忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高速道路、飛行場、新幹線を作れば地域は発展するのだ、と未だに妄想をする人たちがいる。その妄想を利用し、増殖拡大してきたのが他でもない自民党である。その麻薬にも似た誇大妄想は、地方に原発を始めとする様々な巨大な箱モノの設置を可能にした。

そのような認識を持った世代や地域が事前・事後に関わらず『 復興 』を行うのは無理である。

なぜならば、復興の前提には精神的自立、つまり、その地域に住むひとりひとりの人間の精神的自立、それが地域の自立へと接続していなければならないからである。

事後復興は、精神的自立とそれに接続した地域全体の自立が必要であり、地震によって経済的自立が不可能になった場合に可能となる。

事前復興は、この経済的自立すら可能になった場合を指す。つまり、事前復興とは、中央集権とは完全に決別した完全な independent な状態でなければならず、そうでなければ『 復興 』など訪れることなどあり得ないのである。

行政が今まで戦後ずっと、形式民主主義という偽物の民主主義で市民を騙し続けてきたツケが東日本大震災で明らかになったのである。


しかし、年老いた人間たちは、この構造にすら気づかずに大きい道路がつけば、大きな夢がやってくると期待する。そのような地方が日本各地に無数にでき、最終的にその富を一手に納めたのが東京という中央集権のセンターではないか。地方はどこも勝ってはいない。中央集権や覇権主義、強欲資本主義とは、夢を売り、結果的に夢を買った人間が負けていくグローバリズムのアニマなのである。


幕藩体制下の日本が、なぜ強烈な地域主義を確立できていたのかは、武士の自立心を分析すれば良いだけのことである。原発に依存し、新幹線に依存し、高速道路に依存し、飛行場に依存する。そのどこにサムライスピリッツがあるというのか。町人や商人だけでは、もともと日本は成立すらしていない。

どこかおかしな人間たちが、依存で連帯し、それを政治家が吸い上げる。この戦後精神構造をすぐさま消滅させなければ事前復興も事後復興もあり得ない。


復興があり得ないということは、東日本大震災の20数倍の経済的ダメージが予想される南海トラフ地震後、日本の財政が破綻するのは明らかである。自立のできていない太平洋側の地方が、地震後一斉に政府を相手取り、復興支援予算取り合戦を行う。そんな戦後の悠長なままごとをやっている場合ではない。中東と同様、東京オリンピック後の東アジアは生きるか死ぬかの壮絶な状況となる。



山本有二氏の掲げる『 国土強靭化計画 』なるもの

強靭化しなければいけないのは、国土ではなく人間である。

依存する国民と依存を悪用する政治家

これらがまとめて共依存の関係にあり、日本国の社会資本を食い散らかしている。

開発と称して一体どれほどの破壊を戦後、繰り返して来たのか。



人間が強靭化すれば、自分の土地に自信を持つことができる。

自信を持てば、何が強みで何が弱みかが見えてくる。

その強さをオリジナリティに変えて日々、積み上げていく。いちいち群れる必要はない。

そうすれば原発も高速道路も新幹線も必要のない強靭的な地域ができあがる。これが事前復興であり、それぞれの地域が美しく自立していた戦前の日本への本来回帰でもある。
PR
”本県は南海地震時、県土の東西が隆起し、中央部は沈降(高知市で約2m)することが知られている。液状化による沈下と合わせれば、堤防は場所によって4m以上も高さを失うことになる。それはつまり、「満潮時に地震があれば、津波が来る前に市街地に海水が入る」ことを意味した。(1)浦戸湾を封鎖せよ(高知新聞)”

と推測されています。


現時点において津波対策として3つの考え方があります。

①防波堤、堤防強化によって津波軽減

②逃げる(避難マニュアル推進)

③事前高台移転を含めた事前復興

現在、県は①と②に取り組んでいますが③についてはあまりやっていません。


5月21日「浦戸湾可動式防波堤見送り」 (坂本茂雄の今日この頃

浦戸湾可動式防波堤は見送りになったようです。津波は波ではなくて長時間にわたる海面上昇なので元より検討するまでもなく、意味がなかったように思います。

津波を浦戸湾内に流入させないためには高さ40mの壁を海側すべてに設置しなければなりません。それは物理的に不可能です。

しかも、地震が起きた瞬間に堤防が決壊し、市街地は地震の津波ではない堤防決壊津波によって波にのまれます。高知市街は長い長い堤防で覆われていますので、どこかが崩れます。堤防はどこか一か所でも崩れれば意味がないのです。

