忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回書いた地域のブランド付けで最も難しいと予想されるのが、実は『安芸』ブランド。


安芸はいっそのこと、歴史ブランドで売り出していったらえいと思う。戦国時代・幕末ブランド。

しかも安芸氏の祖先は蘇我赤兄『ウィキペディア(Wikipedia)』とされちょって、これもまた上代の戦国時代の有名人。

さらに遡ることの神武東征記における阿岐国(安芸国)の多祁理宮も奈半利の多気・坂本神社ともされちゅう。広島の多気神社『ウィキペディア(Wikipedia)』は明治政府の陰謀めいた介入が感じられるき、おそらくは高知の多祁理宮が本来の多祁理宮で、阿岐国は高知の安芸のことやろうと思う。


なんで戦国時代になったら安芸は強いがやろう?これはほんまに不思議なこと。

今でも安芸市には武家屋敷がいっぱいあって、それが観光資源になっちゅう。


神話時代=阿岐国

天智・天武朝=蘇我赤兄

戦国時代=安芸国虎

幕末=岩崎弥太郎・中岡慎太郎

こうとらえると、安芸にはものすごい正統な血統があって、日本の危機がおこると、すごい人が湧いてくるというストーリーもわかるような気がする。

(ここでいうところの蘇我赤兄は土佐に流されたがやなくて、土佐を含めて四国と関西で壬申の乱が起こったという設定ですき、お間違いのないように、これについては過去にも何回も書きましたし、これからも綿密な調査の上、公開していく予定です。)


安芸市『ウィキペディア(Wikipedia)』の主要産業は林業やき、いっそのこと山で切り出した木で、畑付きの武家屋敷をいっぱい造って、歴史好きの人を田舎暮らしに誘致するというのもえい。かなりの確立でヒットすると思う。


それとうちのいとこも言いよったけんど、近郊農業を安芸市のブランドに持ってきたらえいと思う。線路もせっかくついたし、高知市から汽車で来て、1泊して帰るというモデルもなかなかシャレちょってえいがやない?


『歴史』・『近郊農業』・『柚子』・『武家屋敷』・『田舎暮らし』みたいな感じで結構、えい線までいけると思います。


PR
先日は安芸の山奥の親戚のおばあちゃんの初盆に行っちょりました。


(安芸のおばちゃん手作りのサワチ)

その安芸の山奥も、もうほとんど誰も住まんようになって、荒れていくのはなんとも寂しいこと。

川の水は夏でもひようて泳げんし、道はないし、血吸いアブはぶんぶん飛びゆうし、子供ながらに衝撃を受けたことは今でも覚えちゅう。

親戚のおんちゃんらあは、平家の末裔らあていゆうけんど、その集落はいざなぎ流神事の民間伝承のルーツの土地とも言われちゅう。

自分の先祖のひとつのルーツもそこから海側に出てきたがやけんど、安芸の民族のルーツというがは、海人族というよりは、剣山系の山人族(物部氏)が最も濃厚やろうと思う。

これは高知県西部の加茂系とは一線を画しちょらあね。


ほんで、その安芸のほうの親戚のおんちゃんにも山師がおるがやけんど、後継者不足はもちろんのこと、行政が上からものを言うてきても、『ひとっつも動く気にならん』ということ。


安芸の市長選があったけんど、無投票で現職が3選しちゅう。

そんなことに関しても不満はかなりあるらしいけんど、なかなか政治的な活動に至らんというがが安芸の現状。


建築会社に勤めゆういとこがおるがやけんど、もう仕事は、港を作るとか道路を造るとか、そんなレベルの話やないみたいやね。

自治体にお金がないもんやき、造って活かされ、地域が活性化する土木というもんにならざったら、造るお金さえも創出できんらしい。厳しい状況やけど、行政やなくて民間の土木の人たちが、そういう風に社会をよりよき方向に持っていくというがは、えい話やと思う。


しかし、より安芸の話が深刻ながは、西部には『四万十』、中央部には『龍馬』があっても、東部には一大ブランドがないということ。


それを今からやっていかんといかん。安芸にきたら何があるのか、というところを明確にして発信していく必要があると思うけんど、なかなか、大山からの景色も悪くない。


海岸線はきれいやし、唐の浜は昔は、遠くまで遠浅の砂浜が続いちょったらしい。結構、掘り起こすべき、自然遺産や歴史遺産がある。さらにおもろいのは安芸の山中。


ぼちぼち、やっていきたいなとは思いよります。

安芸に行っちきちもんちきちしてきました。





安芸城址の堀には、こじゃんとハスの花が咲いちょりました。これはなかなか見られない大きさ。色々と全国まわるけんど、ここまで太くてきれいな色のハスは珍しい。しかも大量。見事やね、これは。

野良時計のクまではほとんど行ったことがなかったので、こんなえいとこやったがや、と感心してしまいました。

以前、ヨサコイ佐之神プラットフォームでも触れましたが、高知は明日香村のような観光モデルにせんといかんと書きました。

安芸はそのモデルがすぐに実現できるようなプラットフォームが残存しちょります。

安芸平野は三方が山に囲まれちょって中心部を幹線道路が通ることはないし。背の高いマンションも全然なかった。

すぐ横を流れる安芸川もそこそこきれいやし、歴史資源も豊富。

幹線道路の南側にはハゲタカ山田電機が侵略してきちゅうけんど、北側の土居はうまいこと昔の景観が残っちゅう。

高知市中心部の歴史資源の掘り起こしはもちろんせないかんけんど、一番、実現に近いがは安芸やろうと思う。

それが成功したら、その成功モデルを中村とか高知市中心部に適用する。それほど、安芸は高知の観光モデルのプロトタイプとしてはボッチリ。


町並みと景観にもう少しトータルプロデュースの思想をいれて、条例で規制を敷いて、民間業者が日本家屋を再生したら、京都の町屋再生に負けんほどのブランドになると思う。

フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]