忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178
高知市中心部に何を持ってくるかについて。

イオンとの機能分化で中心市街地が
文化・芸術の機能を担うというところまで
掘り起こしているのでさらにもっと考える。

公共交通の心臓部にして
中心市街地を車を使わない観光の中心地にするということはここで書いた。
南都北嶺のまちづくり

それは同時に何を意味するかと言うたら
歩く人が増えるわけやき、あちこちにトイレとか必要やし
歴史を観光する人は年輩の人とかが多いわけやき
どうしてもバリアフリーを徹底せんといかんということ。

そうしたらさらに年寄りとか体の不自由な人とかが来るわけやき
街全体がそういう人たちに対応してくる。

それがやっぱり大きいと思う。
イオンがいくら構造的にバリアフリーを実現しちゅうというても
コンテンツは年寄り向けじゃあない。
年寄りはショッピングなんかよりも
おいしい野菜とかおもろい歴史とか散歩とかに興味がある。

けんちゃんが言及しゆう中心市街地への老人ホーム建築案は
そういう意味においても重要な意味を持つ。

公共交通をイオンとつなげることによって
イオンとは違う価値に基づいて価値を形成しなくてはならなくなるので
中心市街地は例えば映画館で言えば
ミニシアターなどの形式で生き残りが図れる。

それは老人にも優しい。
近くには図書館もあるし、役所も病院もある。

うまく整備すればセレブリティーな生活ができる。

やっしーさんとの話で巨大本屋を作るという案があったが
それはどちらかと言えば、イオン付近に持っていったほうがえいろうかね?

イオン=商業地
中心市街地=文化・芸術

という構図は出来上がったけんど
もうひとつ

イオン=巨大
中心市街地=コンパクト

これも付け加えたい。
やっぱり巨大なもんは疲れる。
コンパクトなもんは疲れん。

新宿・渋谷は巨大、ほんで疲れる。
自分はコンパクトな吉祥寺が好きやった。
街の隅から隅までが狭い、歩く距離が少なくて済む。
その中に凝縮されちゅう。
中心市街地はそういうイメージでえいと思う。
というかそういう形でしかできんか(笑)

疲れにくい街っていうのも重要なテーマやね。

こういう要素がぎゅっと詰め込まれたら
老人セレブリティーの街ができる。

老人ホームの価値も上がる。

老人がこじゃんとろいろいし出したら
中心市街地へ車を乗り入れることも危ないき
規制の方向に向かうかもしれん。

それは公共交通の心臓部という思想と全然バッティングせん。
むしろ親和性が高い。

老人が集まるところは子連れも集まるき
人はたぶん集まってくる。


老人ホームだけやなくて健康な老人も中心市街地に
移住できる政策をしたらえいと思う。

都市機能を享受できながら
新鮮で安全な地元の野菜が食べられる
ほんで海・山・川にもすぐ行ける。

それは老人にとっても介護者にとっても魅力的。


ほんで老人セレブリティにとって夜須がリゾートになる。
しっかりと公共交通をつなげて価値にするべし。
夜須と中心市街地の間に飛行場があるのもえい。

川に行くときは伊野まで電車で行ったらすぐにぞぶれる。

ほんで電車をイオンのさらに北の山の麓まで走らせて
傾斜のあるところはゴンドラを引く。

ほんなら山もすっと行ける。
正連寺を老人の癒しスポットに開発したらえい。
これはちょっと妄想の領域やけど。

でもこれをやったら
中心市街地から電車で30分で海・山・川に行く事ができます。
というフレーズを宣言する事ができる。
しかもはりまや橋を中心にして東は海、西は川、北は山という
わかりやすい構図を提供できる。

ほんで南の桂浜へはフェリーと。

やっぱりドル箱やね高知市は。
新堀川なんかにふたしゆう場合やないねぇ。

文化・芸術・癒しの国土佐へようこそ!


