忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「邪馬台国」についての項で
倭国について言及しましたが、もう少し広げてみたいと思います。

弥生時代の倭国はおそらく土佐を中心として
西日本と朝鮮半島、中国沿岸部、沖縄・台湾、東南アジアの一部を巻き込む
巨大な海洋国家でした。

これが邪馬台国であり、その中心の文化には沖縄が参加しちょりました。

女王卑弥呼の擁立は沖縄と高知の長年の精神文化交流の賜物であったと思います。

中国が三国時代に突入して中国沿岸部や朝鮮半島に住む倭人たちは
大陸の国家の枠組みに組み込まれて海洋国家”倭国”の枠組みは徐々に壊れていきました。

孫呉は沖縄周辺にまで戦争に動員するための人間を誘拐に来ちょりました。

女王卑弥呼が魏と交流するのはこのような時期です。

南に西に冗長に伸びる海洋国家”倭国”は文化的には強力でしたが
軍事的には弱い部分がありました。
邪馬台国時代にコンパクトで強力な倭国ができました。

この時代の文化が高知と沖縄には色濃く残ってます。
それ以外の地域は倭国文化の享受国であったので
大和朝廷の国家主義によって文化を根こそぎ破壊されました。


この倭国を今思い出す必要があるのではないかと思います。

いきなりの国家建設は反発招くので
サブカル的に楽しくやったらえいと思います。

日本の安定化とは東アジアの安定化に他ならないので
東アジアを包み込んじょった倭国は究極の安全保障条約になりうると思います。
 
  
日本と中国という国家的枠組みは当分崩さず
文化的に倭国を復活させる。
(そうせんと変な国家主義たちがうようよと湧いてくる)

それを日中間の外交のクッションとして機能させる。

この倭国は遠くチベットにもつながるいわゆる照葉樹林文化圏なので
中国の内政問題にも踏み込んだ政策ができたらえい。

大中華主義の妄想を南東部から知性によって改革していく
こういう構図でえいと思います。

日本国自体は欧州と同盟を結んで
ロシアと欧州の関係を日本が調整していく。

日米同盟は早いうちに破棄して害毒の領域に達したアメリカの力を弱めていく。

ドル基軸を円基軸に移行させ
文明の中心を母なるユーラシアに戻す。

こんなんでどうでしょうか。

PR
高知を本気で東京と伍するくらいのレベルまで
(一人当たりのGDPとか文化レベル)

持っていこうと考えるがやったら

東京とのパイプは絶対に必要。

そのパイプを使ってあらゆる価値を取り入れ

高知県人の手で積極的に焼き直す。


それは日本が戦後アメリカに対してとってきた戦略でもあるし

他のほとんどの国もこの戦略を採用しちゅう。


ブータンなどは鎖国戦略やったっけ。


やき、東京でも高知へ価値を運ぶ

運びやのグループが組織されんと高知の発展は難しい。


えてして、高知から東京に出てくる人間は

高知のことを嫌って出てくる人間もおる。

でもそうやない人もおる。


戦後の日本がとった戦略のように

高知のことを考えちゅう人間が東京から知識を持って帰る

そういう装置が必要。


高知の中だけで高知に住む人間だけでやり続けるいうがは

北朝鮮と同じ社会構造になる。

事実、今の高知は体制翼賛のファシズム社会やし。


高知内部の様々な世代のネットワークとともに

外でのネットワーク、そしてそれらをつなぐ装置

それら全てが揃うた時に、あるいは認識した時に

高知の経済は上向きになるがやろうと思う。


そのためには国家意識やなくて高知の郷土意識の復興が必要。


それがローカリズム。

これも、ちょっと忘れんうちに書いちょきたいと思います。

東京で知り合った方から

(社)生態系トラスト協会

のことを教えて頂きました。

素晴らしい活動やと感じました。


こちらに(ザ・フリントストーンより)会長のインタビューがあります。



この中にこういうことが書かれています。引用始め

『ヤイロチョウは何を食べているかというと、餌の90パーセント以上はミミズなんですね。すると、もちろん餌のたくさんいるところにヤイロチョウは来るわけですね。で、全国でも四万十川流域は日本では1番密度が濃く集まるんですけど、今、調べたらシーボルトミミズの仲間だけで10種類もいたっていうんですよ。全部合わせたら30種類くらいのミミズがその森にいることがわかったんです。つまり、土の中の生態系がすごく豊かだから、ヤイロチョウは四万十川流域に集まっているんじゃないかと考えられるんですね」

