忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の完了形の続きになりますが、土佐弁には近未来完了もありました。

”~やっちょってよ”や”~しちょってよ”は未来完了形になります。

英語にすると You (will) have done.

標準語にすると

”~やっておいてね”もしくは”~しておいてね”

ほとんど使いませんし、使えません。

標準語でこの言い回しを使う時は

○○までに~やっておいてね”と言い方で意味が通りますがこれもほとんど使いません。

つまり標準語では現在完了や過去完了同様、一語で表す必要がなかった、あるいはもともとそのような文法がないという結論に達します。

しかし、土佐弁では ”~やっちょって” は多用されます。

しかもそれ以上のものが絡んできます。

”~やっちょっちゃってよ” は、『(近い将来までに)~を(○○クンに)してあげておいてね』という意味です。

標準語では補助詞をいくつか入れないと意味がわからない言葉を土佐弁は小さい””を入れることで短く表すことができます。”~やっちょっちゃってよ”は多用されるので高知の人は皆その意味を理解します。

あまり自分たちが未来完了を使っているという感覚は持ってないと思います。

それとこの未来完了には慈悲の譲歩を迫る慈悲譲歩完了形ともいえます。

いついつまでにこれを○○クンにやってあげておいてね、というのが標準語に訳せてもほとんど使用されないのは、そのように自分を犠牲にして誰かのために何かをやる、ましてやそれを他者にも強要するという文化がないからです。

上の言い回しを東京で使うと”なぜ私が期限を決められて○○クンへの施しを与えてあげる必要があるのか?
”という逆質問が返ってきます。

たいがいの場合、酒の席で土佐人が県外人にブチギレするのがこの部分です。

”なんでっておまん人は助け合いながら生きゆうがやき、やっちゃるがが普通やないがかや”(なぜってあなた、人は助け合いながら生きているわけだから困ったことがあればやってあげるのが人間というものではないのか)

つまり土佐には、個人主義とはまるで逆の全体主義の雰囲気が言語に強く宿っているのです。なぜならば先日書いたように、土佐で初の(汎用的な)日本語が生まれた弥生時代に土佐在住の人たちが信仰していたのが一君万民の女系天皇制(しなねさま)であり、それが初期大和朝廷だからです。縄文以来の首長制+部族集団言語から原始天皇制+汎用広域言語へと社会構造が半ば強制的に変更されたということです。その理由は多くの文化・宗教・哲学が到達したという単純なものです。なぜ土佐かと言えば、黒潮経由の南伝ルートと朝鮮半島経由の北伝ルートが交わる場所が九州ではなく西南四国であったからです。
 
 
 
 
一君万民 女系天皇制 慈悲 全体主義 酒 自由と平等




これが土佐を表す原理です。多くのルーツは上記の社会構造大転換時代にあります。戦後60年の近代化の波が押し寄せても土佐が変わることはありません。なぜならユーラシア大陸から様々な文化、民族が押し寄せ、日本で初めて広域汎用言語とそれまでの首長制を覆すstateが生まれたのが土佐中央部(田村遺跡群)だからです。

その後、紀貫之が土佐に来て土佐弁を書き言葉に記し『土佐日記』が生まれました。そこから日本の文語は飛躍的に発展し、口語というものが生まれました。それまでは文語です。つまり土佐日記以前は自分のしゃべっている言葉を書くという文化がなく、書き言葉は全て論文のような硬いものでした。

個人でやり取りする手紙ですら日本書紀のような文章で書くしかなかったのです。


土佐弁を調査すれば日本語のルーツがわかります。なぜならば土佐弁には英語やイタリア語などと意味が同じで発音も同じようなものが結構、あるからです。上で述べたように文法も複雑です。



話は元に戻りますが、”~やっちょっちゃってって言うちょったのに” というのは

未来完了過去完了慈悲譲歩形です。

<過去のある時点で)いついつまで(未来)に(○○クンに)~してあげておいてねって←「未来完了」
(あの時既に)言い終えていたはずなのに←「過去完了」なぜ今の時点で完了していないの?←「現在」
PR
さっきも書きましたが、土佐弁の文法のことでひまわり太郎さんが書かれてましたので、私も少し。。。


[2832] 雪が降っちゅう南国市 - 2011/01/16(Sun)


