忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[143]  [142]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回、快適都市という思想で書いたように

日本的価値が弱者を救うという視点を持っちゅうなら

政治的な弱者をも救うのが日本的価値になるやろうと思う。

それが日本の古代の合議制であることはわかるが
一体それをどうやって達成していたのか?

力を持つものが選挙で当選し力を行使する。

その力が正しいものであったとしても

力を持てなかった政治的弱者が納得できる政治でなければ

それは民主主義ではないと思う。


それが今、頭をぐるぐるしゆう。


正しい力が政治を握りその強権を行使していく。

それは悪い力が政治を握り強権を行使していくのと何が違うのか?


政治思想が善悪で判断されるよりも
むしろ当選したトップが融和政策を取り
反対派と調和していくことこそが民主主義ではないのかと思う。


近代政治において民主主義を実現するというのなら
この視点は重要であるかもしれない。


民主主義は投票によってもたらされるのではなく

当選後の政策によってもたらされるのである。


それこそが滅びの美学の原点か。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
市民参加とは
>民主主義は投票によってもたらされるのではな

>当選後の政策によってもたらされるのである。

 セサミストリートという子供向け幼児番組があります。あの番組は都市のスラム街に住む英語の話せない不法移民に対する教育番組でしょう。

 昔のアメリカは都市のスラムを除去するために「スラム・クリアランス」をしていました。ブルドーザーでスラムを壊し、公共住宅を建てました。

 しかし働くすべを持たない不法入国者は再び舞い戻りスラムをつくりました。追い出されれば退去する。暫くすると戻る。その繰り返しでした。

 1960年代に入り、プランナーのローレンス・ハルプリンらが税金を納めている都市市民以外にスラムの人たちやその子供達にもにも都市再開発に加わってもらい、都市づくりをしよう。

 ということで編み出されて手法が「ワークショップ」です。字が読めない人、英語が出来ない人。
有権者でない子供達。皆地域の人たちがすべて参加したのが市民参加の都市づくりです。

 日本ではそういう事例は殆どありません。ワークショップの手法を歴史を無視して輸入したNPOに潜りこんでいる御用市民が、市民を排除して行政と都市づくりをして高知を破壊しているのです。
けんちゃん URL 2008/01/25(Fri)20:13:24 編集
市民参加と多様性
>ということで編み出されて手法が「ワークショップ」です

それは知りませんでした。
そういう部分がアメリカのえいところですね。

>日本ではそういう事例は殆どありません

それは社会の個人主義化に問題の根本原因があると思います。
様々な領域の人間を引き込んで社会を創っていこうとする思想が芽生えんがは
異種の考えを持った人間を認める風土というものがないからやと思います。
私たちが受けた教育もそうです。

現象に対する答えは十人十色のはずやのに
ひとつの答えしか求められませんでした。

気づいてない人もたくさんおるかもしれんですが
日本社会は随分前からファシズム社会です。

ひとつの価値を押し付けようとするメンタリティーが当たり前だと認知されてます。
自分の考えに変えさせようとします。

そうやなくて自分のスタンスを認めてもらうということは
他者のスタンスを認めるということでなくてはならないと思います。

それこそが過去、アメリカが自由と民主主義と呼んでいたものです。
今では自由も民主主義も風前の灯火ですが。

>市民を排除して行政と都市づくりをして高知を破壊しているのです。

多様性という考え方に目が開いていない未熟な人間たちですね。
はっきり言うて人の上に立つべき人間たちではないです。





ナカちゃん 2008/01/26(Sat)10:41:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]