忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[438]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幸せの言の葉〈303〉(老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblog 「口は幸せのもと!」)

司牡丹の社長さんが書かれゆうブログがありまして、その中に素晴らしい記事がUPされちょりました。


自分もぎっちりアンチテーゼ、アンチテーゼいうて言いゆうけんど、これは最終的にジンテーゼを引き出すためにやりよります。

  ●参考→真の民主主義精神はアンチテーゼの中にこそ存在する (過去記事)

高知県は今でもほぼ行政主導による(最近は少し和らいできた気もするけんど)大政翼賛体制が敷かれており、これが言わば(正)テーゼであるわけです。

それに対して、市民という(反)アンチテーゼをほりこむことによって、最終的に(合)ジンテーゼを導き出すというのが、自分のイメージです。

市民活動が(正)テーゼになることは、ほぼないでしょう。パリコミューンにおいても、徐々に共和制に移行していって権力が増していったき、権力というのは否定することはできんがです。(権力を完全否定するががアナキスト「無政府主義者」ですね)


しかし、それを監視・コントロールしていくアンチテーゼとしての市民の力が必要であり、それは常に権力と対立しちょかんといかんがです。

その2つの勢力が牽制し合う(拮抗し合う)ことによって社会は健全に保たれるわけで、どちらか一方にこけることによって社会は不健全化します。現在の社会は(正)テーゼが強大すぎるき、アンチテーゼの力を取り戻さないかん時期。


このアンチテーゼの力が強くなって、テーゼの力と拮抗した時に初めてジンテーゼが生まれるがです。(あるいは、アンチテーゼがテーゼを飲み込んでジンテーゼになる場合もある。これを一般的に革命というふうに呼びます)

これが実は土人党の根底にあります。なぜなら、この正・反・合は古代大和王権の根本思想でもあって土佐の伝統でもあるきです。


高知に広範囲に勢力を張った秦氏は、3本鳥居を建てたり3本足のヤタガラスを信仰しちょったことで有名です。しかも土木氏族で酒を好む氏族。実はこの伝統というがはものすごく土佐に残されちゅうがです。

これこそ弥生時代後期の邪馬台国時代のものながですけんど、幕末土佐においても自由主義と尊皇主義が微妙な矛盾した関係でお互いを刺激しながら進んでいったがです。弥生時代の認識が幕末にも甦ったがやき、今でもないわけがない、やき、土佐は生きている(過去記事)ということながです。


このテーゼ・アンチテーゼ・ジンテーゼの弁証法を生み出したヘーゲルは、イマヌエル・カント『ウィキペディア(Wikipedia)』の批判哲学を批判する形で自らの哲学を打ち立てたわけやけんど、このヘーゲルの哲学こそ、古代日本のものと近いもんがあった。


地球交響曲『ウィキペディア(Wikipedia)』という映画(確か第2番のダライ・ラマの項やったと思うけんど、見たのが、もう10年くらい前の話やき、忘れてしもうたけんど)で、チベットの話題があるがやけんど、ちょうど上のような話が出てくる。右足と左足という矛盾したもんが、どういて人間にはついちゅうがな?みたいな。

ほんで、チベットでは右手と左手という矛盾したものを叩くことによって音を出す行為が神聖視されちょって、これこそまさに日本における拍手(かしわで)の起源でもあり、神社に行って手を打つがは、右手(テーゼ)と左手(アンチテーゼ)から音というジンテーゼを鳴らすという古代の深い深い哲学的認識ながです。


これが土佐で始まったわけながやけんど、なぜ土佐かというたら、四国は四方を海に囲まれて、東部に剣山というテーゼ、西部に石鎚山というアンチテーゼがある。ほんで古代はこの2つのテーゼから流れ出る川が浦戸湾に流れ込みよったがよね。(仁淀川は鏡川に合流し、物部川は国分川に合流しちょって、その合流地点は巨大なデルタ地帯やったわけです)

そう。

その2つのテーゼが重なる浦戸湾でジンテーゼという音が鳴らされていたということながです。音を鳴らす前には、剣山と石鎚山の水が融合した浦戸の水で手を清める(手水の起源)、ほんで音を鳴らして融合する。この祭礼の総合が神社神道でもあるがよ。鰹木などの神社建築、南方にしかない榊などの祭礼道具、そして宗教認識の根本原理、それらすべての起源を説明できる地形と風習が土佐にはあるがです。


