忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
国民総幸福量という概念

けんちゃんが書かれておりますように(フランスのサルコジ大統領も最近これに似た指標に言及しちょります)これから、ますますGNHという指標は重要になってくると思います。土佐経済同友会の提言も、このGNHを核に作られてますし。

これと関連しまして、日本の自殺者数は今年、過去最悪のペースを更新する見通しで、『子供達の幸福度』に関しても、日本は先進国中最低のレベルです。

それだけ戦後日本人は、人間性を放棄し国家の経済成長のために人生を捧げてきたということであり、ここらあたりでいい加減方向転換せんと非常に危険な状態になってしまうわけです。

今こそ、経済成長を顧みん自由人土佐人の出番やないかと思います。


自分は経済的には意図的に恵まれてませんが、好き勝手やりゆうので非常に幸福と言えます。しかし、自分だけが幸福であっても、社会が幸福でないとある意味、幸福を感じんので、幸福でないとも言えます。


なので、必要最低限のお金を商売で頂いたら、その他の時間は無償奉仕の社会活動に使うようにしています。まあ、このブログもその社会活動の一貫ですけんど、一部ではキチガイ扱いされよりますので(笑)どれほどの効果があるかは、今のところ不明です。


たいがい、日本人が幸福を感じんがは、決まりきったレールに乗ってしまう『性』に、その原因があり、そのレールを飛び越えてキチガイレールに乗ったらある意味、成功と言えます。後は気持ちのいいもんです。

キチガイレールはどんな抑圧も、どんな圧迫も、どんな支配もありまんせんから、やりたいことをやりたい時にやりたいだけやるという非常に自由奔放な生活ができるがです。

しかし、それには責任も伴いまして、お金を頂けなければ来月は餓死してしまうという覚悟が必要になります。自営業は常に『死』と隣り合わせた職業であり、ある意味、毎日が戦争というてもえいと思います。しかし、その分だけ、やはり『生』に対する喜びが倍増しちゅうわけであって、『簡単には死なんぞ、この野郎』という反骨が育まれるということでしょう。


むしろ日本の社会状況は、当たり前のようにやってくる『死』を隠してしまうことによって、突然降って来る『死』の恐怖が倍増してしまうという特徴があります。

ですから、日本人が当たり前と思いゆうことは実は当たり前じゃなくて、すごいことながで、となんらかの形で私たち大人が身をもって示していく必要があるがやないかと思います。



人は一遍死ぬがやき、怖がることはないわや

              --ジョン万次郎『ウィキペディア(Wikipedia)』



日本に幸福がないわけじゃなくて、『幸福を幸福と実感する非日常』があまりにも少なすぎるわけです。

人のつながりが薄くなって、親戚や近所の人の葬式に出る機会なんかが減ってくると、人間はいつまでも生きていくがやと勘違いするようになります。

そうやなくて、人間はいつ死ぬかわからんがで、と身をもって教える地域社会が欠如したことに問題があるのです。


ブータンなんかは、アジアにもともとある先住民族の社会と仏教の宗教意識が根強く残っちゅうき、人が死んだら皆で悲しみ、子供が産まれたら皆で喜び、成人したら皆で祝う、そんな人間としての当たり前のことが当たり前として存在するがやと思います。


高知は他の地域と比べても人のつながりは濃いけんど、それでも死の商人である葬儀屋がどんどん増えゆうのを鑑みても、ただ便利というだけで、地域社会の尊厳を崩壊させてしまっていくのは、非常に悲しいことと言えると思います。

もともと日本には殯(もがり)『ウィキペディア(Wikipedia)』という風習があって、白骨化するまで殯宮(もがりのみや)っちゅうところに死体を安置しよったがよね。

それでやっと、あ~この人はほんまに死んだがや~とか、死ぬってこういうことながや~っていうことを皆で認識しよったわけです。

土佐弁にモガリっていう語があるけんど、これは明らかにこの殯からきちょって死んだとされちゅうのに殯の期間にバタバタとして息を吹き返したりする人がおって、それをモガリと呼び始めたがやないかと思う。やき、やっぱり日本語のルーツは土佐弁やし、神道のルーツも土佐にあるがよね。


GNHに話を戻すけんど

人間の幸福とは、本質的にはお金やなくて、人とのつながりやき、高知県人にとっては、おきゃく文化の再興がGNHの寄与に非常に大きな役割を果たすと思うがよね。


土佐の変人が少なくなるがも、高知の社会にとっては非常にマイナスで、あいつよりは俺はマシや、と思わせるキチガイがこじゃんちおることによって、どれだけ普通の人が非日常を手に入れゆうかを熱心に観察してみる必要があるやろうと思う。


ほんまに奇人・変人は大事にしてほしいもんぜよ!