「すごく色々なことがわかってくるんですよ。だから、ヤイロチョウがいる森というのはその地域で1番いい森ですね。1番豊かな生態系の森に来るわけだから、ヤイロチョウが来る森というのは胸が張れるわけですよ。つまり、ここで出てくる水もその地域で1番いい水だっていうことが分かるわけです」 』引用終わり(ザ・フリントストーンより)

別の資料も貼っておきます。

「森の妖精ヤイロチョウ」について(デジ森ドットコムより)


ヤイロチョウは1964年に高知県の県鳥に指定されちょりますが

以上のことから考えると

高知の、特に四万十川流域は
ヤイロチョウが生息できる地域内においては
最も生態系が豊かだということが言えます。

というかそれは書いちゅう(笑)


高知はたくさんの野菜が栽培できると言われます。

それは気候が多様性に富んでいるからと言われています。

ほんで水がおいしいという事は
高知の食べ物がおいしいという事に繋がるがです。


やき、結局何が言いたいかというと

ヤイロチョウが来んなったら高知は終わりということ。

それは高知の自然の生態系も水も汚れて
照葉樹林も朽ち果ててしまうということを意味しちゅう。

一回失ってしもうたら、取り戻すのには多大な時間がかかる
下手したら二度と取り戻せん。

そういう自然の豊かさを失うということは
都会と同じ土俵で戦うということを意味するき、さらに過酷。


今、しっかりと高知の豊かさを認識して保護していかんと
孫の時代はもっと高知は貧乏になる。


あと直感で感じることですが

社叢が照葉樹林とつながっちゅうことと

高知と宮崎にヤイロチョウの分布が特に確認されることを考えたら

ヤイロチョウは日本神話のヤタガラスではないかと思います。

3本足は秦氏の信仰でしょう。
四万十流域はもとはハタ国ですし
高知市内にも秦地区があります。

長宗我部元親も秦の始皇帝の末裔を宣言しちょりましたとか。
秦氏ですね。

秦氏と賀茂氏は密接に関わっています。
ちなみに土佐の一宮の一宮神社は賀茂氏の神社です。

京都を作ったのもほとんど賀茂氏とか秦氏とか言われちょります。


愛媛の久万高原と熊野はつながりますし

なかなか見ることができんヤイロチョウが神格化されることは自然やと思います。

古代はヤイロチョウがいっぱいおったとしても
警戒心が強いらしいですき、いつでも見れるもんでもなかったと思います。


こういう古代史的な側面からも
ヤイロチョウは大事にせないかんと思うがよね。


やき、新堀川は破壊したらいかん。

ええかげんにせんといかん。


自然の大切さを子供らあに教えていかないかん時代に
経済成長だけのために川にふたをするらあて
ほんまに時代錯誤もえいとこ。

川を壊すいうことは間接的には県鳥である
ヤイロチョウを殺すということ。

そんな非論理的なことを県庁は粛々と実行しゆう。

川を埋め殺し破壊して何を観光するのか?
(けんちゃんの吠えるウォッチングより)


ほんまにええかげんにせんと、ヤタガラスの罰があたるで。



高知の一次産業が衰退しちゅうがは
アピール力不足ということが一番の原因やないかという
ところに到達したがですけど

では一体アピールとはなんながでしょうか?

高知のアンテナショップ 高知屋(高知屋HP)

東京には高知屋というアンテナショップもあります。


土佐ふるさと市
土佐うまいもの百選
土佐良品市
土佐食彩物語
室戸エコ
とくひろ屋


ざっと調べただけでも、ネットでこれくらいの通販ショップが見つかります。
どれも魅力的です。


東京で高知県産の野菜や果物や魚を見るのは皆無です。

馬路村のゆずポン酢だけはかなり出回っています。



しかし、近くのスーパーでの宮崎県物産の大々的なキャンペーンを見ると
いかに高知物産の東京へのアプローチが消極的かがわかります。

東京の市場は一番大きくて、一次産品の売り込み先としては
まず第一に考えんといかんのに、そういうこともせんずくにら
公共事業を呼び込もうとする高知県の今までの姿勢は
かなりずれちょったと思います。

