忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この前の続きで、食糧自給率100%への具体的な道のりですが、けんちゃんや藤島さんに指摘してもらったように、やり方はひとつではないような気がしてきました。

けんちゃんが言われる減反政策からの脱却と保存食の拡充は必須やと思います。そもそも減反政策なんかは55年体制が農民票からゼネコン票へと強制的に移管した脅威の悪策やし、そのことによって自動車産業を始めとする輸出産業が日本の国際競争力を牽引してきたがは良かったものの、その負の面は弱者を食いつぶす土建中心の重厚長大な国家思想に力を与え続けてきました。

(ソニーの創始者のひとりである井深大氏が晩年、[気の研究]をやりよったように(キチガイ扱いされて死んでいった)、日本は90年代初頭にはそういう方向へ舵を切らないかんかったわけです。それを『失われた10年』とかいうてゼネコン延命と新自由主義拡大路線に突っ走った90年代00年代の政治家・企業経営者の罪は重い)


これが時代の要請に応じ、崩壊してきたわけやき、減反政策自体も見直す必要があると思います。現在の米農家は、ほとんどがやっていけん。輸入米との競争にさらされたら国内の人件費や燃料費ではとてもじゃないけんど、太刀打ちできん。そのくせ農協が卸団地にふとい建物を建てるがは、一体どういう神経をしちゅうがか?

日本の農業は、ウルグアイ・ラウンドやドーハ・ラウンドのラウンド協議の中で自動車産業の人身御供にされてきたわけやけんど、民主党が円高容認政策と内需拡大宣言を出したように、これからそっちの保護主義的方向へとゆり戻しがあると思います。

そういう時代状況の中での、【高知県食糧自給率100%への道】ながやけんど


①減反政策からの脱却と保存食の拡充(けんちゃん)

②晴耕雨Web(藤島さん)

③高知県内完結サプライチェーン(自分)


をとりあえず目下のところ具体的な指針にしたい。

藤島さんが言われゆう②の晴耕雨Webは、自給率データの抽出方法に関係なく、そういう文化が根付いたら間違いなく高知県の食糧自給率は上がっていくき、検討の余地なくそういう文化的素地を高知県は進化させていく必要があると思う。とりあえず自分の中でも半農半〇的思想は大好きで、この思想は政府の減反政策を超越するがです。

米や野菜が売れいで農家はやっていけんき、自給率も下がってきゆう。やき、大規模に売るという意識は捨てて、自分で食べる分ばあ、あるいは知り合いにやったり、売ったりするばあ、作って生活する。でもそれだけではやっていけんき、Webを組み込む。それが理想やろう。実は自分がやりたいライフスタイルもそんなが。自分の場合は何年もかけてそれを目指してきたき、Webのほうは完璧やき、あとは畑を探す段階。


それと③の高知県内完結サプライチェーンやけんど、これも著しく高知県の食糧自給率をあげると思う。これは県内の外食産業で使用される食材を全て県内の食材でまかなうとする考え方。

個人での自給自足より、高知県人は外食が好きやき、そこの自給率を上げたらえいという話。今でもそういう文化が結構あって、喫茶なんかでも自分の畑でとれたもんを出しゆうところも多い。そういう文化をより一層、強固なもんにして高知県内の外食産業から自給自足を実現してもらうということ。これは誰も損をせん。食材農家は助かるし、このブランドが立ち上がってきたら外食産業も人が来るやろうし、そこで食べる人たちも健康になる。

ただひとつ問題は、県内で安定的に食材を供給し続けられるかということと、外食産業が利潤を上げるほどの仕入れ値で県内の野菜を確保できるかという問題がある。

ここで何が必要になってくるかというたら、県内完結サプライチェーンというがが、ある程度認知度が高まり、全国規模で人気にならんといかんがよね。そうすることによって価値があがって値段も少し上げられるき、皆がなんとかやっていけるということになる。


たぶん他にも色々とできると思う。とにかくこれは経済構造転換と文化構造の転換やき非常に時間と手間がかかる。ただ、その苦しい仕事を最初にやった県が勝ち馬に乗れるというがは間違いがないと思う。


やるかやらんかと言われたら、やるしかないやろうと思う。

高知県に他に道はないし。


人気blogランキング←この記事がおもろいと思うた方はどうぞ左のボタンを

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
食料自給と自然エネルギー自給
 本気で高知のリーダー層が「食料自給率と自然エネルギー自給100%」を思い込み実践すれば高知は変わります。

 ナカちゃんお気に入りの土佐経済同友会が「国民総幸福」という観点で、来年ブータンの人を高知へ招待するらしいが、一過性に終わらんようになればえいとは思う。

 「言わんとり言うほうがまし」という程度に考えれば腹もたたんし。
けんちゃん URL 2009/10/22(Thu)17:36:27 編集
Re 食料自給と自然エネルギー自給
>来年ブータンの人を高知へ招待するらしいが、一過性に終わらんようになればえいとは思う。

そうながですね。それは素晴らしい試みやと思います。ブータンを知らん人たちもおると思うき、その来高を機にGNHに対する理解を深めてもらえれば最高ですね。

しかし、それだけではまだまだ本質的な方向転換にはなりませんき、様々な仕掛けが様々なレベルで必要になってくると思います。
ナカちゃん 2009/10/23(Fri)14:41:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]