忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
昨日、自分の仕事のことに関連して存在論と認識論のことを書いたけんど
これは続き。
(存在論と認識論と言うても哲学”学”で
解釈されるものとは少し異なると思う)

日本人は戦前のことを考えるとき
一部の軍人が大衆を洗脳して戦争に引っ張っていった
と勘違いしちゅうけんどほんとうは全然違う。

実際に戦争に向かわせたのは日本の普通の人達。


パワーストーンが題材としてうんとえい。

パワーストーンという語からもわかるように
日本人は自分以外のもんが何か大きい力を持っちゅうと考えるのが好き。

江戸時代にはお上、それ以前は天皇。

時代を創ってきた武士以外の民衆はそういう傾向が特に強い。

鎌倉・室町期に禅が武士と結合して
認識論が時代を創っていくようになった。
これが現代日本の原点。
芸術とか建築とか文化とか、ほとんどがこの頃のもん。

この認識論が何によって高まったかというと
平安時代の盲目な貴族社会に対する反動。
天皇+貴族が絶対であるという存在論が長く人々の心を支配したき。


これに異を唱え始めたのが武士ですね。
もののふの末裔です。
江戸時代に至っては侍になって明治維新を成功させちょります。

日本においては存在論が強くなりすぎると
認識論を持ったもののふの末裔がどっからともなく湧いてきます。

これは日本の文明カラーを決定付けている大きな要素です。

これがなかったら他のアジア国家と同様に
これまで何回も植民地にされていたでしょう。
もののふがいなければ日本は奴隷根性丸出しの正真正銘の小国です。

この存在論と認識論の対立は
そのまま古代の天皇を巡る争いにのせかえられます。

高知はもちろん古くから認識論の土地です。
認識論は先住民族の思想ですから。

一方、古代の存在論は中国からやってきてます。
主に皇帝思想です。
天皇に力を持たせようとするグループの根本思想になりました。

それは明治時代にも一世を風靡し
世の中は天皇にパワーを集中させれば
強力な中央集権国家ができて世界と比肩しうる強国に
なることができるという天皇存在論に流れていきました。
(それが殖産興業と富国強兵です)


認識論者たちがその勢いを止めようとしましたが
あえなく日本は”日本こそ世界の盟主”であるという
ばかげた価値観さえ平気で容認されるような国になりました。


その存在論の認識が日本を破滅へと向かわせたのです。

ですから現代においてパワーストーンと言っている人が
明治時代に存在すれば、パワー天皇になっていたでしょう。

つまりは国家神道推進者です。
憲兵隊容認者です。


私たちはもうそろそろアメリカのステレオタイプ的な戦前観を捨て
正しい歴史認識を打ち立てなくてはならないと思います。

前にも書いたように、明治時代以降、天皇存在論が一世を風靡してしまったのは
土佐人のふがいなさにも原因があるがです。

リベラルな土壌を持ちながら天皇認識論を押し出すことができなかった
過去を反省すべきです。

高知の人たちが一君万民のしなね様を信仰しゆうのは
別にしなね様の存在が偉いって思うちゅうきやない。

だいたいみんな、しなね様のことを偉いとか
すごいとかっていう感情でとらえてない。

身近におって親しみやすくてなんかの時は守ってくれる神様
こういう感じやろ。
でもしなね様は一君ながよ。

これが高知の天皇認識論ながよ。

戦前・戦中みたいに一君をトップに据えて
天皇を信仰しなさい、みたいな押し付けがましさはない。

そんなんはほんまの一君じゃない。

高知の一君は邪馬台国の一君。

女王が共立されるがは土佐にリベラルの土壌があったき。

これがほんまの民主主義、日本の古代の合議制民主主義。
日本人が忘れた民主主義。

アメリカの民主主義なんて足元にも及ばん。
それぞれがそれぞれの信仰に基づいて一君を支持するがやき。

アメリカの民主主義は
”自由と民主主義”を信仰するもんにしか門が開かれてない。
言うたら自由と民主主義の1神教。
やき、あの人たちは北朝鮮とかミャンマーを攻撃する。
1神教やき。


でも日本の民主主義は違う。
自由と民主主義を信仰しない人たちも認める。
どうやったら協調していけるかを探る。

これを外交に初めて投影したがが聖徳太子。

『和をもって貴しとなす つつがなきや つつがなきや』


西洋で近代以降、力を持ったがは
客観的事実や科学的根拠にパワーがあるとする存在論。
認識論の後に発生したとんでもない哲学。
このおかげで世界中から人間の意志が奪われた。
国家神道と構造は同じ、ここをしっかりと見んといかん。

近代合理精神という名を掲げてやったことと言えば
精神の植民地化。
グローバリズムとも構造は同じ。
客観的事実とか科学的根拠とか、そんなんありゃーせん。
この世界は全て主観的認識の連続があるだけ。

それ以上、哲学的世界に踏み込んでも無益。
逆に非哲学的になる。

歴史を創ってきたがは客観的事実ではのうて主観的な意志。
日本のサブカルチャーが力を持ってきたがは
その中には主観的認識しかないき。
それこそまさに八百万の多神的世界。


