忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)


岸田さんの作ったトロフィーめちゃくちゃかわいい!

長宗我部フェスのこともさることながら、この動画配信の雰囲気もかなりえい!

めちゃ手作りで、まさに梁山泊という感じやね(笑)


ちょっと動画を小さめにして埋め込みしてみました。


これはすごいことやと思いますよ~



人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
PR


先週の街づくりカフェ・歴史談義は主に『歴史の中の差別』の問題がテーマ(?)やったかな。

もともと部落差別は、天皇が国家主義化していく中で、もともとの天皇の側近たちが、絶対王政天皇制を敷きたい人たちから差別、というか落としこめられたことを起源としている。

もともと一君万民型天皇制の下では、自由と平等が『大和の合議制』という緩やかな民主主義によって確立されてましたが、天皇制が絶対王政化する中で、自由・平等・大和の合議制などの要素は徐々に失われていきました。

西洋の近代的自由をきっかけとして土佐の一君万民が蘇ったのが自由民権運動であれば、近代的分離の思想をきっかけとした興ったのが全国水平社というてもえいやろうと思う。

この全国水平社が遡及する差別の根源がどこにあるかというたら、明らかに明治国家が生み出した近代的差別であり、国家神道・サンカ追放・修験道禁止などによる住民台帳に記載できない反乱分子を差別して社会から抹殺するという意味合いが強かったわけです。

明治までの差別は差別であっても、職能的区別の割合が高く、修験者・遊女・サンカなどの社会の底辺者とされる人たちが、様々なルートに情報や知恵を授けていたことを考えると、現代差別の根源は非常に西洋思考的で、カトリック内部で女性が執拗に差別されるカトリックの女性蔑視と非常に構造が似ている。

これらの根源はキリスト教の異端排斥に起源は遡り、西洋人の白人至上主義にも連なる。

もともと女人禁制も仏教が日本に入ってきてから根付いたもので、そもそも一君万民型天皇制の下では女性天皇が正規の皇統とされていました。

これは、いわゆる母系社会・邪馬台国の文化・文明ですけれども、これを破壊するために導入されたディオクレティアヌス『ウィキペディア(Wikipedia)』(←卑弥呼が亡くなった248年に4歳。卑弥呼が土佐で没して邪馬台国共和制が崩壊し、帝政大和朝廷が徐々に畿内を中心に形成されていった)から開始された帝政ローマの思想、あるいは呉の皇帝思想が上古の日本で一世を風靡し、律令国家が完成し、その後、母系社会に戻るものの明治期に、再度、帝政ローマの思想を元に発展した西洋文明の差別主義を流入させることになるわけです。

『明治国家=善・昭和=悪』という司馬史観は、非常に問題があり、差別を考える上で、明治時代は上古を越えるほどの差別主義が貫徹された時代であるという認識が必要であると思います。

この明治時代に、朝鮮半島の文化と直結する歴史を持つ土佐が意図的に落としこめられたがも是非とも認識しておきたい重要な歴史ですね。

朝鮮に対する蔑視も明治期以降に流行り始めたわけで、それ以前はバテレンに対する政治的差別が日本における差別の主流でした。これも宣教師同士の争いの中で豊臣秀吉が西洋人から仕入れた思考回路であり、日本における差別の根源はキリスト教の異端排斥の宗教原理に端を発していることに目を向ける必要があると思います。

この異端排斥をされたキリスト教の異教徒が最終的に流れ着いたのが日本であり、むしろ日本は異端を受容する文明のゆりかごであったわけです。これを可能たらしめたがが縄文のマレヒト信仰であり、縄文色が強い土佐のおきゃくのルーツでもあるがです。


結局、何を言いたかったかと言えば、街づくりカフェでは毎日、土佐のおきゃくが開かれゆうということです。


先週は今年最後の街づくりカフェでの歴史談義でした。

さすがに来週は1月1日のためお休みをするようです。


でも、まだまだ街づくりカフェは市民活動の拠点として年の瀬までオープンしちゅうそうです。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
 

