忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[324]  [322]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312
坂本県議のHPにとても重要なことがUPされちょります。
7月13日「選択肢としての協働自治型社会」

この中に出てくる協働自治型社会は
自分が去年立ち上げたレムリアンリゾナンスという活動の中で
コミュニティと呼んでつくろうとしゆう社会共同体と同じものです。

今年4月に帰省した時に、意識が合った方たちと活動を始めておりますが
政治的領域からのアプローチも始まったようです。


この協働自治型社会には少なくとも3つの要素が必要です。

政治的アプローチ

経済的アプローチ

文化的アプローチ


経済的アプローチとは実際にハコモノを作ったり
インフラを整備したりすることです。

政治的アプローチは経済的アプローチを最も効率的に
運営できるように規制と開放を法と権力を使い行うものです。

文化的アプローチは市民運動とか若者文化とか
エネルギーを蓄積しちゅう人たちのエネルギー発散の方向を
正しい方向に向かわせるアプローチです。

上記2つが骨と肉ならば、3番目は血です。

どれが欠けても協働自治型社会は実現せんでしょう。
失敗が繰り返された第三セクターなんかは
3番目の文化的アプローチが全くない骨と肉の骸に近い。
やき、失敗する。

最も愚かな考え方は政治が社会をコントロールできると考えること。
政治は社会の一部でしかない。
経済もまた然り。


坂本さんの文章の中に「政府の時代の終焉」「日本型雇用の崩壊がもたらす社会不安」
「打ち倒された再分配型政治」というものが出てきますが
これはほんまに本質を突いた3つ。

私たち日本人が村から町、町から市、市から国へと
変貌を遂げてきた帰属意識が根底から破壊されようとしちょります。

これが現在の状況です。

自分勝手な資本主義が政府と結合し
日本型雇用慣行を崩壊させ富の再分配をも
阻害しています。


この問題を解決するためには
もう一度、自治ができる範囲に共同体を縮小し
その中で完結した質の高い経済循環を完成させるしか道はありません。


これを今、”竜の背”構造線
展開したいと思うちゅう。


この分でいくと、政治的アプローチもかなり早い段階であるかもしれんね。
コミュニティができてからでもえいか、と思いよったけんど
一気にやってしまえるもんならやっちょきたいね。


これは一応、政治的には小さな政府になると思う。

経済的に見たら大きな政府になる。
なぜなら小さな政府を社会企業家群が支えていくという構造やき。

パブリック(公)を意識した資本主義家が
効率性の高い資本主義思想を持った公意識の強い小さな政府を支えていく。

やき、これは社会システムの改革というより
人間革命ながです。

平成の政治・経済人たちの脳内には
資本主義と社会主義が共存できる回路がほとんどないけんど
若い人の中でこの2つが共存できる人たちがどんどん湧いてきゆうがよ。

言うたらこれこそが日本経済思想の原型。

こういう人たちがこの社会企業家群を形成していく。
こういう人たちがおらんかったら何をやっても失敗するやろう。

とにかく人材。

パブリックと効率性を脳内で同時に共存させる人間は
高知から出ていってもろうたら困るし
県外におったら高知に連れてくるべし。

まあ、これが四国州の地盤になっていくがやけど。

ものすごい効率性が高いき数えるほどの人間で
四国州政府を動かしていけると思う。

ルーティンワークはアウトソーシングで充分やし。
無益な金は使わん。

意思決定は全てWebの直接民主制で決めるし。

多数決やなくて少数派内包型のヤマトの合議制で展開したい。


まあ、ここまできたら妄想の領域やけど
その方向に進みゆうのは間違いがない。


「政府の時代の終焉」というのが県庁の終焉につながるということは
誰が考えてもわかる。


「打ち倒された再分配型政治」

この原因は新自由主義思想ね。

これからは地方切捨てが露骨になってくるやろう。
しがみつけばしがみつくほど傷口は広がる。

国家にぶら下がった官僚思考をする人間をリストラせんことには
手遅れになるね。

富の再分配の崩壊を見抜けんようでは
これからはパブリックを名乗る資格がないがよ。

それほど今からのパブリックは厳しいもんになるが。

公務員は楽やき~、という時代ではない。

意識の高い社会企業家群の頂点に小さな政府が存在するがよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
考えなければ
 ではどうすれば新自由主義体制を打倒できるのか。それはとても難しい。
 なぜかくも新自由主義がこれほど力を得ることができたのかを分析しないと対策も立てられない。

