忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[145]  [144]  [143]  [142]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは先日やっしーさんとも話をした時に浮上してきた
高知の構造的な問題ながですけど

とにかく高知は情報が少ないということ。

この情報の少なさは高知におったらなかなか気づかん。

外に出てみて初めてわかる。

でもこれは高知から外に出たい人の動機にもなる。


これはどういうことかと言うたら

高知には何かを突き詰めるだけの情報と環境が整えてられてないということ。

地方というのはだいだいそうかもしれん。

でもそれに甘んじたら、これからも田舎は田舎のままになる。


自分は本が好きやったき、その視点で言うと

本があるようでない。

本屋はそこそこあるような感じもするが

置いちゅう本が一般的過ぎる。


東京では目が覚めるような思いを何度もした。

高知の図書館の本を擬人化したら

言いよったことは

”そこそこやったらえいわや”、ということ。

それは高知の風土やろ(笑)

”ゆっくり走ろう高知県”の悪い面やね。

自分もゆっくり走るのは賛成やけど

なんとか情報格差だけは失くしたい。


それはインスピレーションの格差につながっちゅうと思うし

ということは知性の格差にもつながっちゅうと思う。

さらに言うと、それはその結果、経済格差にもつながっちゅうと思う。


知識量で負けたら戦略で負けんかったとしても戦術で絶対負ける。


やき、高知県は道路を整備するよりも本をもっと充満させるような政策を

選択したほうが経済効果が上がるがやないかと思う。


税金はそういうところに使うてもらいたい。


東京で起こったムーブメントが高知には何年も遅れて来ると言われる。

そんなばかなことが起こらんように

高知からムーブメントを発信できるように

情報量で負けたらいかんと思う。


情報量を増大させるがは高知のGDPを上げることよりも

はるかに簡単なことやと思う。


本を増やしてもえいし、インターネットを活用するっていうのもありか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
税金の使い道
>知識量で負けたら戦略で負けんかったとしても戦術で絶対負ける。


やき、高知県は道路を整備するよりも本をもっと充満させるような政策を

選択したほうが経済効果が上がるがやないかと思う。


>税金はそういうところに使うてもらいたい。

 そう思います。以前(と言いましても20年も前)に観光旅行したアメリカでガイドさんが言うていました。

 アメリカの地方では博物館や図書館は充実している。殆どが無料で入館できますと。

「税の使い道は自分達の歴史の検証や文化に使うと。」

 世界50カ国を訪問したという矢野啓司さんも同じことを言われていますね。

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/yano.html

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/yano/yano1.html


 矢野さんは県庁ごときに文化財の管理なんてまかせてはいけないとも言われています。

 観光観光と行政や商業者の一部は叫んでいますが、仲間内で酒ばかり飲んでもろくな打開策はありません。

 博物館と図書館と書店の充実が近道なのですね。
けんちゃん URL 2008/01/26(Sat)13:09:34 編集
Re 税金の使い道
>「税の使い道は自分達の歴史の検証や文化に使うと。」

古き良き時代の名残りですね。
かなりまともです。

>http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/yano/yano1.html

重要な指摘をされちょりますね。

「博物館を訪ねれば、その国のプライドが見えてきます。みなさんが何を大切にしたいのかがわかります。』と。

今の高知県のレベルは大切にすべきものがなんであるのかが見えていない。
というところでしょうか。
それがいかに異常な状態であるのかも
それもまた深く実感されてないということやと思います。

>矢野さんは県庁ごときに文化財の管理なんてまかせてはいけないとも言われています

文化のことがわかる人間は役人なんかになりませんからね。
文化と役人は絶対に結びつけるべきではないですね。

>観光観光と行政や~酒ばかり飲んでもろくな打開策はありません。

そういう人間たちを観察し観光するツアーを組めば
おそらく儲かるでしょうね(笑)

>博物館と図書館と書店の充実が近道なのですね。

それも重要なひとつの選択肢として持っちょくべきやと思いました。
えい本は時間が経っても陳腐化しませんき。
投資対象としてはうってつけでしょうね。
お金がないがやき、県は道路なんかに投資せんずく
確実にリターンを得られる市民教育に長期投資するべきです。
日本が素早く近代化を成し遂げたがは
皆が本を読みよったからです。
決して都市計画がうまくいったからやないです。
都市計画がうまくいったがはしっかりと勉強して
自分の頭で考えられる人間が日本にいっぱいおったからです。
役人はいくら勉強ができてもそういう本質を見抜けません。
それが表面的な都市計画につながるがやと思います。

