忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こちらもけんちゃんが言及されたこと。

>むしろ土佐堀を掘り返して、そこから桂浜方面への巡航船が往来するようになれば理想です。

これはすごいですね。


船という視点が自分には抜けてましたね。
水の都、森の国
と自分でも書いちゅうくらいやき、船は必要やった。
ことを忘れちょった。


ライトレール南の終点”桂浜駅”
を書いたとき、費用対効果の面でどうやろう?
採算が取れるろうか?
いってもせいぜいとんとんがえいとこやないろうか?
ちょっとそれが心配やった。
この前TVではライトレール15km作るのに350億って言いよったし。

しかもレールは時間がかかる。

イオンまでは電車でえいとしても
桂浜はやっぱり船がえいかもしれん。

なぜか高知には観光の船がないやろう?
鏡川にちょっとある?


中心市街地から桂浜へ巡航船が出たら
ものすごい価値になる。

ひょっとしたら前、出よったろうか?

でもこの巡航船は30分に一本くらいあって
しかも高速やないと使えん。

観光しながらの遊覧船でもえいか?

浦戸湾を観光していく。
ここらへんはひまわり太郎さんが詳しい。
にっこりひまわり日記で郷土史が網羅されちょります。


そうすることによってはりまや橋付近が船の交通でも
中心になっていく。

なんか遊覧船で有名。

水の都を目指すがやったら船は外せんですね。
川が多い高知になかったのが不思議。
ここでもやっぱり高知は観光政策が失敗しちゅうと言えますね。

よさこいと野球キャンプにおんぶにだっこで
地域の歴史と文化を掘り起こして来んかった。

ヴェネツィアの要素なんかも取り入れる必要があるのではないかなと思います。
ヴェネツィア市内での交通(ようこそヴェネツィアへより)

ヨーロッパを見てみると
観光の発展とはほとんど公共交通の発展と同じことを意味しちゅうのではないか?と感じられる。

車ばかり優先する日本が、高知がいかに異常であるかわかりますね。
(首都圏はほとんどもう脱自動車になりつつありますね)

田舎やき車がないと何もできん、と高知の人はよく言いますが
むしろ何もできんように仕向けたのは行政やと思います。

公共交通を整備すれば高知でも車を乗らんでも充分生活できます。

そういう常識から変えていかんといかんですね。

快適都市はバリアフリーによっても実現されますが
それと同時に車の量を減らさなければならないと思います。

それは二酸化案素も減らすことにもつながるので
えいことばっかりやと思います。

今時、道路を太くして交通量を増やしてどうするがでしょう?
宇都宮はそういう政策を何十年も前からやってきて
二酸化炭素の排出量が20年で20%も増えたそうです。

それで今は私たちの政策は間違うちょったと、思い直し
公共交通を導入しようとしゆうらしい。

そういう情報は高知県庁に入ってきてないがでしょうかね。
同じ役人でも他県の役人はもっと現実を知っちゅう。

高知県庁の職員がこの現実を知っちゅうか知らんのかを
調べることもできん。

メールを送っても全然、返って来ないですから。
とにかくレスポンスが悪い。
政策を話し合う以前の問題があります。

高知の発展を阻害しゆうのは誰か?
高知県民はしっかりと深く認識する必要がありますね。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
高知は水を殺してきた街
 台風災害と浸水による市民生活が脅威があったから高知市民は水を遠ざけ、埋め殺して来ました。

 20年前ニューヨークへ観光旅行へ行ったときにバッテリーパークから自由の女神の島を経由して対岸のブルックリン地区へ行きました。

 朝晩の通勤時間帯はそのフェリーは満席。昼間はわたしら観光客が利用していました。

 NYも交通渋滞でどうしようもないきに、ある人がフェリーを復活させたら大人気。皆フェリーで対岸から通勤して、すぐ近くに地下鉄の駅があるきに乗り換えて職場へ行っていました。