 ハイエクあたりの異端の経済学であった新自由主義。レーガン・サッチャーで採用され力を持ちました。日本でここまで「猛威」を振るったのは小泉内閣のお陰でしょう。

 馬鹿な国民とマスコミがはやしたてているうちに日本はとても酷い格差社会になりました。

 日本共産党の処方箋はおそらく採用されないでしょう。あの党自体が変革されないかぎり無理です。

 では橋本大二郎氏はどうか?これまた謎の存在。期待度はあるけれど中身は本当に成るのかと最近思う。

 
けんちゃん URL 2008/07/14(Mon)07:49:26 編集
Re 考えなければ
>ではどうすれば新自由主義体制を打倒できるのか。

新自由主義はつながりの薄くなった社会に入り込んで
増殖を続けるガン細胞のようなもんです。
それを予防・撃退するためには、伝統的な日本の
相互扶助の社会に戻すしか方法はないと思います。
高知は全国的にみても相互扶助精神が色濃く残っています。
それはおきゃくという文化がそれを可能にしちょります。
これこそ高知の起死回生の基点でしょう。
新自由主義の撃退は高知から始まるはずです。

けんちゃんのおっしゃられた善意のネットワーク。
これこそが全ての問題を解決する糸口やと思います。

>日本共産党の処方箋はおそらく採用されないでしょう。

若者が夢を持って次のステップに進める踏み台に
なるだけでも
存在価値があるというものです。

>期待度はあるけれど中身は本当に成るのかと最近思う。

狙いはえいんですけど、まだご本人の中でも
何をやったらえいがか、明確に認識できてないような気がします。

地方自立型の国体を目指すと言うてますので
本来であればもう少し高知からの情報発信が
あって然るべきだと思いますが
それができてないのは、核が少しぶれちゅうがやと思います。

いずれにしても今のままでは危険ですね。
中途半端な形で国政に参加されても
高知のブランドが落ちますので
臨機応変に対応したいです。


ナカちゃん 2008/07/15(Tue)14:57:14 編集
お知らせです
モスカルです。いつも大変お世話になっております~☆☆ 先日のビッグニュース、「公営住宅の貸し出し」について、全国の自治体に通知が出されました。 詳しい内容を、母のHP「ガイアの夜明けの杉崎順子です」のニュース欄に載せましたので、ぜひご覧になって下さい。 よろしくお願いいたします m(__)m
モスカル 2008/07/15(Tue)21:30:47 編集
無題
何時も読ませて戴いています。私の気になるのはアウトソーシングです。アメリカが如何して今の帝国崩壊状態になったかと言うと、このアウトソーシングなのです。今アメリカは自国で生産できる物は殆ど無くなっています。アウトソーシングは経営者にとっては経済効率高いのですが自国で労働者が恒久的に職を失い結果として国家の経済破綻を起こし、今まで言われている発展途上国とか第三世界の様な状態になるのです。アメリカはもう其の状態に陥っています。興味深い話ですが今アルゼンチンでは会社で雇われている労働者が会社倒産後経営の実権を握り経営を続けている例があるのです。全ての労働者が意見を出し合い経営を続けて会社を立ち直すのです。重役、経営陣がいないので労働者が平等な賃金を得て,何とか経営を続けているという話でした。其れを見た元経営陣が会社を取り戻す裁判を始めたと言うニュースが私のこの件に付いて知る限りの事です。スペイン内乱時にもアナキスト達が同じ事をしていましたが、残念ながらアメリカ、フランス、英国、ソ連の陰謀でスペイン共和国はファシスト、フランコ総統によって蹂躙され人類史上画期的な実験は終焉を迎えたのですが。(涙)其れと西洋の歴史では、企業は元々政府から許可されて存在する組織で、若し企業が国家国民に利益にならない場合は政府は企業に与えた許可を取り上げる事が当時の法立で、当時は企業は道路、運河等の公共事業の為に結成されていました。我々日本市民は否四国市民否土佐国市民はブルジョア経営者を法によって常に監視しなければいけないと思います。
アメリカの活動家、政治批評家,マイケルパレンテは『民主主義とは信用する事ではない、疑う事だ!責任を取る(事が出来る)と言う事だ!公表する事、公での議論、批判的挑戦、ポピュラーインプット、そして国民からの意見反応だ。責任を果たす政府だ。我々は同胞アメリカ国民が彼等の指導者達に対して抱いている信頼感を少なくさせ、その代わりに彼等自身をもっと信頼する様に、彼等自身の質問、疑惑を信頼する様に、そして現在起こっている事を知る欲望を彼等自身に持たさせなければならない。
戦争や大規模なクライシス以上に、我々のライヒフューラーである大統領がこの危険から守り抜いてくれる事を期待して、国家団結の必要性の認識から“指導者に続け”の様に何時でも振舞える様に、成人市民を思考能力の欠ける服従状態にさせる物はない。(戦争になると人々は一大事なので、兎に角、政府に協力しないと国が危ないと思いがちで、大統領がフューラーの様な性格であってもこの危機を国民を守りながら切り抜けてくれると期待し何も考えないで指導者の言い成りになる。だから戦争、クライシス以上に国民を操る絶好の道具は無い、と言う事。)』と言っています。
頑張りましょう!コムラッド!(一寸革命的過ぎるか?)
ejnews 2008/07/16(Wed)17:51:36 編集
Re お知らせです
>先日のビッグニュース、「公営住宅の貸し出し」について
全国の自治体に通知が出されました。

