忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
色々とこざかしい見方があるけんど
本質的に道路行政は麻薬みたいなもん。

道路建設が建設業者の食い扶持になったり
その他の景気刺激策になるというても
それは小手先のこざかしい手段でしかない。

道路建設は大きい金が動くき
その中でいろんなごまかしがきく。

官僚が寄生虫化するのもそうやし
知事も自分の無能を隠すことができる。

やき、道路行政を保護する知事は無能の証明。


ほんまにやらんといかんことは経済のファンダメンタルズを強化すること。

それは決して金をばらまくことやない。

県民ひとりひとりが経済を活性化する新価値創造の思考を身に付けることやろうと思う。

時代の流れは早いし、プロダクトライフサイクルも早い。

思考停止で新価値が生まれるわけがない。

新価値は新しい世界解釈から始まる。

真の民主主義精神が根付いていない戦後の日本社会から
新しい世界解釈が生まれるわけがない。

サブカルチャーで多様な世界解釈を養ってきた
若い世代こそ政治の実権を握るべき。

知事も県職員も、議員も裁判官も
全てが戦後の思考停止社会を担ってきた”腐った死体”

そういう腐乱した物体に話しかけることも
疑問を投げかけることももはや不要。
こちらが穢れてしまう。

全て捨て去るのみ。


そういう構造自体が高レベル放射性廃棄物。


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
午前の部は定員に達しましたのでキャンセル待ちとなっております。
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
PR
道路特定財源見直しで与党に指示、税制改革時に一般財源化=首相
<ヤフーニュース(ロイター)より>

福田首相が道路特定財源の見直しを宣言しました。
尾崎知事の税金を使った数々のキャンペーンも徒労に終わったということです。

どうするつもりながでしょうか?

道路特定財源と新堀川でも書きましたが
道路特定財源の一般財源化は時代の流れであって
国の財政危機を考えたらそれは簡単にわかりそうなこと。

そういう地方の”おねだり”がひどいき
道州制も導入されようとしちゅう。
全ての根源は地方の奴隷根性。


そういう状況も理解せんずく
国交省に公費で”はちきん連合”を送り込むらあて
あいた口がふさがらん。

あんまり言うのもかわいそうやけど
もっと県民のために金を使うてほしい。

一般財源化したら
高知県自立した財政実現会議をせないかんがやき
後手後手にまわらずしっかりとやること。

一般財源化したら経営効率が悪かったら
高知県が潰れるということやき
的外れなことをしよったらほんまに夕張みたいになるぞ。

ええかげんにせんといかん。


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
午前の部は定員に達しましたのでキャンセル待ちとなっております。
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
けんちゃんの高知県道路課は特定財源存続要望の姿勢を改めよに関連しまして

下記資料は県の道路政策資料です。
そもそもの問題点を指摘しておきたいと思います。

今後の道路政策のあり方


まず道路特定財源が中山間部にこそ使われゆうみたいに
書かれちゅうけんど、これは単なる票取りやろう?

中山間部に重点的に県が金を使いゆうがやったら自分はなんも言わん。
でもそうやないやろ?
ほんまに道路が必要な中山間部に道路を造らんずく
造らんでもえい中心部に余計な道路を造って
五台山までぶちぬいて新港は無益のコンクリート残骸市場
一宮はりまや線は比島の情緒あふれる道を壊して
天下味もあんなことにして
あまけに新堀川も埋めて金をどぶに捨てて
何が中山間部に使われてますやろうか?

嘘をゆってもらっても困る。
中山間部の一体どこが変わっつろう?



15ページに四国のワースト10位以内に
高知市の5区間がランクインとあります。

だから中心部の道路を太くして
渋滞を緩和しなければならない。
と考えているようです。

この考え方は車をコントロールしゆうがじゃのうて
明らかに車にコントロールされた考え方。

環状線で車を外側に逃がして中心部の渋滞を緩和するという思想を
全然持ってない。

道路建設の根拠が渋滞の緩和というのはおかしい。
まずなぜ混んじゅうのか?をちゃんと調査して
環状線をこしらえたら、それで済むこと。
なんでわざわざ中心部にこさせようとするがな?