自分の内側以外にパワーなんか存在せん。

世界は自分の認識がなければ存在しない。

これこそ”おらんく”の中に込められた、ほんとの意味。

おらんくというのは認識論の言霊。

おらんくという時、存在論は絶対湧いてこん。
”それぞれの価値で”という認識論をそれぞれに促す。
それがローカリズム。


土佐弁は認識論の言語。
邪馬台国時代に日本の中心になった時の言語。

大事にせんといかん。


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ



PR
高知のファンダメンタルズを今、自分がやりゆう
スピリチュアルの思想に付け替えるいうのもありかなと思うた。

東京では江原をはじめ、わけのわからんやつがいっぱい出てきて
うんざりしちゅう。
詳しくは→スピリチュアルバブル


自分らあが創ってきたスピリチュアルは全く違う所にある。
セルフヘルプによる信仰と自信の回復。


その上澄みをかっさらって表面的なことだけをプロパガンダして
金儲けしたのが江原。

それに洗脳された雑誌やらがかなりのスピードで増殖中。

もともとやりよった人らあも、それに飲み込まれはじめゆう。
ええかげんにせえよ。

高知に本質を移植して、価値の防衛を計りたい。

もともとセルフヘルプと自由思想は親和性が高い。




衣食住から始めるとしたら


衣はセンタリングに基づいて高知オリジナルのスタイルを確立する。

これは高知POPにつながる思想。
東京POPを超越する高知POP



食は地産地消を原則としてサプライチェーンを骨抜きにする。

撃破!サプライチェーンマネジメント
日曜市拡大論


住はできるだけ高知の木材と技術を使い
利益ではなく安全と快適さを追求した住まい、街づくりをする。

快適都市という思想



ほんで、内側に入って井戸を掘るように価値の源泉を見つけ出していくがが
高知学研究所。

日本神話のはじまりは土佐


それらの価値を一気に押し出し外貨を稼いでいくのが
高知県物産公社。

【高知県物産公社】規模と目的




全てに通じるセンタリングというスピリチュアル用語は

”おらんく”という意味。



これが妄想ブログ王のこれからの計画。


だいたいが、法治国家を選択して
そこで人間の最大幸福が実現されゆうかどうかが疑わしい。

地方から見たら、経済的繁栄のある大都市は
華やかで勝ち組みたいに見えるけんど
心はどんどん貧しくなっていきゆう。

東京はアメリカの悪いところをどんどん吸収しゆう。
自己を防衛するために個人主義と法を掲げて
どんどん社会を貧しくしゆう。

そこまで、個人主義というのなら
人間のあんまりおらん田舎に行ったらえいと思うけんど
金と情報への執着が個人主義を可能たらしめゆう。


そもそも高知がそんな貧困な社会をめざしゆうがやろうか?
東京は単なるターミナルやきエネルギー、金があるのは当たり前。
でも荷物を出すのは地方やき。
地方もターミナルになったら、だれっちゃあ荷物を出すもんが
おらんなって全体が崩壊する。(これが日本の現状やけど)

ターミナルのプログラムをそろそろ書き換えんか?


植木枝盛が憲法草案を書き上げた時は
国内に法の力がそんなになかったときやき
妥当性があったかもしれんけど
今となっちゃあ、法が人間を息苦しくしゆう。

法は本来、人間を縛り付けるもんじゃなくて
人間社会の指針であったらえいだけのもんやき
法がありすぎるがは、人間本来の生存権や表現の権利を
おびやかすと思うがちや。


ほんでまた法は本来、人間社会を豊かにするもんのはずやけど
アメリカ社会は法に支配されちゅう。
そして東京も確実にそうなっていきゆう。ほんまにばかげちゅう。


法がなくても、話し合いでケリをつけられる社会のほうが
絶対に成熟しちゅうと思う。
愛をもってお互いが認め合おうとしたら
本来争いごとちゅうもんはかなりなくせると思うがちや。


最近の日本のスピリチュアルムーブメントは
日本社会が失いつつある(上記のような認め合いによる
コンセンサスの形成という)伝統的なコンセンサス社会への回帰という
側面も多分に待ち合わせちゅうがやけんど
もっと深い部分では”魂の自由”というキーワードが
ちらつきゆうと思う。

それがどういう抑圧に対して起こってきたかというと
国家という存在はもちろんながやけど
いきすぎた法の支配というのもかなりのもとになっちゅうと思う。


法治国家という枠組みも疑うべき時期にきちゅうと思うちや。

地方分権の法がいくら論理的に体系化されても
実際に地方が力を持ち始めるがは、法の外で起こると思う。
法で分権を進めようとすること自体、発想が貧困やと思う。
(社会を変えるために整備すべきなのは、法ではなく人間ながって、
順序が逆ながよね)



高知はまあ、法治社会というより全体主義社会やき
(自由を希求する点において他の日本の全体主義社会とは違うがやけんど
全体主義社会が権力を志向したら国家神道みたいな社会になる)
ほとんど法治社会というががどういう社会なのかをイメージするがは
難しいとは思うけんど、それはさびしい社会で。
いきすぎたら子が親を訴えたりするきねぇ。


法治社会はうんと全体主義社会を嫌うけんど
おれはどっちかに偏るがもいかんと思うちや。

バランスがほんまに大事やと思う。

人、社会、幸福、自由を考えたとき
法治社会がベストな選択肢とは思えん。

昔みたいに時によっては徳によっても社会は治められるべきやと思う。

時代、時代によって幸福を生み出す自由というのは変わるき
その都度、社会は変わっていかないかんと思う。


すべての抑圧よっちょれや。

魂の自由も土佐の山間より


フォローしてちや
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]