忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の知事選挙では

近森さんと尾崎さんを
知事、副知事でワンツーフィニッシュさせる選択肢も
入れるべきやったと思う。


そうすれば、近森さんのキャラを
尾崎さんのキャラで相殺することができたし

尾崎さんの思想のぶれを
近森さんが埋め合わせることができた。

そしてそれを市民が積極的に働きかける
土壌を持っちょったとしたら
全ての車輪がうまく回りはじめたような気がする。


まあ、ことはそんなにうまくは進まんけど。

ひとつの理想やね(笑)


PR
近森候補が下記で

http://www.kochinews.co.jp/senkyo/shicho021014-1.htm
(高知新聞より)

「高知は期待を持てないまちになってしまった。
既成政党もイデオロギーも民衆の心をつかめなくなっている。
新しい政治のスタイルをつくり上げていこう。」

と、5年前に既に言いよったがやけんど
本質を見事に洞察したことを言いゆう人が
なんで知事に当選せんか、しょう不思議に思うちや。


近森候補の他にも自分は進取の土佐思想家を知っちゅう。

でもこの方もこじゃんと社会受けが悪うて
自分から見ると社会的な虐待にあいゆうがやないがか?
という境遇に置かれちゅう。


高知では一般的に言うたら
思想性よりも人間性が求められる。


でも、思想的になっていけばいくほど
人間性が欠如していくことは必然でもあるがよね。
(ここで言う人間性とは全体主義的な人間性。
思想的な発言をするということはスタンスを表明することで
それは社会の常識とは必ず相反するもんやきねぇ)


それを翻訳するががメディアやと思うがやけど
なぜかメディアは権力に擦り寄って擦り寄って
ひとっちゃあ市民に擦り寄らん。


『政治は人間性じゃのうて、思想性ながです』

っていうだけでも政治に対する理解は深まるとは
思うけんど、高知のメディアはそんなことやりゆうろうか?



進みすぎた高知の知識人と
(自由民権時代)

人間性を求めすぎる高知の市民
(近代以前)

近代国家の仕組みを全く理解せず
権力に擦り寄るメディア
(戦時中)


この3つの要素がそれぞれ違うベクトルを向いて
まるで、ねずみ花火のようにあっちこっちで
まわりゆう。

幕末からの流れがもみくちゃになって
社会に湧いてきちゅう。


これをひとつにまとめんとなんちゃあ進まん。

まとめ役がメディアであることは
言うまでもないがけんど
高知のメディアにそれをお願いするのは
ちょっと頼りない。

この話がわかるがやったら
既にもうできちゅうはずやき。


市民と知識人を媒介するメディアを
もっと多角的に発展させていかないかんような
気がするがよね。


それはもうけんちゃんがやりゆうことながやけんど
もっと色んな分野で色んな人が交流していくとが
必要になってきちゅうがやないろかと思う。


高知のメディアがだらしないき。


これはね、県の小さな政府を目指す政策とも一致すると思う。

経費を削減して、市民参加が増えて
社会をもっと自分たちの思い通りにできて権力を分散させるき
えいことばっかりやと思うけんど。


自分は市場原理主義は嫌やけど
小さな政府はOK
やけど条例の権限は強化して
経済ゲリラを制限するという考え方やき。




最初の話に戻るけんど

もうこれは何回もいいゆうけんど
戦後レジームというイデオロギー自体が
もう思想的妥当性をうしのうちゅうき
はやいとこ、新しいもんをつくらんといかん。


そうするために何をまずやらないかんかというたら
”政党政治の葬式”やったけんど
高知県民は折角のチャンスを逃した。

4党が相乗りした尾崎候補を葬ったら
日本中の知識人の目を高知に振り向かせることが
できたのに、また高知は大事な価値を逃してしもうた。


改革とはそういうことも言うがで。


神さまはそんなにチャンスは与えてくれんきねぇ。


今度はチャンスを逃さんようにせんといかん。

道は戦後レジームの再構築か

新レジームの創生かどっちかしかないけんど

そりゃあ後者やと思う。



こんなん人間性は関係ないきねぇ(笑)


今回の県知事選挙でわかったことは
”知事は誰がやってもおんなじ”
ということやないろか?


自民党と民主党の大連立が日本中から
大ブーイングを浴びる中で
高知はなんと、自民と民主が相乗りした
尾崎候補があっさりと当選した。

そして高知のマスコミは
そのような異常事態を黙認するか
あるいは、むしろ体制を擁護するかのような論調やった。


そこには戦後の日本が選択してきた自由の概念や
民主主義の原則、そして政治そのものを
死に至らしめるような出来事が
次々と起こっているにも関わらず
世論はマスコミ主導やった。


民主主義が正常に機能しゆう社会やったら
尾崎候補はこじゃんとこきおろされんといかんような
立場にあったはず。


これらは明らかに日本が戦時中に選択した
言論弾圧の雰囲気が選挙中に急激に醸成された
と見てもえいと思う。

その結果、戦後の価値がすべて失われた。


いや、このことは選挙中だけやなくて
おれも思い出したらそういえば思いあたるふしがある。


高知の社会は今、どちらかと言うと
自由民権時の社会より戦時中の社会を異常にひきづっちゅう。
ということが言えると思う。


改革とはむしろ、この戦時社会を
自由民権の社会に戻すことやないろうか?と思う。

高知のほんまの戦時体制って自由民権の社会やろ?
土佐のパトリオットって自由・平等・博愛に大政翼賛できるろう?