セールス専従班の設置

県もやっと動き出しましたが
高知県庁のHPを見ましてもどこに県民と一緒にやっていこうとする
窓口があるのかがわかりません。


知事に送ったメールも、山間対策部に送ったメールも
一ヶ月経った今でもなんの返信もありません。

まあ、忙しいがやろうなとは思いますが
忙しいのであればそれなりの対応は考える必要があります。


自分の殻に閉じこもって、言われたことだけをやるだけなら
はっきり言っておらんほうがましです。
邪魔なだけです。

県庁内が普通の雰囲気になりませんと
何をやっても無駄になります。

県庁内に親戚も友達もいますから
橋本県政下で余裕がなくなったことは聞いちょります。


でも、それとこれとは話は別。

市民はもっとこれからしんどくなるがです。


サイトをきれいにこしらえたり美辞麗句で飾ってみたり
そんながはどうでもえいがです。


そんなことをしゆう間に
東国原知事の支持率は90%以上になって
とてつもない国家主義で市場に大攻勢をしかけちょります。


宮崎と高知はブランドがかぶります。


わけのわからんセクショナリズムで県民の邪魔をするがやったら
給料を半分あげるき、自宅でゲームでもして遊びよってくれんろうかね。

足手まといやき。



はっきりいうて今の日本社会で一番、力を持っちゅう神さまは
”効率化”という神さま。

皆がいきりたって、生活を効率化すること
人生を効率化すること、社会を効率化することに勤しむ。


でも、もともと人間の存在自体が非効率なもの。

なんでもかんでも効率化っていうのはやっぱりおかしいと思う。


今日も、畑の一部を駐車場として貸しゆう土地を見てしもうた。

車がこじゃんと止まっちゅう横に野菜が植えられちゅう。

こんな野菜うまいろか?排気ガスは大丈夫なが?
そう思うた。

それと、全然美しくなかった。

なんか醜い。


日本人の美意識が失われて久しい。

日本の文明はほとんど美意識によって維持されてきたと言うてもえいぐらい
外国人はまず日本人の美意識を指摘する。


効率化に対抗できるのはやっぱり美意識やろか?

美は非効率やきね。でも必要なもんやと思う。


確かに、新宿の高層ビル群を見て美しいと感じる外国人もおる。

でもそれは
日本人が何千年も農村で培ってきた美意識があったからこそやと思う。


やき、新宿は潰れてもえいけんど農村は潰れたらいかん。

日本から何も生まれてこんなる。


ゆうたち、ゆうたち、ゆうたち


クラスで一番、暗いやつが市役所に入った。

クラスで一番、けんかっぱやいやつが建設業に入った。

クラスで一番、アホなやつが水道局に入った。

クラスで一番、頭がえいやつが県庁に入った。

クラスで一番、世渡りがうまいやつが銀行に入った。

クラスで一番、正義感が強いやつが消防隊員を目指しゆうと聞いた。

クラスで一番、就職口に困っちゅうやつが警官を目指しよった。

クラスで一番、リーダーシップがあるやつが親の跡をついで会社をやりゆう。

クラスで一番、ナンパのうまいやつが行政書士になった。

クラスで一番、アツイやつが司法試験を受けゆうらしい。


優しいけんど、高校浪人したやつが右翼に入った。

何も悪いことしてないのに
差別を受ける立場にあったやつが刑務所に入った。


高知の社会はこんなん。

暗い市役所がけんかっぱやい建設業に押される。
そこに無関心な警察がおって
リーダーシップのある企業が乗っかってくる。

世渡りのうまいやつが融資をして
ナンパのうまいやつが機に乗じてナンパする。

ほんで右翼が出てくる。


みんな悪うないけんど
もともとの出発点が間違うちゅう。

ビジョンがないき、建設業が怒る(笑)


もっと、調整していかんといかん。

地方自治の限界を国家に遡及すること自体に問題があると思うちや。

地方が発展していくためにすることは、地方交付税を増やしてもろうたり
公共事業を呼び込んだりすることじゃあないと思うわぁ。

人を呼び込んで税収を増やして、地域の内需を拡大させていく。
これがまあ普通の考え方やと思うけど
地方政府はこの普通のあり方が国家の政策によって
邪魔されちゅうと思うちゅう。