高知県の経済力が弱い原因は起業化精神が低いことがあげられます。

社会に役立つ行為を行い、その対価として金銭を授受するのは神聖な行為です。

その神聖な価値交換によって、政治家は国民から雇われ、公務員も税金で養われます。

しかし、高知県最大の企業が高知県庁であるため、現在の高知県には資本主義精神=悪という図式が成立する場合が多々あります。

でも、事業が少ないばかりに若者は流出し、さらに新規事業は低迷し、年寄りばかりになり、地方交付税に頼るようになってきちょります。高知県のデフレスパイラルのそもそもの根源はここにあるがです。

資本主義精神=悪であるならば、法人税を含めた税収入でおまんまを食べている政治家や公務員は悪以下の寄生虫になります。私たちは何によって社会が動いているのかを明確に掴み取る必要があるがやないかと思います。学力が低いということと本質を認識できないということはほぼ比例しちゅうと思います。


さて、高知県の人材流出を食い止めるためには、1に起業、2に起業、3,4がなくて5に起業です。なんにしても起業が大事です。NPOで起業して税金で援助してもらおうなどという甘っちょろい考えを持つんじゃなくて、全ての経費を自分の才能でまかなうという気概が必要です。

ただ、それに対して周りからの援助はあるでしょう。それが高知の良いところです。人とのつながりを単なる仲良しクラブに終わらせるんじゃのうて、社会を活性化し、現実的な解を共有していく戦友にしていく必要があるでしょう。

既に世界のあらゆる市場は戦場になっており、明確な経済思想を持たんとあっという間に飲み込まれる状態です。眼前に迫りゆう最も深刻な現実は、地方交付税の急激な減額です。

民主党は、国債発行額の減額と緊縮財政をスローガンにしちゅうわけですから、そのしわ寄せが地方交付税に来るがは目に見えています。今年も法人税収入が急激に落ちて国債発行を公約を超えて実行するつもりですが、民主党の緊縮財政下では法人税収入は下がり続けるでしょう。

もう国は見捨てたほうが良い(もらえるもんはもらうとして)。

それよりも如何に自己完結型の地方経済を作るかが重要です。

幸い、高知県は食とエネルギーを自給できる環境が整っています。

国際貿易体制が崩壊し、海外からの様々な資源の輸入がストップした時に、最も必要になるがは水と食料とエネルギーです。高知には全て揃っています。国際貿易体制が崩壊した時の大都市は非常に危険な人間の塊となります。戦争や天変地異を視野に入れてそういうことを考えることも必要でしょう。

またあと50年以内で確実に発生する南海地震も視野に入れて都市(高知市)のミラーリングを山間部に展開してないと、震災後の復旧作業とそれに係る費用で高知市の都市機能は長期に渡って麻痺するでしょう。その時期にはおそらく国からの財政支援は到底、望めない。だからこそ、高知市30万都市の緩衝地帯として嶺北か鏡村か伊野町北部か仁淀川町を視野に入れんといかんと思うがです。


知事が提唱する産業振興計画にはかなりの潜在力があります。そのビジネスチャンスを逃さない若い企業家こそ、これからの高知には必要でしょう。

高知県在住の経営者の方々は自分の会社の経営に手一杯とは思いますが、若い人の起業にも関心をもってもらって援助するような活動を仕掛けていくことも重要であると思います。そのような取り組みが多角化すれば、思いもよらなかった事業連携や事業部の合従連衡などで、高知県全体の経済は大きくなっていくことでしょう。

特に、若い人が夢を持って取り組める仕事というものが必要で、若い人をつなぎとめておく環境ができれば経済が上向くのは確実でしょう。


現在でも、経済同友会や中小企業同友会などでそのような取り組みが行われてはいますが、ある意味、閉ざされた専門集団のような形になっており、もっとオープンに高知の文化として若者の起業を定着させていく必要があるでしょう。

街づくりカフェ・インキュベーター『ウィキペディア(Wikipedia)』の話でした。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを

街づくりカフェにて、街づくりカフェ・マスタープラン2010 を策定予定です。とりあえず、1年目としてはプロトタイプとして外郭を形にできるレベルにまで昇華できればえいかなと考えています。