そういう全体主義をやらんといかん。

45%のキモ男たちが全体主義をやっても
それは所詮キモ男たちの大政翼賛やき。
(他におらんき、しゃーなしに尾崎に投票した人もおるき
45%もキモ男はおらんとは思う。
キモ男いうがは高知のためやのうて
自分の将来のために尾崎派に談合した連中よ)

高知を変えるがやったら
45%のキモ男を抑えながら
100%で大政翼賛せんといかん。

それにはやっぱり、自由民権やないろかね?



尾崎新知事がいくらえい政策をやっとしても
(やるかどうか知らんで、キモキモコンビでなんかしでかすかも知れんし)
お互いがお互いの意見を認めんような社会やったら
たぶん何をやってもうまくいかんような気がするちや。

反尾崎派はもっともっと声を上げるべきやったと思う。
投票せんかった55%の人は
何が気にいらんかったがかもっと明確にするべきやと思う。

それがひとつの意見やったとしたら
そっちのほうが尾崎新知事より
政治的には強いということやき。


改革とは
投票せんかった55%の人らあが尾崎派に
気にせんずくにものを言える雰囲気と
尾崎派がこの55%の人らあの意見を聞く姿勢を持つ
ということやないろかね。


しかし、なんで高知新聞が尾崎よりの報道をするのか
合点がいかんちや。
それって、戦争になったら非国民報道をしますよって
いいゆうことと一緒やきね。差別報道よねぇ。
一体、誰の味方ながな?わけわからんちや。


改革っていう言葉を
知事にばっかり押し付けゆうけんど
実は自分の足元に転がってないろかね。


改革って知事がおこすもんやなくて
自分らあやない?

いやはや、選挙っておもろいね。


知事はネコマネキにでもして
市民を革命していったほうが高知のためになるがやない?



おい、高知の今度の知事
経費削減という名目で
なんでも、ネコマネキになったらしいぞ!

高知県の最後の知事になるかもよ。
高知県最後の知事ってフレコミだからね。

おい、まじっ?そんなことってあんの?

ってかおもろすぎ!


っで、ネコマネキどんな顔してんのかね?

それがさあ、戦略とかなんとかで
Webで顔をUPしてないらしいんだよね。

じゃあ見に行くしかねえじゃん。




ってなったら笑えるね、まじで。

http://203.139.202.230/07chijisen/071126chijisen07.htm

高知新聞に尾崎新知事のインタビューが掲載されています。


この中で尾崎新知事は

経済疲弊の項で

”強いものを伸ばしていくことが大事”だと言っています。


下記にネオリベのリンク貼っておきます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%87%AA%E7%94%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9


ネオリベを代表する小泉政権下で
疲弊し、困窮したのは誰なのでしょうか?


まだ、福音があると考えているのでしょうか?




おれにはどうしても理解できんちや。

その思考回路。


権力による新堀川の破壊活動が
けんちゃんの吠えるウォッチングで報告されちゅう。


中江兆民のゆかりの地でもある新堀川を破壊するらあて
なんちゅう罰あたりな人達やろか。

高知をなめちゅうがか?
と言いたくなるちや。
それが高知県民の手で行われゆう。


新堀川の上にふたをして道路を通すらあて
カルト信仰に近い経済政策。


このカルトの出元は
物流を多くしたら経済が活性化するという
世にもおそろしい資本主義カルトにある。


おれがまだ東京都内に住みよった時に
近くにあった下北沢というまちのど真ん中に
ふとい道路を通すという決定がなされた。

ほんで家の近くにあった
住民の唯一のいこいの場で緑があった川が
埋めたてられて道路になるいうて決定がなされた。

下北沢のほうはかなり今でも反対があるみたいやけど
川のほうはどうやろね?
どうやか知らん。

人間が歩きやすい街とか散歩できる川とかが
全然のうなって、前住みよったところはまるで
監獄のようになると思う。


結局、経済合理性だけがいきすぎたら
こんなことになる。

新堀川こわしゆう人間に
そういうところに住んでみいやと言いたい。

どれっくらい体の調子がわるうなるか。


橋本知事も高知の経済活性化を考えて
道路の再整備をやろうとしたがやと思うけど
この新堀川は爆弾やったねぇ?


彼は地方自治の限界を感じて
知事を辞めるみたいなことを言いよったけんど
実際はこれやろ?新堀川やろ?


