忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
トリプルダイスとは
九州・中四国・関西です。

西国(さいごく)四州は
九州・中国州・四国州・関西州です。

(関西州は名前が良くないき、なんか別の名前ないですかね)

西国は力を結集し、京都を中心とする伝統文化を守るために
東京の新自由主義に徹底抗戦する必要があります。

関西の衰退は西国の衰退を意味してます。
やき、関西州は西国全体のバックアップがなかったら
経済が復興しません。


トリプルダイス戦略の中心は中国州・四国州です。

2つは州を分けますが、濃密な戦略互恵で
西国の中心的存在にならんといけません。

TPOに応じて互恵の密度を濃くしたり薄くしたりします。

その、引き締め策・緩和策は日銀の介入と同じ意味を持ちます。

日銀の介入が自動車産業を始めとする輸出業者の保護を目的としちゅうのは
言うまでもないですが

この西国の中国州と四国州の州距離の調整は
世界の流動的マネーを呼び込むには最高の手段になり得ます。

(中国へのマネー集中は危険水域に入っています
それは日本の政治的無能と表裏一体の現象です
こういうところを真剣に議論しなければならない
中国のバブル崩壊を止めるのは中国の経済政策やなくて
日本政治の正常化ながです)


九州からもたらされるアジアの富と

関西からもたらされる東国とアメリカの富を

中国・四国に一時的に集め、富の再配分を西国の隅々まで
西国の”心の文明”に基づいて、強力に行います。


西国が世界の中心となるでしょう。


政治機能は四国州の州都高知へ

経済機能は大阪・広島・福岡のベルト地帯へ


各州が独自のアイデンティティーを確立することによって
西国の経済は飛躍的に伸びるやろうと思います。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
東京に富の82%が集中
 日本の金持ちの82%が東京にいます。この10年でより集中した結果です。東京証券取引所の取扱高は大阪の4倍を越えました。

 官僚主導の道州制論はより東京集中を高めるだけ。とうとう高知もそうなりましたが、官僚出身の知事はそのことを促進する先兵であると思わざるを得ません。
 
 高知でも景気が良いの東京経済の恩恵を受けている人たちだけ。それは今後も変わらんと思う。
 
 高知はダイレクトに東京の市民に売るものをつくらんと経済は良くなりません。

 先行して野球が地域リーグが発足しました。たいへん難しいですが地域を考えるヒントになりました。(私はサッカー党なので今ひとつ力ははいりませんが)

 中国やアジアに移転している製造業を瀬戸内の工場空き地に呼び戻す工夫は必要でしょう。

 高知は有機無農薬農業を徹底して推進する。市民農園付き住宅も販売する。排出権取引で間伐労働者を大量に雇用し、バイオマス燃料で発電事業も行う。

 高知は自然エネルギーで県内の電力消費をすべてまかなうようにする。情報インフラを完全整備し、山中でも光接続を可能にする。

 日本とアジアの企業の本社や研究所を高知へ誘致する。四国の首都は高知にする。愛媛は反動的だから駄目。

 少し四国のことも考えましょうか。
けんちゃん URL 2007/12/29(Sat)08:16:36 編集
異常ですね
>日本の金持ちの82%が東京にいます。この10年でより集中した結果です

これを考えると、やはり不況から脱出したというのは幻想やと思います。
新自由主義のゼロサムで富を東京に集めただけやないですかね。
やき、地方が疲弊して、格差が広がった。
バブル崩壊から何も立ち直ってないがやないかと思います。
やき、今度の不況は大変なことになる。

>東京証券取引所の取扱高は大阪の4倍を越えました。

知りませんでした。
ひどくアンバランスな状況ですね。
そのことによって東証自体も将来的に不利益を蒙るということが
東証にはわからんがでしょうね。
それ自体が不況の根源。


>官僚出身の知事はそのことを促進する先兵であると思わざるを得ません。

就任直後にメールしましたがいっこうに返事が帰ってきません。
彼が対話したいのは市民ではなく国ながでしょう。

>高知でも景気が良いの東京経済の恩恵を受けている人たちだけ

そういう経済はほんまにおかしいと思います。
日本経済は古来より物々交換経済の平等経済で発展してきたはずやのに
あまりにも差別主義的で支配主義的な経済になってしまいました。

>高知はダイレクトに東京の市民に売るものをつくらんと経済は良くなりません

そうですね、対等になって違いを売っていかんといかんですね。
ほんでこっちに引き込むようにせんといかんですね。

>私はサッカー党なので今ひとつ力ははいりませんが

自分も中学・高校とサッカー部やったので野球のことはよくわからんがですけど
今は退任することが決まった石毛さんの
”若者が夢を見られるところにする”という視点は
良かったと思います。

>中国やアジアに移転している製造業を瀬戸内の工場空き地に呼び戻す工夫は必要でしょう。

そうですね、遊休地にしておくことはないと思います。
ただでも貸して税金をもらったほうが良いです。
必要なのは発想の転換だけです。

>高知は有機無農薬農業を~~情報インフラを完全整備し、山中でも光接続を可能にする

すごく本質的で一貫性があります。
全てにおいて賛成します。
自然力と情報力で他を凌駕していくのは
まさに邪馬台国時代と同じですね。

>愛媛は反動的だから駄目。

(笑)特に松山の人は高知をバカにします。
東京から見たら松山も高知もそう変わらんと思うけんど。



ナカちゃん 2007/12/29(Sat)15:07:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]