忍者ブログ
《日本語のルーツ「土佐弁」》 ★感嘆詞⇒げに まっこと お~の たま~ あっぽろけ しもうた ばっさり やまった なんちゃあ いうたち ★代名詞⇒あて あし おまん おんしゃ ★名詞⇒いられ どくれ もがり いちがい おらんク おまんク ひとんク あしんク あいちゃぁんク ちゃりす ほげす てんくろう くそじんま ごくどー ひいとい ようだい ばいあい まちまい いこじ いごっそう はちきん わかいし わりことし ★副詞⇒しょう こじゃんと どだい たまるか たいちゃ びっしり ぎっちり ぼったり ばっつり ぼっちり ちっくと しゃっち ざんじ しゅっと めっそ ひっしかっぱ ひがち さいさい ★形容詞⇒へごな のかな へすこい ひやい ぬくい みぞい しわい いそしい えずい やりこい ちんな たっすい したらこい むつこい たいそい めんどい あやかしい むつい またい かあくろしい ばばひい およけない とろこい ほうやくな しんよい ★動詞⇒ひせくる びちくる ぞぶる まぎる ちゃがまる たれもつる たごる ねぶる りぐる かやる のうがわるい ほたえる そばえる たつくる うまえる えぜる ロイつく えつくる さらばえる ほりこかす はりまわす めった いぬる ぞ~くそわるい しのべる くるめる ばぶれる いこる ゾンゾンする しゅんじゅう こたう ★語尾⇒ちゅう にゃあ ちや ぜよ じゃいか やき じゃき ★活用例:こじゃんと ぞ~くそわるい(私は非常に気分が悪い) ・ちっくと待ちよってや!今からざんじいんでしゅっと来るき(ちょっと待っててね、今からすぐに家に帰って、それからまた来るから) ・さいさい来てや!(暇があったら酒の肴でも持って、いつでも飲みに来てね)
[268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [260]  [259]  [258]  [257

「イージス艦が再び宿毛湾港へ(坂本茂雄さんのHPより)

アメリカのイージス艦寄航に関することが書かれています。
これは高知にとって重大な問題です。
議員の立場からこの問題を素早く追及しゆう坂本さんは素晴らしいですね。

土佐の海にはイージス艦なんかいらん。
鯨がおるがやき。

これに関連する記事は下記。

波裂く艦影(高知新聞)
 
戦争の拠点にされ、植民地化され
思いやり予算までも提供しゆう。

”腐った死体”たちは自分の繁栄と保身のために
立場の弱い人たちを売り渡しゆうだけ。

高知をなめたらどんなことになるか
 
軍事力やなくて法の精神と民主主義で構築していく世界というものを
偽者のアメリカ民主主義やなくて本物の土佐合議主義によって
つくっていかないかんと思う。

チベットの人権侵害も見過ごすことはできんけんど
アメリカの9・11の国策で多くの日本人が巻き添えにされちゅうことも
もっと注目せんといかんことやと思う。
 
南米も反米やし、やりたい放題やってきたアメリカに付き合う国なんかもうない。
 
それぞれの国で人工国家の枠組みを排除し、先住民族の魂を復活させていく必要がある。

無数の先住民族が和したのが大和。

先住民族を殺して国家が作られたアメリカは民主主義の国ではないし
蝦夷を追い込んで国を作ってきた大和朝廷も民主主義の国やない。

ほんまの大和は全然違うところにある。

日本人はこのような巨大な”偽装”に気づく必要があると思う。


ほんまの大和(ヤマト)は人工国家と完全に対立する。

ほんまのヤマトは沖縄とかアイヌとかチベットとか
韓国や中国の一部とも、連合国家を形成できる大きな融和政体。

この前身は倭国。

海洋国家”倭国”の都があったのが高知。

イージス艦が宿毛に寄航することでも
海洋国家の首都としての高知が証明されちゅう。

時代は変わってもほとんど地形は変わらん。

国境にとらわれず高知県民は大風呂敷を広げていく必要がある。

なんせ、おらんくの池には潮吹く魚が泳ぎゆうがやき。
 
  
その前に高知県の建て直し。
 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
とても難しい課題
>まずは日米同盟破棄やね。その前に政党政治の解体。


 これは戦前にも似たようなことがありました。日英同盟の破棄。政党政治の解体。

 結果日本は1元的な軍事優先国家になりアジア諸国を侵略。破滅の道を歩みました。

>その前に高知県の建て直し。

 日本国の再建よりは難しいかもしれん。高知県民は本気で高知をどうにかせんといかんと誰もかんがえちゃあせんきに。

 アメリカは大嫌いですが、それでは隣国のロシアや中国はどうなのか?

