忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
土佐神社の祭神はアジスキタカヒコネとか一言主とか言われるけんど、近くに住みよった自分らあは、しなね様としか言いやあせんかった。

しかも、しなね様は女の神さまっていうがは、誰に聞かされたわけでもなく、近くに住みよったらなんとなくわかること。

下記にはしなね様の根源とも言える『しなとの風』について言及がある。
前にもリンクした素晴らしいサイト

中世土佐の宗教

***引用はじめ
「しなとの風」は、いっさいの罪やけがれを吹き払う風とされている
***引用終わり

らしい。

実はこのしなとの風は男女一対の神とされていたようですが

愛媛の佐田岬の先、大分県の早吸日女神社には椎根津彦を祀る椎根津彦神社もある。

早吸日女神社の公式ホームページ

もし仮にこの椎根津彦神社と土佐神社がセットであれば、土佐神社のしなね祭は、速吸瀬戸から足摺岬(旧佐太岬)を廻って浦戸湾に入る壮大な風祭だったのかもしれん。

実はかなり以前に神武東征は高知県を通過し、ウズヒコが足摺から高知市中心部まで案内したという記事をどこかで書きましたが、椎根津彦神社の
珍彦命はそのウズヒコであったらしい。

しなとの風文化を持つシナノの諏訪大社も『風と水』を祀っているらしい。早吸日女神社と椎根津彦神社のセットもそうであるし、土佐神社もそうやろう。

しかし、現土佐神社の船渡し神事は風が吹かない鳴無(おとなし)神社から出発する。これに神武東征記を重ね合わせてみると、色んなことが見えて来るのではないかと思う。


伊勢神宮には風宮『ウィキペディア(Wikipedia)』があって、元寇を撃退した神風の出元とされたわけですが、土佐神社・風の女神説が正しければ土佐神社に椎根津彦を入れることによって土佐から神風が吹くということになると思う。


これはまんざらでもなく、坂本龍馬も『日本を今一度、洗濯いたし申し候』と言うちゅう。これは前述した『しなとの風』の本質と酷似しちゅう。

神武天皇に封印された『しなとの風』が幕末に吹いたっちゅうことは、論理的には今でもそれができるということやろうと思う。



第2室戸台風『ウィキペディア(Wikipedia)』

最大風速は室戸台風が過去最高を記録して、最大瞬間風速も第2室戸台風では84.5m/s以上を振り切って風速計がぶち壊れたらしいき、日本一やった可能性は高い、だからというて別に勝ち負けの問題でもないけど。

室は穴という意味とか神が出てくる場所みたいな意味があるらしい。風の女神ともとれるかもしれん。


しなね祭は、ほんまは台風を祀る祭りやったかもしれません。太陽神と北極星を祀る七夕神事という側面と風の神を祀る台風神事の側面があったわけです。


PR
3つほど重要なことを書きます。


まずひとつめは五台山

高知の五台山にはものすごく重要な歴史が眠っちょって、聖武天皇が中国の五台山に見立てて、全国を探させた結果、白羽の矢が立ったのが高知の五台山。全国には五台山という名の山がいくつかありますが、高知の五台山が最も怪しい。全国的に高知の五台山はかなり知名度が低い。

実は行基のお墓が奈良生駒の竹林寺にある。

ほんで一言主はすぐ南の葛城山の事件で土佐に流されたとされる。

実は高知の五台山の竹林寺には一言地蔵なるお地蔵さんもいます。

五台山は土佐神社の離宮もあります。
星神社もあり、北極星信仰の痕跡も見られます。

北側にはタルミなる地名も残り、昔は大島という島であったらしいのです。しかも北側には葛城氏の一大拠点。

ここまでの要素が揃えば、何か出てこんわけがない。



ほんで2つめは玉島

玉島・衣ヶ島 特別自然保護地区

ちょうどおんちゃんがきれいに写真を撮られちょります。

神功皇后伝説は全国にあまたあっても、白い石伝説はかなり重要なもの。

潮満珠、潮干珠を彷彿とさせる。

高知にエジプト文明の痕跡!?

神功皇后が長浜八幡宮から出兵したとする上記の記事の小さい裏づけにもなる。

玉島とは何か?というたら、太陽神(おとなし)と北極星(一言主)で孕まれた卵ということ。

このことを裏付けるように潮が引いたら玉島にも渡れるらしい。これは潮干珠の力。


ほんで最後は高知の斗賀野。

莵餓野(歴史樂)

香坂王・忍熊王に関することやけんど、日高・佐川は古代太陽信仰があった土地。

日下氏もその末裔やけんど、忍熊とは太陽の西側で位置的にも合うちゅう。香坂王に関しては須崎のほうにその起源がありそう。

これはしかも神功皇后時代。

妊娠して戦争にいくらあてハチキンとしか考えられん。


その子供が若宮なんながやけんど、高知の若宮への信仰は鎌倉幕府以降ではないと思う。

もっとしっかりと検証せんといかんと思う。


泣く子もだまる『ハチキン』という土佐弁はどこからきちゅうか?