従って、①による対策は、そもそも南海地震対策としては、ほとんど意味がありません。高知新聞に書かれているように現在の堤防の本質的価値は台風時などの高潮を防ぐという機能しか持っていません。この点はおそらく多くの人が勘違いをしているでしょう。地盤沈下するということは、すなわちどこかの堤防が破れるということです。


次に②ですが、地震の瞬間に堤防決壊津波に襲われるのですから、逃げる時間などないでしょう。決壊した場所から遠ければ、運よく逃れられるかもしれませんが、そのようなロシアンルーレットのような対策は対策とは呼びません。ただの運試し、ギャンブルです。


比較的小さかった前回の南海地震による高知市堤防の決壊データ
1946 年昭和南海地震による高知市の河川堤防被害とその要因


上記データの欠陥は、竜頭岬付近が沈下して、浦戸湾への津波流入角度が変化した場合の想定が全くなされていないところである。高知県は南海地震によって多くの陸地が海に没している。つまり、現存する地形が地震後にも同じように存在するとは限らないという想定がなければ、その想定は不完全であるということである。


従って、③の都市インフラの高台事前移転しか道は残されておりません。早くこの事実に気づき、県は確かな都市計画を行う必要があります。一気呵成の移転は難しいですから、まずは、高知駅からLRTを北の山方面へ敷設し、徐々に都市インフラを海抜30m以上の場所に作っていく必要があると思います。すべてを移転するのは難しいと思いますので、第二電源というイメージのミラーリングの手法でいければ良いと思います。


南海地震には大胆な対策が必要


事前復興スキームは

①平時における経済発展も見込める高知駅北側へのLRTの敷設

②不動産価格上昇が高台へと向かっているからこそやる意味のある第二新高知市の創設。つまり、苦しい県と市の財政に再開発の実入りがある。

③消防署・病院・警察・緊急車両管轄組織、スーパーなどの食料取扱い業者のロジスティック(地震時において被災してはいけないもの)の特別指定団体の事前高台移転。3連動地震の場合、自衛隊の救援も食料も来ないと思っておいたほうが良い。米軍に助けてもらおうと思っている時点で土佐人としてはジ・エンドである。自警団を作るぞぐらいの覚悟は最低、持たなければならない。そうでなければ残った10万人で復興をし続けていくなど到底、不可能である。

④避難弱者(年寄り・子供)の事前高台移転。泳げないものは、堤防決壊津波が起こった時に、そもそも逃げ切ることが物理的に不可能である。従って、逃げなくても良い場所に居住していなければならない。

⑤瓦礫を出さないための海抜0m地域から高台への事前家屋移設事業。瓦礫を事前に減らすことは、①撤去費用②償却費用の大幅な軽減になる。

鏡川のリアルタイム水位


久万川のリアルタイム水位


国分川のリアルタイム水位


上3つが、高知市を流れる3つの川のリアルタイム水位

当然のことながら、昨日出された高知市の避難勧告は、この河川の水位の動きなどを分析して出された。


基準値
はん濫危険水位4.60 m
避難判断水位4.30 m
はん濫注意水位3.80 m
水防団待機水位2.80 m
日付時刻水位
(m)
2014/08/03


01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
1.34
1.27
1.25
1.21
1.32
1.75



07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
2.72
3.22
3.95
4.58
4.76
4.75



13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
4.30
3.89
3.67
3.61
3.54
3.40



19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
24:00
3.14
2.78
2.50
2.40
2.45
2.53
上記データは鏡川の8月3日データ。11時、12時には、データ上では、はん濫危険水位の4.6mを超えてました。なんで氾濫せんかった?たまたま助かっただけやで。

『鏡川が氾濫するわけない』とか『氾濫せんようにちゃんとコントロールしゆうはず』とか、ないきね。昨日は、”たまたま”、”幸運にも”、助かっただけとも言える。コントロールされちょったら、はん濫危険水位を超えるはずがないがやき。


死者最大32万人想定 南海トラフ巨大地震(NHK)

高知市には20分で津波が押し寄せ、30分ほどで10mの津波が来ると。

つまり、昨日の鏡川の倍以上の波が、今度は海の方角から押し寄せてくるとのこと。

久万川と鏡川に挟まれた中心市街地は完全にアウト。


高知県 危機管理部 南海トラフ地震対策課

10mは、マンションの3階が完全に水没するレベルと記載されています。

これに地盤沈下が加わると4階、5階でも危険です。

つまり、10階以上くらいの建物じゃないと、これ以上津波高くならんとってと祈らないかんということ。そんな神頼みを行うよりも久万川以北に転居や高台再開発の計画に賛同して高知を救いましょう。

