忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


高知には公園がほとんどない。

あったとしても、ないに等しい。

自然が近くにあるき、別にそんなに力を入れんでもえいと思うちゅう。

高須のある公園は草ぼうぼう、遊具も錆びちゅう。
誰もこんやろ?そんなとこ。

城西公園は、ほんまに公園?

中央公園はコンクリートで固められて
何を象徴しちゅうがやろ?


やえもん公園は今作りゆうみたいなけんど
この前帰ったときにチラ見したら、まっさらやった。

またコンクリートで埋めるだけの公園?



公園いうがは子供が集まれる場所やないといかん。

車ですぐ行ったら自然がいっぱいあるきというがは大人の話。


子供の生活圏は狭い。
そこに公園がなかったら子供の息は詰まる。

ただでさえ、計画性のないまちづくりやき
子供はアップアップ。

自分が子供の頃は田んぼで遊ぶことが多かった。
それか空き地か。


今は両方ともない。ほんでゲームしかせんなる。

外で遊べいうても遊ぶところがない。


コンクリートで固められた公園なんか行きとうない。

殺風景やし、風が吹いたら寒い。
こけたら痛い。
見晴らしが良すぎて嫌な上級生がおったら捕まる。


やき、自然の新堀川みたいな川を保護するか
木がいっぱいある自然公園か
大人が責任持って、自分らあが子供の頃に育った
同じ環境を子供に提供せないかん。
それは義務。



子供と年寄りを真っ先に考えん行政は破滅しか招かん。


PR
けんちゃんのどこでもコミュニティー
中嶋さんとの対談の中でこういう言葉が出てきています。


>高知県民は自然と親しむことが、手軽に出来る立場にいます。

これは、都会におったらほんまに痛切に感じることながです。

楽しめる海・山・川が市内からすぐの場所にあるがは
とても贅沢なことやと思います。


自分が今、住みゆう所から海に行こうと思うたら
2時間は掛かる。
しかも休みの日は混むき、どれぐらい今日は混むがやろって考えるだけで
疲れるき、ほとんどの場合行く気にはならん。

行ったとしても、現地も混んじゅう。
海は汚い、人はいっぱい、帰りも混んじゅう。
一体、海へ何しにいったがやろって感じ。

全然、癒しにならん。
自然が癒しになってない。逆に疲れる。


山に行こうと思うたら、これまた混む。

しかも、山やけどありとあらゆる所は有料で
管理されちゅう。
これはほんまに自然か?という感じ。


川へ行こうと思うたら、ここも有料。
やっぱり混んじゅう。

行き場のない俺よりもちょっと若い人らあが騒ぎゆう。
これもちょっと疲れる。


ほんで、ほんまの自然に行こうと思うたら
遠いところまで行かんといかん。日帰りじゃあ無理。

一泊で伊豆まで行かんといかん。

高速代が高い。食べモンも高い。

ものすごいストレスがたまる(笑)
これも何しに行ったかわからん。

結局、家におろうと思う。
まるで監獄。

東京の経済的膨張はこういうストレスからきちゅう。


ストレスを発散するためにお金がいる。

そのお金を稼ぐために働く。

働いたらストレスが溜まるき、もっと金を使うて
ストレスを発散させようとする。

はっきりいうて経済的には効率が良くても
精神的にはめちゃくちゃ非効率。


高知はこんなん真似せられんと思う。
誰も真似せんか(笑)


高知は30分で海でも山でも川にも行ける。


しかも全部本物の自然。
無料で楽しめる自然。


30分で仁淀川に行って、泳げる、魚が釣れる、楽しめる。

30分で工石山に行って、登れる、おいしい空気が吸える、見晴らしもえい。
(見晴らし良かったかにゃあ、あそこの小屋みたいな所から
確か尾根が見えたような見えんかったような、、、)

30分で手結へ行って、泳げる、焼ける、ビールが飲める。
(種崎がきれいやったらえいけんど今は汚くなってしもうた。
自分が子供の頃(25年くらいまえか)は、海底がきれいに見えよった
それっくらいきれいやった)