やき、十市池にはイザナギの禊伝承があって、浦戸湾の周りにその子供を祀る神社が散在しちゅうがよね。


南に羽根を広げてテーゼとアンチテーゼ、そしてそれが中央で融合する、こんな神聖な地形は日本はおろか世界中探しても見つかりません。この神聖な地形を巡って古代の土佐でかなり大きな戦争と文明の融合があったがは容易に察しがつきます。日出ずる国というがはこのような土佐の地形と祭礼儀礼に端を発しちゅうがです。

テーゼ・アンチテーゼ・ジンテーゼは父・母・子の三位一体でもあって、古代日本ではジンテーゼは子供に重ねられました。高知のフラフ(Web高知)は、その記憶の再生でもある。石鎚山のすぐ隣の瓶ヶ森の男山・女山・子持ち権現山はこの信仰の名残で平安時代初期まで強烈に信仰されました。今でも巨大な行場が残っちゅうみたいですね。

そういう流れがあって国常立というジンテーゼが出来て、土佐邪馬台国というあらゆる民族が大同団結したクニができたがですね。

  ●参考→弥生時代のキリスト原理(過去記事)
      上記記事にも言及しちゅうように北九州を素通りして
      土佐に最新の大陸文化が流入してきた理由は
      このように土佐の地形に遡及することができるがです。


やき、土佐弁は高知県下のあらゆる方言を統合するような形で完成されちゅうがですね。

  ●参考→日本語の発祥は土佐弁(過去記事)

ほんでこの時に戴きに据えられたがが女王という天子であり、それを支持したがは、そこに集まった自由市民やったき、結果的に土佐人の中に自由主義と尊皇主義が今でも生き続けゆうということながよ。それが魏志に記載される女王卑弥呼の共立という文言につながってくるがです。


*****引用始め*****(邪馬台国の会より)
『倭の地は温暖で、冬も夏も・生(野)菜を食する。
(倭国は)真珠・青玉を(産)出する。その山には、丹(あかつち)がある。
・薑(しょうが)・橘(たちばな。または、こみかん)
・椒(さんしょう)・みょうががある。
父子や男女による (区)別がない。
人の性(情)は、酒をたしなむ。
盗窃(ぬすみ)せず、諍訟(うったえごと)はすくない。』
*****引用終り*****(邪馬台国の会より)


邪馬台国という国にこだわるつもりはないけんど、魏志倭人伝に記述された弥生時代後期に力を持った倭国の植生・風土・食文化は今でも土佐の伝統。他地域では薄れていって土佐にだけ残っちゅうというがは、当時、土佐が倭国の中心地やったということの傍証でもあるがよ。


ほんで、この三位一体思想を現代の国際関係に照らし合わせて解決しようとするのが、【中・日・米の三位一体基軸】(過去記事)でもあるがです。アメリカを剣山、中国を石鎚山と見立て、日本が浦戸湾となってジンテーゼとなっていくというモデルです。この思想の中にこそ土佐人が伸び伸びと生きられる世界があるがやないかと思います。

欧米の新自由主義路線、それ対するアジアというアンチテーゼ(新自由主義には必ず被害者がおる、それがアジアというアンチテーゼ)それを統合する第三の道こそ、日本の取るべき道であり(これは過去、大東亜共栄圏とも呼ばれた、しかし、これからはアジアと欧米をつなげる共栄圏を日本がリードしていく義務がある)世界を融合させるジンテーゼの道でもあると思うがです。

土佐独立、もしくは四国独立はそれを実現するために為されればえいと思います。それが土佐の、四国(倭国=和国=大和)の根本原理ながやき。


ここまで言わせてもろうたら、かなりのレベルまで説明できたき、うれしい限りですね。

土佐人は誰かの真似をせんでも、自分の魂を遡っていったら、ものすごい哲学的世界にある時ふっと、抜けます。そういう世界を共有できたら、こじゃんと楽しいと思います。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]