忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[220]  [219]  [218]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [210]  [209]  [208
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分は東京におりながら土佐弁で高知のことをブログに書きゆう。
書きゆう時は自分は高知におるもんやと思いゆう。

やき、”東京は”という時は高知におる時の感覚で
今自分がおる東京を見ゆう。ふと我に返るとなんか変な感じがする。
自分が高知県人の立場で高知におる感覚で東京を批判するわけやき。

でも実際に自分は自分が批判しゆう東京におる。
この感覚はおもしろい。


でも、遠いところにおりながら、ブログを通して高知の人と
交流を図れるのはすごいことやと思う。

Webは距離を感じさせんメディアやき
ほんまに身近に感じる。


東京におる高知県人が高知の活性化に関われる方法の先鞭をつけられるかもしれん。

意外と高知に介入したい在京高知県人はおると思う。

(結構、女の人でも高知はパトリオットが強い。
高知から出たくないっていう人もまあまあおるし)

そうやったらお互いが助かる。

高知の活性化に一役かいたい在京高知県人。
情報と活性化が欲しい高知在住の方。


今は、そのリンクというものがほとんどない。

東京に行ったら行きっぱなし。

高知に帰ったら高知に帰りっぱなし。
活かされてない、もったいない。

高知は人が少ないき、少ない人をどうやって活かすかを工夫することが必要。


ほんまは県庁の東京事務所がそういうことをやらんといかんがやけんど
自分とこにはそんなコンタクトは一度もない。

そんな発想は出てこんか。


昔は高知県人会みたいなやつやりよったけんど
今は全然機能してないがやないろうかね。

それが機能しよったら、高知はここまで衰退してないわけやし。


情報網と人脈網の回復という機能もブログはこれから担うかもしれん。


ブログを見たら、今、その人がどういうことに興味を持っちょって
何を突き詰めゆうのかが一瞬でわかる。

それはある意味、リアルの世界より人間理解が早まる。
思考世界が全開で表現されちゅうわけやき。


普通に考えたら、あらゆる組織がこのブログを
情報戦略の核にせんといかんと思うけんど
県庁のとある部署に”ブログをやろう”というても
”やりません”とのこと。


もし仮に県庁のあらゆる部署がブログを開設して
市民のコメントやらトラックバックじゃらを
受け入れるようになったら、それはものすごく開かれた社会ということになる。

それだけで高知の価値があがる。

いちいち宣伝せんでも高知の野菜が売れる。

そういうふうな戦略を立てんとあまりにもまわりくどくなる。


日本語ブログは世界の中でも群を抜く量。

ほとんどが日記系の文章。

それは日本人が日記を書くのが好きやき。
自分を表現するのが好きやき。

最初にそれをやったのは誰やろうねぇ?

そうよ、紀貫之よ。
紀貫之から日記文化は始まったがよ。
参照→土佐弁レボリューション


やのに、高知県庁がブログをやらんでどうする?
歴史を大事にするとか言いゆうけんど
やっぱりやりゆうことがちょっとずれちゅうような気がする。

これは新堀川にふたをすることと同じくらいもったいないこと。


日記文化は高知が発祥やき、土佐弁が発祥やき。


2008年5月4日(日)は越智啓子、講演会へ!
*会場・・・高知市文化プラザ かるぽーと
*午前・・・ワークショップ(インナーチャイルドの癒し)
*午後・・・愛と笑いの講演会

詳しくはコチラ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
連携しないのが土佐人
>もし仮に県庁のあらゆる部署がブログを開設して
>市民のコメントやらトラックバックじゃらを
受け入れるようになったら、それはものすごく開かれた社会ということになる。