移住者を中心部にも呼び込んだらおそらく中心部自体が
イオンあたりまで広がると思う。

市内人口50万人くらいで?

そこまでいったら四国の州都は間違いなく高知やね。
そこまでの価値を発信できるところはない。

日曜市の拡大で、もしくは物産公社の展開
県下の野菜などを含めた物産は中心市街地かイオン付近に
集められるわけですから
食の安全も確実に確保されるわけです。


こういうのを文化的な生活というがやないでしょうか?


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ゴールデン・マフィア
 そういえば20年ほど前に安岡正博さんにアメリカへ連れて行っていただいたときに、ヤッピーとかディンクスという言葉とともに、「ゴールデン・マフィア」という言葉を聞きました。

 お金持ちのパワフルな高齢者のことでした。株や債権取引で資産運用し、カジノでは朝は散歩しお昼まで肌を焼いたら、カードをしにカジノに来る。

 夜はショーを見に来る連中。この連中をとりこんだものが勝ちだと20年前に安岡さんは言うていましたね。

 社会性が違うのでなんともいえませんが、日本でも高齢者が資産家であることは間違いない。元気ですし。

 加山雄三も70歳。エレキの若大将が古希ですし。思い切り健康でやりたいことのできる老人を高知へ集めることは街が元気になる秘訣。

 その1つのコンテンツは歴史でしょう。自然でしょう。両方とも高知は来訪者をがっかりさせているし。

 住んでいるモンたちが面白おかしく生きないといけない。最近の高知の都市づくりは全然面白くないしわくわくしない。駄目だ。

 わくわくしない都市づくりはやってはいけない。
けんちゃん URL 2008/02/14(Thu)21:01:20 編集
Re ゴールデン・マフィア
>ゴールデン・マフィア

是非取り入れたいような面白い呼び方ですね。

>日本でも高齢者が資産家であることは間違いない

そうでしょうね。
東京の金融機関なんか資産家には対応が全然違います。
露骨ですね、ほとんど差別的な領域になっちょります。
愚かな人がそういう体験にさらされると
お金を持ってないのはだめなんだと思う。
だから露骨な資本主義が蔓延する。
やらしいですよ、こういう社会は。

ターゲットはお金持ちにも設定してもえいでしょうが
そこで差別が行われてれば本末転倒ですね。
そこは一番気をつけたいですね。
高知県はゴールデン・マフィアを呼び込まないといけませんので。

>両方とも高知は来訪者をがっかりさせているし。

そうですね。
両方ともえいもんはあるのに全然活かされてない。
県外の人に”何しゆうがやろう?もっとこうしたらえいのに”って思わせる。
それがさらにしらけさせゆう。

>住んでいるモンたちが面白おかしく生きないといけない。

ほんまです。その通りです。
あれができたらどんなになるがやろうねぇ?
とか
誰もやってないこんなことやろうか?
とかがない。

全部前例通り、ありきたり。
都市計画はどっかから引っ張ってきたようなもん。
イベントもどっかでやられたようなもん。

もっと破天荒なことをせんといかんですね。
高知のイメージを塗り替えるようなことをどんどんやっていかんといかん。
いつまでも古い高知のイメージやないでぇ、言うて。

>わくわくしない都市づくりはやってはいけない。

そうです。皆が暗くなります。
まじめすぎる人間が都市計画をやったら
街ががちがちになって暗くなる。
遊びをつくらんといかんですね。
なんなここ?みたいな。
笑いの要素がなかったらやっぱり何をやっても
おもろくないですね。

スーツなんか着て仕事なんかせんでえいですよ。
高知は。
みんなはっぴを着いて仕事やったらえい。
だってじんばもばんばもよう踊りゆうがやき。
そ~れ、それ、それ、それ~の気持ちでいくだけで
観光客は面白がって来る。
お金使うて変なイベントやらんでも
最悪そういうやり方でもえいですね。
クールビズやのうてはっぴビズ(笑)


ナカちゃん 2008/02/14(Thu)22:43:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]