忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [148]  [146]  [145]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尾崎知事が推進する滞在型・体験型観光の骨子

体験型の観光推進の一部であると思われる行事がこちら
土佐のおきゃく2008

これは一体誰を対象にしているのか?
釈然としない。

観光というのならば、県外から人を呼んでお金を落としてもらうことを
目的としてないといかん。

どんな人間を対象にしているのか?
年齢は?
住んでいる地域は?
交通機関は何を想定しているのか?
全く見えない。

HPを見ても、何を見に行ってよいのかわからない。
高知県人の自分でも漠然としすぎて何が行われるのかがわからん。

従って、行きたいとは思わない。

皆が協力して何かをやるというがはえいことかもしれんけんど
目的が釈然とせんもんに無益な力が使われるがは納得がいかん。

しかも、高知県は財政状態が厳しいにも関わらず
体験型観光を推進するということらしい。

それはこのようなイベントのPRにも
予算を割くということもあるかもしれん。


イベントにのせられて浮ついてもいかん。

しっかりと観光とは何か?を考えんといかん。

まずどっから人を呼ぶのか?

どんな年齢層を対象にするがか?

どういう交通機関を使って来させるがか?

組み込みツアーやキャンペーンの宣伝方法や時期、地域は
どこでどういう風に行えば最も効果的か?

こういう視点が欠けちゅうとしか思えん。


土佐のおきゃくというのなら
まず、高知のどこにそういう文化が色濃く残っちゅうかを調査して
明らかにする。
ほんでそういう文化は県外にないがか詳しく調べる。
(御柱祭とか九州の祭りにも似たようなもんがあるらしいきね)
広範囲におきゃくの文化がほんまに高知に残っちゅうがやったら
初めて日本で最後のおきゃく文化いうて銘々できる。

ほんでそれを東京にまず打っていく。
反応を見る。
どういうものやったら体験したいのか意見を吸い上げて
入念に観光の土台を作っていく。

まず東京で小イベントをやって成功したら
高知で大々的に始める。

これが普通の順序やろう?


なんかがおかしい。

とてもまともとは思えん。

だって自分が行きたくないき。
一体、県外から誰が行くがな?

学園祭じゃあるまいし。



以下は尾崎知事が昨年12月に述べられたこと。

花・人・土佐であい博について

この中で尾崎知事は
<「であい博」を滞在型・体験型の観光地づくりの起爆剤とするよう>
という発言をされている。

誰が何をいつどこでどういう風に滞在し、体験するのか?

基本が抜け落ちているような気がする。
まず、県外の人が高知のどういうところに魅力を感じるのか?
を洞察できていなければ、観光の起爆剤など生み出すことはできんと思う。

それは高知を知り尽くしてないといかんけんど果たしてどうか?

自分自身が高知を知り尽くした郷土史に精通した人物か?
それともそういう人間を片腕に持っちゅうき
そんなことが言えるがか?


批判されるには批判されるだけの根拠があるということも
知ってもらいたい。


だいたい知事がこのような漠然とした文章を知事ページに記載している時点で
誰も批判してないのが高知の経済力の弱さの
最も大きな要因やろうと思う。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まちづくりシンポジウム
>中心市街地の活性化や高知県経済の浮揚に関することでひとつ。

 昨日それこそ珍しく「まちづくりシンポジウムー中心市街地の活性化を考える」に参加しました。この種の会合は退屈で絵空事が多く時間の無駄でしたが、昨日はそうでもなかった。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_3112.html

 いかに高知市役所に都市計画がないのかを思い知りました。どうしてこんな市長が選ばれているのか?それは市民が馬鹿だからだ。

 自分の非力さを痛感。16年間何をしてきたのか。現状を変えられない自分が悔しい。

 これからだって変えられるだけの活動ができるかどうか。商売も厳しいし。

 でもやりたい。やって見たい。高知の街を変えてみたい。真底荘思うようになりました。


けんちゃん URL 2008/02/03(Sun)20:46:15 編集
場所をまちごうた
 コメント欄を間違えました。「政策の根底にあるものは」をここへ書きました。

 観光はまさに「光を見に来る」「わざわざ見に来る」のですから、その土地の本物のオリジナリティがないと人はお金と時間を費やして高知には来ません。

 その議論をまじめにしているのを聞いたことがありません。
けんちゃん URL 2008/02/03(Sun)20:58:57 編集
けんちゃん、まちづくりシンポジウムなど
>いかに高知市役所に都市計画がないのかを思い知りました。

それはとても重要な体験ですね。
それは自分も共有したいです。

>それは市民が馬鹿だからだ。

そこになってきますか。
やはり都市計画のビジョンやら政策で
市長が選ばれるような文化を醸成していかないかんですね。
選挙がコネで動きゆうところも高知を悪くしてますね。

>これからだって変えられるだけの活動ができるかどうか。

自分が考えるに、やはり市民の間で都市計画を語れる文化を
醸成することが重要であると思います。
それにはやはりやっしーさんなどのような方が
ブログで発言し続けることが一番の方法やと思います。

ただそれだけでもだめで、普通の人がこうしたらえいんじゃないか?とか、こうはどう?とか
そういう声がまずブログで上がってくる必要があるかと思います。
そのためにはやはりまずインテリジェンスの醸成というのも
同時に必要になってくるがやと思います。
都市計画や選挙結果が正しい方向に動く為には
やはり市民の文化醸成が必要やと最近すごく思うようになりました。
そうでなければ政治闘争で選挙戦で勝ったとしても
次で負ければ都市計画が後退してしまうきです。
目的はやはり快適都市の継続的な発展ですから
それを支える市民文化はやはり必要であると思います。

>でもやりたい。やって見たい。高知の街を変えてみたい。

まずはやはりブログなどでも情報を発信して
考えるきっかけを作ることも重要であるかと思います。
その情報源が高知市の都市計画よりも緻密で的を得たものであれば
市民は必ずその情報源に流れてくるとは思います。

快適都市3の冊子の中に記載されてます
まちづくりコーディネイターとは現代では
ブログで都市計画を発信する人間を意味しちゅうと思います。
そういう人をどんどん増やしていって
ネットワークを張っていくしかないと思います。
時間はかかりますが確実ではあると思います。

>その土地の本物のオリジナリティがないと人はお金と時間を費やして高知には来ません。
その議論をまじめにしているのを聞いたことがありません。

それは致命的やと思います。
それができてないということは何を残して
何を取り入れるのか?という取捨選択の思考も
全くないということになるかと思います。
おそろしいですね。
その結果が今の高知に現われちゅうだけのことですね。

ナカちゃん 2008/02/03(Sun)22:11:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]