  ●参考→高知変人ネットワーク (過去記事)




高知はもともと枠にはまらん壮大な人間が多いはずながやけんど、いかんせん高知県最大の企業がガチガチの高知県庁になってしもうて、土佐文化というもんが背広組に支配されるようになってしもうて、キチガイレールが脱線しまくっちゅう。

これからはできれば優等生に脱線してもろうてキチガイレールに乗ってもらいたいと思う。


明日さえどうなるかわからん人生。楽しくてしゃあないやろう。その楽しみを仕事にしたらえいがよ。


はりまや橋商店街の金曜市に行ったら(馬楽さんのところとか)、そんな話もできるかもよ。土人党もその延長であったらえいし。自分も、もうそろそろ東京を引き上げて高知に帰ろうと思うちゅうし。



人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを

PR
もうだいぶ前に東京にもんてきちゅうがですけんど、高知におった時のことを回想して書きよります。

牧野植物園にも行っちょったがやけんど、これがまたきれいになっちゅう。

歴史的にも重要な五台山の地があのようにきれいに維持されて観光地になっちゅうことは、えいことやね。

自生つつじと鹿の問題との絡みがようわからんけんど、牧野富太郎を五台山において観光地にするというのはほんまに重要なこと。

五台山はもともと『大島』という島で、独自の生態系があったはず。

牧野植物園の中には、ひまわり太郎さんがぎっちり書きゆう、サギのコロニーなるものの看板もあって、興味深いもんがある。30万都市の中心部に巨大なサギがロイつきゆう街は探してもそんなにない。

それは高知市中心部の生態系が今でも豊かである証拠。サギは結構、水際での食物連鎖の上の方におる生き物やき、このサギの下には何万もの小動物が中心部界隈でうごめきゆうということ。

サギ一羽を見てそういうことに感動できる子供を創っていかんと高知の未来は危ういということやね。


ちなみに五台山には昔、五台山ロープモノレールという奇跡的な自走式のロープウェーがあって、青柳の対岸から五台山の頂上まで行きよったらしいで。

これを復活させてチンチン電車と接続させたら中心部から車を使わんずくに、五台山を観光できるモデルが確立する。ものすごい魅力的な観光モデルやね。


土佐人気質が一般的に『剛』の部分だけ評価されちゅう向きがあるけんど、牧野富太郎は土佐人気質の『柔』の部分。


この部分は今、高知にはものすごく枯れちゅう部分やないかと思う。

植物を熱心に研究した人が評価されるという社会的雰囲気は、今の高知にはあんまりなくて酒の場でどんだけいきり立って、ほたえるかが土佐人気質のバロメータになっちゅう。


土佐人気質は土佐弁と同様、種の幅が広い。

いろんな変人を評価できる社会でありたいね。

高知変人ネットワーク


『一国は一人によって興り、一人によって滅ぶ』

これは福田首相が多用する格言。

自分が滅ぶほうに相当しちゅうことに気づいちゅろうか?(笑)



一人によって興すのは変人。

福田首相ほど凡人の超人はおらん。


『変人をバカにする国は凡人によって滅ぶ』


高知変人ネットワーク


これからは個の時代。

小さくまとまってもつまらん。

街はコンパクトシティーであっても
人間は気宇壮大でありたい。

なんせ、おらんくの池には潮吹く魚が泳ぎゆうき。

しかし、今の高知はなんでか知らんけんど
(いや、理由は自虐史観やろうと思う)
変人を差別する傾向がある。

それが高知の衰退を余計に進めゆうと思う。

”いごっそう”という土佐の変人を表す言葉が
高知の代表語みたいになっちゅうのに
実際の高知はいごっそうを締め付ける風土。

人となんか違うことをやったら白い眼で見る。

目立つことをやったら陰口をたたく。

そんなちんまい連中が高知をスカスカにする。

ちんまさを集めて団結力で競っても高知はどこにも勝てやせん。
頭数が少ないがやき。

行儀良く、ちんまくまとまってもおもろくない。


誰っちゃあ、やっちゃあせんことをやろう!

みんなと逆のことをやろう!

白い眼で見られることを敢えてやろう!

変人を差別する奴には『ちんまい・たっすい』の烙印を押してやろう!




ということで高知変人ネットワークを結成致します。

オフ会も変人期に変人的に催されます。

賛同者はトラックバックとかコメントとかください。
よろしくお願いします。
このページにリンクでも張っていこうか。

才能が潰れていくのはMOTTAINAIし。



  ●参考→変人礼賛の土壌(過去記事)

東京には色んな人がおるって言う。

ニューヨークも人種の坩堝やって言う。


でもそれはアメリカや東京の不干渉な個人主義によるもので
変人を認めちゅうわけじゃなくて
ただ干渉せんだけのことながちや。

いうたら野放しよ。
俺も好きなことやるき、干渉するなよって。


だからその変人カルチャーが
メインカルチャーになることはまずない。


でも高知の変人礼賛の土壌は
常に変人をメインに押し上げようとする力が働くき
社会がうんと変わりやすい。

時代精神をうんと尊ぶき(これもヨーロッパと同じ)
過去のものをどんどんぶっ壊して新しいことをやっていく。
あるいは好む。

いうたら巨大なあまのじゃく社会よ。


高知の人間はあたらしもの好きやきねぇ~
というのはよく言われるわねぇ。

だから伝統と呼ばれるものがほとんどなくて
人間の精神だけが伝統になっちゅう。


いうても今は少なくなってきちゅうけんど、、、


フォローしてちや
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]