忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高速道路、飛行場、新幹線を作れば地域は発展するのだ、と未だに妄想をする人たちがいる。その妄想を利用し、増殖拡大してきたのが他でもない自民党である。その麻薬にも似た誇大妄想は、地方に原発を始めとする様々な巨大な箱モノの設置を可能にした。

そのような認識を持った世代や地域が事前・事後に関わらず『 復興 』を行うのは無理である。

なぜならば、復興の前提には精神的自立、つまり、その地域に住むひとりひとりの人間の精神的自立、それが地域の自立へと接続していなければならないからである。

事後復興は、精神的自立とそれに接続した地域全体の自立が必要であり、地震によって経済的自立が不可能になった場合に可能となる。

事前復興は、この経済的自立すら可能になった場合を指す。つまり、事前復興とは、中央集権とは完全に決別した完全な independent な状態でなければならず、そうでなければ『 復興 』など訪れることなどあり得ないのである。

行政が今まで戦後ずっと、形式民主主義という偽物の民主主義で市民を騙し続けてきたツケが東日本大震災で明らかになったのである。


しかし、年老いた人間たちは、この構造にすら気づかずに大きい道路がつけば、大きな夢がやってくると期待する。そのような地方が日本各地に無数にでき、最終的にその富を一手に納めたのが東京という中央集権のセンターではないか。地方はどこも勝ってはいない。中央集権や覇権主義、強欲資本主義とは、夢を売り、結果的に夢を買った人間が負けていくグローバリズムのアニマなのである。


幕藩体制下の日本が、なぜ強烈な地域主義を確立できていたのかは、武士の自立心を分析すれば良いだけのことである。原発に依存し、新幹線に依存し、高速道路に依存し、飛行場に依存する。そのどこにサムライスピリッツがあるというのか。町人や商人だけでは、もともと日本は成立すらしていない。

どこかおかしな人間たちが、依存で連帯し、それを政治家が吸い上げる。この戦後精神構造をすぐさま消滅させなければ事前復興も事後復興もあり得ない。


復興があり得ないということは、東日本大震災の20数倍の経済的ダメージが予想される南海トラフ地震後、日本の財政が破綻するのは明らかである。自立のできていない太平洋側の地方が、地震後一斉に政府を相手取り、復興支援予算取り合戦を行う。そんな戦後の悠長なままごとをやっている場合ではない。中東と同様、東京オリンピック後の東アジアは生きるか死ぬかの壮絶な状況となる。



山本有二氏の掲げる『 国土強靭化計画 』なるもの

強靭化しなければいけないのは、国土ではなく人間である。

依存する国民と依存を悪用する政治家

これらがまとめて共依存の関係にあり、日本国の社会資本を食い散らかしている。

開発と称して一体どれほどの破壊を戦後、繰り返して来たのか。



人間が強靭化すれば、自分の土地に自信を持つことができる。

自信を持てば、何が強みで何が弱みかが見えてくる。

その強さをオリジナリティに変えて日々、積み上げていく。いちいち群れる必要はない。

そうすれば原発も高速道路も新幹線も必要のない強靭的な地域ができあがる。これが事前復興であり、それぞれの地域が美しく自立していた戦前の日本への本来回帰でもある。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]