でもほんまにそうやろうか。

橋本知事もいろいろと社会的なインフラを整備することに
熱心やったけど、結局それって、重厚長大な国家の国土開発の
思想にのっかってやっただけで、高知らしい地域の開発には
なってなかったと思うがちや。

やき結局、インフラを整備しても若者は出て行った。
もっと言うと出て行けるもんは出て行った。
やき、出て行けん年寄りはこじゃんと残った。

この現実を地方自治の限界と見るがやったら
おれはそれは違うと思うちや。
もともと出発点からおかしいと思う。
道路が整備されてなかったきやとか、公共事業がなかったきやとか
そういう思想やったき(国家に思想が隷属しちょったき)
地方としての価値が生まれんかったと思う。
国家の政策に反対しながら、国家政策の思想にとりこまれちゅうという
本末転倒なことがおこちょったがやないろうか。

対国家という対立構図の中でも
単に政策を批判するがやなくて、国家そのものの思想を
超えんといかんと思うがちや。

やき、高知がやらないかんことは
政治の領域においても、高知しかできんことをやるというスタンスじゃなけりゃあ
絶対に衰退をとめることはできんがやないろうかねぇ。



無謀さ、豪快さ、破天荒さ、自由さ、平等さ、がないとだめやろ。

これは全部思想的なもんやきねぇ。
結局、高知には思想・哲学しかないがちや。

よさこいを見にきゆう人らあも
やさこい踊りを見にきゆうわけじゃなくて
よさこいの中にある自由な雰囲気を感じにきゆうきねぇ。
結局は思想ながちや。

そこを前面に押し出していくことしか高知ができることはないと思うちや。
逆に言うたら、そこをやったら絶対にどこにも負けんということながよね。


地方分権の法を地方が動きやすいように変えていくがも
道州制実現を見越して道州制法を試験的に適用していくがも
小さな政府を国家よりも早く実現するがも
やっぱり高知の役目やと思うがちや。

それができんかったら
またこれから100年ばあ、ず~っと酒飲みながら
文句をいい続けないかんことになるちや。

おーの、しんどいにゃあ。




高知のローカリズムっちゅうか、地元意識が根本的に
どっからでてきちゅうか言うたら
やっぱり濃厚な人間関係やね~。


だいだいどこぞで人におうたら、あいつは
親戚の知り合いとか、どこそこの子供やとか
友達の友達とか絶対つながっちゅうがよね。


だから、まず
知らん人におうたら
お前どこな?みたいな話になるがよね。

あ~しっちゅう、しっちゅうみたいな。

だからあんまり悪さができんがよね。


でも最近はこういうのもなくなってきゆうがやないろうかねえ。


めちゃめちゃ、濃密な人間関係やき
これを嫌がって高知から県外に逃げていく人も多いがよね。

まあ、おれは好きやけど。


この調子で東京であんまり知らん人に
「家、どこ?」
って聞いたらドン引きされるがよ(笑)
悲しいかぎりやわ、東京っていうところは。


ま、それでも聞き続けるけどね、おれは高知県人やき。


めちゃくちゃ濃密な人間関係やけど
それが都市的な生活環境で機能しゆうがはやっぱり面白いと思うがよね。


いうても、高知市は人口が30万人おるきね。

それくらいの人口がそういう感覚をもっちゅうがはやっぱり
面白いとは思うがよね。


でもさっき言うたように、これを嫌うやつもおるし
会いたくないやつがおったら嫌な方向に働くがよね。

まあ、そういう嫌いなやつが出てきても
そいつと飲みに行ったりするがやけどね(笑)


時に、こういう風潮になじまんやつにはものすごく
排他的になるがよね、高知って。

だから難しいと言えば、難しいと思うで。

言葉じゃないもんねや。



つまらんことでも
何回も何回もトークをかぶせていったら
言葉がおかしいき、めちゃくちゃハイになってくる。
トークハイみたいな感じよ。


だから、全然知らん、ばんばらあとも
話、しだいたらとまらんがよね(笑)



言葉がわからんとつまらんかも知れんねえ。

言葉がわからんと独特のニュアンスがわからんもんねえ。


土佐弁は難しいっていうかニュアンスながよね。

ほとんど、情緒的な表現やきねえ。


論理的にしゃべったら、すごい嫌われるがよね~(笑)


ようだい言うなちや

で、ばっつり終わるもんねや。



フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]