 それは未来永劫ありえないでしょう。自分がコントロールできない県民を「特定市民」呼ばわりする連中ですからね。

 情報開示も拒否し、勤務時間中に人を処分する謀議を県庁のイントラネットを活用してやる連中ですから。

http://www.nc-21.co.jp/hoeru/plat-k-2006-5.html

 高知県庁はよけいなことをしないでほしいというのが本音。

 ありとあらゆる場面で県民の邪魔をしゆうのが高知県庁ですからね。

 その傾向は橋本知事時代に「増長」したようです。弊害があり、わたなんぞはぶつかりましたからよくわかります。偽者ですね。彼らは。

 独自にネットワークを構築します。

 高知県庁で出世する人は「県民を弾圧した人」です。昔も今も(橋本知事時代も)変わりません。それが事実ですので。

 高知県庁のネットワーク以外で連携を構築しまsねんと。きちんとそれが出来上がると、「実はわたしたちもしたかったんです」としゃしゃりでてくるのが県庁。そのときは加えてやればいい。
けんちゃん URL 2008/03/04(Tue)08:26:25 編集
Re 連携しないのが土佐人
>独自にネットワークを構築します。

これはほんとにそうやと思います。
この方向でもいっちょかんと県庁主体では何も変わらんと思います。

県庁の人間は公序良俗を持ち出して県民を管理しようとしてますね。
公序良俗とは言論弾圧をせんことがそうやと思いますが
県庁は誹謗中傷をせんことをそう考えているみたいですね。
いや、これは大方の日本人。
でも誹謗中傷とは根拠のない批判のこと。
根拠のある批判は誹謗中傷とは呼ばない。
社会を変えていくための必須の表現です。

そういう当たり前の価値観を彼らに教えていかんと思います。

>「実はわたしたちもしたかったんです」としゃしゃりでてくるのが県庁。

それはあたっちゅうと思います。
出てこざるをえんでしょうね。
そこまでにはもうちょっと時間がかかりそうです。

>そのときは加えてやればいい。

ふところが深いですね(笑)

市民側が権限を握ったときに初めて
パートナーシップというものができるがでしょうね。
県庁の人間は自分たちが県民を支配しちゅうことに気づいてないですから。
病気です。

病気の人間が選抜するき、また病人が入ってくる。
その繰り返しですね。
人間の思考回路を変えるのはなかなか難しい。
変わらざるを得ん状況を強制的に生み出すというのもひとつの手ですね。

ナカちゃん 2008/03/04(Tue)14:02:23 編集
ブログでネットワーク構築
ブログは確かにすごい。
大きな可能性を秘めちゅう。

しかし、連携という点ではまだ今ひとつですね。僕のブログでもコメントもメールも公開しちゅうがですけど、なかなか肝心の高知にいる人が接触を求めてくることはないがです。

別に行政組織じゃなくてもえいがやけど、もう少しコンタクトがあってもえいと思うのにねぇ…。その辺が残念。

アメリカではブログが政治を動かすほどにも影響力をもっているらしいですが、もっとブロガーの活躍範囲は広がればえいのにと思います。ブログがきっかけで講演を頼まれたり、行政の審議会の委員に呼ばれたりすればえいのですが…。まだまだ、そういう人たちを取り込もうという風潮が既存の組織にはありませんね。

県庁も各部署でブログを開設して定期更新するようになれば、どんな仕事をしゆうか分かるようになるきえいですね。また、東洋町のように首長ブログも充実させたいところです。
やっしー URL 2008/10/21(Tue)11:15:46 編集
Re ブログでネットワーク構築
>なかなか肝心の高知にいる人が接触を求めてくることはないがです。

普通は皆、自分の仕事で忙しいき
自分の仕事の領域を超えて全然知らん人の話を
聞こうとする人はおらんと思う。
良くてブログを見るだけやと思う。

強制的に食い込んでいって
相手を変わらざるを得ん方向に追い込んでいく。
そういう風にせんといかんと思いますね。
営業の基本、というか仕事の基本。


>そういう人たちを取り込もうという風潮が既存の組織にはありませんね。

これはそうですね。
今の支配層は若い才能を入れて
社会に修正を加えていくという日本の伝統的な
知性を持ち合わせてないですね。
自分の保身で精一杯やき。

ナカちゃん 2008/11/02(Sun)22:08:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログは人なり 3月7日(金曜)
西村 2006年4月からスタートしました「けんちゃんのどこでもブログ」。今月でま
URL 2008/03/04(Tue)08:14:40
ブログに過剰に期待してしまうのも無理はない?
minor tranquilizer blog限界論:期待しすぎると失望も大きい
URL 2009/02/04(Wed)06:39:25
フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]