忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

米政府、鳩山首相の「東アジア共同体」に強い反対 不信と懸念強める(イザ)

かなり混乱した状況になってきよります。

さすがに宇宙人です。

日米同盟と東アジア共同体が相反する思想であることに気づかないようです。

これは友愛であるというよりは「冷徹」であるといったほうが良いかもしれません。

前回記事 次のプラザ合意 でも書きましたが、巨額の赤字を抱える米国にとって米国債を握る日本・中国は独立戦争の対象であり、どのようにしてこの不均衡を是正するかを思案しゆうがです。


そういう時に、よりによって東アジア共同体を公式に宣言するとはアメリカに対して宣戦布告を行ったも同然でしょう。

たぶん民主党はこの意味を理解してないがやないでしょうか。

こんな恐ろしくレベルの低い外交が今まであったでしょうか?

自民党の時は少なくとも日米同盟重視で一貫していました。でも民主党は社会党の東アジア共同体も日米同盟重視もいっしょくたに唱えよります。こんなむちゃくちゃな外交が成功するはずがありません。


自分が唱えゆう【中・日・米の三位一体基軸】は環太平洋共同体です。それを東アジアに括ればアメリカが反発するがは当然でしょう。

何より時期が悪い。アメリカ経済が好調であれば、こっそりと進めることもできただろうに、よりによってなんで今、しかも公式首脳会議でそれを宣言する必要があるのか。全く理解できない。


第一、今更、大東亜共栄圏を蒸し返して何をしようというのか。ブッシュ政権の時ならまだしも、なんか一歩ずれちゅう。

世界が協調して地球を守っていくというG20が東アジア共同体構想でむちゃくちゃに壊れたという感じではないでしょうか。


とにかく鳩山首相のビックバンした脳を抑えていかんと大変なことになる。

(自民党も民主党も嫌だ!という賢明な方々は是非、土人党にご参加下さい、活動はWeb、武器は言論、思想は中道、つながりは緩め、です。この際、土佐人でなくてもええんではないでしょうか)

ただ、亀井徳政令には反対したみたいなき、これについてはホットしました。とにかく、東アジア共同体はいかんよ。

中国の経済成長率を独り占めすることがどうして「友愛」になるがな?なんぼ考えても、う~んわからん。

「八方美人愛」とかがぼっちりやない。

本命が中国で、アメリカが愛人というてもえい。鳩山首相には昔、愛人がおったらしいき、そういう構造もアリながやろうねえ。両方に「あんたが本命で」と言うてきちゅう。それがメディアを通して全世界に流れゆうがやき、愛人のアメリカは、そりゃ怒るやろう。

外交は「好色」じゃないがやき、もっと礼節を尽くして、ちゃんとやってほしいもんです。

PR
地方銀行の決算状況(平成20年度)【地方銀行協会】

上は昨年の地方銀行の決算状況です。(地方銀行業界に参加しちゅう地銀)

5ページ目の国債・株式損益の推移を見て欲しいがですけんど、昨年急カーブを描いて両者とも赤字に転落しちょります。

このような状況の中での亀井の徳政令は明らかに何らかの陰謀であると思います。

地方銀行というがは、これからの地域主権という国体を造る上で、なくてはならん存在であり、地域の人々から預かった資金を健全なファンドに投資し、地域の流動資金を増大させていくためには核となる存在です。


特に、これからは地方交付税交付金、公共事業が民主党の政策によって激減するき、地銀がいかに体力を維持しながら中小企業に貸付を行い、不良債権化のリスクを極限まで回避し、成長分野の開拓が行えるかが地域主権の鍵となっちょります。


いうたら、これからは財布は霞ヶ関が握るがやのうて、地方自治体と地銀が1個の独立した財布として成長も破綻も全ての責任を負うということながです。


このような状況下における亀井徳政令は狂気じみた政策であり、地域主権どころか第2・第3の夕張市を生み出す破滅的な愚策であると思うがです。


地銀の体力が落ちてくると合併が行われますので、最悪の場合、高知に地方銀行がひとつもないなる、という事態も発生しかねません。

そうなれば中小企業がお金を借りに行くのにも高松や松山、果ては岡山にまで繰り出さないかんなります。なんと非効率的でしょうか。


もし仮に県外の地銀や都銀の出先機関が来たとしても、地場に根ざさん銀行の目的は、あくまでも富裕層からお金を集め、焦げ付きの少ない成長企業への貸し出しですき、高知では貸し出しの繰り出しがほとんど起こらんなるでしょう。


このように、地銀がないなるということは地域主権という前に、その大前提である地方の財布が壊れるということであり、特に高知においては独立した独自の経済圏を創造するという夢が第一歩目から消えてしまうということを意味します。


