有名やね。


あのよさこい社会の仕組みを知らん女やろ?


引きづり降ろして一緒に躍らせるか?


そうやね。

そうしたら、自分のふところに入ってきゆうお金が
みんなが生み出した価値やってことに気づくかもしれんにゃあ。


そんなに、賢いあの人?


そうでもないやろ?


どっちな。



お金を持っちゅうマイク持ちは
社会を正しい方向に導いていくという責任があるきね~


それ政治の役割じゃないが?

はあ?
ほんなら聞くけど
政治でかつて社会が動いたことがある?

ない。


唯一あるのは自由民権の時だけやね。
社会が動くがは下からの革命やき。


後は全部、上からの押し付けにすぎん。

破壊と恐怖しか生み出さんかった。


三位一体改革いうても
美しい国いうても
ろくなことにならんかった。


だいいち政治自体が若者世代の支持を集めてないのに
どこに民主主義という大義があるがな?


ひとっちゃあわからん。


一番の革命は
世代間を断絶しちゅうベルリンの壁を壊すことよえ。


それ、どこで起こる?


そりゃあ、よさこいがあるところに決まっちゅうやんか(笑)


じゃあ、北海道ということかぁ、さむいにゃあ。


フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]