ひわまり太郎さんが書かれていることに加えてまとめてみますと

①It is snowing. → 「雪が降りゆう」土佐弁。現在進行形。

②It was snowing. → 「雪が降りよった」土佐弁。過去進行形。

③It has snowed. → 「雪が降っちゅう」土佐弁。現在完了形。

④It had snowed. → 「雪が降っちょった」土佐弁。過去完了形。


①と②はもちろん標準語に直せますが、③と④はできません。

③を標準語で表現しようと思ったら、雪が既に降り終わっている。というように別の語を付け加えないと表現できません。

④に関しては、<雪が既に降り終わっていて、さらにその雪は今、ない(完了)/雪が既に降り終わっていて今も雪はある(継続)>というような表現になります。(後者の過去完了形の継続は、さすがに土佐弁でも常用語ではありません。あえて言うなら「雪が降っちょっちゅう」です。土佐人でもこの語を理解するのは難しいのでは?(笑)なんとなくわかるけど誰もそんなこと言わんで、という反応が返って来ると思います。でも表現できること自体がすごいと思う。。。)


過去完了形(完了)を土佐人は『雪が降っちょったがいや/雪が降っちょったがぞ』という文法で表現します。

だいたいこの場合、既に雪がないので『うそをつけー、そんなわけないやいか』というけんか腰の反応が返ってくることが多いので、土佐人は最初から過去完了を用いるときは強い口調で言う時が多いです。

ある意味、語尾の少しの変化と口調の抑揚で現在進行形から過去完了形を言いまわすので、強引と言えば強引な文法です。しかしその判別しにくい微妙なニュアンスを土佐人は、口調を強めることによって相手に判別してもらうという文化を形成しています。

これは現在進行形から過去完了形につながる文法の領域だけでなく、同じ文法下、同じ配列語下でも意味が異なる言葉を使い分けているのが土佐弁という言語になります。


ですから、子供時代を高知で過ごしていないと、土佐弁の深い情緒の部分というのはなかなか理解しにくいと思います。

この情緒的な部分を県外人にも理解してもらいたい共有したいという欲求が強く出るので、それが果たされなかった場合は、時に土佐人は排他的になったりするのです。


この排他性は、おそらく強引に生み出した過去完了形に問題があったのではないかと思います。


なんと忍者ブログに方言コンバータができたらしくて、早速いれてみた。右の上のほうに変換ボタンがあるき、押してみて!

土佐弁から標準語に変換する土佐弁→標準語コンバータを作ったけんど、これはおもろい。これで心おきなく土佐弁でブログが書けるちや。

変換したら『土佐ローカリズムちや』が『土佐ローカリズムだよ』になる。なんか気が抜けるけんど、すごいツールやね。本文もたいがい変わるし。

辞書の語彙も増やして共有にUPしますき、土佐弁でブログを書きたい人には、忍者ブログはおもろいかもしれんね。

だいたい今までのコンバータは標準語→土佐弁というのが普通やったけんど、土佐弁→標準語コンバータを作ることによって土佐弁ブログが増えるのは必至。

全国の人に理解してもらいたいがために標準語で書きゆう人もおるし、ボタン押すだけでブログの全内容が標準語に変わるというのはおもろすぎる。


下の動画は「みくみくにしてあげる」の土佐弁バージョン




人気blogランキング

『ウィキペディア(Wikipedia)』の仙台弁項目に、【えずい】の起源が書かれちゅう。


*****引用はじめ*****
いずい・いづい (不快感があり、その場に居続けられない様子をソフトに表す言葉。具体的には「散髪の後でシャツの襟首に刺さった髪の毛で時々チクチクする違和感」、「初めての場所に通されてどうにも落ち着かない雰囲気」等、はっきり拒絶できない割りに鬱屈する東北人の感性を代表する言葉。uncomfortableとirritableを混ぜた感じ。北海道方言でも使用される。語源は「身の毛がよだつほど恐ろしい」という意味の古語「えずい」と考えられ、「恐ろしい」という意味が無くなって、「肌や身体の表面で感じる違和感」のみが意味として残り、その感覚が精神的な居心地の悪さにまで適用を広げたと考えられる[6]。なお、土佐弁と博多弁では、「えずい」との発音で古語の意味のまま方言に取り込まれている)
*****引用おわり*****


博多における【えずい】の使い方も土佐弁と同じような感じやき、この説は正しいかもしれません。ということは、やっぱり土佐弁はかなり古語を残す方言やということですね。

それとおもろいがは、仙台弁にも『まける』という語があって土佐弁とおんなじ「こぼす」っていう意味らしい。ということは土佐弁【まける】も過去、全国的に使用された古語であるかもしれません。


