忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[1]  [2]  [3
現在、国土交通省四国地方整備局を中心に、四国8の字ネットワーク構想という道路計画および実現構想が進んじょって、今回の衆院選挙でも中谷元候補なんかが土建票取りのために潜在的な争点にして洗脳をしかけゆう。

国土交通省が中心となってやられゆう計画やき、それが甚大な環境破壊を生む計画であることは火を見るよりも明らか。これが実行されたら、高知県の県鳥であるヤイロチョウももう高知には来んなるのは明らか。ヤイロチョウの捕食するミミズ類の種幅は広いき、少しでも四万十の生態系が壊れたらヤイロチョウは絶対に来ん。

参考 ヤイロチョウとヤタガラス

四万十川の水を守りゆう人らあも、水を守るためには山を守らんといかんいうて言いゆう。そういう縄文的土佐人の想いを踏みにじる大陸渡来人の魂を持った国土交通省四国地方整備局員と自民党員。


道路を造った後の経済活性化を見据えたことばっかり言うて、住民を騙して、今までも道路造ってきたけんど、山村の過疎化は留まることを知らん。


国交省の地方整備局はある種、詐欺集団ともいうてえい集団。その詐欺をあたかも正義であるかのように雄弁に語るのが、戦後の自民党の選挙運動。



山にトンネルをぶち抜き、山に保水能力がなくなったら、豪雨になる。今度は豪雨になるいうてダムを持ちかける。ダムができたら今度は道を整備せないかんいうて、ふとい道を造る。ふとい道を造ったら、今度は、ふとい橋をかけないかんいうて、ふとい橋をかける。


やることなすこと、自然をめちゃくちゃに破壊し、土建と自民党が得をするようなことばっかり。言うたら、日本人が古代より信仰してきた日本の原風景を破壊して、おまんまを食うてきたがが、上記3者。言わば、国賊。


その国賊詐欺集団の口車にのせられて、『四国8の字ネットワーク構想』なんかに乗ったらいかんと思う。そんな構想に夢なんかない。道ができて得するがは、そこに住む住人やない。道路をつこうて選挙に当選したり、国の予算を引っ張り込んでウハウハの整備局の連中だけ。

パチンコで一番儲かるがはパチンコ屋。ほんで宝くじで一番儲かるがは旧第一勧業銀行。

『夢がアルアル詐欺』に騙されて、悪人を援助することはやめんといかん。


もっと足元を見て、地道な活動を皆でやっていく必要があるやろう。

四国は、これ以上、開発せんことにこそ、価値が生まれてくる。食・エネルギーの完全自給に8の字高速道路なんかいらん。

ほんまに必要ながは、8の字ネットワークという人間のつながり。この8の字ネットワークこそ自民党が潰してきた農民票。

PR
一昨日の変えるがは考え方の続きで、細かいことやけんど、食・エネルギーの自給で、政治的な力が必要と書いたけんど、その次の段階で、法の拘束力の問題が浮上してきます。

『入り鉄砲と出女』を実施する場合、条例の権限しか与えられていない自治体では、既存の法律を規制できるような力が全く無い。

やき、条例のレベルから州法のレベルにまで法の拘束力を上げんといけません(できればアメリカよりも州法を強くしたい)

そうするためにどうしたらえいかというたら、民主党が地方の権限を増大させる政策を掲げちゅうき、民主党に投票して、まんじゅうでも食いながら州法の立法を待つのか、軍事的なクーデターを起こして超法規的手段に出るとか、自衛隊分割法案を通して四国州の防衛隊を作ったりとか、色んなルートがある。


本質的なことを言うたら、まず法の拘束力を強めて、それを取り締まる警察力・軍事力が必要ということ。

このことを視野に入れてなかったら一地方の食・エネルギーの完全自給という思想は、画餅で終わる。

日本全体が、食とエネルギーの完全自給という政策を掲げることは永久にないき(国際貿易体制下で他国より圧倒的に黒字がある日本がそんなことをしたら国家として、おしまい)高知・もしくは四国州は永遠に日本という連邦府とは真逆の政策を取り続けるということになるがよ。