 これを高知で言えば、かるぽーとに桟橋をこしらえ、三里、長浜方面の通勤通学客を受け入れる。
 
 路面電車かバスや自転車で職場や学校へ行きますね。

 昼間は観光客。夕方の通勤時間帯が終わればnaナイトクルージングをします。

 桂浜の近辺に桟橋は要りますね。それぐらいのことはやるべきでしょう。

 浦戸湾は内海で安全。よほどの強風でない限りは欠航しませんし。

 その船に「夕顔丸」とでもつけそれこそ龍馬マニアの人たちに観光案内でもしていただければよいのですから。

 ちなみに料理は浦戸湾で採れるかにやら、ニロギなどを七輪で焼いて食べるとか。いろいろ趣向ができるでしょう。
けんちゃん URL 2008/02/10(Sun)18:23:50 編集
Re 高知は水を殺してきた街
>台風災害と浸水による市民生活が脅威があったから高知市民は水を遠ざけ、埋め殺して来ました。

そうですね、それはありますね。
野中兼山のこともありますし。

>NYも交通渋滞でどうしようもないきに、ある人がフェリーを復活させたら大人気

水っていうのはストレス解消になりますもんね。
労働の質をあげるためにも必要ですね。

>かるぽーとに桟橋をこしらえ、三里、長浜方面の通勤通学客を受け入れる。

これも最高ですね。
それができる環境があるのがこわい。

>昼間は観光客。夕方の通勤時間帯が終わればナイトクルージングをします。

それもえいですね。
経済効果もかなり広いものになるやろうと思います。
採算がとれますね。

>その船に「夕顔丸」~でもしていただければよいのですから。

これもかなりツボにはまりました(笑)
龍馬好きがわんさか来てくれるでしょう。
後藤象二郎好きはおらんでしょうけど。

>ちなみに料理は浦戸湾で採れるかにやら、ニロギなどを七輪で焼いて食べるとか。いろいろ趣向ができるでしょう。

最高ですね。
ほんまに浦戸湾を観光資源にしてないのは
犯罪に近いですね。
こんな豊かな湾を持つところあるでしょうか?
しかも中心市街地から遊覧船が出せるし。

これも地動説に入れたいですね。
ナカちゃん 2008/02/11(Mon)00:52:20 編集
船も立派な公共交通機関
この案はすごくえいですね。

南へライトレールを延ばすにしても、長浜の高知南郵便局までは道路の東半分を潰して造ったらえいき、比較的たやすいがやけど、それより桂浜までは、通す場所がない。もし、通すがやったらトンネル掘りまくる必要がある。よって、延ばすにしても高知南郵便局前までが限界だと思う。自分の案でもそこまでは延ばすべきだと考えてはいます。

その代替案として巡航船構想、すごく現実的ですね。ただし、始発は現在の電車の終点、桟橋通五丁目がえいと思う。文字通りもともと船着場やったき。昔の写真を見ると電車乗り場に船が横付けされちゅう。これ最高に便利ですね。

高知駅やはりまや橋で案内するにも、「○時○分発の桟橋行き電車に乗ればスムースに巡航船に乗れます。」と紙一枚で案内できるき観光客にとっても分かりやすくなる。地域の足にもなる。

寄る場所は、桟橋、御畳瀬、浦戸、桂浜で、本数は30分に1本でえい。

>公共交通を整備すれば高知でも車を乗らんでも充分生活できます。

これはほんまにそう。今の水準でもクルマ持たんでいい人は多いはず。それなのにもらされるがは、価格体系と案内情報の不備、公共交通のことを知らんきクルマ使う。あと、自転車の機動力を知らんことも大きい。本来は、みんなが思うより遠くへいけるし速い。10kmくらいなら苦痛どころかむしろ快適だし楽しい乗り物。それどころか快感ですらある。夜須あってもクルマいらんでも生活できる。野市くらいなら自転車で十分行けるし、クルマと時間も変わらん。それ以外に行くには列車に乗ればいい。普段、自転車を使い適宜公共交通を組み合わせる、ライフスタイルが最もコストと時間的にもバランスがとれちゅう。僕はそれを高校生の時に発見したき、クルマなんかに乗ろうなんて気はさらさら起きん。ただのカネ食い虫やきね。
やっしー URL 2008/08/15(Fri)22:46:10 編集
Re 船も立派な公共交通機関
>その代替案として巡航船構想、すごく現実的ですね。ただし、始発は現在の電車の終点、桟橋通五丁目がえいと思う。

http://www.himawarimilk.co.jp/diary191.html
ひまわり太郎さんがUFO船復活を書かれちょります。
これに賛成ですね^^
おそらく桟橋の始発やったら効果は限定的やと思う。
ナカちゃん 2008/08/18(Mon)21:20:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]