この価値を絶対に失くしたらいかんと思う。

他の街とおんなじになってしまう。

こんなことが今でもできるがは経済発展が遅れきなが。


それを逆手にとっていかんといかん。

どっこも産業で海も川も汚れて取り返しがつかんことになっちゅう。


こういう価値を都市計画の核に持ってこんといかんと思う。


やき、当然、新堀川らあ”ふた”したらいかんわねぇ。



朝倉は大事にせんといかんで。

自分の妄想史観によると
古代の朝倉は仁淀川と鏡川がくっついて
浦戸湾に流れ出た最も豊かな場所やった。

ほんで朝倉神社がある。

古代史のことをあんまり知らんかったら
わからんかも知れんけど
朝倉神社に神体山と斉明天皇の伝説がセットにされちゅうのは
ほんとに驚くべきこと。

仁淀川には酒の話とか龍の話とか
いろんな伝説がある。

日下村もあったし、大山祇の石鎚山とも高知は朝倉でつながる。


ずばり言うと、雄略天皇時代の都は朝倉やった(笑)

それくらい重要なところ。


やき、高知市内の西の玄関口の朝倉を衰退させたらいかん。

たったうんびゃく年前にできた市内の埋め立て地なんかどうでもえい。


西の朝倉と北の土佐神社・秦、東の介良・岡豊ラインは絶対に衰退させたらいかん。
ほんで一番大事ながは、筆山とか高見山とかあの辺の山
絶対にいじくったらいかん。


高知の古代史を全然知らんずくにどこでもかしこでも
トンネルぶちかまして山を削るき高知は衰退する。

もっと先祖を大事にせんといかん。


大学を移転させるよりも
まず高知のことを自分らあがもっと知ることが大切。

高知は龍馬だけやない。

もっとこじゃんと古くておもろい歴史がある。


余計な道路を造って排気ガス撒き散らすよりも
遺跡堀りにもっと金を使うて
自分らあの先祖が何をしよったか?
それをしっていくことのほうが
長期的に見れば、より高い経済効果を期待できると思う。


自立というがは、自分たちの過去を知るということやきね。

歴史こそオリジナルやき。





『土佐のまつりごと』にこういう記事が掲載されていました。
追手前小学校とまちづくり

この中の
『それこそ「大学自治」としての意思が尊重されなければならない。』
というフレーズにこじゃんと反応してしまいました。


そうながですよね
高知市が大学を自分の都合のえいように移転させるがは
大学の自治、すわわち自由権を侵害する行為ながですよね。
民主主義に対する重大な挑戦ですよね。


簡単に言うと、高知市が高知大学を徴兵しようとしゆう。

そういう行政を罰する法律がなかったとしても
高知大が自由権を前面に押し出す裁判をやったら
高知市は絶対に負けるはず。

そもそも高知大がどういうスタンスかは知らんがですけど。


高知大を中心地に持ってくるいうがは
都市計画や経済政策の観点からも悪策ながですけど
大学の自由権への介入がほんまに一番、問題やと思う。

こんなことがまかり通ったら
そのうち、中心地が過疎になったきいうて
高知市内の人間が全員、中心地に強制移住させられるかも知れません。


お~の、こわいちや。

いちいち住むところを行政に決められたら、かなわんで。

好きなとこで酒飲ましてくれや(笑)



サプライチェーンマネジメントいうがは
コンビニなんかが原材料調達などを
効率化したりすること。

こういうマネジメントが横行する社会はやっぱりおかしい。

大企業は安く安全に原材料調達ができるように
一部の業者に大量に発注するか、自社で栽培するやろうと思う。

その影で零細農家が次々と潰れていく。

原材料費を極限まで切り詰められるき
はっきり言うて消費者は何を食わされゆうかはわからん。

安全ですよと言われても、それを確認する手立てはない。


一番えいのは、このサプライチェーンマネジメントを
やりゆう中間業者を省くこと。


それが日曜市拡大論の本質。

生産者と消費者を直結させる。


①零細農家の保護

②地産地消の最大化

③ハゲタカスーパーの牽制

④ ①、②により高知の食に対する安全性の価値が増大し
 『食の高知』ブランドが全国的に認知される。

⑤ ④により観光客も少しは増える。

⑥中心市街地の活性化も行える。

⑦市から半径2kmはハゲタカスーパーの進出を制限する。
 中心市街地に住む人は市で買い物を済ませる。

⑧中心部は車の乗り入れを禁止する。
 歩きやすい街になる。子供と年寄りが増える。
 歩いて市に買い物に行ける。駐車場がいらん。
 (けんちゃん

⑨路面電車を発達させる。(やっしーさん
 年寄りは車に乗れんき、市で買い物ができる。
 病院にも行ける。

⑩新堀川で魚が泳ぎゆうのを見て帰る。


これが土佐のヒューマンチェーンマネジメント



高知にアメリカの支配主義的な思想を持ち込んだらいかん。


土佐の街路市(日曜市)