やき、法の分割が必要やし、それを取り締まる実際的な力が必要ということ。汚職と買収で汚れきった警察はこの際、消滅させて、当分は警察権を州兵に移管したらえいと思う。

その下に自警団みたいなもんを作ったほうが効率的。


州同志が法的にも軍事的にも完全に分割されてしもうたら、別々の国家になってしまうき、その時に天皇制が必要ながよね。

象徴天皇制は連邦制と相反する思想じゃなくて、こじゃんと親和性が高い思想。

アメリカでは『自由と民主主義』が連邦政府のドグマになったけんど、日本における象徴天皇制もこれに似たところがある。

なんでかっていうたら、もともと天皇制は『クニトコタチ(国常立)』という『自由と民主主義』を代弁した思想から生まれてきちゅうき。

多様な民族が平等に社会を形成していこうと決めた時に国常立ができた。実はそれが最初に成し遂げられたのが高知の浦戸湾。


『よさこい』とか『おきゃく』はその頃の文化が色濃く引き継がれてきちゅう。一君万民天皇制社会主義というのはそういう思想。高知に邪馬台国の時代からある思想。


法を分割するというても、天皇に過去の統帥権のようなものを与えるわけやなくて、最高法規は今まで通り、もちろん憲法。

でも、政府(強)地方(弱)の状態から政府(強)地方(強)の状態にもっていくき、法の解釈を巡って各地方で激しい衝突が起こり始めると思うがよね。その衝突が一線を越えん様に(各州には州兵がおるきね)取り締まるのが天皇大権の喧嘩両成敗になるがよ。


これが連邦制天皇主義の思想なが。

簡単に言うたら、アメリカ合衆国とかなり近くて、違うのは自由と民主主義が天皇に置き換わるのと、州法がアメリカよりも強くなるということ。

そんなに難しいことやない、やればできると思う。


そのために、まずすべきことは自民党の解体。中央集権国家の権化であり、国土破壊を延々と繰り返す犯罪者集団。

この国を少しでも変えたければ、まずは次の衆院選で自民党には投票しないという意思表示をすることが肝要。

政策の内容がわからなければ、自民党以外に投票するようにしましょう。


道州制に移行するために何が必要か?

それは豪快さ。

国と連携して財源委譲だの法整備だの
組織再編だの、そんなノロイことしよったら
あと200年ばあ、かかる。

死んじゅうやろう(笑)

宣言して勝手に作っていって
国と県の体力を強制的に奪っていくことが重要。

このためには、国よりも県よりも高い倫理を持っちょかんといかん。

そうでなければ、単なるゲリラやき(笑)

現行法の範囲内で政府転覆を試みる。
逆に、これでないとおもろくない。

州都は土佐町あたりにどうかなと思いゆう。
実は四国全域からアクセスがえいことに気づいた。


高知市内はやっぱり地震が心配。

白鳳の大地震で奈良に遷都したがは
高知の海岸線が全部波に飲まれたき。

そんな地震が来んとは限らん。
むしろ白鳳期レベルで対策を

人さえ集まればできるがやき
どんどんつながっていきたい。

県庁に任せんずく自分たちでできるがやって気づくやろうし。

ほんなら自分たちは何に対して税金を払いよったがな?
と気づくはず。

税金を略奪されて自然も破壊されて
無益な都市計画で歴史もむちゃくちゃにされゆう。
土佐橋バス・ターミナルというテポドン


というても州政府が県庁と完全に対立するわけやない。

県庁職員も新しい州政府に継続雇用されると思うけんど
全員ではないことは確か。

県庁は州政府の事務的な役割を集約するだけの機関になるやろうき
必要人員は大幅に減るやろう。

国からの地方交付税はないなるき
本気で自分らあがどうやったら自活していけるがか?
州議会で話合われるやろう。

無意味な公務員の人件費など、真っ先に削減されるき。

四国の特質を考えたら経済もコンパクトにせざるを得んき
(それが売りでもある)
無益な人件費や公共事業なんてあり得ん。

全てが意味のあるお金の使い方へと変化していく。

州政府が雇用する人材の基準としては
やっぱり、四国に帰属意識が強いことと
しっかりと四国の特質を理解しちゅうかっていうことやろうと思う。

四国を工業化や資本主義化に向かわせる思想を持った人たちは
いかんやろうと思う。

何が四国を豊かにするがか?
これを語れる人が州政府に入れるやろう。

あと10年以内には完了しちゅうやろう。
そうせんと国の財政が破綻する。

今、動きゆう経済界とは全然違うところから
ムーブメントが起こってくる。
20代30代が中心やね。世代交代と一緒になるき、この再編は。
これで、ドル基軸体制が崩壊して日本が中心となって、株価が回復するき。

