忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541

イケダハヤト氏の影響もあってか、高知への関東からの移住者が増えてきている。


以前では考えられないレベルの意識高い系の移住者が多い。

ただ、それらを活かすプラットホームが全国はおろか高知にすらない。


地方創生の着地点。それが一体、どこにあるのか、は、おそらくどこにおいても議論されていない。


ブームや承認欲求が強い国民性。自らの有名性を獲得するがために地域活性化を暗に利用している者も少なくない。



なぜ、高知が人気の移住先になってきているかと言えば、政治的にも地形的にもオルタナティブだからである。


①戦後資本主義を選択しなかったゆえに残された自然


②左巻き、右寄りのどちらにもくみしない政治的成熟度と思想性、その伝統


③サプライチェーンが強化されればされるほどクローズアップされ爆発力を生む高知の地元野菜原理主義



土佐人は、普通の人が原理主義的であり、保守的である。ただ政治的にはリベラルである。



昔から無数の高知独立国家論があるが、近いところで坂東眞砂子さんのやっちゃれ、やっちゃれ!―独立・土佐黒潮共和国


2010年代になってからは伴武澄氏の土佐人民共和国が新しい。これはもう国旗と仮想国土が出来ている。



リベルランド共和国のような無主地を設定することはできないが、明治国家が強制的に搾取した日本中の森林地。それが法律的に正しかったのかどうかを見直すことも必要。



そして天皇陛下が、一時的に東京に居を構えていることも、法律的に清算すべきである。


これらと現代のブラック企業、国会などの問題を考えた場合、日本は到底、法治国家とは呼べない社会である。




これらすべてを踏まえて地方創生の行き着く先を考えなければならない。その点においてSOMAの取り組みは特筆すべきである。



戦後、工業戦士を養成してきた≪考えさせない教育≫を≪考える教育≫に転換させることは何よりも最優先である。


東京=善、地方=悪。という図式が崩壊してきたのも考える人間が増えた証拠。


サラリーマン=善、それ以外=ニート。という価値観が崩壊してきたのも考える人間が増えた証拠。


考えない人間は、大企業を志向し、東京を夢見る。


既に東京は、バカを引き付ける空っぽな巨大装置でしかない。それを証明するかのように東京の地価が下落するのを防いでいるのがアジア系外国人と高齢者である。この人たちがバカと言っているわけではない。日本の未来を真剣に考えてる人は、もう既に東京には存在できない、という意味である。


なぜなら戦後資本主義を彩ってきた価値観は、”お金持ちになりたい”という欲求と衝動である。それがあまりにも馬鹿げていて、戦前の日本人は少なくともそうではなかった、という事実に気づいた時、東京という2文字は目の前から跡形もなく消えるのである。



教育の改革があり、通貨の革命がある。その次には異なる価値観を認めろの民主的手法の確立が議論され始める。



そして民撰議院設立建白書が出され、国会期成同盟が結成される。



今回は、四国州になり、ヨーロッパのいくつかの地域と独自通貨圏または経済圏を構築するに至る。


それが世界に多大なインパクトを与える。



高知は今、異なる価値観を結集している段階



次に必要なのは、この価値観に名前を付ける行為


アートと音楽の才能が地方に集まる



そもそも芸術が政治的中央集権に支配されているのがおかしい


だからこそ政治批判できない世にも稀な芸能界などという戦後の日本でしかあり得ない陳腐な世界が生まれたのである。



そしてそれを政治的に集約、拡大していくフロー



まだまだ才能が足りない



ヨーロッパのインターネット政党の構成員を高知に続々と移住させるような後藤象二郎のような才能を持った人間が必要である。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フォローしてちや
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]