そうなんですね。
お知らせどうもありがとうございます^-^
化学物質過敏症は未だ深く認知されてないんですね。

これからもまたちょくちょく覗かせて頂きますので
また色々と教えてください。
ナカちゃん 2008/07/16(Wed)22:37:22 編集
ejnewsさんへ
>アメリカが如何して今の帝国崩壊状態になったかと言うと
このアウトソーシングなのです。

国体を維持していくために必要な仕事を
”国外”にアウトソーシングし始めた時に既に
帝国の崩壊は始まっていたと思います。

アウトソーシング自体が悪いわけやなくて
どのアウトソーシングが悪いのか?
その判断をできなくなったことが一番の問題やと思います。

今回のサブプラの問題でもアメリカ政府は公的資金の注入に
かなり躊躇しよりますが、それはとにもかくにも
彼らが偏狭な自由放任主義(市場が全て調整してくれるという、あるいは儲かる自由があるのであれば倒産する自由【責任】も同時に背負うべきだ論)に陥っちゅうきです。
その思い込みから目覚めなければ、アメリカはおっしゃる通り
第三世界並みの国に落ちてしまうやろうと思います。

人間を見ればわかるように”真の自由”とは
統制と自由意志のバランスが取れた時に
成し遂げられるのです。

脳は人間の各部位を支配しゆうわけではありません
自由を与え統制しゆうんです。
その2つの機能を同時に表す言葉が日本語にはあります。
”活かす”です。
古代の天皇制とは、この脳の機能に近い政体でした。


おっしゃるようなアナキズムが会社を立て直したような事例は
自由意志と統制のバランスがその時にうまくとれたき、運営がうまくいったがでしょう。

でもそれをそのままにしておいて、その中から
権力を握ろうとする人間が現れればたちまち
その会社は倒産するでしょう。

要はバランスながやと思います。

>土佐国市民はブルジョア経営者を法によって常に監視しなければいけない

ほんまにその通りです。
パブリックを形成しちゅう人たちが公私混同を
やっても罰せられない世の中です。
おかしすぎます。
法というパブリックで罰するしかないでしょう。

>民主主義とは信用する事ではない、疑う事だ!責任を取る
(事が出来る)と言う事だ!公表する事

これはうまいことを言うちょりますね。
まさにその通り!

日本人は本気でこの国が民主主義の国やと妄信しちょります。
構造的には北朝鮮と変わりません。

土佐人が自由民権を叫んだ時、真の民主主義が少し達成されちょったでしょう。
権力と民主主義は本来、共存しえないもんです。
やき、権力との対立こそ真の民主主義です。

>クライシス以上に国民を操る絶好の道具は無い、

そうですね、権力者にとっては民衆を盲目にさせるには
戦争が一番手っ取り早いですね。

>一寸革命的過ぎるか?

いえいえ、土佐人らしく一気に政府転覆してしまいましょう!
合法的かつ論理的に、そして大胆に。
ヨッサコイ、ヨッサコイ!
ナカちゃん 2008/07/16(Wed)23:53:26 編集
モスカルです~♪
いつも大変お世話になっています(^^)♪
ブログを更新いたしましたので、ぜひご覧になって下さい☆よろしくお願いいたします♪
モスカル URL 2008/07/22(Tue)18:47:47 編集
Re モスカルです~♪
こんにちは~。
ブログ見ました。

国を動かすのはなかなか難しいです。
今の政治は良心ではなくて、利益誘導で成り立ってますから
化学物質を販売している巨大企業が政治家に献金して
その人が当選し利益誘導しているならば
この国から科学物質が消えてなくなることはないと思います。
打倒すべきは現在の政治システムなんです。
モスカルさんの闘いは自分のものと一致してます。

一緒に住みよい社会を模索しましょう。
ナカちゃん 2008/07/25(Fri)14:19:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
橋本大二郎さんは何がしたいのか?
 今朝のフジテレビ系の「報道2001に前高知県知事である橋本大二郎さんが出演され
URL 2008/07/14(Mon)08:11:12
フォローしてちや
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]