日本国民は地方の独立を選択したわけですき、その責任をも負う必要があると思います。


亀井徳政令は民主党のマニフェストでもある地域自由主権に違反する共産主義的政策です。

こういうものには徹底的に抗議していく必要があるでしょう。

昨日、鳩山内閣が発足したわけながですけど、厚生労働省の長妻大臣が非常にえいですね。副大臣にはなんと個人献金だけで活動するミスター「義」のまぶちすみおさんがなるかもしれんというき、これまた最高の人事。

しかし、長妻大臣が天下り禁止令を出したら、すぐに「やめます」という話になったらしいき、自民党政権の時にいかに官僚と政治家が結託して国民の税金を湯水のように使いよったかがわかる。

自分らあの都合のえいように立法府を操り、政党交付金(せいとうこうふきん)『ウィキペディア(Wikipedia)』と官僚の料亭接待(これも税金)で自分達だけが私腹を肥やしてきた自民党連合。

その自民党連合も、とうとう倒産するらしい。その悪行を影で支えてきた「りそな」も今は、てんやわんや。


そういう話はさておき

民主党の政策は、こじゃんとえいけんど、ひとつだけ重大な欠点がある。それは経済に疎いということ。

亀井「徳政令」に銀行猛反発 本当に導入できるのか(J-CASTニュース)

非常に共産主義的な手法であり、自治体レベルでは効果が出るものの、国家レベルでやるべき政策やない。非常に危うい。大事なことは新自由主義的世界経済を健全な市場経済に戻すということであり、新自由主義を否定して経済そのものを否定することではないということ。

共産主義的な手法が出てくると、それに新自由主義的手法が対立構図として出てくるき、嫌な2項対立の不毛な時代が続く。それだけは避けたいけんど、皆が望むならばそれも仕方がないか。


自民党政治は言わば、時代遅れの3000ccのアメ車。音はうるさいわ、異常なほど排気ガスを出すわでほんまに長いこと国民は迷惑を蒙ってきた。その反動として660ccの民主党が国民から支持された。

しかし、ほんまにえいのは1500cc~2000ccくらいのハイブリッド車。それが日本のとるべき道。東洋的ECO思想と西洋的論理思考は日本でしか融合せん。日本の未来は既にプリウス・インサイトが指し示いちゅう。

アメ車か軽自動車かの究極の選択はやめて欲しい。この国にはハイブリッド車という【第三の希望アル道】もある。


今は、民主党の節約・節約思想で国民は浮かれちゅうけんど、1年後には経済指標の数値が著しく落ちちゅうと思う。

経済構造の転換を伴わん革命は単なる破壊に過ぎん。今やるべきことは経済をダウンサイジングしてそれとともに経済の構造転換を行うこと。節約だけしても新たな力は生まれては来ん。

  ●参考→民主党のポピュリズム (過去記事)


高知の場合は、まず一次産業の復興を掲げてますき、問題はありません。まずは何にしても基礎工事が大切。


民主党は今まで国会で追及してきたことを政権交代の目玉にして、選挙を勝ったわけやけんど、経済政策についてはこれから国家戦略局で考えますというのんびりさ。

経済に疎い人はわからんかもしれんけんど、非常に危ないで、これは。温室効果ガス25%削減で国内工場が海外に逃げて、亀井の徳政令で金融がこけて、前原大臣の公共工事全面ストップで建設が全部こけたら、株がこけて、失業率がうなぎのぼりに上がってくる。

企業倒産が増加して、税収入減るき、歳入が異常に減ってくる。そこへ国債も発行しません、消費税を上げませんと公約しちゅうもんやき、なんかわけがわからんなってくる。


とにかく、軽自動車に10人くらい乗っちゅうような感じになってくる(笑)掲げる政策が正しい方向でも成長率がどん底に落ちてくるき、ほとんど今と変わらんような状況が続く。

そうなったらやっと土人党の出番ということやろか?


土人党は中肉中背のハイブリッドで行かせてもらうき、ECOでスタイリッシュな政策を掲げたい。


本物の地域主権というがは、地域から創っていくのが基本。

とりあえずは鳩山政権を見守りながら【第三極】を醸成していきたい。

馬楽師匠も希望ある経済体制をと書かれちょります。


経済はマインドです。夢がなかったら経済発展は見込めません。

経済構造を転換するということは、モラトリアムで中小企業の返済期間を遅らせることではなくて、現産業を活かしながら新産業へとスムーズに夢を見てもらいながら移行してもらうということ。

非常に質の悪いデフレスパイラルのようになるき、高知はそんなことに巻き込まれんようにしましょう!