これは、高知県全域の街づくりにおけるマスタープラン『ウィキペディア(Wikipedia)』を市民主導によって行おうとするものです。

日本国憲法に規定されている
正しいヒエラルキーは下記なんですけれども
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

            △
          △△△
              △国民
        △△△△△△
         △△政治家△△
       △△△△△△△△△
         △△△△公務員△△△△



下記のような
憲法誤解釈の間違ったヒエラルキーを信じる人たちがいます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

            △
          △△△
             △政治家
        △△△△△△
         △△公務員△△
       △△△△△△△△△
          △△△△国民△△△△

上のヒエラルキーは北朝鮮と同じです。
残念ながら高知には本気で上記のような北朝鮮バリの
ヒエラルキーを信じ込んでいる人がおります。
高知県が軍国高知と言われる所以です。


街づくりカフェ・マスタープランは、上記のような憲法の誤解釈を糺すためのものであり
主権在民の真の姿を内外に向かって指し示すものでもあります。


もう一度詳しく説明しますと、主権は国民にあり、間接民主制の下で政治家は代議士として
国民の代理として国民から政治権を付与されます。国民が忙しいため政治家が国のマツリゴトを代理で行うだけのことです。国民がお金で雇った傭兵の将軍といってもえいと思います。その傭兵の将軍の配下に公務員が存在します。これが日本国憲法にはっきりと明記された主権在民のありかたです。


街づくりカフェにはプロジェクターがありますので、私たちが普段知らず知らずの間に誤認し続けゆう事実に対しても充分に検証し、反省できる環境があります。

将来的には、街づくりカフェで策定されたマスタープランを、政治家に下請けしてもらって実行だけしてもらうようにするのがベストだと思います。主権在民とはそういうことです。そのレベルにまで行けば、ほぼ直接民主制になりますので、選挙自体も失くすことができると思います。つまらないプロパガンダと利益誘導だらけの現選挙システムに時間とお金を使うだけ無駄というものです。無益なエネルギー消費をやめて純粋に高知を発展させることだけを追求したいものです。

街づくりカフェ・参政権を18歳以上に与えて、全ての県民が等しく意見を述べられ、全ての県民の意見が同じ重さで量られるシステムというものを作ればえいと思います。このシステムにWebがうってつけながです。

クローズドSNSに街づくりカフェ・参政権を持った方々が参加し、リアルタイムの電子会議をプロジェクターに映せばあっという間に、直接民主制環境が現出します。システム自体は簡単にできます。ちなみに高知県は形式民主主義しか実現できていないにも関わらず、年間8億円も議会費にあてています。如何に無益な投資が繰り返し行われてきたかを知ることは簡単でしょう。

これを実現するためには3つの法的なステップが必要です。まず県議会で条例を組むこと、そして国会で道州制法案を通し、条例=州法を確立すること、最後に四国州議会内で参政権に関連する事項をこねくりまわすこと、です。


来年あたりから徐々にやっていきたいと思いますので、是非、皆さんもMyオピニオンを持参して街づくりカフェの電子会議にご参加ください。



人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
 

 今日も、ゆうあい工房でお馴染みの金曜会が開かれます。

高知市内はエンジン01というイベントで盛り上がっているらしいですが、ゆうあい工房はエンジン86さながら。

ドリフトな生き方の方たちも集う友愛精神にあふれた街づくり飲みカフェです。ちょいスベリはいただけんけんど滑りきったらかっこいい。

ドリフトを悪の権化みたいに言う人がおるけんど、悪いがはドリフトやなくて事故を起こす人。これは酒にも言える。酒の一気で亡くなった人は酒を悪く言う。でも、悪いがは酒に飲まれた自分や酒を強要した周囲の人。

さらにはゲームにも言える。ゲーム好きが犯罪を犯したからと言ってゲームが悪いと決め付けるがはおかしな論法。

日本人の思考の中で『罪と罰』を認識する能力が低下してきちゅうことの現れであると思う。これが低下したらもちろん法に対する認識能力も低下する。

でも人間の世界は、シロ・クロだけの世界やないき日本には「武士の情け」というもんが存在する。これが近代法廷で情状酌量というおかしな判決を繰り返す抜け道となっちゅう。こじゃんと日本的。