 とても末永く仲良くやりたいとは思えない国。特に経済状況が良くなると覇権国家の色彩を刻してきていますし。

 靖国史観に陥ると国論は分裂する。

 ナカちゃんたちの古代史観のほうが説得力はあるように思いますね。
けんちゃん URL 2008/05/10(Sat)09:11:56 編集
20世紀史観と21世紀史観
 19世紀から20世紀にかけて、つまり日本が近代化に走っていたころは、イギリスとアメリカの全盛期。

 対抗勢力としてロシアやドイツがありました。

 明治時代は一時ロシアと仲良くしようという勢力(伊藤博文)らがいました。

 日露戦争で日本は思い上がり、一元的社会論で批判を許さない社会になり、日英同盟を破棄、アメリカと敵対。ドイツと手を組んで結局破滅しました。

 21世紀になるとアメリカの覇権主義の横暴さが見えます。19世紀。20世紀のモデルは通用しません。

 ここできちんとした国家原理、歴史観、世界観が問われます。

 きちんとそのあたりの整理と提案が必要になると思いますね。
けんちゃん URL 2008/05/10(Sat)09:17:15 編集
Re とても難しい課題 20世紀史観と21世紀史観
>結果日本は1元的な軍事優先国家になりアジア諸国を侵略。破滅の道を歩みました。

戦前と環境が大きく異なる部分があります。
欧米の植民地主義が軍事力ではなく
経済力で表現されちゅうことです。

戦前における核爆弾が現在では
ゴールドマンサックスに相当します。

巧妙に仕組まれた植民地主義ですね。
誰も被害を受けてないように見えますが
下々の人たちの血と汗の労働をヘッジファンドで
ピンはねしておいしい思いをしゆうのは
植民地主義時代同様、一部の人間です。

その結果が自殺者3万人という戦略核が
毎年落ちているような状態です。

>特に経済状況が良くなると覇権国家の色彩を刻してきていますし。

アメリカも中国もロシアも覇道国家です。
日本はもともと正道国家。
大日本帝国で覇道を真似して自爆しました。
愚かです。
中江兆民の『小国主義』が力を持ったら
日本は違う道を歩んだはず。
ここらへんが高知県人のふがいなさでもあります。

大風呂敷を広げても巨大な権力を嫌う合議制ヤマトのリベラルな気風を思いださんといかんですね。

>アメリカと敵対。ドイツと手を組んで結局破滅しました。

間違いは満州事変でしょう。
あれを大本営が罰することができていたら
なし崩し的な戦争には突入してなかったと思います。
明らかに間違いです。
満州国建設は『小国主義』に反していたとしても
国際法で認められたもの。

”日本こそが世界の盟主”という人間がどこからともなく湧いてくる。
これが日本を破滅へと向かわせる根源です。
これを抑える力こそ、高知のリベラルにしかありません。
やき、日英同盟・日米同盟破棄が日本を破滅に向かわせたのではなく
リベラルの力が失われたき日本は破滅に向かったがやないろうかと思います。
全部、高知県人にかかっちゅうがです。

>21世紀になるとアメリカの覇権主義の横暴さが見えます。

覇道は必ず滅びます。
正道は滅んだように見えても再生してきます。
これが日本の根幹にあると思います。
ナカちゃん 2008/05/10(Sat)23:40:42 編集
フォローしてちや
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ローカリズム
性別:
男性
ランキング
ランキングに参加しちょりますきに

人気blogランキング

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 高知 その他の街情報へ

記事ごとにはるがめんどいき
ここにしちゅうがぞね
気にいったらすまんけんど
ここにいっぺんもんてきて
ポチっと押しくれんろうか。
カウンター
標準語コンバータ
土佐弁を標準語に変換します。このブログ内の方言がひどくて内容が理解できないという方は上の【変換する】ボタンを押してください。
最新コメント
[07/08 ローカリズム]
[07/07 県外におる土佐のじんま]
[03/24 ローカリズム]
[03/21 あるふぁ]
[09/11 ローカリズム]
[09/09 NONAME]
[04/30 ローカリズム]
[04/29 谷川 佐知子]
[04/13 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 ナカちゃん]
[04/11 坂本]
[04/10 坂本]
[04/10 坂本]
[02/02 ナカちゃん]
[01/31 加賀]
[01/31 ナカちゃん]
[01/30 加賀]
[01/29 ナカちゃん]
[01/28 mio*]
[01/25 ナカちゃん]
[01/24 けんちゃん]
[07/21 ナカちゃん]
カテゴリー
ブログ内検索
市民運動
Save the 下北沢
アクセス解析
忍者ブログ [PR]