誰やったかな?どこぞの大企業の社長が言いよった。
世界の物産のほとんどがドル建てで組まれちゅうき
日本人はドルを支えるべきやと言いよった。
奴隷根性もええかげんにせえ。
やったら、円建てにするまでのこと。


道州制はひとつの州が動いたら
ドミノで一気に再編が進む。

後手に回ったら、国との財源委譲交渉で不利な立場に追い込まれるき
先手必勝は当たり前。


これは確実に来る波。

遠くの方に波が見えゆう。

スーツ着ちょっても波に乗れんで。

常識とかしがらみとか肩書きとか全部捨てたもん勝ち。


【放下著】

全てを捨て去れ、そしたら自然と波が見えてくる。

後は、体がなんとかしてくれるやろう。

怖れに飲み込まれたら、それは既に完全に波に飲まれたということ。

結果は、やる前に出ちゅう。


中国地方は天領で、北九州は最前線、南九州は狗奴国

関西は新開拓地で、都が四国。


これが邪馬台国時代の版図。


九州と中国地方、関西をつなげられる思想を持てるがは四国だけ

さらに言うと、松山が九州・広島を見過ぎて

高松が岡山・神戸を見過ぎて

徳島が大阪を見過ぎることを考えたら

純粋に九州と中国、関西をつなげられるがは高知だけ。


高知に大局観が芽生えるのは、高知を視点の機軸にしたら
大きくものを考えることができるき。




さて、四国や西国(倭国)のブロック経済ですが

第二次世界大戦は各国がブロック経済を選択したことから始まりました。

これを考えたら、倭国をブロック経済にすることは
危険なことと捉えられるかも知れません。


しかし、グローバリズムによる国際分業は既に
弱い地方都市を徹底的に叩き潰しよります。


これを防ぐためには、やはりまず防御しかない。


”輸入しなければ、輸出もできない。”

これはほんまに本質的な原理。


防御し過ぎない防御で、輸出産業を伸ばしていくしかないですね。


市場開放を求めるのは常に強い産業を持っちゅう国ですから
高知もはよう他県に市場開放を求めるぐらいの産業を持たんといけませんんね。


それはやっぱり自分たちがどういう特色を持っちょって
どういうところに力を注いでいったら世界一になれるかを
知ることから始まるがやと思います。



四国州の州都を北四国の高松とか松山にしたら
それは、経済発展を四国州の核に据えることやき
絶対に中国州に切り崩される。

州都を高知にして
森林大国、清き水の国、非核・自然エネルギーの国
などという価値を醸成していかんと
四国は一次産業で食っていけんし、観光客も呼ぶことができん。


高知には幸い、巨大な水を汚す産業はないですし
水に恵まれ、食べ物がおいしい。

これからの時代、どれだけこの水が重要になってくるかを
考えることは決して無駄やないと思う。

森林が伐採され、世界各地で飲み水が枯渇するのではないか
とも言われちゅう。


そんな時代に四国は森に囲まれて
きれいな川をこじゃんと持っちゅう。
(産業が発展せんかったき)


逆にいうたら、高知に移住してくる人らあから
お金をもろうてもえいぐらいながで。

中心部から1時間もかからんところで
泳げて魚がとれて潜れるきれいな川がある県なんて他にない。
鏡川も仁淀川もきれい。

やき、新堀川にふたをしたらいかん。
これは高知と四国の未来に関わるシンボリックなエポックやき。
高知市中心部のはりまや橋の横をアカメが泳ぎゆうがで。
それがどれだけ奇跡的なことか、ほんまにわかっちゅうがやろうか。
そんな水の都、世界のどこにある?

