忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高知県観光ビジョン

上の資料によると高知には観光客が314万人も来ちゅうそうです。

そんなに観光客が来ゆうのになんで高知はこんなに貧乏県ながでしょうか?
観光客314万人は気休めに過ぎません。
活かされてません。もしくは数字が間違うてます。

確かに夏は高知行きの飛行機は一杯で人気があります。
よさこいもあるからでしょう。


でもそれは自分が言うところの観光ではありません。
観光を再定義したいと思います。

観光とは一年中、人を惹きつける魅力を持つ資源によって
もたらされるものを観光と呼びたいと思います。

なぜなら、北海道にスキーに行った。
これって観光?違うと思う。

よさこいもスキーと一緒やろ?
よさこいを観光に含めたらいかんと思う。
あくまでもスポット的なイベントということで。

イベントで人を呼ぶのももうやめんといかんと思う。

なぜなら手間ひまがものすごくかかる。
歴史やったら一回、掘り起こしたらずーっと観光資源になる。


よさこいが好きやき言うて高知に移住してくる人はほとんどおらん。
たまにおるみたいやけど。

観光いうがは、ここに住みたいわという気持ちにさせる歴史とか伝統とか
それに影響されたオリジナルな地方都市社会を見てもらうことやと思う。

それが魅力的やったら人は自然と移住してくる。


人間がここに住みたい!って感じるがは
雰囲気が気に入ったとか町並みが気に入ったとか
人情が気に入ったとか
風土と気候が心地えいとかがあって

その次に

実際に生活できるが?
病院とか学校とかの施設は充実しちゅうが?とか
交通機関は便利なが?とか
インフラに興味が移ってくるがやと思う。

高知の場合は高齢化が深刻やき
観光と移住者誘致はセットにして考えていかないかんと思う。

田舎に定年退職者を誘致するがやのうて
高知市のコンパクトシティーにどれだけ有能な人材を呼び込むのか?
こういう視点もこれからは持っちょかんといかんと思う。

やき文化都市高知という価値が絶対必要になってくる。
文化都市高知をしてみむとてするなり


観光いうがは、その土地の歴史・伝統・文化から始まって
そこから派生した住みゆう人たちの雰囲気
ほんでその人らあが作りゆう現代的なインフラとか
社会の雰囲気とかも観光の対象になってくるとは思うがよね。

いくら伝統と歴史があっても
今時、川にふたして道路を造るらあて聞いたら
外国人はうんざりするろうし
東京の人間だって、無意味な自然破壊を見たら
高知は民度が低いがやね、文化レベルはそんなもんかって思う。

結果、文化力を持ったインテリな人たちは高知には移住してこん、となる。


観光、観光言うがやったらそういうところも含めて
トータルでプロデュースせんと
どっかでプラスになってもどっかでマイナスになっちょったら
プラマイゼロでやらんがましの状態になる。


花・人・土佐であい博をやるよりも
新堀川を残すことのほうが
少ない投資で最大の効果を得られる観光政策やと思うけんど
そこに気づかん間はおそらく脱線しっぱなしになるやろう。


観光いうがは、ふつふつを湧いてくる土地に染み付いた記憶を
見ることでもあると思う。

よさこいなんかはふつふつと湧いてきたものが
結晶した結果生まれた表面的なもんで
もっと重要なものはよさこいを生み出した土佐人のメンタリティー。
そしてその奥にある歴史と記憶。

よさこいはあくまでもショーに過ぎん。
その奥にあるメンタリティーを高知県人が説明せんと誰がそれをやる?

自分たちのルーツを説明するために
または表現するために観光はある。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
高知県の人口を100万人に!
高知県はどんどん人口が減少して高齢化も進みゆうけんど、あらたな価値を創造していくことによって、それに歯止めをかけないかんと思う。

やき、仕事をあまりせん定年退職者やのうて、若い人を呼んでいくべきやろう。これから子供ができるというような方々こそ歓迎です。

石垣島では、勝手に沖縄幻想に取り付かれた人が移住してきて、地元の人や行政との間でトラブルが絶えんらしいが、断じてそんなことになったらあかんで。

高知県の人口100万人回復計画を打ち出したいと思います。最盛期よりも多いけど。

それでいて食料自給率100%を保ち自然と調和したまちづくりを推進するためには、いきあたりばったりの政策ではどうしようもありません。

しっかりとしたビジョンを持った都市計画とセットにならなければなりません。

ひとつには、公共交通の整備。人口が増えても今よりも自動車利用を減らすようなレベルの高いシステムに再構築せないけません。

それ以前に、その移住先をどうするか?
これは、高知市一極集中ではなく、郡部の山奥の山村や漁村などで人口回復を目指したいと思います。高知市でも中心街の居住を回復させたい。ただマンションというやり方は好まんけど…。

今までずっと人口が減り続けてきただけに、インフラは持て余し気味です。学校も生徒数が減って、空き教室が多いしね。この点では、人口増加による設備投資面ではそんなに問題ないでしょう。

そして、公共交通の整備と一体化して、都市を無秩序に拡大させないコンパクトシティで行くのは当然です。

基本的には、昔からある市街地で、既存の建物を活用しながら再生していきます。

人口増に伴ってある程度は、新規の住宅等を建てる必要がありますが、決して短命なプレハブ住宅でなく、高知県産の木材を使って100年以上の使用に耐えうる建物にするべきです。そうなると、どういう街にしていくかという明確な方針が必要になる。長く根付くすみやすい街にするには景観にも配慮が必要です。

でも、最大の問題は産業。これを何とかせんことにはどうしようもない。東京一極集中を解体するしかないか…。国連機関や一部の官庁機能や大企業が移転でもしてきてくれたらえいがやけどね。これじゃ他力本願か…。
やっしー URL 2008/10/24(Fri)19:29:45 編集
Re 高知県の人口を100万人に!
>東京一極集中を解体するしかないか…。

東京と高知ではまず意識が違う。
繁栄、衰退は単なるその結果。

学ぼうとする意識があったら高知は変わっていくと思うで。

でも残念ながらガッツのある人間は
東京に行ったきり、もんてこんなる。
高知ではものたりんき。
打てば鳴る人たちの輪を作っていかないかんね。
ナカちゃん 2008/10/29(Wed)22:20:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]