忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [96]  [95]  [94
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


高知には公園がほとんどない。

あったとしても、ないに等しい。

自然が近くにあるき、別にそんなに力を入れんでもえいと思うちゅう。

高須のある公園は草ぼうぼう、遊具も錆びちゅう。
誰もこんやろ?そんなとこ。

城西公園は、ほんまに公園?

中央公園はコンクリートで固められて
何を象徴しちゅうがやろ?


やえもん公園は今作りゆうみたいなけんど
この前帰ったときにチラ見したら、まっさらやった。

またコンクリートで埋めるだけの公園?



公園いうがは子供が集まれる場所やないといかん。

車ですぐ行ったら自然がいっぱいあるきというがは大人の話。


子供の生活圏は狭い。
そこに公園がなかったら子供の息は詰まる。

ただでさえ、計画性のないまちづくりやき
子供はアップアップ。

自分が子供の頃は田んぼで遊ぶことが多かった。
それか空き地か。


今は両方ともない。ほんでゲームしかせんなる。

外で遊べいうても遊ぶところがない。


コンクリートで固められた公園なんか行きとうない。

殺風景やし、風が吹いたら寒い。
こけたら痛い。
見晴らしが良すぎて嫌な上級生がおったら捕まる。


やき、自然の新堀川みたいな川を保護するか
木がいっぱいある自然公園か
大人が責任持って、自分らあが子供の頃に育った
同じ環境を子供に提供せないかん。
それは義務。



子供と年寄りを真っ先に考えん行政は破滅しか招かん。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
子供遊びはたいへん
 サッカーなどはJリーグの効果で子供対策がしっかりしているようですね。

 自分なども夏は20年前から主に中学生にヨットを教えてきました。教えるというか一緒に楽しんできただけですが・・

 でもそれは物凄いエネルギーがいります。海は危険ですし、安全に気遣いながら興味をもたせることがたいへんでした。

 朝飯を食べてこん子供が半分おる。そういう子供はすぐ船酔いする。自然体験は無理。その子供の親も同じようなもの。

 こちらはボランティアでだんどりから、指導や片付けまで1日中なぐれているに、子供の親に1度としてお礼を言われたことがない。日本はざっとした社会になっちゅうと思う。

 公園については、なかが見えないといかんということで、木を切ってみとうしを良くする工事をしています。

 公園に木を植えると「落ち葉で家の樋が詰る。掃除に来い・これなければ木を切れ」と市役所に電話する「心無い市民」もおるようです。

 桟橋通りの街路樹も「見通しが悪いし、落ち葉の掃除がたいへんだから伐採してくれ」と議員を使って陳情する心無い市民までおりますし。

 市民のレベルがあがらないと公園のレベルは上がりません。
けんちゃん URL 2007/12/25(Tue)08:25:09 編集
むつかしいですね
>自分なども夏は20年前から主に中学生にヨットを教えてきました

それはすごいことやと思います。
とても自分には真似できません。

>安全に気遣いながら興味をもたせることがたいへんでした。

ほんまそうですね。

>日本はざっとした社会になっちゅうと思う。

それはあるかも知れんですね。
高知はどうかは知らんですけどニュースで話題になる親は
感謝せんずく学校や病院の責任ばっかりを追及する。

>木を切ってみとうしを良くする工事をしています。

そうながですね、ある程度理解できました。

>「落ち葉で家の樋が詰る。掃除に来い・これなければ木を切れ」

これは身勝手な人ですね。
公園の恩恵を受けながら木を切れ、なんていうがはひどい。
木が嫌なら刑務所にでも行ったらえいがです。
木があって人間があるわけですから。

>議員を使って陳情する心無い市民までおりますし。

なんという愚かな市民なんでしょうか。
それはまるで認知症になった自分の親を役所が介護する法律を作れと言っているようなもの。
自分が何から生まれてきたのかをまるで認識できない大馬鹿ものですね。

>市民のレベルがあがらないと公園のレベルは上がりません

ほんまにそうですね。
政治に関してもそういうことが言えそうです。
民度が低いというがはこういうことを言うがでしょうか。
でも高知の場合はそういうことをしゆう人が身内におったりするがよね。
むつかしい。

