忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [245]  [244]  [241]  [240
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「JAPAiN」 閉塞日本に海外から冷たい視線(産経新聞)

上の記事の最後のほうにウォールストリート・ジャーナルの記事が
取り上げられている。

(引用はじめ)米紙ウォールストリート・ジャーナル(3月13日付)は、混迷した日銀総裁人事を取り上げ、「投資家が日本のスローな規制緩和に失望するのと同様に、日本への信頼が失われる可能性もある」と、“日本売り”の危険性にも言及した。

 同紙(3月20日付)はまた、「長期低迷から抜け出した後、目指すべき方向を日本が見失っている」と論評し、「(規制緩和への)熱意が小泉元首相の2人の後継者の下で衰えている」との懸念も示している。(引用おわり)


この記事を読むと規制緩和して市場を開放することだけが
国の経済を成長させるという錯覚に陥る。

市場開放をして投資を呼び込んでその莫大な金で
マネーゲームをやってサブプラ崩壊したのはどこの誰でしょうか?

この人たちはあまりにも非論理的ですし非理性的。

日本の位置さえ知らんアメリカ人がほとんどやき、しょうがないけんど
そういう人間たちの経済推理をうれしそうにアメリカから
持ってくる日本人はなんとかならんろうか?

こんな特派員を海外において情報屋を気取る産経新聞も
どうかしちゅうと思う。

情報を理性で判断して仕入れるというより
偉い人あるいは名のあるメディアが言いゆうき流しましたみたいな感じ。

その情報の垂れ流しがどれだけ害毒になりゆうのかに気づいてない。

ウォールストリート・ジャーナルのこの記事を取り上げるがやったら
”アメリカの市場原理主義者はこういうことも言ってます”
ということを明記せんといかんと思う。

市場開放が全てにおいて善ではないがやき。

あまりにもレベルが低すぎるし、あまりにも未熟。

これでは、国内で経済思想の検討なんかとてもできん。
国内メディアの海外組みは海外の有益な情報を国内に持ち込んで
日本が様々な問題を解決するための材料にならんといかんのに
海外の思想で日本に洗脳をしかけてきゆう。

しかも自分らが何をやりゆうのかがわかってない。 
なんともならんにゃあこれは。


ということで。

市場開放が全てではない例をひとつ。

けんちゃんが良くも悪くもスーパースターの橋本大二郎さんという記事で取り上げられていた

「第二の細川」か 橋本大二郎が政権を獲る日!?


この中で江田氏は

「われわれは、外交・安保でハト、内政では小さな政府を目指します。その場合、ばらまきでない形での格差是正、セーフティーネットの構築をはかるのは当然です」

と言っています。

理性的、まさにその通りでしょう。

日本の問題は市場を開放するとかせんとかの問題やない。

政治家の思考停止で問題解決能力がなくなったがが一番の原因。

そのような状態で市場を開放したら
外資に喰われて、はい、おしまいよ。

ウォールストリート・ジャーナルはコールドマンと
関係しちゅうやろう。

コールドマンから金をもろうたアメリカのメディアは
ある国が停滞に陥ると、あたかも市場開放をせんことが
停滞の原因であるかのように書く。

停滞したら売りが始まって株価が下がりますよと脅す。
たいていは市場開放へと動く。

そこへコールドマンが”待ってました”とばかり入り込む。

やっぱり動き出したコールドマン

入り込んだらバンバン転がして根っこまで入っていく。

情報戦略で世論に影響を与えられるレベルまで根回しを行う。

自分が買収しちゅうアメリカメディアの発言を
擁護する発言を活動国でも出す。

そうするとどうか?
まるでそれが正しいかのように見えてしまう。

日米欧でそれをやれば、思い通りに世界を動かすことは可能やろう。
(コールドマンは予測が当たるいうて有名、そりゃあそうやろう
世界はコールドマンのシナリオ通りに動きゆうがやき)

それでコールドマンはぼろ儲け。

その金でまた新たなメディア買収。


しかし、そうは問屋がおろさん。

これから日本は外交ハト、格差是正の小さな政府でいく。

新自由主義への反動がでちゅう今、市場原理主義も敬遠されるやろう。

そうすると誰が市場を管理するがか?
大きな政府で統制できんき、民間で管理せんといかん。

しかし、民間は偽装だらけで信用がガタ落ち。
さあどうする?