環境問題と経済政策。
結局55年体制では両立できんがって。

国と対立しゆうみたいなこといよったけんど
彼の経済政策は国の選択しちゅう経済政策となんも変わらん。
新しい経済政策で乗り越えんといかんのに。

結局、橋本知事はそれを地方自治の限界というとこに
こじつけただけながちや、


まあ、彼の政治家としての、政治思想家としての
限界やったと思うけど。


やき、今回彼が知事を辞めるのは必然やし
新堀川がなんかあいまいなままで尾崎新知事に
引き継がれるのも必然と言えば必然。


いうたち、官僚出身の尾崎新知事が
新堀川の工事をストップさせるらあて
そんなことするわけがないがやき。
(まあ、やったら少しは見直すけど)


結局、橋本知事は高知に存在する
この象徴的な哲学的な問いを投げかけたまま
ファシストにバトンを渡したということやき
後世の評価はあんまりようないと思うで。


結局、何が問題かいうたら
道路を太くしたら経済が活性化するとか
高知港を四国の玄関口にしたら経済が活性化するとか
高速道路をこしらえたら経済が活性化するとか
全部、夢物語ながって。


まず先にね
高知に人がきたいって思えるもんとか
人とか、雰囲気とか、そういうもんを
見つけて大きくしていくことが先ながちや。

それはそんなにお金がかからんがやき。


橋本知事がやりよったことはよ
お菓子の箱はうんときれいにかっこよく造ったけんど
肝心のね、お菓子にあんこが抜けちゅうがよ。


国と対立して、そのあんこをぎっちり持ってこようと
しよったけんどできんかった。


それがもともと根本から違うがって
あんこは高知で造らんといかんがって。


そんなことしゆううちに精魂尽き果てて
今度は尾崎という
こじゃんときれいな箱であんこもはいっちゅうお菓子セット完全版が
東京から、まるごと来てしもうたやんか!
あんこはあっても尾崎のあんこは東京あんこやきね!
それが高知のあんこにコロッと変わるらあてないきねぇ。
気をつけちょかんといかん。

彼の思想のファンダメンタルズは
重厚長大な資本主義思想やき。
ぶっこわれるで~、何もかもが!



のしをつけてかえさないかんで。

高知が東京になるで。
しかも中途半端な東京になりきれん高知。


もういいかげんにしてくれ。



高知の政治思想は農業に由来するべきながって。

そしたら水も川も大事にされる。


畑を耕したこともないような人間に
高知の政治を任せるべきじゃないがって。

そうせんと全部がオカルトになる。

山村で暮らしたこともないような人間に
どういて水の大切さがわかる?

森林面積が一番多い県やのに
尾崎は森のことを知っちゅうがか?

森をどうやって守るというがな?

あいつの言いゆうことは
経済発展の手段ばっかりで肝心の目的がない。

高知を守るというパトリオットがね。


農業思想で社会を耕して
社会を育てていかんといかん。

資本主義思想はいかん。
土地を壊して人間を壊すき。



いうたら、新堀川を守る
政治思想、経済思想が芽生えてくる状況が高知に揃おた
っていうことながよね。


もう高知はかなりの危険水域に入ってきちゅうきねぇ
こういう危ない状況になった時にしか
土佐人のパトリオットは出てこんやろ?
酒飲むに忙しいき(笑)



そのための尾崎当選かと思うたら
少しは気持ちが楽になるちや(笑)


この先が大事やね。


けんちゃんの吠えるウォッチング
今回の詳細な選挙結果が出ています。

これを見てぱっと思うことは

”良かったね、高知市内で力を持っちゅう勢力は
さらなる強権を高知県内で振るえるね”

です。


プロパガンダの上手な既存の思想なき全体主義勢力が
投票率をわざと抑えて高知県を私物化したと言っても
過言ではないと思います。


まさに東京とおんなじ
強者だけが喜ぶ利益誘導型の政権が
高知に誕生したということです。


高知の不況は
そういう中央政府の強者政策によって
生み出されてきたがやのに
そういう本質を全く見んずく
自分らあも、それを真似して
この不況を乗り切ろうとしゆう。


どういう神経しちゅうがな?



なんの問題解決にもなってない。
問題をさらに深刻化させるだけ。

これで、さらに痛い目を見るがは
高知の山間部の人らあで。


むしろ、高知が高知であるためには
山間部の人達を大事にせんといかんのに

尾崎陣営がこの選挙で生み出したもんは
高知市だけが得をするというファシズム。

あいのりしてラブワゴン内でちちくりゆう間に
山間部は消滅していくろうねぇ。
あいつらの”ラブ”とは
自分たちだけを守る”ラブ”やき。
ファシストでさらにド変態の自己愛主義者。
カルトやで、まじで。



口では山間部を守るみたいなことをいいゆうけんど。
実際にやりゆうことが全然違う。

まるで美しい国いうて政治史上最悪の醜態をさらした
安倍首相とおんなじやりくち。



結局、官僚やき高知市が発展したら
その経済力で山間部に公共事業的なハコモノを入れる
という考え方しかできん。

はっきりいうてなんも新しくない。

年はわこうても考えちゅうことは年寄り。
ものすごく古い。
若年寄りやで。



高知市は山間部があってこそ。

山間部を政治思想の中心に持ってこんと
高知は絶対に再生せん。


めったにゃ、ほんま。

プチ東京が高知にできたちや。


どんな弱いものいじめが始まるろうねぇ?


しっかりみちょかんといかんちや。



フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]