土佐清水市と黒潮町のそれぞれ一部の地域で34メートルの津波想定。地形もあるでしょうが、高知市への津波が絶対に10m以上は来ないということはありえません。


東日本大震災・東北の被害状況(東北学院大学)

東日本大震災では、岩手に40mの津波がきています。


これらのことをトータルで分析すると、地震発生から20分の間に、久万川を渡り、山際に避難するか、高知城に昇るか、20階建てほどのマンションに逃げ込まなければ、高知市内では、津波に飲まれる可能性があるということです。


20分の間にこの判断をしなければいけないということと、30cmの水没で歩きづらくなり、60cmの水没で身動きができなくなりますので、判断に迷う暇などありません。

しかも、海抜0m地帯は、地震の衝撃で地盤沈下すれば、その瞬間に堤防に亀裂が入れば鉄砲水で水没してしまっている可能性すらあります。つまり、そこで堤防が破壊されれば、街が徐々に水没するというレベルではなく、堤防が決壊した鉄砲水に襲われ、その数分後に津波に襲われるという2重の衝撃を受ける可能性もあります。

地盤沈下の衝撃で高知市内の堤防のどこかが決壊する可能性は大いにあり、過度に堤防の存在を信じるのは危険だと思います。

ピンチはチャンス

少なくとも久万川以北に県都機能、都市機能を移転させましょう。
海面急上昇 19隻転覆 浸水被害も 気圧変動で「副振動」 鹿児島など(西日本新聞)

九州で急激な海面上昇があったらしい。
原因は『あびき』というもんらしいが、地震直前にも潮位上昇(共同ニュース)があるらしい。

2003年には高知県でもこの『あびき』と思われる現象によって潮位が0・5―1メートルほど上がったらしいけんど、実際はどうながやろう?

ゴーっと轟音がしたり、渦を巻いたりしゆうのに、単に低気圧通過による潮位上昇やろうかね。

『あびき』は単に潮位上昇の一部の原因やき、南海地震の周期を迎えちゅう高知では簡単に片付けられん問題やと思う。

地震の直前にプレート境界が滑る「プレスリップ」という現象があるらしいけんど、高知市内でプレスリップが起こったら海抜0m地帯が多いき、いきなり液状化するがやないろうか。

いずれにしても高知は道路を造りゆう場合ではない。東海地震と連動した白鳳大地震と同じレベルのもんが来たら壊滅的な被害が出る。

やはり、都市機能を山上にミラーリングしておく必要があるやろう。ライフジャケットを各戸に配布し、山上にボートと、30万人が1ヶ月食べていける食料と畑を用意しちょく必要があるやろう。

運良く今回の南海地震が小規模であっても、次回はわからんき、山上と平地とのデュアルCPUの都市計画を今からしちょく必要があると思う。

都市機能も分散されて水辺も復活できる。

広島と高知の地震 フィリピン海プレートの先端
(高知新聞)

ここにも書かれちゅうように
自分も高知では直下型の地震は起こらんと思う。

やき、この前、中国や岩手であったような
山が崩れて岩肌が現れるようなもんは
高知には来る可能性は低いということ。
(でも可能性が全くないわけやない)

どちらかといえば、高知の地震史を考えたら
土佐沖を震源地とする南海地震による被害が圧倒的に
多いと思う。

やき、総合的に考えたら
平地に人が住むより山に住んだほうが
被害が圧倒的に少なくなると思う。

しかし、直下型やないきいうて
山崩れが起きんというもんでもない。

自分がいゆうのは確率の問題で
高知の場合は地震というたら
山津波より海津波の確率のほうが圧倒的に高いということ。


巨大南海地震に周期性 岡村・高知大教授ら調査
(高知新聞)

それと上記記事にも書かれちゅうけんど
今回の南海地震が小規模のものか
中規模・大規模のものか、微妙なラインであること。

自分の直感で言えば
白鳳期(684年)と同じもんが来るで!
と思う。

白鳳期の地震はこちら

かなりの土地が水没し
(科学的には土地の陥没は否定されちゅうけど
間違うちゅうと思う)
道後温泉は枯れたみたいやし
東海地震も併発して西伊豆には島が隆起しちゅう。