商店街が衰退しても日曜市が衰退せんがは
それがいかに本質的であったかを証明しちゅう。


帯屋町などの商店街の商材は基本的に都会からの輸入。

都会で流行ったもんを単に仕入れに行って
交通費を上乗せした分を価格に反映させても高知では売れた。
他に買うところがなかったき。


でもネットができて、都会と同じ商材を扱う店は
都会と同じ土俵で戦わんといかんようになった。

交通費が掛かる分、高知は不利。
やき、つぶれる。
これは高知じゃのうても、都会に文化依存をしてきた地方は
全て同じ状況。


やき、構造を変えんといかん。

商材を都会に求められん。

自分とこで取れるもんを売り出さんことには
物流コストで負ける。
これが今の現実。
それを導き出したのはインターネットと宅急便。


生き残る道はただひとつ。
オリジナルを追求することのみ。


日曜市はいろんなことを教えてくれる。

そこには高知らしさと経済の自立性がある。


日曜日に県下から集まってくる人たちは
高知らしさを持って集まる。

それを見に、みんな集まる。

誰も依存してない。


16世紀から日本で楽市・楽座の経済政策が行われたけんど
高知市も商店街を買い取って、不動産価値という既得権益を潰し
楽市・楽座政策を行うべき。
そうすれば、日曜市が拡大する。


藩(高知市)が(大学やモールを中心地に移転する)
市や座を管理統制できるなどという
16世紀にも劣る経済政策を行うべきじゃない。


金をつこうて全部がぶっこわれるだけ。




高知のサニーマートがよく使いゆう手法ながやけど
ハゲタカが高知にやってきた時に
そのハゲタカと提携して利益を上げるっていう手法。

これはスコットランド的手法。

ローマが攻めてきた時に魂は売り渡さんかったけんど
それ以外のもんを全部売り渡した。

結局、スコットランドは今になって独立の気運が盛りあがちゅうがやけんど。
売り渡したら取り戻すのに苦労する。


丸亀の商店街もこれ的な手法で商店街を活性化させゆうみたいなねぇ。

言うたら準植民地主義みたいな感じで
郊外型ショッピングセンターを中心地で展開するというやつ。

これはおそらく高知市のモデルにもなっちゃあせんろうか?

追手前小学校移転らあて、ばっちりこの準植民地主義やね。


でも、これは苦肉の策やきね。


ほんまは植民地主義には民族自決で対抗せないかん。

それで、日本人は戦争に負けたがやけど
今では植民地主義の走狗やね。

時と場合によってはアメリカよりも酷い場合がある(笑)


結局、サニーマートとか丸亀商店街の準植民地主義の戦略いうがは
選挙の勝ち馬戦略とおんなじで
強いもんになびいていくっていうことながよね。



こういう考え方が日本中に蔓延しちゅう。


でもこれはね、心情的にもおかしいとは思うけんど
民主主義の原則からもこじゃんと逸脱しちゅうと思う。


なんでかって言うたら
この国で思想・信条の自由が認められちゅうがは
逆にいうたら自分の考えで生きていくっていうことを
前提にしちゅうはずながよね。


でも勝ち馬戦略はこれを完全に否定しちゅう。
ひとつの考え方に収斂されていくのはおかしいやろ?
様々な考え方をまとめる考え方が出てくるがが
民主主義のえいところやと思うけんど、今の社会はひとつの考え方を
支持するか支持せんか、そういう社会構造になっちゅう。

自分が経済的に利するために思想・信条を犠牲にしちゅう。

これは民主主義を根底から覆す行為ながよね。


もし勝ち馬勢力を民主主義の社会で赦すがやったら
負け馬勢力を保護する機能なり組織なりを作らんといかん。

そうせんとバランスが取れん。


言うたらブラックバスとかブルーギルが暴れまわりゆう。

民主主義やいうてほっちょったらあっという間に
日本固有種が絶滅するで。
民主主義はほっちょくという意味やないで
いっぱい意見・考え方があることを保障するっていう意味やきね。
やき、ブラックバスが池を統一するがは民主主義の原則に基づくがやのうて
ファシズムの原則に基づいただけながちや。

