忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [299]  [298]  [297]  [296
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年6月26日 NHKニュース 「蟹工船」

2008.6.27 VOICE いま解き 「蟹工船」

<youtubeより>

共産党の人は真摯に受け止めちゅうけんど
それ以外の人は冷やかし半分やね。

この蟹工船が流行る背景にはものすごく深い根がある。
これは自分の世代も共感するし、同じものを共有しちゅうと思う。

何に対しての怒りかというと
【支配】に対しての怒り。

今の社会を見ればわかりますが
現在の日本の状況というがは
団塊の世代(特に政治に強い影響力を持つ人たち)が
楽な生活をするために
若者が使役させられているような状態です。

通常であれば親から子、子から孫へと文明と財産は
引き継がれていくものですが、
現在の日本では随分前からこの生命としての
当たり前の構造が崩壊してます。

その結果が【支配】という形になって現れちゅうがです。

普通の方々はまさか!という印象を持つかもしれませんが
実際はそうなっちゅうがです。

社会に出て普通に働こうと思えば
半奴隷のような職場環境が待ちゆうがです。

本来、民族とは子や孫に対して
幸福であってもらいたいと願うものですが
この国が取ってきた政策・思想は、全く逆の、文明を切断するものでした。

そのことに対する怒りが、この蟹工船の流行ながです。

やき、このブームは終わることはないし
終わりの始まりというてもえいと思います。

この動画の中でも”このブームは危ない兆候”であるという発言がみられましたが、そういう危ない兆候を通り越して、若者虐待を続けてきたがは政策実行者側の人間たちなのです。

その搾取の政策に対して私たちは普通の人間として正義を履行しようとしているだけです。

体制側の人間はしっかりと自分たちの罪を懺悔しておく必要があると思います。

若者の怒りというのはこれだけには留まりません。

ひとつの事件をきっかけにして堰をきったようにあふれ出るやろうと思います。

体制側の人間はほんまに覚悟しちょったほうがえいと思う。

搾取してきたのは誰ながか?
自分の胸に聞いてみたらわかるやろう。

80年前と違うのは
共産党と右翼思想がくっついて
元(土佐ヤマタイコク)のリベラル天皇制に回帰するということ。

一君万民が日本の第一党の思想になる。
ほんとうのリベラルな世の中が到来する。

アメリカのエセ民主主義じゃないやつね。
土佐大和の合議制ね。

右翼の原理主義もいかんし、共産主義の原理主義もいかん。

2つが調和したリベラルな一君万民。

これがほんまの大和の思想。

蟹工船のブームは日本人が真の大和に回帰するための最初の通過点に過ぎん。

自由・平等・博愛のリベラル天皇制は高知から始まる。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
プロレタリア文学かよ!しょう懐かしいのう!私の思うには、この問題は資本主義経済では逃れる事が出来ない問題で、例えばアメリカは第二次大戦後から経済効率を求めて工場を外国に移すか、外国から仕入れるか、不法入国者を安い賃金で雇うか、と言う傾向が続いています。そうしないと安価な外国製品と競争出来ないのです。気が付いてみるとアメリカの若者が就職できる職場はメキシコ、東南アジア、中国に流出していて取り返しが付かない状態になっています。日本も同じ状態だと思います。中国人労働者と同じ賃金では日本の若者は日本で生活できないでしょう?フィンランド、スエーデン、デンマーク等の北欧型社会主義が今の所一番成功している社会形態のように見えます。が、おまさん如何思うぜよ?
ejnews 2008/06/28(Sat)18:09:45 編集
ejnewsさん、おはようございます。
>この問題は資本主義経済では逃れる事が出来ない問題

まさにその通りやと思いますね。
どちら側(経営者、労働者)の視点に立つかによって
社会の見え方というのは変わってくると思います。

あるひとつの市場を考えたときに安い賃金で国際競争力の高い商品を作るのは
資本主義経済においては理にかなった行為やと思います。

でもその資本主義的行為が前提である
”人間を幸福にする”というラインを超えてしまう場合
資本主義そのものがガン細胞に変化するがです。

この問題を解決するためには
世界経済の規模そのものを縮小させて倹約の精神で
世界中の人間が助け合って生きていくのか
それとも新価値創造を世界中の人間が行うのか。
おおまかにはこの2つによってしか資本主義が
まともな資本主義であり続けることはできんとは思います。

実はこの2つとも日本にはあります。
そのエッセンスは日本経済思想に凝縮されてましたが
1990年のバブル崩壊以後日本人は
日本経済思想を捨て去ってしまいました。
日本の経済人は全くそのことに気づかず
どちらかと言えば、最近アメリカの経済学者の中で
日本経済思想(日本的経営も含めて)を
見直す機運が生まれ始めよります。
こういう方々はまともな人たちです。

世界中を見回してもみてもプロダクトライフサイクルが最も早いのは日本です。
アメリカ人はそれを揶揄して日本人は飽きっぽいなどと言いますが
戦争をせずに巨大な経済を維持していくためには
プロダクトライフサイクルの速さは絶対条件になると思います。

>日本も同じ状態だと思います。

日本の若者も中国に行ってます。

>中国人労働者と同じ賃金では日本の若者は日本で生活できないでしょう?