それをわからんやつは奇跡的なアホやと思う。



高知は四国州の州都として
経済発展を目指すがやのうて文化発展を目指さんといかん。


それはとにもかくにも、市場原理主義とか
経済合理主義とかグローバリズムとかに出て行ってもらわんといかん。

森でハゲタカの目を眩まさんといかん。


環境に優しい、子供に優しい、年寄りに優しい
誰にでも、何にでも優しいというふうにせんといかん。


幸いなことに高知にはそういう土壌がまだ残っちゅう。

土佐弁がその優しさを持っちゅう。
きつさも同時に持っちゅうがやけんど。

この2つは高知県人が古代から信仰しちょった
水の神さまの2面性。それが土佐弁。

河内の神さまは大阪の神さまやないで
もともとは高知の水神さま。
それが高知という県名になったが。
いろんな曲折を経て。


やき、水を大事にするいうがは
優しい街、高知ができるということ。

それができたら、四国州も自然にできる。


他の州はできん。

九州は福岡の経済が最も影響力を持つろうし
中国州、関西州も同じ。

経済発展した都市を持っちゅう州は
それを無視して州のビジョンを考えるがは不可能。
東北も仙台がある。

北海道はもともとミニ東京やき。


四国だけが北欧系、ニュージーランド系の州ビジョンを持てる。
やからこそ、価値がある。

それに四国88ヶ所という欧州の中のスペイン的価値も持てる。


まあ、言うても邪馬台国に戻るというだけのことながやけどね。


そういうことをはようやっていかんと
腹黒いハゲタカが充満して四国は暗黒大陸になってしまう。



中心街の壊滅とハゲタカスーパーの進出
(けんちゃんより)


これはほんまにハゲタカですね。

ハゲタカには2つの顔があって
ひとつは地方を一時的に繁栄させるよという顔
もうひとつは将来的には吸い尽くすぞという顔

ハゲタカがやってきたところの住民はなかなか気づかん。
繁栄しゆうように見えるからです。


でも実際、金の流れを見たら、本社(県外)への一方通行。
なんも地元には還って来ん。

言うたら大蛇が突然やってきて
村の娘をいけにえに出せと言われゆうようなもん。

ほれやのに、”大蛇さまがきてくれたおかげで
いのししが出んようになった”ゆうて喜びゆう。


いのししはおってもえい。
”いけにえ”なんかやめないかん。

おれらあは大蛇の奴隷やないがやき。

自分らあでいのししをおっぱろうたら
えいだけのこと。



新居浜もったいないね。

ええとこやのに。




富を吸い上げるだけのハゲタカが街に増えてきたら
子供らあもハゲタカみたいなこと
し出すきねぇ。

子供らあは敏感やき。


全部、大人の責任。



つまり、こういうことやないろかね。

ひとつの国家政策では
この多極化の時代を乗り切れんようになっちゅう。
ってことやない?


経済規模が世界第二位になって
もはや日本は保護貿易らあていう政策をとれんようになった。

世界の富を集めての保護政策らあて
世界中からのブーイングやきね。


一次産業なんかどこの国だってできるき
日本の市場を開放させて進出したいに決まっちゅう。

やっぱり道義的理由から日本はそれを飲まざるをえんかった。

なぜなら色んなモンを海外に輸出しゆうき。
それで日本は成り立っちゅう。

でもその代償として一次産業がぶち壊れて
精神まで破壊されようとしゆう。

かというて今から一次産業の保護政策なんかできん。
世界はFTAへと向いちゅうき。


やき中央政府はどうしてえいかわからんなっちゅう。

それが道州制に向かわせゆう動機よねぇ。


これに対する解は保護政策を実施できる国家主義的な州を
日本国内にいくつも誕生させるいうことやね。


そうしたら、一応、日本国としては
開放市場ですよと対外的には言える。

やけど実際は州によって強力な保護政策がかかっちゅうき
日本に一次産品を輸出したい国は限定的な進出になる。

でもえいがやない?

一次産品を輸出したい国は日本の都市部だけをターゲットにしたら。

それと四国州は対抗したらえいがよ。

まあ、距離が近い分おれらあが有利やけどね(笑)


対外的には州政府はできたてのほやほややき
保護政策はしょうがないんですよと言える。



結局、こういうことやね。


日本が小さい政府を目指すいうがは
完全自由市場を目指すわけやなくて
強力な国家主義の州政府をいくつも誕生させて
時代の変化に対応していくっていうことやろ?