今までいろんなことが言われてきました。

最も説得力を持つ説は、「キ○タマを八個持つほど、強くてたくましい」という説。すなわちこれは男性の4人分に相当するほどの女性という意味です。

高知県人の中でも、「そりゃそうじゃ」と納得するような説。それほど土佐のハチキンはすごい。

酒飲みだいたら、男がたばになってもかなわんほどザルやし、しゃべりでも、一言で話しを終わらせてしまうほどの説得力を持つことをガツンと言う。(これは一言主の血があると思う)

こういう女性が高知にはかなりおる(今は少なくなってしもうたかもしれんけど)

このハチキンの祖先が何かというと、日本神話に出てくる『八意思金神』やないかと思う。

オモイカネとかヤゴコロオモイカネノカミとかって呼ぶ。

知恵の神様で、アマテラスを岩戸から出す知恵を授けた神様。

龍河洞を岩戸隠れの舞台とするとハチキンという言葉はその近くの物部川流域のなんらかの地形か巨石をその出元にしちゅうがやないかと思う。

別のブログにも書いたけんど、孕のジャンでイザナギとイザナミのマグワイが行われて、いろんな神様が浦戸湾周辺に生まれていったと思うけんど、ほとんどが山とか巨石やと思います。

アマテラスが龍河洞に隠れた時に、八意思金神が八百万の神に知恵を授けて天手力男命が戸をこじ開けるわけながやけんど、天手力男命を祀る天石門別安國玉主天神社が越知にある。

やき、たぶん、孕のジャンと龍ヶ洞と仁淀川の上流はなにか深い地質学的なつながりがあるということやろう。神峯神社の燈明岩はなんかの折に青白い光を発するということで有名やけんど、そういうなんかのシグナルが多分、仁淀川流域の巨石とか、龍ヶ洞にあるがやと思う。

孕のジャンなんかもその類やろう。

そのハチキンの八意思金神が八百万の神に授けた知恵に『常世の長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせた。』というのがあるけんど、高知のオナガドリはその名残やろうと思う。

やき、ハチキンとオナガドリは深い関係にあると思う。

ほんで、天手力男命が戸をこじ開ける前に『アメノコヤネとフトダマがアマテラスの前に鏡を差し出した。』ということやけんど、これは鏡村の鏡岩のことやろうと思う。

このように日本神話は高知の地形と巨石と自然現象で全て説明ができると思う。

日本神話のはじまりは土佐

後は検証していくだけのこと。


おそらく仁淀川河口の宇佐が荒れてきたらスサノオが暴れ出す兆候になっちょって、それを”(スサ)ノオが悪い”という土佐弁で表現し始めたがやないろうか。

宇佐はちょうどオトナシ神社から土佐神社へ向かう第一関門、そこが荒れたらイザナギとイザナミの孕ができんなる。

その仁淀川上流に天手力男命を祀る天石門別安國玉主天神社があるというのはなんか深い意味があると思うけんど、現時点ではわからん。今後の調査に期待。


こういうインスピレーションがやってきゆうということは、今度の南海地震では孕のジャンがあるということやないろうかね。

ほんでそれが仁淀川となんか関わっちゅうということ。大分の宇佐神宮の元宮でもある高知の宇佐八幡のあの祭りがなんらかの鍵を握っちゅう。



やっしーさんが手結の魅力などを発信されよりますね。実に魅力的。古い町並みなど、保存すれば絶対に移住者を獲得できる。今が踏ん張り時。このまま壊さんずくに置いちょったら、都会から自然に人が流れてくるかもしれん。

手結の価値・魅力(1)

手結もそうやけど、高知の地名は地形がそのまま地名になっちゅうところが多くあって、しかもそれが古代史と直結しちゅう。(他県の地名は案外そういうのが少ないがよね)どっかの真似してつけられたとかが多いし。

手結はやっしーさんも書かれちゅうように、手が結う形になっちゅうがよね。ほんでそこがウィンドサーフィンのメッカになっちゅう。

浦戸湾から出てきた船が一旦、一息する場所よね。ほんで帆船も停泊できる。弥生~奈良時代にかけては帆船戦争の時代やき、こういう地形が都の必須条件になる。

浦戸湾が神功皇后の時代と斉明天皇の時代に明らかに都の港やったということは書いた。高知にエジプト文明の痕跡!?