日本の若者は単純労働では満足できないメンタリティに変化しちょります。
それを察知し自分たちの子供が何を見て
何を求めているのか
それを洞察し高付加価値の仕事をさせ
高賃金を与えるのは先に生まれたものの使命です。

結局、これは親が自分の子供の才能を見抜く事ができんなった
ということと深く関わっちょります。
日本人はそういう能力を完全に失いかけよります。

それを失わせゆうのは唯物思想です。
資本主義を悪質化しゆうのは実はこの物に対する果てしない信頼です。
でも資本主義と唯物思想は本来表裏一体なものです。
しかし、物に魂をのせられる民族がいます。
日本人です。
それが日本経済思想の原点です。

まっことどうなっちゅうろうねえ。
日本人は日本人であることを忘れて他国の国体を真似して世界中を混乱に陥れよります。
自分には異常者の集団としか映りません。

>フィンランド、スエーデン、デンマーク等の北欧型社会主義が今の所一番成功している社会形態のように見えます

これはほんまにそうやと思います。
好きな国体ですね。

でもこれを日本でやると意識の低い政治家が多いき
汚職が増えるだけやと思います。

松下幸之助の無税国家が日本の目指す道ですね。
福祉や社会保障は収益力のある民間企業に任せるわけです。
これに必要ながは資本主義思想と社会主義思想の両方です。
利益を上げ続けながら公の存在であり続けんといけません。
でもこれは80年代の一部の日本企業が持ち続けていたもんであるので
そんなに不可能というわけではないと思います。

要はこれに気づくかどうかだけの問題です。
高知は相互扶助の社会主義的傾向が未だに強く残っちょります。
これは土佐弁がそれを維持させゆうがですけど
ここに松下幸之助的思想を差し込んだらほぼ日本経済思想が出来上がります。
高知は思想的な人間が多いですし。
四国州の国体はこれでいこうと思うてます。

こんな感じですね。
いうたち、そんなに気負いもせんずくにら
ゆっくりやりよりますき。
まあ、なるようになるやろうと思うちゅうねえ^^
ナカちゃん 2008/06/29(Sun)09:58:41 編集
無題
松下幸之助の無税!ビックリしたぜよ!わしにはよう解からんけんど。わしの若い頃は強い人間は何時でも強いけ、其の強い人間から社会の恵まれん人らあを助ける為に、強い人程、税金をもっと払わんといかん。と言うのがわしの若い頃、ロバートオーエン、とかもっと過激と言われちょったアナキストらあの教えじゃったけんどのう!わしが思うには若し社会から脱落したい人が居ったら、其れが出来るような環境を創る事が重要じゃないかと思うぜよ。昔日本には“サンガ”とか言われよった人らあが居ったと聞いちょるぜよ。其の人らあは、定住せんと、川原で野宿をして竹細工を売って生計を立てよったと言う話ぜよ。今日本の河川は汚染されて魚も居らんし、かわうそも絶滅。アイヌとか土佐の原住民のしよった生活が出来る様になると資本主義もええかもしれんけんどのう!? 如何思うぜよ!おまさん?話を聞かせてくれんかよ! 
ejnews 2008/06/29(Sun)17:25:34 編集
ejnewsさん
>強い人程、税金をもっと払わんといかん。

強い人間が姑息な手を使って政治を私物化しゆうのが今の世の中です。
でも、持てる者から全てを奪いつくす社会主義の原理主義もいかんと思います。

一番えいがは強いものが倫理感を持つことやと思います。
その倫理観は世界中で薄れてきよります。

>其れが出来るような環境を創る事が重要じゃないかと思うぜよ。

それはほんまにその通り!
自分は今”ひとつの国家”という妄想をぶち壊すために
修験道のような移動生活者のグループをつくろうとしよります。
明治政府に修験道やサンカなどの国家の枠組みを超える移動生活者は解体され
強制的に定住させられました。
今では定住する事が当たり前のように日本人は考えますが
たった150年前までは生き方というのはかなり多様やったわけですね。

未だに大日本帝国の魔法がかかっちゅうわけです。
今の若い人たちは国家に押し付けられた”ひとつの生き方”が
唯一正しい生き方であると信じ込まされています。
そこが政府の思うツボながですよね。
もっと歴史を知って真の日本を知ったら
今の政府がよほどのクソやってことがすぐにわかります。
若い人たちは政府に対抗するということがどういうことかもあまり認識できていません。

でも、土佐人は生来のリベラリストやきね。
外様の州政府と移動生活者のグループで
永田町と霞ヶ関を叩き壊したいと思うてます。

ejnewsさん、ロスのリベラル色の濃いアメリカ青年を巻き込んでもらえませんか?(笑)
共和党も一緒に叩き壊したいき。

できればフランスのサルコジ一派も一緒に叩き壊して
世界同時革命を成し遂げたいと思うてます。

資金源は竹細工ということで(笑)
ナカちゃん 2008/06/29(Sun)19:20:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]