中心部の渋滞は東から西、西から東へと中心部を素通りする
車も中心部に入って来んといかんき中心部が渋滞するがよ。

ほんなら中心部へ入る車を制限するような道路政策にせんといかんやんか。

やっぱりおかしい。


17ページの無電柱化事業はえい。
けんちゃんから突込みが入りました。
防災上の観点から考えると、なるほど
無電柱化事業の優先順位はかなり低いですし
そもそもそれを行う必要があるのかどうかも問題があるような
気がしてきました。
「高知市とっては景観よりも防災」これはそうですね。
自分の実家も豪雨で水没しましたし。
従ってこれは×ですね。


そして極めつけは18ページ
中心市街地が空洞化しちゅうき
太い道路を通して中心部に人を呼びましょうという思想。
明記されてないけど道路資料に書くということは
道路を通すことがえいことみたいなサブリミナル効果を生み出しゆう。

これはほんまに驚くべき思想。
結果は逆やろう。



22ページ。

道路寸断の危険性を指摘するならば
バイパスの建設やのうて山間部の住民力を回復することやろう。
過疎をストップして間伐を行わんことには
バイパスを造っても寸断は回避されん。山が死ぬき。




ほんで、渋滞を減らす唯一の手段が道路を造ることと
暗に書かれちゅうことにも問題がある。

これは洗脳計画ではないのか?

中心部の渋滞を減らす方法には公共交通の導入もあって
それは二酸化炭素の削減にもなる。

でも県はそれをやってない。
お金がないき、やらんと言いゆう。

おかしくないか?

それは宗教やろう?

道路を造ることだけに取り憑かれちゅう。
科学的というのなら、費用対効果を調べて
どちらが少ない投資で最大の効果をもたらすのか?
その資料があってしかるべきやろう?

この資料はまず道路を造る事が前提にあって
県民を洗脳するために作製されちゅう。
もっと言うと、この資料は道路特定財源と高知の関係を解説する資料やなくて
道路特定財源を高知に持ってくることを善とする考え方を信じ込ませる資料になっちゅう。
こんなこと税金でやってえいがか?

県民に向かって投げかけるべきは
道路を造ることと公共交通を導入することと
どっちがえいですか?やろ。

公共交通は道路政策の一部やろ?

前提が間違うちゅう。これが高知県庁の構造的問題。
まず結論があって、その結論を県民に周知するために
あらゆることが行われゆう。
これは独裁国家やろう?


しかも、はちきん連合を使うてこの洗脳計画を実行しゆう。
将軍様の国と何が違う?構造がおんなじ。


後生だから、マインドコントロールだけはやめてほしい。
高知は自由民権運動発祥の地ながやき。



2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
午前の部は定員に達しましたのでキャンセル待ちとなっております。
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
ガソリン暫定税をやめたらどうだ(けんちゃんより)

賛成ですね。

地方(高知も含めて)は国から道路建設の費用を
援助してもらいゆうので暫定税の廃止に反対する。

言うたら市民の政治への不満をそらすために
道路建設という魔法があって
その何割かを国に依存しちゅう。

道路建設を途中でやめたりしたら
今後、国から予算がもらえん可能性も出てくる。

新堀川の問題もこういう文脈で読み解ける。


やき、前回書いたように2月29日知事のレトリック答弁
道路予算を今後とるためには新堀川の工事をストップすることはできない
というロジックによって支えられちゅうわけです。

ここを切り崩さんといかんですね。

尾崎知事は道路特定財源と新堀川問題は
全く関係ないと言いよった。

そんなことはないですね。
密接にかかわっちゅう。

暫定税率維持を巡る尾崎知事の言動には宗教めいたもんがある。
予算を多くもらったほうが勝ちであると。

しかし、予算の大小は県運営の手段であって目的ではない。
そこのところを勘違いしちゅうがやろう。

道路は造ることが目的やのうて
その道路を造って住民にどれくらいの幸福がもたらされるかが重要。

やけど、現在の県運営は予算取りとその消化にばっかり時間が費やされて
肝心のビジョンと構造改革の思想がない。

これではいかんやろ?

しかも暫定税は自民党の汚職の原因にもなっちゅう。

暫定税は廃止して国に集まる財源を
地方に再分配するシステムを構築する方向に持っていかないかんと思う。

そのために”はちきん連合”はあるべきやろう。


ママにおこづかいのおねだりをするんやなくて

早く独立して財政再建をせんといかん。
高知県自立した財政実現会議でも書いたし。



2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
フォローしてちや
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]