外国の一次産品もブランド化してきたき
国家主義でそれをやらないかんけど
日本国政府は対外的な理由から、それができん。


やき、日本の各道州は国家主義をそれぞれが持って
一国として外国と競争していかないかん。
ということやね。


まず四国州が基本とする骨格はなにか?ということながやけど
やはり一次産業しかないと思う。

今から産業を興して経済効率を上げるという選択は
むしろあらゆる面でマイナスの効果を生み出すと思う。

高度経済成長期で最も遅れた地域になったがやき
非経済効率地域にしたほうがむしろ合理的。

さらに発展が遅れたおかげで自然破壊も遅れたき
それを生かして州運営をおこなうのが
最速で最大の効果をもたらすと思うがよ。


こうなると一次産業の発展と自然主義というのが
国家像に決まったようなもんながやけど

世界の国に一次産業で発展しちゅう、強い国には
アメリカとかオーストラリア、メキシコとかフランスがある。

一次産業保護の政策はやっぱりフランスを参考にするべきやと思う。

フランスはぶどう農家に対する手厚い保護で
国のお金でぶどうを買い取って破棄するというもったいないことを
しよって、今回の大統領選で市場原理主義が大勢を
持つようになったがやけんど、こうなったら元も子もないき
薄い農業保護政策を実行していかないかんと思う。

できれば四国内で完全自給して農作物には関税をかける。

移民はそんなにはないと思うけんど
自給率を著しく破壊しかねん大量移民は規制する。


この一次産業系の国家の問題点は国力が弱いっていうこと。

フランスもその自尊心の喪失感が市場原理主義を呼び込んだ。


果たして四国州はそれに耐えられるか?

たぶん大丈夫やろ(笑)そんなん四国の人間にないと思う。

だって今でも日本最下位の経済力を誇っちゅうがやも。



やっぱり四国は経済効率を度外視した
幸福度を追求する州にせんといかんと思う。


年寄りが多いき、年寄りと子供に優しい州。

かというて高福祉の国にしたら絶対、汚職がおこりそうなき
できるだけ金と権力は州政府に集まらんようにする。

そのクリーンさを売りにして
企業を誘致する、しかも法人税を安くする。


一次産業系国にありがちな政策やけど
違うのは、企業誘致によって産業をおこすがやのうて
完全自給と自然主義と幸福主義を持続するために
これらの国家像をブランド化して
法人税で自治体運営をおこなっていくというもの。


今までのこのような国家は税収入があったら
さらなる企業誘致のために
様々な投資がなされて、環境とか文化とか人間破壊が
行われたけんど、四国州は一次産業を基本とするき
企業誘致はその国家像を支えていくためのガソリン。

やき、とめどなく破壊が広がることはない。


これには四国州内の人口と配分がものすごく大切になってくる。

やき、移民政策には特に気を使わんといかんかもしれん。


人口が400万人にしかおらんくて
日本全体の約3%
ほんで経済規模も約3%に過ぎん。

日本全体の年経済成長率が3%になったら
四国がもいっこ増えるみたいな感じよ。
はなくそみたいなもん。

消費税より低い(笑)

でも世界第31位のフィンランドくらいのGDPがある。


ニュージーランドが四国の進むべき道を示しちゅうかも知れん。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

(反核政策でアメリカと対立しちゅうって点が、こじゃんとえい)


人口が同じくらいで林業が盛ん。

日本にも輸出しゆうき、この価値をもらわん手はない。

高知は森林面積が多いし、やき人も少ない。
それを生かすがやったら林業しかない。

そしたら森を守れる。ほんま?


都市部への輸出を念頭に入れてニュージーランドと
戦こうたらえいと思う。


四国にとっての効率的持続的な経済発展は
農林水産業の近代化なのではないろか?


四国州で若い人の流出をストップし
特に四国内の林業の近代化に向かわせることができたら
面白いことになるかもしれん。


しかも都市部とのレジーム対立が明確になって
お互いの地域の個性が突出したら
全体の経済効率というのはおそらくあがる。


やはり地域に国境がないことが
日本の問題を深刻化させているのではないか?


簡単に都市部に移住し
3次4次産業にあらゆる才能が向かっているのではないか?

フォローしてちや
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]