【えずい】は土佐弁の中でも、かなりコアな領域やけんど、その心象風景をなつかしいと思うがは、土佐人だけやなくて、全国の人が感じることやということがわかりました。

土佐弁【えずい】は動詞形もあって、動詞は【えずく】になります。

「ゆうべ、うちの子供、こじゃんち、えずきよったちや」みたいな使い方。

形容詞【えずい】

動詞は【えずく】

名詞は【えずき】です。

【えずき】は良くえずく人を指します。これはあんまり使いません(笑)えずくことがあんまり多かったら【えずき】に出世します。出世魚みたいな感じです。


土佐弁の中には、このように古語がいっぱい残っちょって、古代の人の感情表現もそのまま残っちゅうがです。

やき、今、それを取り戻さんといかんがやね、先頭に立って。

先日も少し書いたがやけんど、土佐弁には

【ぼったり】、【ぼっちり】、【ばっさり】

の3段活用がある。


数量の観点でみたら

【ぼったり】  過度

【ぼっちり】  適度

【ばっさり】  不足

みたいな使い方になる。

これはおそらく標準語『ぴったり』とか『ばっちり』とかの起源になっちゅうと思う。

結局、これは土佐弁が日本語の起源であるということの傍証やけんど、おそらく他の方言には、このように数量を表す言葉が同じような響きで3段階で活用される例はないと思う。


文法的にも土佐弁は、標準語には存在せん現在完了・過去完了なんかがあって、土佐弁が日本語の起源であることは、ほぼ間違いがない。


ほんで、この数量を表す土佐弁が何をもともと表現したものであるかというたら、お酒をつぐ時に、もともと使われたがやないかと思う。


【まけまけいっぱい】の【ぼっちり】のラインを超えて酒が【まけたら】、【ぼったりこぼれたじゃいか】って表現する。


【ぼったり】の(ぼ)と標準語『こぼれる』の(ぼ)が、同じ。

【ぼっちり】は標準語『ばっちり』と似いちゅう。


標準語の『こぼれる』と『ぴったり』には、なんら因果関係は感じられんけんど、【ぼったり】、【ぼっちり】、【ばっさり】には、強烈な論理的な活用があるように思われる。


あと【ばっつり】という土佐弁がある。

これは【ぼっちり】の強力系で、寸分の狂いもなくハマリ込んだ、っていう意味やけんど、ただこれはお酒の酌にはあまり使わん言葉。


それと【ぎっちり・ぎっしり・びっしり】っていうのもある。



とにかく

【ぼったり】・【ぼっちり】・【ばっさり】・【ばっつり】・【ぎっちり】には密接な関係がある。



『しっとり』、『きっぱり』、『さっぱり』、『やっぱり』、『すっかり』、『めっきり』などの日本語のあらゆる『〇っ〇〇』の活用形は、もともとは土佐弁の【ぼったり】・【ぼっちり】・【ばっさり】の数量表現から始まった可能性があるがです。


なぜなら、【〇っ〇〇】の活用形ほど土佐人の内面をあらわす言葉はないからです。


土佐人が【ぼっちり】という時、それはほんまに【ぼっちり】ながです。


ひまわり太郎さんのタツクルの使い方がこじゃんと絶妙。


[1959] 目黒不動尊、目黒のさんま、ラジオ体操 - 2008/08/26(Tue)


なんか笑いが込み上げてくる。

なんでこんなに土佐弁はおもろい?

目黒不動尊に行きました。
って聞いたら、ああそうですか。

で終わってしまうけんど

目黒不動尊をタツクリに行っちょりました。
いうて聞いたら
どれっぱあ、タツクってきたが?
とか
それはそうと何しに行っちょったがで?
とか
タツクルいうたちおまんホタエテきただけやないがか?
とか色々と会話がつながってくる。

土佐弁は気持ちが高揚してくる(笑)


それはそうとタツクルのタツって
龍のことやないろうかね?

タツクルってソバエル、ホタエルより
もっと激しいことを意味しちゅうと思うがよね。

やき、龍が来た時(台風?)みたいに
ソバエルがをタツクルっていうがやないろうかね。

同じような言い方でヒセクルいうやつもあるね。

お~の、こじゃんとヒセクッタ~
っていうね。

タツクルとレベルが似いちゅうような気がする。

たぶんヒセっていうもんが来たら
肝が冷えるがよね。

ヒセってなんやろね?

あんまり良くないことであるのは間違いがない。

日背みたいな感じやろか?
日の背(裏)やき、陰?

これはヒセクルねぇ~

この前タツクリに行っちょったがやけんど
こじゃんとヒセクッタちや~

ひとつの文に共存させることもできるねぇ。

でもタツクルとかヒセクルって自分にしか適応できんよね。
自動詞っていうがやろうか。

タツクちょっちゃってよ、とは言わんし
持っちょっちゃってよ、とは言うけんど。

やき、タツクルって泣くとか笑うとか
人間の感情の部分を表現した自動詞やと思うがよ。
(別に感情でもないか、いやわからん)

泣いちゃってよとも言わんし。

でもそうすると、ホタエルもそうやね。
ホタエちゃってとかソバエちゃってとかも言わんし。

でも、放っちょちゃってよ、とは言うねぇ。

こ、これはでも意味はソバエさせちゃってよ
という意味にも使えるね!

