忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天は人の上に人をつくらず
 人の下に人をつくらず

と学校で教えていても、人の上に人ができている
現在の社会の現実を洞察できる人間はほとんどいない。

戦後を作ってきたと自負する戦後知識人は
現在の日本社会が善で戦前の社会が悪という
ある種、新興宗教にも似た2元論を持っちゅう。

それが、思考停止空間の4隅にそびえたち
その思考停止空間に入ってこられない人たちは
異端者、魔女、テロリストなどの罵声をあびせられ
真に思考する人たちは社会の底辺へと追いやられた。

それが戦後社会の本質。

日本経済を牽引してきた日本経済思想家を除いて
あらゆる教育機関、あらゆる企業が
この思考停止空間のロジックに従うロボットのような人間を
自らの傘下に置くことによって日本社会は形成された。


日本が今のような状態になるがは何十年も前から決められたシナリオ。

思考停止集団を社会の上層へと吸い上げるシステムができあがったき。

社会の上層へと上り詰めた思考停止集団は
自分の肩書きにしがみつくやろう。

なぜなら、自分で自分を認めるという存在証明の認識が
思考停止によって働かないから。

図書館に行けば、8割ぐらいが意味のない言葉の羅列による
『言葉の言葉本』

社会を良くしたいのではなく、お大学でお勉強をしたい人間たちが
『言葉の言葉本』を量産する。

言葉はあくまでも言葉。
手段であって目的やない。大事なのは本質。
土佐弁はその本質を表現するがために生まれた言葉。
土佐弁からは本質に入っていけるけど
標準語からは本質には入っていけん。
なぜなら、土佐弁を突き詰めたら人間と人間の距離が近くなって
社会の身近な問題を無視する事ができんなる。
これが本質であり、土佐弁の特質。


自分は哲学をお勉強している哲学”学”人間ではなく
実際に哲学をしている哲学的人間。

マルクスがどんな哲学を持っちょったかなんてどうでもえい話。

それを超える哲学を生み出すことにしか興味がない。

子供が自殺して隣で死にゆうのにマルクスを研究しゆうらあて
どうしても自分には理解できん。
SAVE THE CHILDREN - K DUB SHINE (youtubeより)


マルクスを研究したかったら、まず今の社会を建て直すことやろう?

そのために自分の哲学性を使うのがほんまの哲学者。


というか学問はすべて哲学から生まれたもん。

今の社会の問題から目をそらして自分の研究に没頭する
大学の教授連中は思考停止の祭囃子。


自分がやりゆう業界にも言及する社会学者がおるけど、全部×。

マーケティングもできてないし
お決まりの世界観で自分が気持ちよくなって
他人に認められたいだけのボンボンネットワーク。


野口英世がなんで尊敬されるがか?

その深いところを認識できてないらしい。


まあ、あんまり言うてもしょうがない。

すぐに空間をワープできるわけやない。

どこでもドアはないがやき(笑)


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ここがロドスだ。ここで飛べ。
>マルクスを研究したかったら、まず今の社会を建て直すことやろう?

>そのために自分の哲学性を使うのがほんまの哲学者。

 僕らが大学生の時にマルクスの3大研究所はソ連と東ドイツと日本にあったそうです。
 
 日本の大学の経済学部は殆どマルクス経済学を教えていましたし。学者もとても多かった。

 しかしソ連や東ドイツは消滅。ロシアの酷い格差社会はどうなっているのか。

 日本だって同じではないか。人間の顔をした社会主義はどうなったのか。労働組合も全然役に立たないようであるし。情けない。

 実践が伴わない社会学は虚しい。
 だれだれがこう言いよった。と言葉で査定することはやめないといかん。

 共産党は今でもわかっていない。新左翼もすべてそうや。全部過去の遺物。評価の対象にもならん。

 公権力の背景になる無思想の予算消化主義、既得権益主義は怖い。力があるきに。

 責任者を明確にせず匿名の組織性で個人を追い込んでくるからだ。実に巧妙でずるがしこい。化け物である。

 多くはマルクス主義の衣服をまとい人々を騙してきたのである。ロシアや中国でその衣服が剥げ落ちると露骨な資本主義、野蛮な資本主義がはびこっていたのである。

 とにかく諦めずに自己主張するしかなかろう。相手がいくらでかくても、わしらあはひるまん。

 
けんちゃん URL 2008/03/14(Fri)21:40:01 編集
Re ここがロドスだ。ここで飛べ。
>ここがロドスだ。ここで飛べ。

(笑)今、知りました。
おもろいですね。
いくらマルクスを研究しても何もできてないし。
結局、日本社会を一時のユートピアに導いたがは
松下幸之助の資本主義でしたし。
結果が大事ですね。


>多くはマルクス主義の衣服をまとい~野蛮な資本主義がはびこっていたのである。

ここはとても重要ですね。
自分もずっとそこを指摘してきてまして
国家神道のおかげで悪者に仕立て上げられた神道
ロシアと中国のせいで悪者に仕立て上げられた社会主義
新自由主義のせいで悪者に仕立て上げられようとしている資本主義
全てに通じるがは本質を理解できんずくに
すぐに権力に群がり支配を目論む支配主義者が
おるということながです。
そういう連中が今の日本社会の中心にもおるということです。

国家神道は悪いことやった、マルクスレーニン主義は悪いことやった、と言うて
それとおんなじことを自分の子供たちにしゆうことに気づいてない。
当の本人たちは支配とか権力とか抑圧とか
そういう形而上の感覚を全く保持してない。
国家神道も酷い社会主義もある意味、過去のことで
自分たちは今、幸福な社会に住みゆうと思いゆう。
もしくは自分たちがそういう幸福な社会を創ってきたと考えゆう。

全く愚かやと思います。

現代ほど抑圧とか支配とかという概念がないがしろにされた時代はない。
一見、なさそうに見えるきです。
絶対王政のほうがまだまし。
わかりやすいき団結できる。
現代の日本社会は巧妙に仕組まれた抑圧社会。
子供たちはなんで苦しいのかを自分でも理解できてない。
今は戦前よりひどい時代ですね。
親が子を殺し、子が親を殺す時代です。
それだけ国家の抑圧がひどいがです。
思考停止集団の抑圧がひどいがです。

無能と偽善が社会的弱者に自決を強要しゆう大変な時代です。

やき、高知は少なくともそういう社会にはしたくないと思います。
都会の子供たちはボロボロです。
強いもんはえいけど、弱いもんは人間恐怖症になったりしてます。
それが昔みたいに一部の人たちというレベルではないですね。
触れただけで割れてしまうようなガラスの心を持った人たちが増えてます。
かなりの危険水域です。
これが続くと基礎工事が脆弱ということになりますので
国家は持たんでしょう。
やき、今、高知のローカリズムを建て直しゆうがです。
ナカちゃん 2008/03/14(Fri)22:16:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]