話を元に戻すと

トヨタ・FT-86『ウィキペディア(Wikipedia)』は、むちゃくちゃかっこえい。

高知も、このハチロクみたいに長宗我部時代とか自由民権時代のハチロク・エンジンを継承してボディを時代に合わせた斬新なイメージに塗り替える必要がある。

ドリフトせんと高知じゃないし(笑)

エンジン01もえいけんどエンジン86もよろしくね。


日本での革命は(弥生時代から)下からの革命(草莽崛起)でしか 成し遂げられてないわけですし。ハチロク・エンジンこそ第三極やで~
 

特に最近、話題になっちゅうのは、地域通貨の話とか、街づくりの話とか、西洋哲学・絵画の話とか、世界中の様々な神話による四国の古代の捉えなおしとか、ですね。

専ら、金曜日は長宗我部の歴史談義になりつつありますが、どんな方がこられても歓迎のようです。

電気がついちょったらやりゆうらしいんで、近くの方でも遠くの県外の方でも、外国の方でも気軽に行かれてみてください。
 

昨日も例のごとく{ゆうあい工房}でお話会をやりました。ランチも始めたようなので、藤島さんと話をされたい方は行ってみてください。


昨日は、やっしーさんとYさんがこられました。ほんでいつも通り、馬楽さんとぴよっちゃん自分と藤島さんで話をしました。というか飲みました。

ゆうあい工房が街づくりカフェという名前でオープンキッチンスタイルやき、できるだけ知りえた情報はオープンにして、色んな方が参加したらえいと思います。

自分も単なるひとりの参加メンバーに過ぎんき、色んな方たちが街づくりカフェに食い込んで情報発信していけばおもろいかなと思います。


皆、一様に『誰でもいつでも歓迎!』というホスピタリティを持っちゅうので、是非気軽に行ってみてください。そういう意味で土佐のおきゃくを毎日やりゆうような感じになると思います。


おそらく曜日によって、政治・経済・歴史・Web・アート・生活などの領域に分かれて酒が入った市民大学のような感じになっていくがやないかと思います。


ちょうど{ゆうあい工房}には、PCの画面を大画面で共有できるプロジェクターもありますので、自分のブログを出しての自己紹介や自分のブログ記事を使っての議題提供などの新しいスタイルの知の蓄積が可能になります。(プロジェクターに自分のブログを映し出す絵ヅラが非常にえい!、あとこの前、受胎告知の絵に隠れたメタファーなんかも議論したけんど、これをまたブログにUPしたら最高ながよね~、あとは絵金なんかをそこに写しても絵になるし、youtubeのどろめ祭りの動画をプロジェクターで写しながら飲んだらものすごいヒートアップすると思う)


で、お題のリアルトラックバックながですけんど、今リアルから仮想現実(Web)へと人間社会が移行しゆうわけですけんど、それをもう一度リアルに連れ戻すという作業が{ゆうあい工房}で、できるがですよね。

つまり、ブログ記事に対するコメントやトラックバックなどはある意味仮想現実ながですけんど、それを現実に引き戻して、それを引用してリアルの市民活動に反映していくという『ブログ人間宣言』ができるわけです。

その連鎖がミクシィに対抗したリアルソーシャルネットワークの基盤になって、しかも土佐のおきゃく文化がそこに付随してくるき、圧倒的なパワーと存在感が土佐から発信されるということになります。

自分はここにローカル市民メディアとしての可能性を非常に強く感じちょりまして、映像や動画発信に興味がある方の参加も待ち望んでいます。広告主に買収されん市民の善意によるローカルメディアというものを世界に先駆けて是非、自由民権の地、高知から。


というわけで、皆さん{ゆうあい工房}にリアルコメントとリアルトラックバックをしてね。

是非、金曜の夜は{ゆうあい工房}にリアルトラックバックに来てほしいということでした。



人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
フォローしてちや
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]