ナカちゃん 2008/01/26(Sat)15:33:56 編集
高知には本格的な本屋が必要
高知の人って本を読まんなあと思います。ベストセラーに飛びつくのはあまり関心しないですが、高知の人はそれすら読んでないでしょう・・・。

というか日頃いろんなことに関心を持ち、勉強を続けている人が少ないと思います。何かの分野で第一線で活躍している人もいるにはいますが、なかなか目立ちませんね。けんちゃんみたいに勤勉な人はめずらしい部類に入るでしょう。

中心市街地の再開発が取りざたされていますが、是非とも大型の本格的な本屋をこしらえてもらいたいです。ダイエー跡地が最有力候補で。八重洲ブックセンターや新宿の紀伊国屋に負けないくらいの。かわりに郊外の中途半端な規模の本屋は不要で統合すべきです。

また、公共交通の活用も読書量の増加につながると思いますね。通勤時などに電車内で本を読む人は増えるでしょうから。
やっしー URL 2008/01/26(Sat)21:15:35 編集
やっしーさん、本格的な本屋
>高知の人って本を読まんなあと思います。

割合的に言うたら、そうやろうと思いますね。

>というか日頃いろんなことに関心を持ち、勉強を続けている人が少ないと思います。

高知におったらある程度癒されるき
全体的な雰囲気はおっとりとしてますね。
それがえいとこでもあるし、悪いとこでもある。
難しいところ。
東京におったらいっつもぎりぎり、やらんと負ける。
人と違うことやらんと生きていけん。
やき、勉強するしかない。
それは東京のえいとこでもあるし悪いとこでもある。
これも難しい(笑)

>けんちゃんみたいに勤勉な人はめずらしい部類に入るでしょう。

ほんまです。すごい知識量やと思いますし
高知におりながら関東におる自分や
やっしーさんと意見が合うのはなんか霊能力でもあるがやないかと思います。

>是非とも大型の本格的な~八重洲ブックセンターや新宿の紀伊国屋に負けないくらいの。

やっしーさん、それはまた名案やないですか。
どでかいやつを作る必要がありますね。
何百億もかけてモールを作る必要なんかないわねぇ。
自転車の本は全てかき集めてもらいましょう。
自分は思想・哲学・歴史本を充実してもらうようにします。ムーもはずせんね(笑)
そういうのがえいね。
利益団体の息のかかった人たちより市民で作っていくべきやと思う。

>また、公共交通の活用も読書量の増加につながると思いますね。

ここも素晴らしい視点ですね。
まさにそうです。
通勤時間の読書は東京の価値を高めゆう潜在的な要因にもなってます。
車社会と電車社会は知識格差が広がる一方です。

ゆったりとしたシートでゆっくりと電車通勤できる
人口分散型のコンパクトシティーですね。

ナカちゃん 2008/01/26(Sat)22:30:01 編集
世界最大の本屋があるのは
世界で最も規模を誇る書店がある都市は・・・

東京でもニューヨークでもロンドンでもないのです。なんと、たびたび私が持ち出しているオレゴン州ポートランドにあります。「パウエルズブックス」という書店です。特徴としては、新本も古本も扱っていることです。

「渡辺葉のポートランド通信」
http://www.cafeglobe.com/lifestyle/portland/060113/060113_1.html

一覧です。文章量は多いですが、ポートランドの魅力が分かるかと思います。
http://www.cafeglobe.com/lifestyle/portland/backnumber.html
やっしー URL 2008/01/26(Sat)23:10:36 編集
やっしーさん、世界最大の本屋
>「パウエルズブックス」という書店です。特徴としては、新本も古本も扱っていることです。

それはビンゴですね。
やっぱり、公共交通を導入するには
市民のインテリジェンスが必要不可欠ということですね。

インテリジェンスが先か?公共交通が先か?
を考えた時に順番としてはインテリジェンスが先やないですかね。
だとすればやっしーさんのビジョンを実現するためには
まず市民のインテリジェンスの向上が第一関門やね。
世界最大の本屋いうても皆がピンとこんかったら
まずそこから始めんといかんね。

結構、長い道のりやで。
高知に本好きは他にもおるろうか?
政治的な手段に訴えるよりも世論での合意形成を創っていったほうがおそらく早い。

健康で文化的という憲法25条はまさにそういう都市にこそ当てはまりますね。
ということはむしろ日本には健康で文化的な都市はないということになります。
日本で最初の健康で文化的な都市を目指しましょう。

ほんでついでに「世界最大の本屋」という価値をポートランドから頂きましょう。

ナカちゃん 2008/01/27(Sun)11:02:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]