おかしいよねぇ、アメリカの魚も植民地主義やき。
アメリカ人全員が植民地主義いゆうわけやないで。


政府のあり方としてはブラックバスを捕獲して減らすことしかできんけど

最近では食べることを文化にしようとする試みもなされゆう。
これはビンゴやね。
ブラックバスより強い人間が食べていけばえいがって。
ほんならバランスがとれる。


社会もおんなじで勝ち馬主義を食うていく
民族主義いうのを出していかないかんがよね。
出しすぎたらいかんけど。

強いモンにつくっていうがは日本人にとっては
はっきり言うて”恥”以外のなにものでもない。


大人がこんなに勝ち馬に乗りゆうのに
子供にいじめをやめろっていうがは矛盾しちょらーねぇ。


腹で茶がわきそうやにゃあ。


おれはもっとWILLをがんばってほしかった。
WILLブランドがサニーオリジナルかどうかは知らんけど。

あっさり勝ち馬に乗るいうがは
高知のパトリオットを急激に萎えさせる原因にもなるがよね。
言うたら士気が低下するがよ。

そういうことをあらゆる領域でやりゆうき
高知は発展せん。

発展の根底にはパトリオットが絶対あるはずながよね。

パトリオットはオリジナルを意味するき
勝ち馬に乗らんこと、弱いもんを支持すること
強いもんと戦うこと、こういうメンタリティーからしか
オリジナルは生まれてこんがよね。

やき、全国一律の郊外型店舗が力を持つっていうがは
実は将来的には日本そのものの衰退を意味しちゅうがって。




私の考える高知県民マニフェスト(27)
(今日も自転車は走る。より)

上記のやっしーさんの記事に関連して
自分の考えちゅう街づくりを飲んだくれ思考で
もう一度考えてみたい。

http://genimakkoto.blog.shinobi.jp/Entry/28/
この記事にも書いたけんど
高知が日本全国に誇れる(笑)文化は
やっぱり”飲み”の文化やと思う。

それは、よさこいとも実は裏でつながっちょって
高知の表の顔が”よさこい”やったとしたら
裏の顔は”おきゃく”ながよね。

よさこいが”動”でおきゃくが”静”。
(いうたち、おきゃくで暴れる人もおるけんど(笑))

全国的によさこいが受け入れられるようになったがは
地域活性化とか単純に踊りたいとかいろいろ理由はあるとは思うけんど
その根底にあるもんはよさこいの自由度が高いということにあると思う。

それがおきゃくにもある。

よさこいが受け入れられるがやったら
おきゃくも今、必要とされちゅうはずやと思う。
個人主義という変な文化を外国から持ってきたき
人と人とのつながりが薄くなってきちゅう。


”高知で朝帰り”
みたいなフレコミでえいがやないろか?
夕方くらいからちょっと飲みたいなと思うけんど
一緒に飲みに行く人がおらん。
ほんなら高知へ行くか、みたいな。
夕方、東京とか大阪を飛行機で出発して
夜通し、やりきって朝もんてくる。

やき、やっしーさんの空港から中心部まで結ぶ路面電車は絶対必要。
となってくる。

高知の公共交通を発達させるがは飲んだくれ。
飲酒運転したらいかんき。
対外的にもプラスイメージで受け取られるき、えい。

自分の好きなギネスのアイルランドもそんなんで人がきゆう。
(それだけではないと思うけんど)
でも、ダブリンのビール工場とゴールウェイのパブを見る限り
やっぱりあの国の観光は”飲み”がメインやと思う(笑)


いかん、これはめちゃくちゃおもろい、おもろすぎると思うけんど
あまりにも漠然としすぎちゅう。

おきゃく文化の復興は行政では出来んき
市民がなんとか再興せんといかん。


ここまでは、外向きの復興策やけど
内向きの復興策は柳町の復活やろうと思う。

いうたら高知の歌舞伎町がなくなりかかっちゅう。

自分がこんまいころは父親がめかしこんで
柳街へ行ってくるき、いいよった。
今はそんなブランドもないやろう。

中心地の衰退っていうがはそういうところからもきちゅうと思う。

モールらあを持ってきても高知の人間がアイデンティティーを
失うだけに終わる。

資本主義と個人主義が
社会主義と全体主義の高知をめちゃくちゃにしてしまう。


地域活性化は新しいモンをやみくもに取り入れるんじゃのうて
伝統と文化を新しく焼きなおすことによっておこるがやと思うで。

やき、土佐弁も大事にせんといかんと思うて
ここでは、土佐弁で記事を書きゆう(笑)


”よさこい”と”おきゃく”のさらに奥には
この土佐弁がひかえちゅう。

全ての高知の文化はこの土佐弁からきちゅうがよね。


やき、言葉なくしたらいかんよね。

はじめに言葉ありきやき。



フォローしてちや
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]