忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[206]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土佐弁は基本的に口語(Wikipediaより)の言語

これに対し文語は、ほとんど標準語。

土佐日記が日本文学史上初めての日記文学と言われるように
ほとんど口語の文章の起源は高知に求めることができる。

言うたら、ものを書く漢文の文化が入ってきて
高知で口語体に変えられてひらがな・カタカナができていったということができる。

そういう熟成機能が高知にはある。

紀貫之は高知の人やないけんど
高知みたいに口語表現が豊かな土地で過ごしたら
それを文字にしてみたいと思うのは当然の流れやと思う。

その頃とあんまり土佐弁の口語の本質は変わってないと思うし。

これらあは下の記事のさらなる傍証やと思う。

  ●参考→日本語の発祥は土佐弁(過去記事)




ほんで現代は標準語によるブログ文化が高知県人の中に入ってきた。


おれは思う。

”なんで日記までも標準語で書かないかんがな”って

標準語は土佐弁に比べて感情表現が貧困。

全然、表現できん。

標準語は論理的な文章には向いちゅうけんど
気持ちがのる感情的な文章には向いてない。

この欲求が漢文をひらがな化させた最も大きな要因やろうと思う。

土佐弁に平安時代の言葉が残っちゅうのは当たり前。

なんせ日本語の文語は主に土佐弁の口語からできたがやき。

土佐人の明確さ
「未公開講演録愛蔵版5 司馬遼太郎が語る日本」週刊朝日より
(ヒューズより)

上の記事にこういうくだりがあります。

(引用はじめ)
福島県では、土佐の言葉がいちばん正しい日本語だそうだということになったようです。土佐の人を小学校の先生に招きたいということになり、五、六人が招かれた。お嫁さんをもらって土地に土着したはずです。土佐の言葉を福島が習ったという不思議な話ですが、いずれにしても土佐の言語というものは、いろいろな可能性を持っていたようです。
(引用おわり)

これには納得がいきます。

標準語を話しよったら言語の貧困さに気づきます。

土佐弁はひとつの現象に対してもこじゃんと多くの言い回しを持っちょります。

どちらが古くてどちらが先に成立したかと言うたら
普通に考えたら土佐弁に決まっちょります。


また、大阪弁と土佐弁は似ています。

でもどちらが先かと言うたら土佐弁やろうと思います。

かわちは高知が発祥やし、秦氏の流れを考えたら
上代の大阪→高知という人口移動はほとんど考えにくい。

大阪のわかりやすくてオープンなメンタリティーは
あんな畿内では熟成されんと思う。

あういうメンタリティーは雨がどばっと降ってかーっと晴れる
高知でこそ生まれるもの。

気候・風土を考えても大阪のメンタリティーは高知が発祥やろう。


ということは結局、日本語の発祥は土佐弁ということになるがです。

日本語が壊れかかっちゅう今
土佐弁ムーブメントが起こってもおかしくはない。

なぜなら土佐弁こそ原日本語やき。


標準語に侵略されて、なんなこなくそって思う。

それは土佐弁のほうが豊かやと思うちゅうきやからこそ。


Webで土佐弁が飛び交いだいたら
日本語にとっては第二回目の文語革命が起こるやろうと思う。


土佐弁を書くのは未だに難しいところがある。
紀貫之はあんな昔にようやったもんよ。


でも最近はだいぶ慣れてきてスタイルっていうのが
出てきたように思うちや。

ひまわり太郎さんが書きゆう日記なんかも
かなり土佐弁文語スタイルが確立されちゅうと思う。

でも自分はもっときつめの文語スタイルをやりたい。

たぶん流派ができてくるとは思うけんど。
それぐらい土佐弁は言い回しが多い。

どっちにしても土佐弁レボリューションであることには変わりはないやろう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
正確な土佐弁をようしゃべれん
 自分の場合、生まれは高知市知寄町。