ナカちゃん 2007/12/25(Tue)18:01:24 編集
公園のあり方・子供の遊び場
どうも、公園=子供の遊び場という考えには疑問を覚えます。頭では分かっても、どことなく違和感があるのです。

どうも、私が育った環境にあるみたいです。夜須町ですが、公園なんかはなから必要なかった。遊ぶ場所は、思い出してみると手結の浜だったり、手結の漁村の空間そのもの(路地裏だったりお寺だったり)や、港の防波堤、夜須川の川原や小川で魚を捕ったり、堰きとめで泳いだり、手結山付近の山道を探検したり、あちこちを自転車で走ったり競争したり・・・。ほぼ全域が遊び場でした。だから公園なんか必要ないです。街にかまえられた児童公園なんか当時から誰も遊んでいませんでした。
だから、子供は公園で遊ぶものなのかということは実はよく分からないのです。とすると公園にはどういう役割があるのか。犬の散歩をしたり、物思いにふけりに行ったり、広場でサッカーや野球などをしたりということでしょうか。いずれにしても、公園しか遊び場のない環境はつまらない。ゲームに流れてしまうわけですね。

昔は、街でも道自体が子供の遊び場でした。こち亀の両さんの子供時代のシーンを思い浮かべればいいかと思います。都市でもフィールド全体が子供の世界だったわけです。子供にとっては昔はいい時代でしたね。それも、自動車の侵略で破壊されてしましました。自動車削減の上でその視点も重視しています。きっと子供が道で楽しく遊ぶ光景は取り戻せるでしょう。いや復活させるべきです。

それにしても、夜須でも子供が遊んでいる姿を見かけなくなった・・・。子供自体が減ったのでしょう。それともみんなゲームばかりしてるのか、塾へ行っているのか。実態はよく分かりませんが。

>ニュースで話題になる親は 感謝せんずく学校や病院の責任ばっかりを追及する。

モンスターペアレントとかモンスターペイシェントとか言いますね。変な社会になったと思いますね。
やっしー URL 2008/07/26(Sat)01:49:34 編集
Re 公園のあり方・子供の遊び場
>どうも、私が育った環境にあるみたいです

自分も子供の頃は公園で遊んだ記憶はないですね。
でも当時は車が少なかった。
自分の家の周りは田んぼだらけで車もほとんど通らんかったですよ。
そういうところに公園はいらんでしょう。
でも今は違う。
どこに行っても車が通る、幹線道路が混んじょったら狭い道が裏道に使われる。
小学生に上がる前の子供を持つ親はおちおち
散歩もできん世の中です。
車のことを気にせずに子供を歩かせることができるのは
公園かショッピングモールか、そんな状況に
なってきちょります。

高知も早晩こんな感じになるでしょう。
自分の育った一宮なんかは東京より生活環境が
悪くなってます。
都市計画の中に緑を保全するという思想が含まれてないがです。

>子供は公園で遊ぶものなのかということは実はよく分からないのです

緑がほとんどないところで生活したことがなければ
たぶんその意味が理解しがたいとは思います(笑)
しかし高知市内は東京よりも緑がない街へと変貌しつつあります。

>塾へ行っているのか。実態はよく分かりませんが。

外で遊ばなくなったがやなくて、遊ぶ場所がないなったがです。
不動産価値が上昇してあらゆる土地が管理されて
建物が建ち、遊休地(空き地)というもんが
なくなってます。
ものすごく窮屈ですね。

自分たちが子供の頃よりも土地管理の合理化が進んじゅうことも
注意する必要がありますね。

>モンスターペアレントとかモンスターペイシェント

ある意味、権力によって支配されたことに対する
正常な反応であったりもします(笑)

とにかく人間を支配したりコントロールしたりする状況が
あらゆる局面で繰り広げられちょります。

もっと自由を生み出さんといかんと思います。
楽市楽座ですね。
ナカちゃん 2008/07/27(Sun)13:01:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]