忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391
昨日は久々にはりまや橋商店街の金曜市に行っちょりました。けんちゃん経世済民さんや大物のOさんなどに会いました。

衆院選も近いということもあり、水面下では色んな動きがあるようです。

自分は高知での選挙権を持っちょりませんので、票を投じることはできませんけんど、今月の衆院選で当選する人次第でこれまで以上に高知の未来がかなり左右されることは間違いがないでしょう。

自民党が下げ潮、民主党が上げ潮になっている中で、高知県人が一体何を基準にして政治家を選択するのかに命運がかかっちゅうでしょう。

選挙での投票するという行為よりも、むしろこれから選挙までの期間、どれだけ多くの人がブログで政治的活動を展開するのか、に全てがかかっちゅうというてもえいと思います。

選挙は単なる結果に過ぎず、間接民主制の本質とは、政治家をコントロールする市民がいかに深い政治思想を醸成できるかによるがです。

ということは、間接民主制が機能するためには、どれだけ選挙区内に自由市民が存在するかが重要な要素になっちゅうがですね。


まあ、そういうことで、晩かたからは、『ごまめのはぎしり』というJAZZ居酒屋で経世済民さんの講談を聞きながら痛飲しました。

現在進行中のお題目は『土佐物語』という軍記物の語りになっちょります。

(来週の8月14日はおやすみですけんど)毎週金曜日の19時頃からやりゆうらしいので、興味のある方はぜひ行ってみとうせ。

この『土佐物語』、実はものすごい書物で、中央の軍記物『平家物語』『太平記』を凌ぐほどのボリュームと内容ながです。

江戸時代に編纂されたらしいがですけんど、これだけのものを書く人物がいたというだけで、驚きです。

土佐南学や、この『土佐物語』の完成度をみても、土佐が文化的に後進地域であるという自虐史観は完全に間違いであることに気付きます。

明治維新や自由民権運動はある種、土佐南学、特に陽明学の現実社会への行使であるので、土佐の文化的水準は非常に高い水準で明治時代初期までは保たれていたことがわかります。

むしろ、現在の土佐のように中央にコビヘツラウ期間というがこそ、土佐の歴史の中では珍しい。


今回はPYちゃんやMさんと楽しい話をさせてもらいました。高知独立や四国独立についてのことなどを語り合いました。なかなか楽しかったです。

色んな分野の方が有機的に結合していく。これが尊農攘夷運動の基本です。種を撒き、世話をして、収穫して、感謝する。このサイクルは作物を育てる時だけやなくて、人間や社会を育てる場合にもあてはまるもの。これが尊農攘夷思想。

20世紀最後の資本主義思想【新自由主義】は、市場から収穫するだけで、種も撒かんし、世話もせんし、感謝もできん、キチガイ資本主義。それを健全な資本主義に戻すのには、天皇も毎年やりゆう新嘗祭の思想が必要。

尊農攘夷運動は資本主義市場において【収穫しかせん夷てき】に悪霊退散してもらう思想。

まず現代社会における病魔・病巣とは何か?を明確に認識することが肝要じゃあないかと思う。

結果には、必ず原因がある。その原因を糺そうとするがこそ本当の政治。そして政治的活動。主権は国民にあり、政治思想を展開するがは政治家ではなく自由市民でなくてはなりません。政治家はその自由市民の単なる代理でしかありません。

ですから代理を選ぶ選挙という行為は本来それほど重要ではない。もっとも重要なことは自由市民たちが、どういう社会を創造していくかを意見を出し合って話しあうこと。

それを明治時代にやったがは土佐人(国会期成同盟)。戦国時代にやったがは長宗我部元親(一兵卒を軍略会議に参加させていた)古代においては、土佐邪馬台国の大和自由主義。

これが土佐のディベートの文化の根底。そしてそれが『おきゃく』『よさこい』へとつながっていく。

PYちゃんが教育長の言葉を引用していたように、教育の問題は家庭や学校にあるがやなくて地域にあるがです。これと同じように政治の問題は政治家にあるがではなく、政治思想を持ってない市民にこそあるがです。

政治家が社会を良くしてくれるがやなくて、社会を良くするがは私たちひとりひとりであり、政治家はその代理に過ぎんっちゅうことなんです。

なんべんも言いますけんど、これが『間接民主制の本質』ながです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]