忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[249]  [248]  [247]  [245]  [244]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イラク戦争「正しかった」と米大統領、開戦5年で演説(読売新聞)

ブッシュはこう言うしかないでしょう。

なぜなら、誤りを認めれば100%死刑ですからね。
虚偽の根拠で罪のないイラク住民を何万人も殺し
イラクという国家まで破壊しちゅうがやき。

このイラク戦争容認のロジックは日本に対する
原爆投下の容認論にもつながちょって
今でもアメリカは日本への原爆投下は正しかった
という教育を子供たちに施している。

狂気の沙汰としか言いようがないですね。

非科学的という意味において中国の反日教育とおなじレベルですね。


GHQが生み出した
戦前日本=軍国主義=悪
アメリカ=自由=善

これを世界中が信じ込まされちゅう。

今のイラク戦争を見たらそれが嘘だということに普通気づくと思いますが
日本人はそこまで気がまわらんようです。

なんかの本でジョージソロスも本気で日本が戦前の軍国主義に戻りゆう
みたいなことを書いちゅうのを見たけど
ハゲタカヘッジファンドのドンもそういうバイアスで日本を見ゆう。

世界の知性とはそんなもんです。
ヘッジファンドが知性がどうか知らんけど(笑)


明らかにブッシュはおかしいやろ。
もっとおかしいのはそんな発言を許すアメリカ国民。

かの国にはいかに民主主義がないのかがわかる。

根拠なしに戦争を始めて、その戦争は正しかったと言っています。

日本の政治家もここまでバカではない。

一応戦前も、満州事変を起こした関東軍と大本営は対立してましたからね。

軍国主義者が日本を戦争に導いたわけやない。

当の石原莞爾は戦犯になってないですから。

戦争中でも民主主義が機能するのが日本の軍というものです。

しかし、軍の末端には沖縄で自決を強要したりするロクデナシもいました。
天皇を絶対化する勘違い人間です。
道路特定財源を絶対化する人間と精神構造が同じです。
そういう人間が戦時中に生まれたら↑こうなります。

今でも日本人はなんも変わってない。
環境が変わったき問題が浮き彫りにならんだけ。
戦争が起こったらまたおんなじことを繰り返すやろう。
こういうことに気づいてないし。

天皇は自発的な信仰であるべき。
強要するものは全て天皇とは無関係。


全ての人間が大東亜共栄圏を理解したわけやない。
そこに支配主義的なもんを重ね合わせた人間もおる。

それが戦争。
だから戦争はやったらいかん。

理想が高くても、その理想を理解せんやつが
理想自体を壊していく。
ほんまの敵は内側におる。

国家主義なんてろくでもない。

国家自体が幻想。
仮想シュミレーションの世界やし、ゲーム脳の世界。



2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
午前の部は定員に達しましたのでキャンセル待ちとなっております。
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
原理主義では平和は来ない
 いい加減さ、多元化が日本の良さであり、強みですね。ただ一時期狂った時代があった。

>天皇は自発的な信仰であるべき。
強要するものは全て天皇とは無関係。

 無関係な筈の天皇が「ローマカトリック教会」と「ドイツ帝国」とええとこどりをして明治政府によってこしらえられました。実に西欧的な手法でした。

 本来の日本の伝統とは明らかに異質なものです。でも一時的に成功を収めました。でも無理があり国土を廃墟にしました。

 思想的に未成熟であるし、国体を論理化する努力を放棄したのですから無責任な体制になるのは当然。

 人を幸せにする思想が人を縛り、強要し、自決を責めるように成りましたし。

 人を支配する思想では平和になりまdせん。これははっきりしています。
けんちゃん URL 2008/03/23(Sun)22:03:03 編集
Re 原理主義では平和は来ない
>いい加減さ、多元化が日本の良さであり、強みですね。

そうですね。
それがなくなったら何の花も咲かん不毛の大地になります。
戦時中は戦争国家主義、戦後は経済国家主義
信じるもんは違うても構造はおんなじです。
多元主義とは国家主義をやめることなので
自分はローカリズムをやってます。

多元主義が根付いていれば自決など強要できません。

最近でもニートを職業訓練したり
この国の構造は戦前と何も変わっていません。
表面では民主主義と言いゆうき、逆に戦前より
タチが悪い場合もあると思います。

その結果、若者は自分の意見を隠すようになる。
それはそういう教育が施されてきたからです。
ほんでそれがえいことばっかり言う人間が正しいと思わせるがです。
あらゆる歯車が狂ってますね。この国は。
ナカちゃん 2008/03/24(Mon)13:35:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
軍事力で平和は構築できない
 うかつでしたが今日がイラク戦争が開戦された日でした。5年前のことでした。圧倒的
URL 2008/03/23(Sun)21:55:32
フォローしてちや
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]