忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [526]  [525
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

例えば、

昔、高知の友達が久しぶりに東京から高知に帰って『高知やな~』って思った、っていう出来事。

それは、バスが時間通りに来ない。出発時間になっても行こうとしない。のんきにバスの運転手が笑ってるetc

このゆるさが高知のローカリズムなんですが、これはどこの地方にもありますよね。だけど、高知の場合は、イコジが多いので自らの自由を守ろうとします。それで『自由と平等』が発達しました。

西洋は、戦争の歴史から『自由と平等』が発達しましたが、高知は『やりたくないことはやりたくない』という一見、自分勝手なきわめて横柄な自己主張から『自由と平等』が発達しました。

なぜ、高知が資本主義的経済発展から遅れているのかと言えば、この高知の『自由と平等』が西洋の『プロテスタンティズムと資本主義の精神』から極端にに逸脱しているからです。

高知以外の地域は、既にこのアメリカ型資本主義に侵蝕されました。しかし、高知にその毒牙がやってきても完全に飲み込まれないのは、土佐南学という巨大精神があるからです。これは陽明学をもとに革命されましたが、元は大和が生まれるきっかけになった大同団結の誓約(うけい)の精神です。これはほぼ、”よさこい”と”おきゃく”にしみわたっています。


以前にも書きましたが、”よさこい”は大和建国の大同団結の精神でいうところの(動)の部分で、”おきゃく”は、その(静)の部分を占めます。



本題に入りますが、冒頭の高知の古きよきローカリズムが今、なくなりかけています?アメリカ型資本主義によって、スタンダードを下々の社員まで押し付けようとする手法が浸透してきています。


高知では産業が発達しません。それは土佐南学、あるいは大和建国の精神が残っているからです。これをまともな資本主義精神に変えるためには、グローバライズするのではなく、グローカライズしなければなりません。


つまり、



会社をグローバライズするということは、会社の方針を全社員に押し付けること


会社をローカライズするということは、会社の方針を全社員に捨てさせて、社内ベンチャーだけで会社を運営していくということ



まあ後者は経営という視点で見れば、不可能なので


会社をグローカライズするということについて。


これは、会社の方針を決めて、その下に自由戦士をたむろさせるというやり方です。

それが、このブログで結構前から書いている、小さな県庁+社会起業家群という構成です。


戦国時代には長宗我部元親が、やはりこれで成功しています。

織田信長が、傭兵で領土を拡大していた時、元親は全く信長とは正反対の一領具足という半農半兵で四国を統一しました。元親の一領具足会議では、1農民が会議で発言をしていたという記録も残っているようです。戦国時代という時代においても土佐が異様に民主的な社会であったことがわかります。自由民権運動によって高知の近代的自由が盛り上がったわけではないのです。


明智が本能寺で信長をやったのは、この元親と信長の組織運営の決定的な思想の違いの狭間で悩み、最終的に元親の思想が日本を統一するにふさわしいと選択した結果です。上杉に送った書簡にはその旨書かれていたはずです。結局、武力では天下を統一することはできないと。武田征伐で土佐に逃げた勝頼も、長宗我部・香宗我部もろともやられてしまえば、武田再興の目もなくなると。



高知が経済発展するたったひとつの手法は、少しの方針を決めて、あとは自由にやらせる、ということです。ここで大和が建国されたのだから、ほっとけば国はできていきます。逆に言えば、ここで高知から経済のニューウェーブが起きなければ、日本は終わりですし、世界も終わりでしょう。グローバリズムの時代はもう終わったのです。ISは完全にグローカライズされた組織です。


かつて、ローマが欧州全域を支配下に置くまでは、ケルト人が全盛を極めていました。彼らは、民族や宗教意識は異なっていましたが、ケルト文化という同じ文化を共有して巨大文化圏を形成していました。古代大和もそうです。それは完全にグローカライズされた文化共同体です。



冒頭の話に戻せば、バスが時間通りに来ないので事務所に電話したら

『ちょっとばあー遅れたち、かまん、かまん』となったら、県外の人は和むはずがないですよね。事務所はきちっと時間を守り、運転手はゆるゆる、というのが高知らしいのです。そのラインを皆がきっちりと認識する。それが一番大事なのではないでしょうか。


会社の方針はキツキツ、でも社員はユルユル。でもなんかうもういっちゅう。


これは自由民権運動でも同じでしょう。高い理想を掲げて集まるのはえいけど、実際に来た人は、酒が飲みたい人だけやったけんど、なんか雰囲気にのまれてなんちゃあ考えんずくやっれーやれーってなったみたいな


そもそも国ができる時に、トップダウンなんていうのはありえないですから、自由民権が興ったところが建国精神が根付いているところ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フォローしてちや
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]