忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
環境の破壊が進むことと親子関係の破壊が進むことは
比例しちゅうがやないかと思う。

子供と一緒に遊びよったら
ここは危ないなとか、ここはこうすべきやないかとか
子供の目線で思うことが多々ある。

戦後の日本社会は、モーレツ社員なんかで
子供のことを省みることなく、国家のために国民が尽くしてきたけど
親子関係が崩壊して環境破壊も進んだ。

子供のことを考えたら、家の近くにきれいな川があって
遊べるところがいっぱいあるほうがえいがやけんど
政策を決定する人間はそういう視点じゃのうて
いかに経済成長率をあげるかに終始しちゅう。

でも経済成長をあげるためには、太い道路を作って
経済効率をよくするがやのうて
子供が豊かな子供生活が送れる環境を残すことやと思う。


結局、経済成長言うがは子供のまともな成長と同義やと思う。

子供をまともに成長させる事ができん社会が
経済を成長させられるわけがない。

経済はあくまでも手段。

経済を成長することを考えるがやのうて
子供を成長させることをまず考えんといかん。

そう考えたら、追手前小学校の移転も
新堀川にふたする工事も間違いっていうことがわかる。

根本が間違うちゅう。


成長させ育むこととは何か?

もっと深く考え直さんといかん。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
田舎の大事さはなかなかわからん
 自分の生い立ちを振り返りましても都会育ちでひ弱でした。ちょうど高度成長時代と成長の時期が重なっていました。

 一時期大阪に住んでいましたが当時小学にはプールはなく、河川は汚染が進行していた時期で水泳は禁止されていました。

 ただどらえもんの漫画に出てくるような土管の置いた空き地はたくさんあり、そこで草野球は出来ました。

 ブンヤでスズメを撃ったり、子供同士で遊ぶことはしておりました。いまのようにゲーム機なんぞない時代でしたし。

 ホタルがおる川はええねといわれても、昔はもっとおった。それがどういた。というのが田舎者の反応。価値がわからん。

 都会の人たちは四万十川に憧れて高知空港へ来てジャンボタクシーを雇ってわざわざコンクリート護岸の四万十川を見て幻滅しよるし。

 田舎者ほど自然の価値はわからん。

 わたしも高知へ戻り30を廻ってからヨットをはじめてみてわかったきに。それまでは東京に憧れるだけの田舎者に過ぎませんでしたし。

けんちゃん URL 2008/02/11(Mon)21:48:12 編集
Re 田舎の大事さはなかなかわからん
>自分の生い立ちを振り返りましても都会育ちでひ弱でした。

自分は高知市内の田舎で育ちましたが
強くはなかったですね。
けんかが強いやつはいっぱいいましたし。

>いまのようにゲーム機なんぞない時代でしたし。

私たちの世代はゲーム機が登場する前の最後の世代ですね。
小学校の時にファミコンが出て皆で興奮してましたから。
家でひとりでゲームなどしないですね。
誰かのうちに集まってやってましたね。
空き地と田んぼだらけで遊びにはことかかんかったですね。
ゲームなんかしどころではなかったですね。
打ち上げ花火で戦争ごっこをやったり
爆竹で根性試しをやったり、自動車学校で
ラジコンをやったりしてましたね。
堺町のラジコンショップは聖地でしたね。

>それがどういた。というのが田舎者の反応。価値がわからん。

そうながですよ。当たり前にあったら有り難味がわからん。
失くして初めてわかる。
でもほんまは失くさんでもわからんといかんがやけんど。

>コンクリート護岸の四万十川を見て幻滅しよるし。

仁淀川のほうがえいのに、県外の人は全然知らんがですよ。
四万十信仰に近いですね。

>それまでは東京に憧れるだけの田舎者に過ぎませんでしたし。

自分以外のものに憧れるのは若者の特権ですき。
海外旅行に行った時に世界中を旅しゆう老人に言われました。
海外旅行は若い時にいっちょった方がえいって。

それはそうやと思いますね。
漠然とした憧れを消すのは実際に現地に行くのが
一番えいですね。
なんやこんなもんかって思う。
東京なんかなんにもない。
ただ夢を煽るプロパガンダがあるだけ。

一番大事なことは自分らしく生きること。
これが大事ですね。
そしたらそれぞれの田舎はそれぞれで守られる。
それがローカリズムながですけど(笑)

ナカちゃん 2008/02/12(Tue)16:03:30 編集
イメージばかりが先行しちゅう四万十川
四万十川のコンクリート護岸は幻滅させられますね。旧西土佐村の江川崎あたりは、国道側がコンクリートでガチガチに固められちゅう。そういう四万十川を見て、サイクリング部のメンバーも「ただの川じゃないか…」って漏らしていました。

テレビや雑誌では、そういう部分はカットするき、自然のままの四万十川というイメージばかりが先行してしまう。イメージ通りにしたかったら、護岸工事をするにしても調和と融合を第一に考えるべきでしょうに。

すごくえい部分もあるけど、そういう部分があると幻滅ですね。中村の既成市街地の川を挟んだ反対側は、どこにでもあるロードサイドショップのけばけばしい光景です。すべてを台無しにしちゅう。

反面、仁淀川はそういうところが少ないきすごくえい。さらに高知の中心街からも近いき、もっと大事にせないかんと思いますね。

手結海水浴場は、地元の子供の遊び場でもありました。オフシーズンは、砂浜も桟敷も駐車場も松の木も堤防も、子供たちが存分に自由に使いよった。自転車を安全に乗り回せるし、野球やサッカーも、木登りもできました。子供にとって理想の公園だったと思いますね。ただ、新しくなったヤシィパークではそういう光景が見られんなった。やっぱりあまりにも人工すぎるき、居づらいがやろうかね?
やっしー URL 2009/02/17(Tue)12:54:25 編集
Re イメージばかりが先行しちゅう四万十川
>四万十川のコンクリート護岸は幻滅させられますね。

今は亡き筑紫哲也がぼろかすに批判したのは有名。高知の都市計画者は清流四万十の意味がわかってない。

確かに護岸をせんと下流域に住む人々が危険にさらされるけんど、そのことと清流を守ろうとするために護岸を極力せんという苦悩をすることも清流に欠くべからざる要素やと思う。

でも何も考えることなしで埋め固めちゅうやろう?それは唐人駄馬の巨石を移動したのと、そして五台山の自生ツツジを引っこ抜いたのと同じ。

人間としての基本的なネジが外れちゅう。そういう都市計画者を採用する県も同罪。

>仁淀川はそういうところが少ないきすごくえい。

そうながよ、自分も東京の人間には四万十より仁淀川のほうがえいでって宣伝しゆう。まあ一概には言えんけんど。皆、どこそれって言う。

>やっぱりあまりにも人工すぎるき、居づらいがやろうかね?

地元以外の人がひっきりなしに入ってくるところでは親は安心して遊ばせれんやろう。金は回るけんど愛情は地域社会で回っていかんと思うで。

大人は得するけんど子供は怖い。

ナカちゃん 2009/02/22(Sun)18:12:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]