忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[2323] 大津、舟入川沿いの大量の巻き貝 - 2009/08/25(Tue)

ひまわり太郎さんが今日、UPしちゅう貝の写真は強烈やね。なかなか他県では見ることはできんのかもしれません。

調べてみますと土佐の貝は沖縄に次いで全国で2番目に豊富いうことで、土佐の貝展がちょうど横倉山自然の森博物館で開催されゆうらしいです。

ちゅうことは、高知は貝の食文化や、貝の生態を売り出していったら他の地域に負けんということながですね。

それはやっぱり、貝が生息する干潟という環境を守るということにもつながるき、えいことばっかり。実は高知の浦戸湾周辺は河川干潟が多い(この貴重な河川干潟を今時、潰すのが新堀川フタ工事)


ひまわり太郎さんが撮っちゅう写真なんかも貴重で、人工的なコンクリートの空間に貝が進出してきちゅう、この土佐の土俗的空間はアート的な側面からも捉えなおす必要のある出来事やと思う。


しかも、その舞台となっちゅう舟入川は、野中兼山が物部川の山田堰から水を引っ張り込んで造った人工的用水路。

そこに生きる貝は、まさに人間と生物との共生の物語やし、コンクリートを食い尽くそうとしちゅう、その情熱(ただの捨てられた貝やったら笑えるけんど)の表現は、まさに『貝王国土佐』にふさわしい情景。


ほんで肝心のあの貝がなんであるかやけんど、鳥羽水族館に膨大な貝の資料がある。→鳥羽水族館の貝ギャラリー

途中で見るのも嫌になるくらいの種類がある。それでもやっぱり高知の標本は多い。


あの貝は、その形状からひまわり太郎さんが言うようにニナである可能性が高いですね。

ひょっとすると下記ページに載っちゅう、タケノコカワニナかもしれんですね。

タケノコカワニナ (撮影:町田吉彦)(土佐の自然ギャラリー)

これやったら大変ですね。未だタケノコカワニナの高知での生態ははっきりしておらず、全国的には絶滅寸前の貝らしいがです。

高知では国分川河口域に特に多いと書かれちゅうき、この貝である可能性は非常に高いと思います。

それがコンクリートに打ち上げられちゅうがやき、奇妙な現象やね。これはオタマジャクシが降って来ることと同じくらい不思議現象ながやない?


しかもこのカワニナ、写真では大きく見えます。2005年8月20日に徳島県海部川で採集されたタケノコカワニナが6cmで巨大とされちゅうき、それ以上あったら、これは世紀の大発見ということになりますね(笑)


そうなったら、いよいよ、土佐「貝王国」が現実味を帯びてくるということでしょう。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どこもかしこもコンクリ護岸に
舟入川もほんの10年前までは北浦から一条橋付近までは、完全なコンクリ護岸でなくて両岸に草が茂っちょって、並行する道からも川が見えました。

だが、98年の大水害を機に急ピッチで改良工事が進められ、完全なまでのコンクリ護岸と化してしもうた。

風情がまったくのうなって寂しいですが、これに関してはある意味やむを得ないかもしれん。ここだけやないけど高知市は土地が低いき水害に弱いし。まあ、もうちょっと景観に配慮して堤防を造っておけばベストだったがやろうけどね…。
やっしー URL 2009/10/05(Mon)19:19:04 編集
Re どこもかしこもコンクリ護岸に
>だが、98年の大水害を機に急ピッチで改良工事が進められ、完全なまでのコンクリ護岸と化してしもうた。

そうながやね。98年の水害やけんど、あの原因はしなね様のすぐ裏に高速の高架を通したことにあると思う。もともと高知は古代風水都市で、蔵風聚水(風を蓄え水を集める)の造りになっちょって、しなねの裏山は水と風の源になっちゅうがって。そこにトンネルを無造作に通したもんじゃき、大洪水よ。

それで、またコンクリ護岸にするたあ、自然の原理をひとっつもわかってないと思うで。

高速ができてから一宮周辺の雨の降り方が変わったっていう人もおるきねぇ。
ナカちゃん 2009/10/06(Tue)19:18:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フォローしてちや
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]