忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [148
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尾崎知事が言う滞在型・体験型観光とは何だろうか?

少し考えてみる。

滞在とは県外観光客が高知県のどこかに滞在すること
体験とは県外観光客が高知県の何かを体験することであると思う。

では、一体それはどこに滞在し、何を体験するがでしょうか?
やはり釈然としない。

県外観光客が高知に旅行に来てホテルに宿泊すれば滞在であろうし
高知に観光に来ることで様々なことを体験しているだろうと思う。

滞在型・体験型観光とは言うが
滞在・体験しない観光などあるのだろうか?

そもそも体験しない観光というものがあるのだろうか?
桂浜へ行くだけでも体験しているわけですから
全てが体験型観光だと思う。


従って尾崎知事が滞在型・体験型観光と言っているものが
何を指し示しているのか自分にはわからない。


日本人は言葉を漠然としたイメージで捉えることがよくある。
ジェンダーフリーやグローバリズムなど。
政治とカネなんかもそうや。

マスコミが垂れ流す言葉を自分の内で検討することなく
イメージで捉えてしまう。

滞在型・体験型観光もその一種ではないだろうか?

何を指し示しているのかが全くわからない。
その指し示してところがわからない状態で音頭を取って気合を入れる。
ちょっとそのノリにはついてはいけない。
まあ、わからんもんはついて来るなと言われればそれまでですが(笑)

でもあまりにもひどい。


滞在型・体験型観光と改めて言うのなら
今まではあまり観光化されてなかった
農村民泊などを県をあげて推進していく。

これならわかる。

なぜなら今までとは力を入れる場所が違うわけですから
改めて滞在型・体験型観光と言ってもよいと思うからです。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
高知は観光地ではない
 高知には観光資源と呼べるものはありません。

 桂浜と高知城とりゅうが洞が1箇所にあればそういえるものなのかな。

 カジノのようなものもなければ、ハワイのように年中暖かいものでもなく、温泉もないし。

>滞在型・体験型観光と改めて言うのなら
今まではあまり観光化されてなかった
>農村民泊などを県をあげて推進していく。

 全く正解。それしかないでしょう。

 遊びで漁業や農業や林業をやるのは最高。仕事になると辛いものが遊びですと楽しいもの。

 それがある意味観光資源ですね。

 箱物のホテルで干乾びた料理を食べて観光バスで移動する。そんな時代ではありますまい。

 義理の会社の社員旅行や得意先の接待旅行の時代ではないですから。

 そういえば今城逸雄さんも気になることを言う手いましたね。

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/imajiho/imajho2.html

けんちゃん URL 2008/02/04(Mon)22:13:48 編集
けんちゃん、高知は観光地ではない
>http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/imajiho/imajho2.html

今城さんの言ってることは正しいですね。
ものすごくクレバーな感じがします。
なぜこういう方が知事を教育せんのでしょう?
今はやられてないんですよね。
やき現知事はあまりにも知らなさ過ぎる。

>「国の光を観る」ことが、もとの意味だとされています

ここはすごいですね。
まさにその通りというか観光客が光を見れば
そこに住みたいと思い始めますからね。
よく自治体がやりゆう定住キャンペーンなど無意味ですね。
やるべきことは最大幸福の増大ながです。

>いわゆる観光地でなんかを見るというのではなく、癒されたいというのに変っています

当たりですね。
自分の本業は癒しの業界です。
皆、癒される場を求めて、さ迷い続けています。
少し窓口を設けたら怒涛のようにお客さんが来られます。
それだけ都会の人は病んでいます。
その対価としてお金をもろうてます。
社会的使命も果たしゆうつもりです。
少人数では対応しきれないので
ビジネスモデルを真似してもらって
広範囲な癒しを提供しているつもりでやってます。

アロマやマッサージやヒーリングなど
様々な方法で私たちの業界では癒しが行われてます。

神社巡りもそことつなげられると感じていたので
地盤固めで何年も前から活動しよりました。
今ではパワースポット巡りが若い女性の最も興味のあることになりつつあります。
行政のやりゆうことやTVでやりゆうオカルトは論外ですね。
自分たちはセルフヘルプでの癒しを基本にしちょったがですけど
それで癒された人間というのはものすごい力を持つがです。
そのパワーが業界のムーブメントを支えているような感じです。

自分の土佐邪馬台国の構想はその流れの最も
最先端に位置づけしているものです。

高知の旅館を起点にして
土佐邪馬台国ゆかりの神社を巡ってもらう(笑)
もちろん旅館では様々なヒーリングを受けてもらいます。
これは自分たちでもできますし、知り合いもたくさんいます。
ものすごい価値になります。
もともと自分は癒しを黎明期から草の根でやってた人間ですから
何をやれば価値が生まれるのかは体験でわかってます。


こういう話を誰かが理解してくれればの話ですが(笑)

スピリチュアルは日本では今一番のムーブメントですから。

そこと農業を融合させて思想的妥当性を今、与えようとしよります。
そのことと今こうして高知でブログ活動しゆうことは大きな流れの中にあります。

農村民泊などはおそらく若い女性なんかは物凄く興味があるはずです。
お寺に瞑想に行くくらいですから(笑)
でもスタイルが昔のままやったら爆発的には
人気を博しません。
スピリチュアルと冠をつけないとだめです。
人が来ません。

それ以外でも複雑にエッセンスを絡めんと
目新しさが生まれません。

観光とは癒し、これを飛び越えて今は自分探しですね。
ほんでこれからは日本人探しになります。
日本神話は弥生時代ですき日本人探しは
結果的に邪馬台国探しながです。
それが旅行の目的にこれからなっていきます。

高知ははやめに体制を整えちょったらえいですけどね。
徳島に持っていかれんように。

ナカちゃん 2008/02/04(Mon)23:09:33 編集
高知まるごとイヤシロチ化構想
ナカちゃんはご存知かと思いますが、イヤシロチと呼ばれる癒される場所があるそうです。そこへ行くと体が軽くなるように感じがするとか。
実際に、農作物の育ちがいい、物が腐りにくい、そこに住むと健康でいられるなどの効用もあるみたいです。

神社の境内なんかはまさにそういう場所で、何か違う不思議な感じがします。多くはイヤシロチだということを知って納得しましたが。

高知の活性化は、イヤシロチを見つけそれを強化し、またケガレチであっても改善を施していくがが大きなポイントになると思いますね。

行くだけで癒される農村や漁村で、民泊して実際に体験する。砂浜での地引網なんか最高にえいですね。多くの砂浜はあんな醜悪なテトラポッドで埋め尽されてしもうたけど…。あれ見るたびに唖然とする、ほんまに。どうにかならんろうか?
やっしー URL 2009/01/31(Sat)00:00:27 編集
Re 高知まるごとイヤシロチ化構想
>イヤシロチと呼ばれる癒される場所があるそうです

地形が生み出す気が集まっちゅうところ。日本ではほぼそういう場所には神社がある。

>神社の境内なんかはまさにそういう場所で、何か違う不思議な感じがします

実際に気の通りが全然違う。現代人は明確に気を認識することができんなったけど古代の日本人はものすごく明確に気を認識しちょった。

そういう意味においては、人間という生命体は退化したとも言うてもえいと思う。その結果、山を削り、川を埋めてもなんとも思わんなる。感じる心が閉じてきて、何も感じんなる、感じんなったら本質を洞察することができんなる。ほんで知性が退化する。
ナカちゃん 2009/02/09(Mon)18:02:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]