手結は飛鳥。奈良へ飛ぶ鳥として遷都する前に都があった場所。


宇佐なんかも地形が地名を作っちゅう。かなりの佐があって宇佐と呼ばれるにはふさわしい。宇佐神宮の出元は明らかにここ。


それと絶海。神戸に垂水があるけど、絶海って書くのは高知の絶海だけしか残ってない。

この他にもいっぱいある。高知の地名を調べていったら高知が大和やったってことがすぐにわかるやろう。(そういうことを否定する人間は100%の確立で古代史を知らん)

為政者に都合のえい既存の歴史学に洗脳されちょったらこの限りではないがやけんど。

[2136] 上岡山のてっぺんで考える - 2009/02/19(Thu)

また、ひまわり太郎さんが興味深いことを書かれちゅうけんど、上岡山。

以前にもここで紹介した鬱蒼とした石船神社、境内に石船がある。
iwafune

たぶんこれやと思うけんど、鬱蒼としてわからんかった。めちゃくちゃ珍しい神社やと思うけんど、もったいない。

上岡山に一旦降りて、ほんで石船神社に行ったがやね。


一般的には奈良から物部氏が下ってきたと信じられちゅうけんど、古代において東から西への人口移動はあり得ん。西から文化と人が大量にやってきゆう時代に西に行く人間なんかおらん。しかも物部氏は倭国ではなくて日ノ本国の出身やき、西へ向かって倭国の本拠地へ行くなんてことは非論理的過ぎる。

河内国というのは、おそらく現仁淀川流域にあった国。カワチ・カウチというのは実は高知のもとにもなっちゅう言葉。

おそらくこれは狗奴国のククチヒコ、高句麗のコクリなんかともつながっちゅう。倭国の言葉やろうと思う。その勢力が高知の南西部から進出してきたき、ニギハヤヒは物部川に逃げてきたがやと思う。

実際に神武東征記では、ニギハヤヒが既に国を統率しよったという記述がある。それが仁淀川流域で、日高(ヒタカミ)やっとしたら辻褄が合う。

卑弥呼が出てくるのはずっと後のこと。倭国と日ノ本国の誓約が浦戸湾で行われた後に卑弥呼の居城は旧香北町に置かれちゅう。なぜならニギハヤヒの皇孫が物部川流域にずっと陣を張っちょったき。

その倭国と日ノ本国の団結で大和ができたがよね。その舞台は浦戸湾。

『旧唐書』(くとうじょ)には倭国と日ノ本国が違うと書かれちゅう。

ニギハヤヒが河内国から石船に乗って飛んできたというのは、倭国に攻められて逃げてきたということやと思う。



ちょうど青銅器の文化圏(銅鐸と銅矛の文化圏)が高知市中心部で交錯しちゅう。これは倭国と日ノ本国のせめぎあいがあったことを示しちゅう。青銅器分布(www.yu-ji.comより)

弥生中期は銅剣文化圏も高知市中心部で交わちょって三つ巴の文化の衝突が浦戸湾で繰り広げられたがよね。文化圏が重なっちゅうところはその時代の中心部とは言えん。重なるところは弥生時代の中心地は青銅器文化圏のせめぎあいの痕跡が残されちゅうところであるのは当たり前のこと。

それが痕跡が日本で最も見られるところは高知。しかも弥生中期から後期に至ってまで銅鐸と銅矛の文化圏が高知で交わり続けたということは高知で長期に渡って倭国と日ノ本国のせめぎあいがあったことを示しちゅう。そこに政治的な力があったのは明白。

そのせめぎあいの歴史が結果的に大和(邪馬台国)を作ったがよ。

それが高知の政治的な土壌のバックボーンになっちゅう。高知の自由はアメリカの自由とは比べもんにならんくらいの2千年以上の歴史を持っちゅう。やき、日本がだめになりそうな時は、反動的な力で日本を革命していくがよ。


奈良とか京都からそういう反動的な力が生まれてきた事は過去に一度もない。政変の舞台になったというだけ。なぜなら、奈良とか京都は古代はなんもない湖とか草原やったき。地形に古代祭祀が根付いてない土地からは反動的な力は生まれて来ん。


高知低山四連発(低山倶楽部より)


