忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [485]  [483]  [482]  [481
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DSC05753.JPG舟戸界隈を巡ってきました。鹿児神社⇒船戸天神社⇒白太夫神社⇒天竺神社です。

しかし、この舟入川沿いは、歴史が埋もれちょりますね。

しかも舟入川沿いの北側の道は、車がほとんど通れんくらいの自転車専用道路にしてえいくらいの道幅で気持がえい。

追手筋から真っ直ぐに東に抜けたらフジグランがあって、橋を渡ってすぐ舟入川沿いのサイクリングロードに入ることができる。これは意外と埋もれた高知の資産やね。

そっから、物部川の山田堰まではもちろんのこと、アンパンミュージアム・物部村・べふ峡まで到達するサイクリングロードを整備したら結構、すごいことになるね。

舟入川沿いは歴史があることはもちろんのこと、野中兼山の土木偉業のことととか、河川干潟系人工用水路に豊かな生態系が育まれゆうという生物学的な要素を詰め込まれちゅう。

重層的な歴史・水を殺さない治水利水・豊かな河川干潟生態系という高知の本質が舟入川に凝縮されちゅうような気がします。

DSC05766.JPGDSC05767.JPG


ひまわり太郎さんもたまに取り上げる白太夫神社にも行っちょりました。

墓の看板が曲がっちょったき、直そうとしたら取れてしもうたちや。差込が浅すぎるで。差込直したけんどスコップがないと奥まで指しこめんき台風がきたら倒れるかもしれん。今度スコップを持っていかないかん。全体的に管理が行き届いてなくてほんまにもったいないことやね。

白太夫のことについては、大阪の綱敷天神社の度会春彦(白太夫)の項に詳しく書かれちょって、大津に葬られちゅう白太夫が伊勢渡会氏やった可能性も浮上してきちょります。

ここでどんな問題が浮上してきちゅうかというたら、垂加神道を開いた山崎闇斎『ウィキペディア(Wikipedia)』は、若い頃、土佐に留学しちょって野中兼山と交流があったき、度会春彦の墓を訪れちょった可能性があるということながです。舟入川は野中兼山が作ったし、山崎闇斎は五台山(吸江寺)におったし、垂加神道を開く人やき、近くの神社はある程度把握しちょったと思う。その中でなんで白太夫にこだわるかというたら、ぎゅうこうは漢字に直したら牛江になる。闇斎は吸江と潮江の不思議な関係に気付いちょったかもしれん。それをつなぐのが白太夫。

そしてそれは伊勢神道であり、渡会氏の豊受信仰。大津の北側は国衙であり岡豊。岡豊は豊受の土地。岡豊のコウは、鴻ノ森のコウ、神田(コウダ)のコウで神のこと。河内(カウチ・コウチ)のカウでもある。豊受=河内=高知の妄想も意外といけそう。


晩年、山崎闇斎は若い頃学んだ土佐南学と、伊勢神道と吉田神道をミックスさせて垂加神道を大成させていくがですけんど、この垂加神道が幕末の尊皇思想に多大な影響を与えていくがです。土佐は一藩勤王のイデオローグの武市半平太が出てくるがですけんど、この思想の源流って結局、菅原道真・高視、白太夫にまで遡ることができるがやないかと思うがです。


田村安興さんの著作記事で書きましたが、自由民権運動と土佐南学のイデオロギー的連鎖が指摘されちょりますけんど、これを10世紀にまで学術的に遡らせることができるがやないかと思いよります。

それぐらい日本史にとって重要な遺産ながですね。白太夫神社は。

お墓まで行けんぐらい荒れちょって、荒れちゅうというか竹とたけのこが異様にすごかったけんど、どういうことながやろうね。たけのこの皮が氾濫しちょって、猪でもきたが?と思うたちや。



DSC05781.JPG
天竺神社もすごくって、階段が長くて、城の遺構が残っちゅう。なんていうがやったっけ(左写真)。堀切でもない、切通しでもない。敵兵を迎え撃つやつ。

これを見るだけでも天竺氏の当時の息づかいが伝わってきます。4,50人おったらもういっぱいいっぱいなるがやないかと思うほどの小さい山城やけんど、小さいきこそ妙なリアリティがある。

高知城でレンタサイクル貸し出して、そこから1時間くらいでつくがやないろうか。道も簡単やし。メタボな方にはぴったりのプログラムやないろうかね。

歴史を知って、お腹も引っ込む。こんなえいことはない。ほんで、ひろめ市場でリバウンド。そんな本末転倒話も高知らしいと言えば高知らしい。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]