 けんど小学1年生の時に大阪豊中市に移転。1年半後に吹田市に。5年生の時また高知市に。1年いて伊野町へ。

 大学は東京へ。就職は尼崎市へ。半年で千葉へ転勤。担当は神奈川県。勤務3年で高知へUターン。

 嫁は沖縄。親戚は高知以外は沖縄と東京と北海道。そんで正確な土佐弁は話せない状態に。

 東京時代に「関西人やろ」と言われることが嫌でした。関西は嫌いです。大阪は特に嫌い。

 尼崎の独身寮で深夜に六甲おろしをかける先輩と大喧嘩したことがあり身勝手なタイガースファンは嫌いに。

 ただ入社試験で住友化学から来た重役が「君は高知かね。土佐の高知と言えば坂本龍馬。議論好き。いいんじゃない」とか言われ他の重役は全員採用にぺケだったそうですが、「ツルの一声」で入社できましたし。

 教養のある貴族階級は高知の良さを知っていますし。
 じつは天皇ご一家はみんな高知びいきだそうですし。

 「とさのおきゃく」もその水準にならんと。

 土佐弁は「議論の為の」言語ではないか。最近そう思います。
けんちゃん URL 2008/02/24(Sun)17:04:19 編集
Re 正確な土佐弁をようしゃべれん
>そんで正確な土佐弁は放せない状態に。

色んな土地へ行かれてますね。
確かに言葉もミックスされたもんになると思います。

>じつは天皇ご一家はみんな高知びいきだそうですし。

正史に記述される最も古い土佐の記録は
天武天皇に土佐神社が神刀を献上したことですき。
天皇家とは深いつながりがあります。
その後、桓武天皇が土佐を流刑地に指定して
土佐の封印が行われました。

>「とさのおきゃく」もその水準にならんと。

そうですね。
劣等感があるき、人のことを差別するがです。
自分のことを認められたら人のことも認められる。
それがスタート地点です。
そこから何が良くて何が悪いのかを話し合える。
高知はまだスタート地点にも立ててない。

仲良しクラブの差別主義で未熟すぎる集団です。
イオンになんか勝てるわけがない。

>土佐弁は「議論の為の」言語ではないか。最近そう思います。

それは鋭い指摘やと思います。
何かを議論しようとしてきた歴史が長いき
これだけ表現が豊富になったがやと思います。
その何かというのは邪馬台国と狗奴国の融和政体である
大和ですね。
これは土佐です。
その時に土佐弁ができたがやと思います。
かなりの渡来人がいましたから。
ひとつの現象に対して様々な言い回しがあるのは
このためでしょう。
ナカちゃん 2008/02/25(Mon)13:06:01 編集
土佐弁はすごい
土佐弁についてこの機会に真面目に考え直さないかん。高知県人の中にも「土佐弁は汚らしくてイヤ」という人がおるが、これも東京志向・高知劣等感の発想やね。
僕も土佐弁はいわゆる古語にあたる言葉がよう残っちゅうことには気がついちょった。もっと、堂々と恥ずかしがらずに土佐弁は使うてかまんと思うようになった。
ローカリズムのコメント欄では、極力土佐弁を使うよう努力するきにね。
やっしー URL 2008/08/25(Mon)23:44:13 編集
Re 土佐弁はすごい
>高知県人の中にも「土佐弁は汚らしくてイヤ」という人がおるが

これは全部、権力者側の刷り込み。
そういう刷り込みには根拠が見つからんがよね。
標準語がかっこえいらあていう根拠はどこにもない。
ただなんとなくテレビで見てかっこえいき
そう思うだけ。
これはサブリミナル効果という洗脳やき。
ひとつひとつ真剣に考えたら答えは出ますね。

>ローカリズムのコメント欄では、極力土佐弁を使うよう努力するきにね。

それはコペルニクス的転回やね!
是非、土佐弁をWebに蔓延させてほしい。
ほうしたら、土佐弁レボリューションが起こって
2回目の日本語革命が起きるき(笑)
ナカちゃん 2008/08/26(Tue)16:05:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]