そうです。

もう日本経済思想の復活しか道は残されてないがです。
逆に言うとそれが復活するために状況が整ったということやろうか。


社会の幸福と個人の幸福を一致させる石田梅岩の経済思想
また、近江商人の三方よしの思想

これでなければ、小さな政府で市場を統制することなど
到底無理ながです。

なんで楽市楽座が成功したがか?

それは商人に倫理があったき。

倫理があって皆が潤う。

そういう大事な思想が日本にあるのに
歴史を知らん戦後世代の経済人はアメリカから
下らん思想を仕入れては日本破壊
仕入れては日本破壊。

自由はアメリカからやってきたんですよと言って
ギブミーチョコレート

民主主義はアメリカで生まれたんですよと言って
イラク派兵

もうええかげん目を覚ましたらどうながか?


日本の構造不況は戦前教育を受けてない世代が
社会を動かし始めてからのこと。

魂の抜けた思考停止集団が
あっちでピーチク、こっちでピーチク。
意味のないスカスカの言葉で名声を得て有名人気取り。

戦前の文化人と自分を比べてどれくらい自分が小さいかを
考えたこともない愚か者がテレビでご満悦。

いつの間にか日本列島は
日本人でもアメリカ人でも中国人でもない
わけのわからない民族が住む日本国になりました。


目覚めた人から橋本氏の新党に投票を。

自民・民主の戦いは出口のない戦い。

なぜならそこには政治思想がないき。


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
午前の部は定員に達しましたのでキャンセル待ちとなっております。
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日本人は卑下する必要はない
 謙虚さは日本人の美徳。しかし「自信のなさ」ととられかなないのが国際政治の世界。
 中国や北朝鮮、アメリカやイギリスのあつかましさ、横柄さが世界標準ですし。

 たまに日本人が舞い上がることがあった。

 昭和の始めの戦争時代と、バブルの頃。極端すぎる。やはりきちんとした世界観と社会思想をリーダーが自覚しないからでしょうね。

 昔から日本人は市民は優秀だが、支配階級がそうでない手合いが時々出てくる。それでも大きな失敗は戦争で負けたことと、バブル経済ぐらいでしょうし。

 橋本大二朗さんも功罪ありますが、中央の都合で「引っ張られた」と思います。そのあたりの話がついたのでブログも再開されたのであると思います。

 良くも悪くも政治家はそんなものでしょう。奇麗事ではありませんし政治は。

 言いっぱなしではなく、トラックバックもコメントも受け付けていただきたいと思いますね。橋本大二朗ブログは。
けんちゃん URL 2008/04/06(Sun)19:45:07 編集
Re 日本人は卑下する必要はない
>たまに日本人が舞い上がることがあった。

抗議とか批判とかク愚痴とかを肯定する社会環境がないき
突然キレたり、舞い上がったりするがです。

日頃から言いたいことを言いよったら
あんなことにはなりませんね。
昭和の戦争もジャポニスムで舞い上がって戦争
バブルはジャパンアズナンバーワンで勘違いして崩壊
日本はリーダー不在になった時とんでもない方向に進むようです。

>言いっぱなしではなく、トラックバックもコメントも受け付けていただきたいと思いますね。橋本大二朗ブログは。

そうですね。
そこは変えていかないかんと思いますね。
市民参加を志向する政治思想を持っちゅうがやったら
トラックバックは受け付けんといけませんね。
ナカちゃん 2008/04/07(Mon)23:11:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]