土佐経済同友会が提唱する食・エネルギーの完全自給を根本にしながら産業の構造転換を粛々とやっていきましょう。

民主党の政策の最大の問題点は、政策がポピュリズム『ウィキペディア(Wikipedia)』に偏りすぎちゅう点にある。


それで何が起こるかというたら、わけのわからない不安感が国民に蔓延する。

改革、改革とはいうても、ポピュリズムは改革の先の国家像を明確に示しちゅうわけではないので、ともすれば単なる国体の破壊に終わってしまう。


大事なことはポピュリズムを吸い上げながら、国民が納得する新たな国家像を示すことであり、そのために様々な経済指標を用い様々なレベルの人に理解してもらわんといけません。


「生産活動に制約」鳩山氏の温室ガス25%削減に産業界が猛反発(産経新聞)


『不都合な真実』バリのポピュリズムで政策を決めるのはえいけんど、その代替にどういう利益があるのかという現経済活動に対する配慮がいささか欠ける。

また、それを実行したら、その先に何があるがか?という部分を何も示してないき、虚しい未来が経営者の脳裏をよぎる。


一番、重要なことは未来を示すことであって、温室効果ガスを削減することではない。温室効果ガス削減は希望アル未来の国体のためにするべきものである。


今、日本がやらんといかんことは、経済活動そのものの構造を根底からレジームチェンジすることであって、新自由主義から『緑の資本主義』へと資本主義思想そのものをチェンジすることです。


新自由主義の経済活動は
資源を採掘→製造・加工→消費→捨てる

でしたが

『緑の資本主義』の経済活動は
資源を極力採掘しない(保護)→省エネ→省消費→リサイクル

という構造に変化します。

『緑の資本主義』は江戸時代の文明そのもので、本来、与党政権は素早くその方向に向かって舵を切らんといかんのに、何も宣言することはできておりません。

経済規模を江戸時代に戻すがやなくて、産業構造を江戸時代に近い形に戻すがです。今でも日本の省エネ産業は世界においてはトップレベルですから、それを包括的に推進していけば良いだけのことであって、欠けちゅうのは、大局的な思想のみながです。その思想こそ政治が指し示さないかんものであって、ポピュリズムの側に立って、産業界を攻撃することではない。


この宣言をやることによって産業界も選択・集中の設備投資を新たな領域に振り向けることができます。温室ガス25%削減で産業空洞化が著しく進むという指摘がありますが、これはほんまにその通りで、失業率がさらに高くなって社会不安が増大する事は間違いがない。

それで、高福祉国家を目指したところでプラスマイナスゼロで何をしゆうのかがわからんなります。GDPだけを至上命題にしてはいかんけんど軽視しすぎたら未来を見誤ることになります。現在の産業構造をスムーズにレジームチェンジをさせることが政治の目的であり、王道でもあるがです。


そういう方向性を指し示さんずくに、経済活動の首だけを絞めるがは単なるポピュリストと言われてもしょうがないこと。下手するとタチの悪い共産主義になりかねん。

既にレッドパージが始まっちゅうし。


とにかく【ポピュリズム民主党】では、新たな国家像を指し示すことはできんと思いますので、第三極・土人党にご参加頂いて皆でポピュリズムを超越していきましょう!

鳩山外交は世界を混乱に陥れる危険性を孕んでいる。



鳩山首相の怪文書が米国を駆け巡っている。

鳩山論文に米専門家から失望の声(産経ニュース)

この怪文書からいくと鳩山首相は陰謀論に取りつかれており、ムー民であるとも言われる鳩山夫人から操られているのではないかという怪情報もある。

いくら『宇宙人』という愛称を持つと言っても、オカルト的外交では非常に危うい。


土人党へ提出する外交政策の草案としては【中・日・米の三位一体基軸】を根本原理にさせて頂きたいと考えています。


中国と米国をとりなすことによって、国家としての価値を不動のものにする【中・日・米の三位一体基軸】。

これが現実のものとなれば、世界が中・日・米を中心に回り始め、その中心に存在する日本は今まで以上に、人・物・金を集積するセンターとして繁栄します。

かつて、トルコは東洋と西洋の交差点として非常に栄えました。しかし、現在ではEU加盟問題にも見られるように独自のスタンスを保持できず西洋に重心を移しています。


情報の分析力はさておき、日本は東洋と西洋の情報をミックスし世界へ発信する力はかなりのレベルに達しています。豚インフルエンザは日本風邪とも言われています。東洋でも西洋でもない宇宙的な国が発する情報は良くも悪くも注目を集めます。一挙手一投足、責任を持つ必要があるでしょう。(特に外交に関しては)


日本国はしっかりとした分析力を持って世界に情報発信していく義務があります。


そのためには米・中を超える哲学を持たんといけません。

哲学は土佐から。

自民党でも民主党でもない【第三極】の土人党にご参加下さい。


毎週金曜日のはりまや橋商店街に行けば、政治・経済談義をやりゆうらしいですよ。

フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]