それぐらいすごいもん。
関東大震災なんかくらべもんに
ならんくらいの巨大地震。

そのレベルを想定して対策を立てちょかんといかんと思う。

南海トラフ『ウィキペディア(Wikipedia)』

南海トラフ仲間の静岡南方沖の地震が150年以上
経過しちゅうき、この地震と連鎖する可能性が高い。

これこそさっき見てもろうた伊豆に島が浮き上がってきた
南海トラフの連鎖地震。

高知の海岸線が広範囲に渡って陥没する可能性がある。


やき、できるだけ山上へと都市機能を移し(ミラーリング
泳げん人、走れん人は山のほうに
今から避難してもうろうちょったほうがえいと思う。

土地が陥没して津波が来たらよほど体力に自信がある人やないと助からん。

陥没を想定して市内各所に巨大な浮き輪みたいなやつを
用意しちょかんといかん。

ほんで山上にヘリポート。
500機くらいは最低必要やろう。
(運転手がおらんか)

高知の場合はクールビズやのうて
浮き輪・ヘルメットビズにせんといかんやろう。


これだけのエネルギーが一気に放出されたら
関東大震災も、おそらく連鎖するやろう。

そうなったら政府は東京にしか救援隊を送らん。
なんせミサイル防衛は東京だけやき。

自分の身は自分で守らんといかんで。
自衛隊も国際ボランティアも高知には来んき。

やき、財源をはよう自分たちのとこに移して
対策を立てんといかん。

政府が南海地震対策に本腰を入れるかいうたら
入れるわけがない。
南海地震対策に予算を割くかいうたら
割くわけがない。

じゃあ、どうするか?

『自由は与えられるものにあらず、取るべきものなり』
(by 土佐自由烈士 中江兆民の言葉)

ということやろうと思う。

けんちゃんのブログに命も格差社会ー大災害の被害者は常に国民
の記事がUPされちょります。

DSC00442.JPG先月、高知に帰省した折にほんまもんの葛島に登りました。

小さいこんもりした山です。
3分もあれば登れます。子供と一緒に登りました。
階段もしっかりとついちゅうき、意外とすんなり。


山頂には大山祇神社があって昭和21年の南海大地震のことも書かれちょります。

いとこが葛島におるき詳しく聞くと、けんちゃんが言うように
湾から西は堤防が決壊してごっぽり埋まったらしい。
この神社の由緒にも書いちゅう。

とにかく地盤が液状化してなんともならんかったらしい。

それでも葛島地区は五台山とかがあるき、いざという時には逃げれる。

でも対岸の下知地区は高い建物がない。
前回の南海地震でも下知地区の堤防が決壊したみたいなき
今度の地震でも同じような状況が生まれると思う。

南海地震 『ウィキペディア(Wikipedia)』

津波がたいてい来ちゅう。
南海地震はめちゃくちゃ怖い地震。

運良く浸水は免れたとしても、生活ができる状態に戻るには
かなりの時間が必要やろう。

1998年の豪雨でうちの実家がこじゃんと浸かった。

いつもそんなに浸からんところやき一回浸かったら水はけが悪うて
全然、水が引かんし、浸かったゴミだらけやった。

それが南海地震で高知市全域が浸かったら
県の対応なんか当然期待できんし
南海・東海・関東と地震が連鎖したら
あまりにも範囲が広すぎて海外の協力隊にもほとんど期待できん。

自分らあでなんとかするしかない。

よく尾崎知事は生活道路の整備が遅れちゅうき道路が必要とか言うけど
高知市が浸水したらそれどころやないき。


水は出んし、食べ物はないし、ほんまに困るで。

そうでなくても高知市は人口が密集しちゅうがやき大変なことになる。

地震後に亡くなる人のほうが多くなるかもしれん。

住むとこがなくなる人も出てくるき。




やき、自分は竜の背構造線の開拓をしたらどうかと思う。

そこには捨てられた棚田とかあるわけやき
いちおうまだ住めるような環境は少しは残っちゅうと思う。

そこらあを地震後の仮説住宅の場として
今から準備しちょったほうがえいと思う。

それは都市機能のミラーリング でも書いた。

竜の背構造線は標高が高いき、浸水も津波も全く心配がない。

できれば地震が来る前にそっちに移住しちょったほうが効率的。
地震の被害も少なくて済むし、何よりも少しずつ生活を移行しちょったほうが
年寄りには負担がかからん。

地震復興費を特別会計で計上するより
絶対、都市機能のミラーリング のほうが安上がりで安定的。

とにかく後手になったらお金も時間もかかるき
早めに壮大な計画にとりかからんといかん。

山のほうに移住してもろうたら過疎対策にもなるし。
仮説住宅の土地借り上げにもほとんどお金がかからんやろう。

病院と交通機関だけが問題。

フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]