忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大学を卒業して2年間、高知のある会社で勤めていた時のことです。

ある時、なんの選挙か忘れましたが、選挙の立候補者が会社にやってきて、全社員がその話を聞かされるということが何度かありました。

それで、何かというと、会社としてこの候補者を応援しているからあなたたちもこの候補者に投票してください、というか(そこを言ったら完全に公選法違反やき)暗に、この候補者に投票するのがうちの社員としては普通なんですよ、そうしなければ昇給はないかもしれませんよ的な圧力がありました。

これが『組織票』というやつです。


一個人の意志を超えて、政治をコントロールしようとする輩がこの国にはごまんといます。

人権や個人の政治思想など、おかまいなしです。

これは高知だけじゃなくて、全国的にそうです。

現代日本の企業は社員を奴隷か何かと勘違いしちゅうらしく、自分の企業の利益のためなら法律を完全無視します。

1990年代初頭までは、それでも日本的経営が根付いちょって法律を破っても社員を守っていくという少なからずの気概がありましたが、日本的経営の神様が亡くなったバブル崩壊以降、日本企業は、日本的経営の悪い面と、アメリカ型経営の悪い面を組み合わせて、世界で最低の企業文化を形成してきました。


アメリカにおける新自由主義は、『やった人はやった分だけ正当に評価される』、『お金がありあまる人は貧しい人に寄付する』という最低限のマナーがありますが、日本ではそれさえも徹底されない中途半端な、経営側が得をするだけのような新自由主義の解釈が横行し(派遣会社黄金期に見られるように)まるで奴隷制度の復活かと見間違われるような社会が現出したわけです。


法は守らない、奴隷制度を敷く、内部留保を社会に還流させるのではなく自民党の族議員に企業献金として提供する、という企業の社会的責任を全く果たさない企業が自民党の族議員を肥大させ、日本的倫理観のデフレスパイラルを引き起こし続けてきたわけです。


やき、今回の高知の衆院選でも組織票が動きゆうのは間違いがないがですけんど、けんちゃんがさあ投票まで1週間ですで書いちゅうように、そういう悪の組織票の価値を下げるためには、投票率を上げるしかないということなんですね。

今回の衆院選は特に、そのような悪の枢軸国を倒すか倒さんかの重要な岐路になるき、少しでも良心がある人は、自分の考えに基づいて投票してほしいものですね。


これもけんちゃんが書かれちゅうように、その組織票の中で最も強固とされた土建の組織票が公共事業の減少と、地方公共事業の受注が中央のゼネコンになってきたことで、自民党の族議員の基盤が今、ものすごく脆弱になってきちゅうわけです。

地方の土建自体も今までのあり方を変えんと生きていけんという認識になってきちゅうき、自民の族議員はほっちょっても消滅するろうけんど、新しい社会を見据えて最後の一撃をくらわす必要があると思う。


そのことによって土建そのものが生まれ変わる必要があると思う。古代の土建はもっと公共的な存在で(皇室にかなり近い存在)秦氏という氏族が土建の神さまやった。その秦氏の一大拠点が高知であり、土建を革命していく潜在能力も土佐にはある。


この土建の分野に関しても、ハゲタカゼネコンを取り締まる『入り鉄砲に出女』的政策を知事に訴えて、潜在的なブロック経済にしていく必要があると思う。

今じゃ、談合が問題になって赤字受注まで出る始末やけんど、もっと価値の高い持続可能な土建やったら、採算に合う受注を出来続けると思う。

これはほんまに土建自体がモノだけを造る時代から、政治的活動・都市計画立案などを含めた領域をカバーして社会全体をプロデュースする時代に入ったちゅうことながよね。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]