忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445
現在の国会や県議会というがは、どちらかと言うたら【飯炊き場】になっちょります。

今日の晩御飯は何にしますか~?、とか船員Aと船員Bが喧嘩しよりますけんど、どうしたらえいですか~?、とか。

そんなことは【飯炊き場】で個々の人間が解決することで、本来、国会とか県議会という神聖な場は【操舵室】でなければなりません。

【操舵室】というがは、どういう場であるかというたら、これから右に行くのか左に行くのかというイデオロギーを船長に意見具申し、民主主義的手法を経て、船の行き先を決定していく。

これがほんまもんの国会であり、県議会であります。

人間の度量を測ったり、個々の事象の対応を迫る場ではないと思います。


高知県議会においても、尾崎知事は日々の業務と議会での発言やスタンスの準備にと忙しく、どちらに高知県を進ませるのかを考える余裕なんかないと思います。これはどこの知事もそうでしょう。

民主主義国家と呼ばれる日本国の議会において神聖なイデオロギー対立というもんはなく、個々の事象に対する考え方の違いを表明するだけのもんになっちゅうと思います。



やき、高知県は、イデオロギーを集約する装置を{ゆうあい工房}に遡及したらどうかな、と思う(笑)

もう何年も前に書いたけんど、高知の民主主義は、もう少し直接民主制寄りになる必要があるがやないかなと思うちゅう。

高知県議会が間接民主制によって選ばれた代議士が個々の事象を議論するのであれば、市民たちは高知県がどこに向かうべきなのかを議論する(直接市民が参加する)イデオロギーの競合と融合の場を創造する。

(もっと詳しく言うたらイデオロギーは抽象論やき、現実に足を引っ張られゆう県議会が、地域通貨や道州制導入の準備会を発足させる日が来るわけがないということ。他地域がやり始めた後で、どうするがが?という後手の対応になるのが目に見えちゅう。これではいつまで経っても高知はよくならんということ。現実の対応を議論する県議会とどこに進むべきかのイデオロギー討議会は分ける必要がある)


これはなんか知事の『対話と実行』と同じような感じもするけんど、市民主導のいつでも開かれた装置とは本質的な差がある。

そこがブレーンとなることによって、直接民主制の通路が開かれる。これはすぐにどうのこうのという問題やないかもしれんけんど、将来的に高知はそうする必要があると思う。そういうのがこじゃんと好きな県民性があるき。


そこで重要なことは、如何に市民活動の拠点であっても、県のブレーンになるのであれば、如何なるイデオロギーも差別しないという思想・信条の自由を徹底的に保障する必要があります。


おそらく現在の民主主義というがは、早晩崩壊する。Netの発達によって時代にそぐわんなってきちゅうき。時代に合わせた民主主義というやつを発明する必要がある。

{ゆうあい工房}が、ブレーンになってNet上ではコメント・トラックバックで参加できて、リアルでも気軽に参加できる。それが無限のリアルソーシャルネットワークを生んでいくというストーリー。

そんなに難しくはないと思う。

どういてもモガリたい人は、リアルでモガリ倒したらえいし、あんまりリアルで人と話すのが得意やない人は、Webで参加したらえい。

こういうのがほんまの民主主義やと思うし、これは観光資源にもなる一石二鳥の無から有を生み出す知的財産。



人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]