見るも無残な船岡山と吾岡山。

船岡山は岡豊が都やった時代の重要な証明。大津京のね。

この前見つかった士島田遺跡の道路群は南海道やなくて朱雀大路。南に船岡山があるのがその証拠。

西には大津皇子を祀る高天ヶ原山、さらに西には舟戸の大神、南は天智天皇を祀る琴平神社。

紀貫之は左遷されたんじゃなくて、過去の大津京であった都に来ただけのこと。

そこで日本語革命があったのは当然の事。
土佐弁レボリューション

なぜなら万葉集が詠まれた舞台のほとんどが高知やき。やき、鹿持雅澄のような人物も輩出される。



山を削って、トンネルを掘って、川を埋めて、得意顔になる人たちとは全然違う土佐人が過去にはおった。

あまりにも違い過ぎると思う。


秦氏と長宗我部氏とか他の記事でも触れてます長浜の若宮八幡について。



若宮八幡宮 - 長宗我部元親・初陣祈願の地


オンちゃんが長浜の若宮八幡のきれいな写真を撮られちょります。なかなか素晴らしい神社ですね。


この前、桂浜の竜王宮に行った時に、若宮八幡の禰宜の方が出張してきちょって話を聞いたけど、若宮八幡と竜王宮には深いつながりがあるらしい。

竜王宮は神仙思想の影響もあるき、明らかに戦国時代よりもその起源は遡る。

その竜王宮を若宮八幡が管理しゆうがやき、若宮八幡のもともとの起源は同じくらいか、それ以前に遡らんとおかしいと思う。


桂浜が前は勝浦と呼ばれよったってひまわり太郎さんが書いちょったけんど、いずれにしても桂浜が葛島と同様、葛城氏と密接に関わちょったのは間違いがないと思う。

そう考えると、長浜の若宮八幡の起源は土佐神社が創建された時の雄略天皇の時代にまで遡れると思う。

これであれば、入蜻蛉と出蜻蛉の意味が完全に理解できる。

高知にエジプト文明の痕跡!? で書いたように土佐神社、七ツ淵神社、朝倉神社、長浜若宮八幡宮はセットながよ。

これがハツクニシラスである雄略天皇時代の都の祭祀。

トンボ(土着人)と龍(渡来人)が浦戸湾で合体したがよね。これこそが大和。

野市の兎田八幡宮には全国的にも珍しい絵画銅剣が伝承されちゅう。

絵画銅剣の意義

これこそ、縄文文化の色彩の濃いトンボ文化。


島本さんがむちゃくちゃえいことを書いちゅうき紹介すると

***引用はじめ***
あまり超越的ではなく具体的で、しかも神聖感があって、信ずるに足る絶対的なものを探してみると、卑弥呼が一番近い感じがします。

本来土佐人は、卑弥呼の民であり、今も卑弥呼を求め続けているのかもしれません。
***引用おわり***
土佐人の物語26(明治篇3)


卑弥呼が女王として君臨できたがは、まさに神聖感と土俗感を両方持っちょったきであって、それはほとんど高知でしか成立せんと思う。

土俗感が現在でもかなりあるのは、沖縄のユタ。高野聖みたいに悪人が偽ってお金を騙し取りゆう例も多いみたいやけど、シャーマニズムの原型を留めちゅう。

高知も一般的に土俗的な宗教しか根付かん地域と言われちょって、ロマン主義がほとんどなく現実主義者が多い。

高知ではわけのわからん新興宗教はほとんど根付かんと言うてえいやろう。”おまんそんながはやめちょけや”という力のほうが強い。こういう土俗感というがは高知には古代から存在したと思う。

だからこそ、現実的な宗教が根付いたら、ものすごく強烈な発展をする。幕末の勤皇党をみたらわかる。

現代の邪馬台国論争も、女王としての卑弥呼の超越的な力を期待する、あるいは妄想する連中によってリードされゆう。

場所の比定論よりも現実に、なぜ女性が倭国を統率できたかについてはほとんど議論されてない。

そこには強烈な土俗的な宗教がないと無理。神功皇后は身篭って朝鮮出兵をしたとされちゅう。それぐらいの気概と意識がなければ倭国を統率していくことはできんやろう。戦国時代ながやき。ちなみに神功皇后は卑弥呼と同一視されるのが一般的。

ローカリズムでは長浜の若宮八幡から神功皇后が出兵したと仮定しちゅう。


邪馬台国が存在した地域は、女王を頂点とする一君万民と土俗性の高い民間宗教が今でも根づいちゅうやろう。


そんな地域は日本全国探しても高知しかない。


土俗性が高いというのは『宗教で社会を変えていく』ということ。土俗性の低い宗教は、社会を変えずに自分を変えて社会的な問題から目をそらすということ。


なぜ、それが土俗性が低い(非現実主義)かと言うたら、自分に降りかかる問題とはほとんどの場合、社会システムに起因するものがほとんど。その本質を洞察せずに、自分を変えることによって問題の解決を図ろうとするがは非現実主義。誰かが変わっても社会の問題は一向に改善されない。


社会と個人はあらゆるレベルで密接に絡み合っちょって、宗教とはこの絡みの糸を別の絡みに組み替えること。

それが尊皇攘夷という新たな宗教であったわけ。弥生後期では邪馬台国という新たな宗教であったわけ。

こういう土壌というがは何万年経ってもあんまり変わらん。

戦国期に突入してきたら、土俗性の高い、新たな宗教を生み出せる地域が力を持ってくる。邪馬台国は何度でも甦る。

それが黄泉から還るイザナギ(イザナミ)の力。


フォローしてちや
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]