とにかく、土佐弁はこじゃんと奥が深い。

もっと土佐弁でソバエタイちや。


俺があの時やりよったことを

おまんが見よって

”何しちょったがな?”って言いよったけんど

俺はなんちゃあしちゃあせんかった言うて言いよったと思うちや。

最近、そのこと思いだいて

現在進行形を過去完了形で捉えたおまんの感覚が
わからんかったけんど
今になって少しわかるちや。

確かに、おまんが言葉を発した瞬間は
俺はやりゆうことを終えちょった。

でも、それは土佐弁的に正しいがかや?

目の前でやりよったことが終わった瞬間に
何しちょったがな、はおかしいやろ?

少なくとも、何やりよったがな?と
過去進行形であるべきや。

俺はいんまの今までやりよったがやき。

完了してない、余韻が残っちゅうがやき。

どうや、参ったか!


どうでもえいわ。



2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
土佐弁は基本的に口語(Wikipediaより)の言語

これに対し文語は、ほとんど標準語。

土佐日記が日本文学史上初めての日記文学と言われるように
ほとんど口語の文章の起源は高知に求めることができる。

言うたら、ものを書く漢文の文化が入ってきて
高知で口語体に変えられてひらがな・カタカナができていったということができる。

そういう熟成機能が高知にはある。

紀貫之は高知の人やないけんど
高知みたいに口語表現が豊かな土地で過ごしたら
それを文字にしてみたいと思うのは当然の流れやと思う。

その頃とあんまり土佐弁の口語の本質は変わってないと思うし。

これらあは下の記事のさらなる傍証やと思う。

  ●参考→日本語の発祥は土佐弁(過去記事)




ほんで現代は標準語によるブログ文化が高知県人の中に入ってきた。


おれは思う。

”なんで日記までも標準語で書かないかんがな”って

標準語は土佐弁に比べて感情表現が貧困。

全然、表現できん。

標準語は論理的な文章には向いちゅうけんど
気持ちがのる感情的な文章には向いてない。

この欲求が漢文をひらがな化させた最も大きな要因やろうと思う。

土佐弁に平安時代の言葉が残っちゅうのは当たり前。

なんせ日本語の文語は主に土佐弁の口語からできたがやき。

土佐人の明確さ
「未公開講演録愛蔵版5 司馬遼太郎が語る日本」週刊朝日より
(ヒューズより)

上の記事にこういうくだりがあります。

(引用はじめ)
福島県では、土佐の言葉がいちばん正しい日本語だそうだということになったようです。土佐の人を小学校の先生に招きたいということになり、五、六人が招かれた。お嫁さんをもらって土地に土着したはずです。土佐の言葉を福島が習ったという不思議な話ですが、いずれにしても土佐の言語というものは、いろいろな可能性を持っていたようです。
(引用おわり)

これには納得がいきます。

標準語を話しよったら言語の貧困さに気づきます。

土佐弁はひとつの現象に対してもこじゃんと多くの言い回しを持っちょります。

どちらが古くてどちらが先に成立したかと言うたら
普通に考えたら土佐弁に決まっちょります。


また、大阪弁と土佐弁は似ています。

でもどちらが先かと言うたら土佐弁やろうと思います。

かわちは高知が発祥やし、秦氏の流れを考えたら
上代の大阪→高知という人口移動はほとんど考えにくい。

大阪のわかりやすくてオープンなメンタリティーは
あんな畿内では熟成されんと思う。

あういうメンタリティーは雨がどばっと降ってかーっと晴れる
高知でこそ生まれるもの。

気候・風土を考えても大阪のメンタリティーは高知が発祥やろう。


ということは結局、日本語の発祥は土佐弁ということになるがです。

日本語が壊れかかっちゅう今
土佐弁ムーブメントが起こってもおかしくはない。

なぜなら土佐弁こそ原日本語やき。


標準語に侵略されて、なんなこなくそって思う。

それは土佐弁のほうが豊かやと思うちゅうきやからこそ。


Webで土佐弁が飛び交いだいたら
日本語にとっては第二回目の文語革命が起こるやろうと思う。


土佐弁を書くのは未だに難しいところがある。
紀貫之はあんな昔にようやったもんよ。


でも最近はだいぶ慣れてきてスタイルっていうのが
出てきたように思うちや。

ひまわり太郎さんが書きゆう日記なんかも
かなり土佐弁文語スタイルが確立されちゅうと思う。

でも自分はもっときつめの文語スタイルをやりたい。

たぶん流派ができてくるとは思うけんど。
それぐらい土佐弁は言い回しが多い。

どっちにしても土佐弁レボリューションであることには変わりはないやろう。

フォローしてちや
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]