忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [96]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

けんちゃんのどこでもコミュニティー
中嶋さんとの対談の中でこういう言葉が出てきています。


>高知県民は自然と親しむことが、手軽に出来る立場にいます。

これは、都会におったらほんまに痛切に感じることながです。

楽しめる海・山・川が市内からすぐの場所にあるがは
とても贅沢なことやと思います。


自分が今、住みゆう所から海に行こうと思うたら
2時間は掛かる。
しかも休みの日は混むき、どれぐらい今日は混むがやろって考えるだけで
疲れるき、ほとんどの場合行く気にはならん。

行ったとしても、現地も混んじゅう。
海は汚い、人はいっぱい、帰りも混んじゅう。
一体、海へ何しにいったがやろって感じ。

全然、癒しにならん。
自然が癒しになってない。逆に疲れる。


山に行こうと思うたら、これまた混む。

しかも、山やけどありとあらゆる所は有料で
管理されちゅう。
これはほんまに自然か?という感じ。


川へ行こうと思うたら、ここも有料。
やっぱり混んじゅう。

行き場のない俺よりもちょっと若い人らあが騒ぎゆう。
これもちょっと疲れる。


ほんで、ほんまの自然に行こうと思うたら
遠いところまで行かんといかん。日帰りじゃあ無理。

一泊で伊豆まで行かんといかん。

高速代が高い。食べモンも高い。

ものすごいストレスがたまる(笑)
これも何しに行ったかわからん。

結局、家におろうと思う。
まるで監獄。

東京の経済的膨張はこういうストレスからきちゅう。


ストレスを発散するためにお金がいる。

そのお金を稼ぐために働く。

働いたらストレスが溜まるき、もっと金を使うて
ストレスを発散させようとする。

はっきりいうて経済的には効率が良くても
精神的にはめちゃくちゃ非効率。


高知はこんなん真似せられんと思う。
誰も真似せんか(笑)


高知は30分で海でも山でも川にも行ける。


しかも全部本物の自然。
無料で楽しめる自然。


30分で仁淀川に行って、泳げる、魚が釣れる、楽しめる。

30分で工石山に行って、登れる、おいしい空気が吸える、見晴らしもえい。
(見晴らし良かったかにゃあ、あそこの小屋みたいな所から
確か尾根が見えたような見えんかったような、、、)

30分で手結へ行って、泳げる、焼ける、ビールが飲める。
(種崎がきれいやったらえいけんど今は汚くなってしもうた。
自分が子供の頃(25年くらいまえか)は、海底がきれいに見えよった
それっくらいきれいやった)


この価値を絶対に失くしたらいかんと思う。

他の街とおんなじになってしまう。

こんなことが今でもできるがは経済発展が遅れきなが。


それを逆手にとっていかんといかん。

どっこも産業で海も川も汚れて取り返しがつかんことになっちゅう。


こういう価値を都市計画の核に持ってこんといかんと思う。


やき、当然、新堀川らあ”ふた”したらいかんわねぇ。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
高知県各所のネットワーク化の要は公共交通
>30分で仁淀川に行って、泳げる、魚が釣れる、楽しめる。
>30分で工石山に行って、登れる、おいしい空気が吸える、見晴らしもえい。
>30分で手結へ行って、泳げる、焼ける、ビールが飲める。

ほんまですね。高知のすごいところはこれ。
高知市街を離れるとすぐに自然と触れ合うことができる。私もすべて把握できてはいませんが、宝の山であることは間違いないようです。

この価値を生かすためには、各所を相互に結ぶ公共交通ネットワークが充実していなければなりません。

自動車でのアクセスは、それが集積すると自動車の氾濫となりそういう自然の魅力が台無しになります。いくら自然が良くても、その入り口に巨大な駐車場があったら興ざめです。
文化財の話ですが、法隆寺のまん前に観光客用の巨大駐車場がドーンと構えてあったらどう思いますか?

だからこそ公共交通機関に誰もが気軽に乗れる社会体制を構築すべきでしょう。

直通運転ネットワークの路線図です。
http://yassiblog.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2007/11/29/network.jpg

このように高知市内から直通電車が走るようになれば、ふらっと市内の電停から電車に乗って、手結や安芸、奈半利などにも行けます。
西部方面も同じく、ふらっと市内から乗って佐川や久礼や四万十川方面にアクセスできます。それも私の構想では、市内を出ると京浜急行並に速い運転しますからあっという間ですよ。はりまや橋~夜須は急行電車で27分、安芸までも40分、須崎も40分、こうなれば若干都会よりは本数少なめでも都会並みの水準になれます。車両数を確保すれば混雑を避け、クロスシートでゆったり乗れますから東京以上ですね。理想の公共交通を実現できます。

公共交通を交通の中心軸に添えるという考えは、都会も田舎も基本的に同じですね。行き過ぎた自動車交通至上主義は、根本的に病理を抱えています。

それにバスのネットワークもレベルの高い鉄道としっかり連携できていれば、東洋町にも馬路村にも、梼原にも気軽に行けます。こうなれば、高知県在住の人だって高知の良さを再発見するようになると思います。

外部からの観光客も、マイカーでなく列車や飛行機で来て、便利なライトレールやバスであちこちまわって高知を愉しんでもらうのがよりいいですね。これも観光を活性化して自動車を招くほど、渋滞や交通事故、駐車場による土地侵略など自己矛盾を抱えます。それは避けねばならないです。

あと、高知には幹線道路沿いのロードサイド店は全く似合わない。こういう店舗もライトレールや直通する鉄道の主要駅に店舗を集めるコンパクトシティが向いています。後免町なども、ロードサイドにある商業をもう一度旧市街地に持ってきて街を再生しましょう。駐車場になった土地に再び店舗をつくって。街の傷口を治しましょう。
やっしー URL 2008/07/26(Sat)01:16:10 編集
Re 高知県各所のネットワーク化の要は公共交通
>自動車でのアクセスは、それが集積すると自動車の氾濫となり
そういう自然の魅力が台無しになります。

これはまさにそう。
30分以内で海・山・川を満喫できるコンパクトシティには
自動車は非合理的です。
場所はくうし、排気ガスくさいし、まるで
えいことはないですね。
高知のコンパクトシティは手結、伊野、土佐町を
限界として
自然結合型の全く新しいシティを模索せんといかんと思います。

>だからこそ公共交通機関に誰もが気軽に乗れる社会体制を構築すべきでしょう。

それもほんまにそうやと思います。
バリアフリーなどは当たり前で半個室化
車椅子専用室、ベビーカー専用室などの
どこもやってないことをやる必要がありますね。

>直通運転ネットワークの路線図です。

これはすぐにでもやる必要がありますね。
むしろやってないことの方が異常です。
公共交通を一元化して効率化することは本来
県が主導してやるもんです。
それをやらんずくに道路を造る。
異常者としか思えんですね。
やっしーさんの視点は県よりもよほど理性的で
論理的です。
言い続けて下さい、現実は正しい方向に転びますから。

>あと、高知には幹線道路沿いのロードサイド店は全く似合わない。

ほんま、ほんま。
おきゃくの文化がないなりますね。
車という個人主義の鉄のかたまりで
ショッピングに行って金を払うときだけにしか
会話をせんようなアメリカ的ロードサイド型は
高知には不向きです。

もっと高知はどろどろしちゅう。
人間が絡み合って社会ができあがっちゅうき
それに合わせて交通手段もつくらんといかんね。


ナカちゃん 2008/07/27(Sun)12:40:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]